【2021年05月更新】住友林業の坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページでは住友林業の坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

住友林業概要

住友林業は国産木材をふんだんに使用した、自然調和を取り入れたマイホームを手に入れたい方におすすめのハウスメーカーです。大手ハウスメーカーの中でも坪単価は高めの設定となっており、まさに「高級住宅」と言える商品を展開しています。

住友林業のは坪単価が高いだけではなく、商品力はもちろんのこと、営業マンの対応力も高いと評判です。営業マンの提案力も高く、設計やコーディネーターも営業に同行し、お客様の注文住宅ののプランを練ります。他のハウスメーカーでは契約前からコーディネーターや設計士が同行することはまずありません。坪単価は高くなりますが、全体のサービス力にも抜かりないのが住友林業の最大の魅力です。

住友林業の坪単価

住友林業の坪単価は70万円~90万円程度とされています。

日本で家を建てる平均的な坪数は約43坪と言われていますので、仮に坪単価を80万円に設定した場合、住友林業で平均的な家を建てるとだいたい3,400万円以上の費用になります。この費用にオプションや住宅ローン等が加わってきますので、約4,000万円の費用が必要になると考えておいた方が良いでしょう。他の大手ハウスメーカーと比較すると、高級住宅の需要が高いということもあり、わりと高めの坪単価になります。

ただし、注文住宅を建てる時は、最初の建築費用のみに着目してはいけません。建てた家はこの先長く住むことになるので、生活でかかるコストについても考えておくべきでしょう。例えば建築費用は安かったけど、断熱性が低く冷暖房費が余計にかかってしまうことなどが考えられます。

さらに、家を建てる際に盲点になりがちなものが、家のメンテナンス費用です。日本の住宅の平均耐用年数(家の寿命)は約30年程度です。家を建てて30年後に寿命が来て、建て替えが必要になります。その場合、平均で3,000万円もの費用程度かかってしまうのです。住友林業で建てた家なら、構造躯体やべた基礎の耐用年数が75年!外壁の耐用年数も30年~60年となっているので、長い目でみれば、コストパフォーマンスに優れていると言えるかもしれません。

いずれにせよ、住宅を建てるときは、最初の費用だけでなく、今後長年住んでいく中でかかる費用も含めて検討することが大切です。

坪数ごとの本体価格と建築総額の目安

住友林業で家を建てる場合の坪数ごとの本体価格を、上記で算出した坪単価を使って計算しました。これに付帯工事費や諸経費などで2割~3割程度プラスした金額が建築総額になります。あなたの建てたい家の広さと照らし合わせて、実際にかかる建築費用を検討してみてください

坪数 本体価格 建築総額
25坪 1,750万円~2,250万円 2,333万円~3,000万円
30坪 2,100万円~2,700万円 2,800万円~3,600万円
35坪 2,450万円~3,150万円 3,267万円~4,200万円
40坪 2,800万円~3,600万円 3,733万円~4,800万円
45坪 3,150万円~4,050万円 4,200万円~5,400万円
50坪 3,500万円~4,500万円 4,667万円~6,000万円

大手ハウスメーカーとの坪単価比較

住友林業の坪単価を大手ハウスメーカーと比べてみます。

ハウスメーカー 坪単価
住友林業 70万円~90万円
富士住建 40万円~65万円
積水ハウス 50万円~80万円
一条工務店 45万円~80万円
セキスイハイム 60万円~80万円
三井ホーム 55万円~90万円
タマホーム 35万円~50万円

大手の有名なハウスメーカーの坪単価は、一般的に平均70万円以上といわれています。住友林業は坪単価70万円~90万円なので、大手ハウスメーカーと比べて平均~高めの価格帯と言えます。コスト重視であれば不向きですが、予算よりもこだわり重視で大手ハウスメーカーに依頼したいという方であれば候補に入れても良いでしょう。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

 
先にハウスメーカー選びで失敗しない方法を知りたい方は、この記事の下部にある「ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント」をご覧ください。

