【2021年12月更新】パパまるハウスの坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページではパパまるハウスの坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

パパまるハウスの概要

パパまるハウスは、新潟県新潟市に拠点を構える注文住宅会社です。ヒノキヤグループ傘下のメーカーで主に企画提案型住宅がメインの商品となっています。デザイナーが手掛けるデザイン性の高い住宅でありながら、1,000万円以下で建てることも可能な低コストさが特徴。施工エリアは拠点のある新潟県を中心に、関東や中部、近畿地方など広いエリアで対応しています。

パパまるハウスの坪単価

パパまるハウスの坪単価は、36万円~55万円程度となっています。

「企画提案型住宅」が主力商品ということで、プロが考案した安定のデザインや間取りに加えてお手頃価格で建てられるのが特徴です。

プランは11種類を取り揃えており、1,000万円台から建てられる住宅シリーズがほとんど。さらに「パパまる」「パパまる 平屋」の住宅シリーズでは1,000万円を切る価格から相談可能となっています。
また、ZHEや二世帯住宅、デザイン住宅など一般的な住宅よりコストがかかりそうなプランでも1,000万円台から相談できるので、「コストをおさえつつ高性能な住宅を建てたい」という方も候補に入れやすいでしょう。

商品ごとの特徴や坪単価については次章で詳しくご紹介します。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の坪単価

パパまるハウスの人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

パパまる

パパまるハウス住宅シリーズ1https://www.papamaru.jp/

パパまるは、シンプルなデザインとお手頃価格が特徴の住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は21坪で916.3万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は43.63万円になります。

気候の厳しい地域を基準とした性能を兼ね備えており、標準仕様で「アクアフォーム」による断熱施工を採用しています。

サン・ステージ

パパまるハウス住宅シリーズ2https://www.papamaru.jp/

サン・ステージは、太陽光発電と新時代の冷暖房システム「Z空調」を搭載している住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は平屋20坪で1,105.5万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は55.28万円になります。

Z空調は家中快適な室温を保ちつつ電気代をおさえて稼働することができます。太陽光発電と組み合わせることで、さらに大幅に光熱費を削減することができ、環境にも経済的にもやさしい住宅となっています。

パパまる ハイスタイル

パパまるハウス住宅シリーズ3https://www.papamaru.jp/

パパまる ハイスタイルは、洗練されたデザインが特徴の住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は40坪で1,463万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は36.58万円になります。

無駄な装飾を省きスタイリッシュなデザインと余裕のある間取りを採用。せっかくのマイホームなので「ビジュアルにこだわりたい」という方におすすめです。

パパまる はぴママ

パパまるハウス住宅シリーズ4https://www.papamaru.jp/

パパまる はぴママは、「ママがよろこぶ家」をコンセプトにした住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は33坪で1,318.9万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は39.97万円になります。

ママが動きやすい動線や子どもを見守りやすい間取り設計など、ママが助かる工夫を取り入れているのが特徴。収納や水廻りのスペースをしっかり確保することで家族の暮らしやすさにもつながります。

パパまる カラフル

パパまるハウス住宅シリーズ5https://www.papamaru.jp/

パパまる カラフルは、ペットとの暮らしやすさを追求した住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は34坪で1,355.2万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は39.86万円になります。

ペットがのびのび快適に暮らせる空間を考慮した間取りや、家族みんなの健康と安全に配慮した動線・設備を取り入れています。

パパまる アーバン

パパまるハウス住宅シリーズ6https://www.papamaru.jp/

パパまる アーバンは、都会的でスタイリッシュなデザインを取り入れた住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は30坪で1,177万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は39.23万円になります。

家族の好みに合わせてアレンジできるので、都会的なデザインが好きでカスタマイズしながら家づくりをしたい方におすすめです。

パパまる ベーシック

パパまるハウス住宅シリーズ7https://www.papamaru.jp/

パパまる ベーシックは、シンプルなデザインと快適な暮らしを重視した住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は33坪で1,263.9万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は38.30万円になります。