実際の建築事例から見る、平屋の間取り

実際の建築事例から、平屋の間取りを見ていきましょう。

建築事例は、公式ホームページやSUUMOから参照している情報を引用いたします。

庭を楽しみ、母屋の親世帯ともつながる。理想的な距離感をかなえた平屋の暮らし

住友林業の間取りの実例2

間取り 3LDK
延床面積 39.8坪(131.63m2)

こちらの平屋は「朝も夜も庭の木を見ることができる暮らし」という要望で建てられた住宅です。実家の南隣に建てるということで、母屋に向かって開いたコの字型に配置。LDK、スタディコーナー、和室からも道路側からの視線を気にすることなく庭を眺められる設計となっています。

リビング・ダイニングには母屋側に広い開口を設け、こちらからも庭を眺められるよう考慮しました。キッチンは家事に集中できるようあえて独立型を採用。リビング・ダイニング、スタディコーナーの様子が伺える位置に設置しています。

玄関横には客間、茶室、書斎など多目的に使える和室を設置。反対側の子ども部屋からは緑豊かな庭を眺めながら勉強や読書ができます。また、将来は個室にすることが可能となっています。

中庭をL字型に囲む美しい平屋。空の下のリビングも安心、快適に

住友林業の間取りの実例3

間取り 3LDK
延床面積 35.6坪(117.92m2)

こちらの平屋は、田園風景の中に広がる100坪の土地を活かした住宅です。「特徴的でかっこいい外観」「車2台を横並びで置くことのできるビルトインガレージ」「家事が効率よく行える動線」「家族がどこにいるのか、お互いの様子がわかる家」といった施主の要望を叶えた設計となっています。

建物をL字にし、外壁と一体のゲートや植栽で中庭を囲って外からの視界を遮り、各部屋を配置。中庭を中心に家族が集い、介してお互いの様子を見ることもできる設計となっています。

キッチンに立った時にリビング・ダイニング、子ども部屋の入口、家事室、洗面室まで見えるよう配置。キッチンと水まわり、家事室、物干し場を一直線に並べ、家事動線も考慮しました。

実際の建築事例から見る、3階建ての間取り

実際の建築事例から、3階建ての間取りを見ていきましょう。

建築事例は、公式ホームページやSUUMOから参照している情報を引用いたします。

3階にLDKを。眺望を楽しみ、たっぷりの採光、プライバシーも確保した住まい

住友林業の間取りの実例1

間取り 3LDK
延床面積 31.5坪(104.32m2)

こちらの3階建ては、約20坪の細長い敷地に建てられた住宅です。1階はゆとりのある玄関、客間や家事のスペースなど多目的に使える和室、洗面室を配置。ウッドデッキも併設し、「洗濯→干す→畳む→しまう」の一連の家事がスムーズに行える動線を考慮しています。

2階には主寝室と子ども部屋、トイレを配置。主寝室にはたっぷり収納できるウォークインクローゼットを設けています。

3階はワンフロア全体をLDKにし、家族で広々使えるよう設計しています。バルコニーは南面の壁を挟まずに連続させた横長の窓を設置。大きくオーバーハングさせることで限られた敷地でも広々とした空間を確保しています。また、オーバーハングさせることで玄関前の庇に約3mの奥行きができ、雨の日でも濡れずに車と家を行き来できビルトインガレージのような役割を果たします。

2、3階に連なる大きなコーナー窓 美しい川の流れを楽しむ住まい

住友林業の間取りの実例4

間取り 3K/3DK/3LDK
延床面積 50.4坪(166.81m2)

こちらの3階建ての特徴は、住宅前にある川の景色を楽しめるよう設計した空間です。3階にはLDK、2階にはピアノ教室として使用する部屋を配置し、川の景色を楽しめるようどちらの部屋にも広いコーナー窓を設置しています。

1階には客間として使える和風庭園に面した和室と、施主の希望で2台分の駐車スペースを確保。本格的な庭園は手水鉢や樹木も以前の家のまま残しています。玄関に入ると広いエントランスクロークがあり、収納スペースとして納戸も設けています。

景観条例が厳しい地域に立つ住宅ですが、街並みに溶け込むデザインを重視し旧邸の建具も活用しました。また、多雪地域で積雪による荷重を考慮し、住友林業のビッグフレーム構法を採用することで3階建て、広い駐車スペース、大開口などの要望をクリアしています。

商品毎の坪単価

住友林業の人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

The Forest BFの坪単価

フォレストBF
https://sfc.jp/

フォレストBFの坪単価は80万円程度となっています。

住友林業が得意とする「ビッグフレーム構法(BF構法)」を取り入れ、安全性と居住性のバランスがとれた注文住宅です。ビッグフレーム構法は設計の自由度が高く、耐震性能に優れた住宅を建てることができます。大きな窓や広々としたリビング、大開口や大空間といった設計も可能です。フォレストBFのコンセプトは「四季の愉しみと出会える家。」日本の美しい四季をデザインに落とし込んでいます。家に綺麗な自然を取り入れたいと考えている方におすすめの商品です。

GRAND LIFE(グランドライフ)の坪単価

住友林業_グランドライフ
https://sfc.jp/

GRAND LIFEの坪単価は80万円~90 万円が目安となっています。

住友林業で平屋住宅を建てることができるのが「GRAND LIFE」です。家族が同じフロアで過ごすことにより、家族とほどよい距離感が生まれます。木漏れ日のテラスや懐かしさを感じる縁側、家と外の一体感も平屋ならではの特徴になります。天井へも惜しみなく天然木材を使用しており、平屋の広さを生かすだけでなく、心地よい空間を作り出すことができます。

PROUDIO(プラウディオ)

住友林業_プラウディオ
https://sfc.jp/

PROUDIO(プラウディオ)の坪単価は60万~70万円程度となっています。

PROUDIOは都市部の敷地に合わせた設計をしてくれる注文住宅です。3~4階建てに対応した商品で、BF(ビッグフレーム構法)の構造特性を最大限に活かし、豊かな住空間を実現してくれます。また、3階建て実物大モデルの振動実験で耐震性能を検証済み。耐火性能においても大臣認定を取得しているほど信頼性があります。

DUE CLASSO(ドゥーエ・クラッソ)の坪単価

DUE CLASSO(ドゥーエ・クラッソ)の坪単価は60万円~100万円程度となっています。

共働きの家族の家をコンセプトにしたこの商品は、実際に共働きをしている家族へ「共働きだからこそ」欲しい機能や家の理想を調査して、取り入れられています。共働きだからと言ってすべての家庭が同じ理想を掲げているわけではないので、家庭のスタイルに合わせて3つのタイプを用意。さらに、共働きでネックになることが多い家事をなるべく楽に、そして楽しめるような工夫が詰まっている、まさに共働きのための住まいです。

konoka(コノカ)の坪単価

konoka(コノカ)の坪単価は60万円~100万円程度となっています。

女性向けに開発された、「こだわりたい“個性”を叶える家づくり」をコンセプトにした商品です。理想の住まいとするためにリビングにこだわったこの商品は、女性の理想を詰め込むことで「個」の時間を充実させてくれます。

女性にとって欠かせないメイクをくつろぎながらできる「ドレッサー型洗面台」や、誰もが自然体になれる気に囲まれた空間など女性目線で工夫が施されています。女性が真にくつろげる空間にすることによって家庭が楽しめる空間になるので、専業主婦の家庭などには特におすすめの商品です。

住友林業の特徴

木造住宅をメインとしたハウスメーカー

住友林業は社名の通り、「木」をメインに取り扱うハウスメーカーです。また、住友グループということもあり、クオリティと安心感といった面では評価も高いメーカーです。

木へこだわりは間違いなく本物であり、木造住宅でかつおしゃれな注文住宅をお求めの方には是非おすすめしたい一社です。実際に住友林業で家を建てた人の決め手も、「木の質感」と回答した方が6割以上と最も高いので、木に囲まれた住まいにしたいという方はぜひ検討してみてください。