家本来の性能を発揮し、季節問わず1年中快適に暮らせる住宅となっています。

パパまる ユーロ

パパまるハウス住宅シリーズ8https://www.papamaru.jp/

パパまる ユーロは、おしゃれなユーロハウスを実現した住宅シリーズです。

ホームページの参考価格は30坪で1,177万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は39.23万円になります。

南欧の地中海沿岸に映えるような優しい色彩のデザインが特徴的な住宅となっています。

パパまる 平屋

パパまるハウス住宅シリーズ9https://www.papamaru.jp/

パパまる 平屋は、その名の通り平屋住宅のシリーズとなっています。

ホームページの参考価格は20坪で924万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は46.20万円になります。

居住空間がワンフロアなので、小さな子どもやご高齢の方の住まいに最適。家族のコミュニケーションの取りやすさも平屋ならではの魅力です。

パパまる 二世帯

パパまるハウス住宅シリーズ10https://www.papamaru.jp/

パパまる 二世帯は、その名の通り二世帯住宅のシリーズとなっています。

ホームページの参考価格は43坪で1,692.9万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は39.37万円になります。

親世帯・子世帯の生活空間を分けたプランと、部屋数を重視したプランをセレクトすることができます。

パパゼロ

パパまるハウス住宅シリーズ11https://www.papamaru.jp/

パパゼロは、ZHEの住宅シリーズとなっています。

ホームページの参考価格は33坪で1,252.9万円(税込)~。こちらの参考価格から算出した坪単価は37.97万円になります。

断熱性・気密性に優れた住宅に太陽光発電システム、HEMS、高性能エアコンを備え、エネルギーコスト0で暮らすことができる住宅です。

メーカーの特徴

多彩な企画型住宅プラン

前章でご紹介した通り、パパまるハウスには11種類もの企画型住宅プランがあります。コンセプトやデザイン、価格、広さも様々なので、家族に最適なプランを選択することができます。
平屋や二世帯住宅など住宅形態も選べるので、「将来のことを考えて平屋にしたい」「プライバシーは確保しつつ親世帯・子世帯で快適に住める二世帯住宅を建てたい」といった要望にも対応できるでしょう。

充実の標準仕様

パパまるハウスは標準仕様・設備が充実しているので、「オプションなし」でも快適な住宅を建てることができます。丈夫で汚れが落としやすい「ホーローキッチン」、使いやすさ・清掃しやすさを兼ね備えたLIXILのシステムバス、経済的なLED照明などはすべて標準仕様となっています。もちろんオプションを付けることでさらにグレードアップした住まいを建てることも可能です。

屋根裏を活かした収納

屋根裏は通常あまり使われず、無駄なスペースになりがちです。パパまるハウスではそんな屋根裏を活かした「屋根裏収納」をオプションで設置することができます。屋根裏収納があれば居住スペースをより広く使うことができ、いつでもすっきり片付いた印象になります。
20坪まで施工できるので収納だけでなくちょっとした子どもの遊び場としても活用できそうですね。パパまるハウスの屋根裏収納では固定階段が付いているので、荷物の出し入れがしやすく子どもの上り下りも安心です。

家の性能

パパまるハウスの家の性能についてはどうでしょうか。

優れた強度で地震に強い家を実現

パパまるハウスの住宅は、木造軸組工法と2×4工法のいいとこ取りをした「ハイブリット工法」による建築を採用しています。
木造軸組工法は日本の風土に最適な工法で、設計の自由度や耐久性に優れています。2×4工法は枠材と合板による「面」の構造で、風や地震など外部からの力に強いというメリットがあります。この2種類の工法の強みを生かしたのがハイブリット工法となっています。
パパまるハウスではオリジナルの耐力面材を使用し、地震や台風などの力を分散することで、高い耐震性・耐風性を実現しています。