高級志向でありブランド力もある

住友林業は大手ハウスメーカーの中でも「高級志向」向けの商品を展開しており、いわばブランド品みたいなところに位置づけされるハウスメーカーです。

その分坪単価は他のメーカーと比較すると高くなりますが、住友林業には1級建築士の在籍数も多く、見た目だけでなく内部のクオリティまでもしっかり満足のいく商品を提供してくれます。

自由設計で理想の住まい

人生の中で最も大きな買い物の1つであるマイホームは、せっかくなら理想にとことんこだわってみたいですよね。しかし、一般的には規格された間取から選んでいくというものが多く、自分のこだわりを必ずしも反映することができるわけではありません。住友林業は自由設計のハウスメーカーとなっているので自由度が高く、自分の理想を反映することができます。マイホームへのこだわりが強い人には最適なハウスメーカーです。

しかし、あまりこだわりがない場合は、メーカーから大胆なプランを提案してくれるわけではないので、結局規格住宅のような仕上がりとなってしまいます。そうなってしまうと自由設計のメリットが活かせず、規格住宅と同じような設計なのに費用だけ高くなってしまうので、あまりこだわりがない人はもう一度考えてみた方がいいでしょう。もちろん、商品が気に入ってぜひマイホームにしたいという方も、検討してみてください。

家の性能

耐震性能が高い家づくり

住友林業は、耐震性について特に力を入れています。住友林業の注文住宅は、標準仕様でも耐震等級3を実現しており、耐震等級の中では最高数値となります。耐震等級3は他のハウスメーカーでも実現可能ですが、設計に制約が多くなり自由度が下がります。その反面、住友林業は耐震等級3を維持しつつも、制約が少ない自由設計を実現することができます。

高い断熱性で魔法瓶のような住まい

住まいを快適な場所にするためには、断熱性能は欠かせません。断熱性能の低さは、外気の影響を強く受けるだけでなく、冷暖房による光熱費の高騰やヒートショックの原因などさまざまな問題を引き起こします。

断熱材として確かな性能をもつグラスウールを、従来のものより微細で密度を高めたものを採用。より熱を伝えにくくするので、高い断熱性が実現しています。また、外気の影響を最も受けやすい窓にはアルゴンガス入りの「Low-E複層ガラス」を採用。一般的な1枚ガラスと比較して熱の伝わりが80%も低減します。

家全体を断熱材で包み込むことで構造体を魔法瓶のようにし、寒冷地に求められる性能と同水準の断熱性を発揮しています。

長期安心の耐久性

住まいは購入費用だけでなく、年月が過ぎて劣化したときのメンテナンス費用も頭に入れておかなければなりません。格安でマイホームを建てたとしても、建材の質が低くて早いサイクルでメンテナンスを行うと、総合的に結局高額な費用となってしまいます。

住友林業の住まいは、構造躯体やべた基礎の耐用年数が75年。雨風や紫外線に長年にわたってさらされる外装も耐用年数が30年~60年となっているので、短いスパンでのメンテナンスを必要としません。メンテナンス費用を最小限に抑えることで、総合的なコストダウンが実現しています。

また、床下の湿気・シロアリ対策も万全。全面鉄筋コンクリートのべた基礎と防蟻防湿フィルムによってそれぞれの被害を防ぎます。

住友林業を選ぶメリット

施工工事の7割を自ら行っている

一般的に、施工工事はハウスメーカー自ら行わず下請けに依頼したり、フランチャイズ契約を結んだ加盟店に依頼することがほとんどです。下請けや加盟店に依頼するメリットも多いですが、同時に施工の質にばらつきがでたり、中間マージンが発生するなどのデメリットが多く発生するのも事実です。しかし、なかなか依頼された工務店の評判まで調べたりするのは大変なもの。かといってせっかくのマイホームの質が悪いのも避けたいですよね。

住友林業は施工工事の70%を直接行っています。もちろん施工技術の評判もいいので安心でしょう。

アフターサービスが充実している

頑丈に建てられた住まいでも劣化は避けられず、また災害など自然からの影響はいつ起こるか分かりません。

その点、住友林業は24時間365日対応のコールセンターを用意。トラブルや修理の相談などがリアルタイムで行うことができます。また、30年の初期保証が用意されており、有料のメンテナンス工事を行うことで最大さらに30年間の延長が可能。業界でもトップクラスの保証期間は魅力的です。

新しいZEH住宅

ZEHとは家で使用するエネルギーより家で作り出すエネルギーの方が多くなり、実質的にエネルギーゼロで暮らすことができる家のことです。こちらは国が積極的に推進しているものですが、住友林業でも対応しています

住友林業であれば、住友林業オリジナル構法であるBF構法と組み合わせることで「経済性」「健康」「防災」の3つのメリットを享受できます。生活コストを抑えて、1年中快適で健康的な暮らしができ、もしもの時は自宅で避難生活ができる、そんな家を実現しています。

住友林業を選ぶデメリット

費用が高い

住友林業は自由建築であり、性能が高い家を建築するため、一般的なハウスメーカーよりも坪単価が高くなっています。しかし、大手ハウスメーカーで比較すれば飛びぬけて高いというわけではありません。自分が理想とている家はどんなものかしっかりと吟味して、予算と合わせて検討すると良いでしょう。

コンセントやスイッチなどの設置場所がに困ることがある

住友林業独自の構法であるBF(ビッグフレーム)構法によって、大きな窓や自由な空間を作ることができますが、壁の面積が少なくなり、強度の関係上コンセントや電気のスイッチなどを設置できる場所が限られてしまいます。特にコンセントは「どこに」「いくつ」必要かは、実際に住んでみないとわからない部分があります。この部分については、家を建てる前に一度しっかり話し合ってみることをおすすめします。

会社情報

会社名 住友林業株式会社
ブランド名 住友林業
本社住所 〒100-8270 東京都千代田区大手町一丁目3番2号(経団連会館)
創業 1691年(元禄4年)
資本金 32,752百万円※2019年3月31日現在
従業員数 13,676名(2020年3月31日現在・連結)
HP https://sfc.jp/

この会社の対応エリア

全国(沖縄県を除く)

住友林業の評判・口コミ

住友林業で実際に注文住宅を建てたと思われる評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト①:https://minhyo.jp/
口コミ参考サイト②:http://www.nandemo-best10.com//
口コミ参考サイト③:https://twitter.com/

良い評判・口コミ

一生の宝です。

評価: 5.0

学生の頃、住宅展示場内の住友林業でアルバイトをしていました。そのとき得た住友林業の施工技術やお客様に対する誠実な営業方針から、家を建てるなら住友林業でと思っていました。住友林業の魅力は設計力と銘木での家造りです。デザイン性だけでなく住む人のことを一番に考えた設計ですし、日々の生活の中で提案された通りにして良かったと思うことが沢山あり、住宅メーカーとしての経験の深さを感じさせます。安心感も高く快適です。価格以上の高級感も感じられ大満足です。

住友林業で働いていた方からも施工技術や接客面で高い評価を得ているようです。住み心地は実際に住んでみるまでなかなか実感できないものですが、設計に関しても高いクオリティを実現しているようですね。

説明が丁寧で嘘がない

評価: 5.0

新築戸建てを住友林業さんにおねがいしました。担当の方は若くて頼りになる方で、とにかく説明が細かく丁寧なことが好印象でした。何社か相見積もりを取らせていただきましたが費用的にもややメリットがあり、対応の良さと合わせて決めました。
また完成イメージもアイパッドなどを用いて事前に共有していただき、完成するまでの期間がとても待ち遠しかったです。ハウスメーカー様で保証などの対応が異なるとも聞きますが、その点も住友林業の方は他社情報と比較して良い点と悪い点を隠さず教えてくれたので、安心して依頼することができました。

他社と比較したときに良い点・悪い点のどちらも説明があるのは非常に誠実ですね。建築に関して専門的な知識がない施主でも、丁寧な説明や悪い点も隠さず教えてくれる営業マンであれば後悔のない家づくりができるでしょう。