アクアフォームによる優れた断熱性

パパまるハウスでは、「アクアフォーム」による断熱施工を採用しています。屋根から基礎まで丸ごと泡状の断熱材で包み込むことで隙間なく充填し、優れた断熱性・気密性を発揮します。
アクアフォームは断熱材内部に結露ができにくく、ダニやカビが発生しにくいという特徴があります。また、空気をたくさん含んだ泡状の断熱材は、熱だけでなく音もシャットアウトする効果があり、騒音や生活音の漏れを軽減してくれます。

汚れに強い外壁マイクロガード

パパまるハウスの住宅の外壁材には、セルフクリーニング機能のある「マイクロガード」を採用しています。マイクロガードは空気中の水分子で表面に膜をつくり、その膜の上に汚れが付着すると雨といっしょに汚れが流れ落ちるという効果があります。
カラーバリエーションは60種類以上あり、住宅のデザインにぴったりのものを選ぶことができるのもポイントです。

パパまるハウスを選ぶメリット

品質を落とさずお手頃価格で家を建てられる

パパまるハウスでは、家の資材や施工などの品質を落とさず、短期間で建てられて設計など打ち合わせの費用がかからない企画型住宅を提供することでローコスト化に成功しています。
また、年間1,000棟以上もの施工を行うことで一括仕入れや直接仕入れを行い仕入れにかかるコストをカット。広告は自社制作のチラシを使用しています。
大幅なコストカットに限らずコツコツと企業努力を行うことで、品質を落とさずに適正価格で注文住宅を提供することができるのです。

プロが考案した住宅プランで失敗なし

企画型住宅はプロが考えたデザインや間取りを採用しているので、安定した住み心地が保証されています。0から計画を立てる完全自由設計も人気ではあるのですが、家族の希望を反映した結果「住んでみたら不便だった」「当初はいいと思ったデザインだけど今は飽きてしまった」といった失敗もありがち。このような失敗が少ないのもパパまるハウスを選ぶメリットとしてあげられるでしょう。

充実のアフターサービスで住み始めてからも安心

パパまるハウスではヒノキヤグループの「住まいのコンシェルジュデスク」を利用することができます。家の引き渡し後に「ガラスが割れた」「水漏れしている」「鍵を紛失した」といったトラブルが起こったときに24時間365日専用ダイヤルで相談することができます。
また、10年間の住宅保証は、有償メンテナンスを受けることで最長30年まで延長可能となっています。

パパまるハウスのデメリット

完全自由設計よりも自由度は劣る

パパまるハウスでは、ある程度プランが固まっている企画型住宅を提供しており、0から家づくりができる完全自由設計よりも自由度は劣ります。カスタマイズできるとはいっても、オプションを付けたり決まった設備や仕様から選ぶ形になるでしょう。人と被らないオリジナルのマイホームを建てたいという方には合わないかもしれません。

会社情報

会社名 株式会社パパまるハウス
ブランド名 パパまるハウス
本社住所 〒950-1151
新潟県新潟市中央区湖南1番地2
創業 1982年3月
資本金 4,000万円
従業員数 335名 (2021年10月末現在)
HP https://www.papamaru.jp/

この会社の対応エリア

新潟県、宮城県、福島県、山形県、長野県、富山県、石川県、山梨県、静岡県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、大阪府、奈良県、滋賀県、愛知県

パパまるハウスの評判・口コミ

パパまるハウスで実際に注文住宅を建てたと思われる評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト:https://www.e-mansion.co.jp/

良い評判・口コミ

46坪Z空調ありです
1年を通して快適に過ごせています
家の中で寒い暑いなどはないです!
乾燥は大敵ですが加湿器まわせば40後半から50パーセント保てます
我が家は3人ですが電気代も1.5万程度
20代のうちにマイホームが建てられ友達からも褒められ自慢の家です