木の家に憧れて

評価: 4.0

家を建てたいと思って、いろいろな住宅展示場に行っていました。そこで、木の家と謳っているハウスメーカーがありました。それが住友林業です。木の種類まで選ぶことができます。こんなことが出来るのはこのメーカーしかないと思い、住友林業で家を建てることにしました。床材は赤っぽい色が気に入って、サクラでお願いしました。安っぽい感じではなく重厚感があるので、とても気に入っています。とても木のぬくもりを感じられる家になったと思っています。

木の家は住友林業の特徴の1つであり、こちらを理由に選んだという方も多いようです。木は種類によって色や香り、質感といった特徴も異なります。素材にこだわって家づくりをしたい方にも向いているでしょう。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

ハウスメーカー任せではいけないと学ばせていただきました。

評価: 1.0

引き渡しが遅れたことはまぁ良いでしょう。
ただ、出来上がりがガタガタ。

ネジが閉まってなかったり、金具が外れるなんてのは当たり前。
本当にクリーニングしたのか疑わしいほどホコリだらけ。

ペンキは剥げてるわ、あちこち錆びてるわ、窓が閉まらないわ。
あまりにも修繕が必要な箇所が多すぎて、その後どんなに直してもらっても不安は拭い切れませんでした。
後で直せば良いというものではありませんよ。

それから、何度も伝えて確認した備え付けの家具の作りやエアコンやコンセントなどの位置が全く違うものになっていました。

これらの事は、私がもっと関係者の方々と密に連絡したり、頻繁に現場に足を運んだりすることで、被害を小さくできたのではないかと反省しています。

多少遠慮があったのですが、自分の思う通りの家にするためにはもっともっと努力が必要なのだと感じました。

この他にも住友林業には沢山驚かされましたが、何より驚いたのは引き渡しの3ヶ月後に修繕に来た職人が作業中トイレを貸せと言ってきたときのこと。

「えっ!!!?」
と、驚きながらも渋々了承すると、

ジョボジョボと大きな音を立てながら恐らく立ちション。
もちろん床にも便器にも尿が飛び散っていました。
なんで私が掃除しなくちゃいけないのか不思議でならなかったが、すごく気持ち悪いので帰ってからすぐに掃除しました。

5歳と2歳の子供ですらキチンと便器に座って用を足していたので、我が家のトイレの床を初めて尿で汚したのはあろうことか住友林業(の下請け)の職人。

トイレを貸すのは了承したが、他人が汚したトイレを掃除することまでは了承していません。

せめて、汚したものは自分で掃除してくださいと言いたかったが、
恨みを買って万が一にも子供たちに被害が及んではならないとグッと我慢しました。
でも、非常に不愉快でした。

他にも修繕が必要な箇所があるのですが、関わりたくないので泣き寝入りしています。

これは、まさかサービス提供者が顧客の家で用を足す、まして立ちションで床を汚すなんてことはしないという先入観を持ってしまったことが間違いでした。
いらっしゃる前から、責任者の方にでも「トイレをお貸しするのは結構だが、なるべくなら使用されない方が好印象で、もし使用する際は汚さないよう使用方法に配慮され、必要に応じて清掃してほしい。」と伝えておくべきでした。

ほとんどの方にとってはとるに足らない事だと思いますが、
今後住友林業を利用する方の中に上記のようなことが気になるという方がいましたら、くれぐれも私のような愚かな間違いがないようにご注意いただきたいと思います。

全然だめ。10年保証なんてとんでもない。リシンの壁は波打つそうです。(住林の人が教えてくれました)サイディングはいい加減な施工で、ヒビが入ります。(施工済み)入居2カ月でふすまが開きにくくなる。床はささくれる。最悪です。しかも点検時にそれを言っても、言い逃ればかりする。あそこの会社にCSという言葉は存在しない。 (13/10/28)

評判・口コミの総評

住友林業の評判・口コミを見てみると、木の家の施工技術や営業マンの誠実な対応に満足しているコメントが多く目立ちました。一方で低い評価を付けた方の口コミを見てみると、引き渡し後の不備や施工業者の対応についてネガティブなコメントが多い印象です。

住友林業では家を建てるのは下請けの業者になるため、担当する業者によって技術や対応の差が出てしまいます。担当する施工業者を教えてもらい、事前に口コミなどを確認しておきましょう。ネガティブな情報が多ければ営業マンに相談すれば変更してくれる可能性があります。もしくは少々手間がかかりますが、自分で信頼できる業者を指定できる可能性もあるので、もしお願いしたい業者があるなら相談してみても良いでしょう。

とはいえ、感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じて住友林業に決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

まずは複数業者の見積もりを取ろう

ハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきこととは、複数の業者を見積もり、比較検討することです。

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

費用、施工方法、建材、対応可能なデザインは業者ごとに全く異なります。ホームページなどの情報を見ただけでは、自分の希望に叶えてくれるハウスメーカーを見つけることはとても難しいのです。よって、まずは複数の業者から見積もりや間取り設計図を貰い、自分の理想を実現してくれそうなハウスメーカーを数社ピックアップしましょう。

一社一社自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになります。『タウンライフ』や『ライフルホームズ』などの一括見積りサイトを利用することで、複数業者の見積もりを簡単に比較することができます。

ここでは、「タウンライフ」や「ライフルホームズ」をはじめとした、人気の一括見積りサイトを5つ紹介します。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

持ち家計画の公式サイトはこちら

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

ハウジングバザールの公式サイトはこちら

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

ライフルホームズの公式サイトはこちら

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

スーモの公式サイトはこちら

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

持ち家計画の公式サイトはこちら

ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

ハウジングバザールの公式サイトはこちら

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

ライフルホームズの公式サイトはこちら

SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

スーモの公式サイトはこちら

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク


坪単価についての基本情報

坪単価共通コンテンツの画像

当ページでは、主に各メーカーの坪単価について紹介していますが、そもそも坪単価について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、坪単価のことを詳しく紹介していきます。

坪単価とは

家を建てる際に「坪単価」という言葉をよく目にすると思います。この坪単価とはいったい何のことなのでしょうか。

坪単価とは、建物の本体価格から建てた家の総床面積で割って出した金額のことを言います。

例えば、40坪の家を2,000万円で建てた場合2,000万円×40坪=50万円/坪と計算し、坪単価は50万円となります。

坪単価の平均相場について

国土交通省の令和2年の統計データを参考にすると、全国の平均坪単価は約70万円となります。

しかし坪単価は土地や家の構造、依頼するハウスメーカーによって変わってくるので一概に平均で見るべきではありません。

例えば、東京の平均坪単価は81万5,800円程度ですが、一方北海道の平均坪単価は約60万円となっています。

また構造別の平均坪単価は以下のようになっています。

家の構造 平均坪単価
木造 56万8,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造 92万3,000円
鉄筋コンクリート造 91万5,000円
鉄骨造 76万1,000円

一般的に木造に比べて鉄筋コンクリートを使用した家のほうが、坪単価は高くなります。また当然ですが、物価が高い地域ほど坪単価は高くなります。

同じハウスメーカーで同じグレードの家を建てることを考えても、坪単価は大きく変わってくる場合もあります。50坪の広さと30坪の広さに同じメーカーの同じグレードの家を建てるとしても総額はもちろんのことですが、坪単価も変化することがほとんどです。

キッチンやバスルーム、トイレなどの設備は高額で、広い家でも狭い家でもどちらも同じ数を設置する必要があります。これらのような設備は高額であるため、建築費用の総額では広い家の方が料金は高くなりますが、坪単価で見ると狭い家の方が高くなります

坪単価だけでは検討できない部分が多いため、自分が住みたい地域で一括見積りなどをおこない、建築費用の相場を確認すると良いでしょう。注文住宅会社の一括見積もりサイトを見たい方は下記のページにまとめているので、あなたにあった見積もりサイトを選んでください。

坪単価を見る際の注意点

坪単価は家の本体価格から家の面積を割った1坪あたりの費用と表現されますが、この家の面積については定義があいまいとなっています。

例えばベランダや車庫、地下室などは建築基準法で延床面積に含まれませんが、計算の際にはこの部分の面積を入れて計算する業者と、入れずに計算する業者が存在します。

全く同じ家を建てたとしても坪単価として計算する面積の定義によっては、坪単価は大きく異なることになります。

ベランダなども全て含めた面積は「施工面積」と呼ばれ、通常はこの総合施工床面積で坪単価を計算することが多いです。ハウスメーカーに依頼する際は、「施工面積」と「延床面積」どちらで坪単価計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また、本体価格の他にも付帯工事や諸経費などが発生してくるので、トータル金額を確認すると良いでしょう。

坪単価以外に考えなければならない費用

実際に注文住宅を建てる際は、本体価格の他にどんな費用が発生してくるのか、細かく確認します。

金額としては、全て合わせると本体価格の2~3割増しで考えると良いです。

付帯工事費(全体費用の1割~2割程度)

①基礎補強工事関連費用

地盤が弱い場合に、地盤を補強する工事です。地盤調査を行い、固い地盤まで深堀して杭をうつ作業や、セメントなどで地表面を固める作業をおこないます。

②インテリア関連費用

インテリアを揃える費用です。家具は前の家から持ってくることもできますが、例えばカーテンは新しい家の窓に合わせて新調する必要があります。また新居に合うような家具に買い替えるケースも多いです。その他、エアコンや照明器具の費用なども含まれます。

③エクステリア関連費用

庭や外の塀、玄関の門、ガレージなどを作るための費用です。

諸経費(全体費用の1割程度)

①登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に登記の申請をおこなう必要があります。この登記をおこなう際にかかる税金のことです。固定資産税評価額の0.1%程度と考えておくと良いでしょう。

②不動産取得税

不動産を取得したときに発生する税金です。固定資産税評価額を基に計算されます。

③火災・地震保険費用

火災と地震の際の保険です。ほとんどの方が加入しています。

 

その他地鎮祭や上棟式をおこなう場合は「式祭典費用」、各種契約書の「印紙代」、住宅ローンの手続き費用などが発生します。

坪単価を安く抑える方法

坪単価を安く抑える方法をいくつか紹介します。

門扉やフェンスを作らない

エクステリア費用として占める割合が多いのが門扉とフェンスです。家を建てる際、最初はほとんどの人が作りたいと思うでしょうが、実際に住んでみると、設置の必要はないと感じる方も少なくないでしょう。

1階と2階の面積を同じにする

1階と2階の面積を同じにすることで、基礎や柱などが最小限で済むため、コストを抑えることができます。

屋根をシンプルにする

せっかくの注文住宅なので、家の外観にはしっかりこだわりたいですよね。ただ、坪単価を抑えるためには、我慢をしなければいけない部分がでてきます。

屋根の形には「片流れ」「切妻」「寄棟」などがありますが、シンプルなデザインにすることでコストカットをおこなえます。

外壁の形をシンプルにする

外壁もシンプルな四角より、凹凸があった方がカッコよく感じるかもしれませんが、凹凸を作ると外壁量が多くなってしまいます。

外壁も屋根と同様にシンプルなデザインにすることでコストカットに繋がります。

 

他にも建築費用を抑える細かいテクニックはあるので、必要に応じて調べてみると良いでしょう。ただし、建築費用を左右するのは細かいテクニックより、依頼する注文住宅会社選びでしょう。こだわりを我慢して費用を節約した結果、理想の家とは程遠くなってしまっては意味がありません。

まずは、あなたの理想の家を、理想の価格で建てることができる会社選びをしっかりおこなうことが最重要と言えます。

注文住宅会社選びは一般的に一括見積りサイトを利用して、厳選していくことになりますが、どこの一括見積りサイトを使えば良いかがわからない方も多いでしょう。

以下のページで一括見積りサイトの比較をおこなっています。あなたの検討状況に合わせて、使用する一括見積りサイトを決めてください。

注文住宅一括見積もりサイト比較はこちら