Z空調については高評価の口コミが多く見受けられました。アクアフォームによる断熱と組み合わせることで、電気代をおさえつつも1年中快適な室温を保てているようです。

3年目、今年の夏もZ空調で快適に過ごせました。実家とか友達が建てた家遊び行くと、Z空調の良さが再確認できます。

☞こちらの投稿者様もZ空調の良さを実感しているようです。エアコンと違い、Z空調は廊下や洗面所、トイレなど家の隅々まで一定の温度を保つことができる全室空調なので、部屋ごとの温度差が少なくストレスなく過ごすことができるのです。

PaPaまるで新築して5年目になります。雪国なので2メ―トル耐雪仕様にもらいました。オプションもいくつか付けて嫁さんの意見を尊重しました。結果良かったと思います。 私は建築時大工さんとはできるだけ話しをするようにしていました。おかげで今のところのところ此と言って不具合は有りません。逆に大工さんからアドバイスをしてもらいました。良く聞く事ですが、大工さんも人間です。気持ち良く仕事してもらったと思います。余り良くない評価も有りますが、どこのメ―カ―さんにもある事です。これから新築を考えている人、任せっきりではなく出来るだけ顔出して挨拶するだけでもいいと思います。

☞どこのハウスメーカーでも担当者や大工さん・職人さんによっては良い評価と悪い評価が分かれます。可能な限り担当するスタッフとは良い関係を築いておいた方が良い家づくりに繋がるでしょう。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

パパまるハウスに住んでいます
Z空調つけていません。各部屋エアコンをつけています。あっという間に涼しくなったり、暖かくなったります。パパまるの床ってヒンヤリ冷たいです。夏はいいですが、冬がつらい。ホットカーペット敷きました。Z空調ケチっても床暖は、必要だったかと思っています。ただ、費用面で床暖高いんですよね。あとのまつりなので、ホットカーペットと厚手の靴下とスリッパで乗り切ります

数年前、私もパパマルで建てましたが後悔することがが多いですね。
どのHMでも営業さんの当たり外れや、下請け業者、大工の力量によって変わってくるかと思いますが、私が選んだ代理店は、売る事しか頭にないただの不動産でした。契約前は、親身に話を聞いてくれましたが、引き渡し後は、ほとんど連絡なんてありません。
所詮ローコスト住宅なので、建てる事より売る事を教育されていると思うので、そんなもんだと思います。
現場監督の対応も良くないので、長○県内のパパマル代理店で検討されている方は、本当にしっかり考えて答えを出された方がいいですよ。

うちも平屋でZ空調つけませんでしたが、アクアフォームはプラス10万円でZ空調と同じ厚みにしてもらいました。
というかそもそもが3地域なのにZ空調なしだと4地域仕様だと言われたので・・・
後から知りましたが外壁や屋根なんかもランクアップできたようなのでもっとしっかり親身になってくれる担当者だったらよかったと思いました。
細々したオプションもすべて自分でネットで調べて聞かないと提案はなかったです。

評判・口コミの総評

パパまるハウスの評判・口コミを見てみると、Z空調の快適さや住宅の完成度に満足しているといったコメントが多い印象を受けました。一方でネガティブな内容の口コミを見てみると、担当者の対応に関して不満を感じている方の意見が多いようです。

パパまるハウスに限らず、営業マンや現場監督、大工さんや職人さんなど、担当者によって合う・合わないがあります。パパまるハウスには複数支店があるので、利用したい店舗の口コミなどをよく調べてから契約するか判断した方が良いでしょう。ただ、ネットの情報が正しいかどうかは判断できないので、やはり直接話して信頼できる相手か確認するのが確実です。口コミにも合ったように、スタッフに丸投げするよりもできるだけこちらからも建築現場に顔を出したり、コミュニケーションを取るなど人間関係を築いていくと良いですね。

感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じてパパまるハウスに決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク