家づくり計画をお手伝い

理想のハウスメーカーを見つけよう

家づくり計画をお手伝い

理想のハウスメーカーを見つけよう

【おうちパレット】全国のハウスメーカー・工務店の注文住宅情報サイト

全国のハウスメーカー・注文住宅の情報を発信

おうちパレットロゴ画像

おうちパレットは、全国の大手ハウスメーカー・注文住宅に関する情報を発信するメディアです。

みなさんはどのような注文住宅を考えていますか?

「広い庭があり愛犬と子供が安全に遊べる家」
「ハウスシック症候群の心配がない健康住宅」
「家事が捗り、家族皆が居心地のいい家」
「和室をメインとしたお洒落な平屋」
「ガレージがあるアメリカンスタイルの家」

注文住宅を考えている方は、どういう家を建てたいかをイメージすることも大事ですが、まずは実際に設計を依頼する業者(ハウスメーカー・工務店)を選ばなくてはいけません。この業者選びが、注文住宅を建てる第一歩であり、一番重要なポイントと言っても過言ではありません。

おうちパレットではハウスメーカー選びのポイントや、各社の坪単価情報・特徴などを詳しく解説しています。業者選びの際に参考にしてみてくださいね。

目次

ハウスメーカー・工務店の探し方

ハウスメーカー・工務店の探し方

初めてハウスメーカーを探す方は、どういう基準で探してよいのかわからないという方もいらっしゃいます。ハウスメーカーや工務店を探す方法として、メーカー毎の「坪単価」を基準にして探す方法がポピュラーな方法です。

坪単価情報からハウスメーカーを探す

注文住宅を建てる時にまず一番重視されているのが「坪単価」です。坪単価によってマイホームを建てる際の予算の大枠が決定します。坪単価はハウスメーカーによって変わるので、まずは注文したいハウスメーカーの坪単価を確認しておきましょう。

また、坪単価はメーカーだけではなく、そのメーカーが展開している”商品”よっても変動するため、そのメーカーの「平均坪単価」を確認していくことをおすすめいたします。
※「坪単価」についてもっと詳しく知りたい方はこちらで解説しています。

坪単価は「ローコスト」と言われる20万円や30万円の商品から、高級住宅に位置づけされる70万円や80万円といった坪単価の商品を扱うメーカーなど様々です。

坪単価の目安がある程度決まっている方は、以下のページからメーカーを探してみましょう!

坪単価からハウスメーカーを探す

坪単価とは?

坪単価とは、家を建てるときの1坪(畳2枚分/約3.3㎡)あたりの建築費用のことです。基本的に、建物の「本体価格」を「延床面積」で割った数のことを指します。注文住宅を建てる時の金額の目安として参考にされます。

例えば、本体価格が3,000万円の家を50坪の面積に建てるケースを例にすると・・・

3,000万円÷50坪=60万円

坪単価60万円の建物ということになります。

しかし、この坪単価に別途工事費や住宅ローンの諸経費などが含まれたりと、メーカーによって異なるため、上記の計算だけで坪単価を判断しないようにしましょう。

大手ハウスメーカーの坪単価一覧

ここでは、一般的に「大手ハウスメーカー」と呼ばれている全国対応ハウスメーカーの坪単価ピックアップしました。

よく皆さんがTVCMなどで見かけるメーカーも掲載しています。各メーカーで商品毎に坪単価が異なるため単価には開きがありますが、業者選びの大まかな目安として参考にしてみてください。

※メーカー毎の坪単価についてもっと詳細に知りたい方は、「詳細」のリンクから商品毎の坪単価やメーカーの特徴ついて確認することができます。

ハウスメーカー 坪単価(万円) 工法 特徴 詳細ページ
三井ホーム 55~90 木造 ・オーダーメイドの木造住宅
・自由度の高い設計
詳細
積水ハウス 50~80 木造 ・業界最大手ブランドと建築実績
・プラン提案力が秀逸
詳細
パナホーム(パナソニックホームズ) 60~100 鉄骨 ・24時間換気(ヘパフィルター)
・標準仕様がパナソニック設備
詳細
セキスイハイム 60~80 鉄骨 ・鉄骨造は施工精度の高さが魅力
・耐震・耐火性が優秀
詳細
ダイワハウス 60~80 木造・鉄骨 ・独自の耐力壁
・窓が大きい
詳細
ミサワホーム 60~75 木造 ・グッドデザイン賞28年連続受賞
・蔵のある家
詳細
ヘーベルハウス(旭化成ホームズ) 70~90 鉄骨 ・柱の少ない重量鉄骨
・強くてスッキリした室内空間
詳細
住友不動産 50~80 木造 ・地震対策テクノロジーで特許取得
・高気密、高断熱性で省エネ住宅
詳細
住友林業 70~90 木造 ・木造最大手が1件1件自由設計
・木の温もりを感じる上質な無垢材
詳細
タマホーム 35~50 木造 ・ローコスト住宅
・長期優良住宅
詳細
トヨタホーム 40~90 鉄骨 ・アフターサービスが充実
・標準仕様で耐震等級3をクリア
詳細
一条工務店 45~80 木造 ・高気密高断熱ナンバーワン
・雪国では最有力候補
詳細

その他の中堅ハウスメーカー・工務店の坪単価をチェックする

大手ハウスメーカーの特徴

「大手ハウスメーカー」とは、住宅に使用される建材を自社の工場で生産し、効率的な建て方になるような手法を取り入れている住宅メーカーのことをいいます。大手ハウスメーカー以外には、特定の地域のみで営業展開している中堅ハウスメーカーもあります。

どこの地域で住宅を建てても基本的な内容は変わりませんが、雪がよく降る地域などでは耐久性を高めたり、高気温の地域では耐熱性などをたかめたりと、臨機応変に施工方法を変えているメーカーもあります。もちろん、規格商品から自由設計まで対応していることが多いですが、工場生産で対応できない部分が多くなると、建築費用が割高になることもあります。

工程がマニュアル化されることで、費用や完成までのスケジュールが効率的になりコストが下がるため、細かい要望が多くなりそうな場合は工務店へ依頼すると良いケースもあります。

大手ハウスメーカーは、営業・設計・現場・アフターメンテナンスとそれぞれ担当部署が存在しており、担当する人間もそれぞれ変わります。部署間の連絡や伝達が行き届かないケースもあるので、ここは小規模な工務店とは異なるところです。

しかし、部署ごとに対応してくれることで細かい要望にも応えてくれ、迅速な対応をしてくれることに繋がります。

また、大手ハウスメーカーはTVCMなどを打っていることも多く、ブランドイメージ等もあるため基本的な対応面では安心できるでしょう。

大手ハウスメーカー一覧

大手ハウスメーカーの特徴を紹介します。メーカー毎に特徴が異なるので、気になるメーカーは坪単価だけでなく強みなども確認しておきましょう。

三井ホーム

三井ホームLANGLEY
https://www.mitsuihome.co.jp/
会社名 三井ホーム
坪単価 55~90万円
対応エリア 全国(秋田県、沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 ‎Langley(ラングレー)、Sonoma(ソノマ)、Chouchou(シュシュ)、Scala(スカーラ)
主な特徴 「子育て家族」「共働き家族」などといった、それぞれの家庭のスタイルやこだわりに合った提案をしてくれます。外部のコーディネーターやデザイナーを委託して設計デザインをするため、他社と比べてデザインにも定評があります。

三井ホームの坪単価詳細

積水ハウス

積水ハウス_イズロイエ
https://www.sekisuihouse.co.jp/
会社名 積水ハウス
坪単価 50~80万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 IS STAGE(イズ・ステージ)、IS ROY+E(イズ・ロイエ)IS、IS ROY+E cozy style(イズ・ロイエ・コージースタイル)、ECORDEC(エコルデック)とCERABRID(セラブリッド)、Gravisシリーズ、里楽(りらく)、縁の家(ゆかりの家)
主な特徴 積水ハウスの家の仕様は、他のメーカーと比べて「上質」だという評判があり、標準仕様の住宅でも他のメーカーのハイグレード商品に該当することもあります。オプション設定等を追加しなくても上質な家を建てることが可能なメーカーです。

積水ハウスの坪単価詳細

パナソニックホームズ(旧パナホーム)

パナソニックホームズ_カサートアーバン
https://homes.panasonic.com/
会社名 パナソニックホームズ(旧パナホーム)
坪単価 60~100万円
対応エリア 全国(北海道、青森県を除く)
主な取り扱い商品 CASART URBAN(カサートアーバン)、CASART PREMIUM(カサートプレミアム)、CASART(カサート)、Vieuno(ビューノ)、artim(アーティム)
主な特徴 設備から家電までパナソニック製品に囲まれた注文住宅を設計することができます。パナソニック製の家電はデザインも良いと評判なので、他の注文住宅と差を付けたい方におすすめのハウスメーカーです。3階建ての住まいはもちろん、9階建てのビル型住宅まで、様々な形状の住宅に対応しています。

パナソニックホームズの坪単価詳細

セキスイハイム

セキスイハイム_パルフェ
https://www.sekisuiheim.com/
会社名 セキスイハイム
坪単価 60~80万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 パルフェ、パルフェ-bjスタイルスマートパワーステーションFR、スマートパワーステーションGR、スマートパワーステーションアーバン、ドマーニ、グランツーユーV(2×6)
主な特徴 セキスイハイムは「太陽光発電システムを導入した注文住宅の販売実績」が業界NO.1で、エコな注文住宅を理想としている方におすすめのハウスメーカーです。「全館空調付き換気システム」も提供しているため、エコなだけでなく家の中を快適に保つ様々な工夫を施すことが可能です。

セキスイハイムの坪単価詳細

ダイワハウス

ダイワハウス_シーヴォシグマ
https://www.daiwahouse.co.jp/
会社名 ダイワハウス
坪単価 60~80万円
対応エリア 全国
主な取り扱い商品 xevo(ジーヴォ)、Gran Wood、skye(スカイエ)
主な特徴 プレハブ住宅を日本で初めて世に送り出したハウスメーカーがダイワハウスです。施工スピードが早く、丈夫な住宅を建てることができることが特徴です。モダンなデザインが多い印象で、賃貸向けや店舗併設住宅など、幅広い用途にも対応しています。購入者の細かいニーズに応えてくれるのも大きな特徴です。

ダイワハウスの坪単価詳細

ミサワホーム

CENTURY Primore
https://www.misawa.co.jp/
会社名 ミサワホーム
坪単価 60~75 万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 CENTURY、INTEGRITY、GENIUS、SMART STYLE、MJ Wood
主な特徴 「グッドデザイン賞」をなんと26年連続で受賞しているミサワホーム。「蔵の家」という大収納空間を採用した家を展開していることで有名なハウスメーカーです。またまた「3世代にわたって住み続けられる家」を目指し品質向上に力を入れています。業界最長レベルの60年という保証期間も適用することができ、住まいの安全を支えてくれるハウスメーカーです。

ミサワホームの坪単価詳細

へーベルハウス(旭化成ホームズ)

へーベルハウス_FREX
https://www.asahi-kasei.co.jp/
会社名 へーベルハウス(旭化成ホームズ)
坪単価 70~90 万円
対応エリア 関東、中部、関西、中国、九州
主な取り扱い商品 CUBIC(キュービック)、新大地(しんだいち)、FREX(フレックス)、GRANDESTA(グランディスタ)、STEP BOX(ステップボックス)
主な特徴 へーベルハウスは高層ビルにも使用される重量鉄骨造を採用しており、地震に強い大手ハウスメーカーのひとつです。へーベルハウスの商品は「制振装置」が標準装備として提供されているので、標準仕様の商品でも耐震性に富んだ住宅を手に入れることができます。

ヘーベルハウスの坪単価詳細

住友不動産

住友不動産_TOP
https://www.j-urban.jp/
会社名 住友不動産
坪単価 50~80 万円
対応エリア 北海道、東北、首都圏、北陸、近畿、東海、中国、九州
主な取り扱い商品 PREMIUM・J series(プレミアム・ジェイ・シリーズ)、J・RESIDENCE(ジェイ・レジデンス)、J・URBAN series(ジェイ・アーバンシリーズ)
主な特徴 商業ビルやマンションなど、幅広い建築物に対応している住友不動産。注文住宅もオールマイティーに対応してくれるハウスメーカーです。常に最新の技術を取り入れた設計をしてくれることが特徴です。過去に4回「グッドデザイン賞」を受賞しており、性能だけでなくデザインにも定評があり、幅広い年齢層の指示を得ているメーカーです。

住友不動産の坪単価詳細

住友林業

フォレストBF
https://sfc.jp/
会社名 住友林業
坪単価 70~90 万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 フォレストBF、GRAND LIFE(グランドライフ)、PROUDIO(プラウディオ)、DUE CLASSO(ドゥーエ・クラッソ)
主な特徴 住友林業は標準仕様の住宅でも耐震等級の中では最高値となる「耐震等級3」を実現しており、耐震性には特に注力しています。坪単価が高めな分、耐震等級を維持しつつ制約の少ない自由設計を実現することができます。また、施工工事の7割を自社で行っており、施工の質が安定しており、バラつきが出にくいのも大きなメリットです。ここ近年はZEH住宅にも注力しています。

住友林業の坪単価詳細

タマホーム

木麗な家
https://www.tamahome.jp/
会社名 タマホーム
坪単価 35~50 万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 大安心の家、大安心の家 PREMIUM、木麗な家、木望の家、和美彩
主な特徴 「ローコスト」で注文住宅を建てられることを前面に出しているのがタマホームです。大手ハウスメーカーの中ではダントツで坪単価の安いハウスメーカーです。「ローコストでも高品質」な商品を提供していることで評判が良いメーカーです。低価格であっても日本の気候に合っている国産材にこだわり、耐震等級や断熱性にも力を入れています。

タマホームの坪単価詳細

トヨタホーム

https://www.toyotahome.co.jp/
会社名 トヨタホーム
坪単価 40~90 万円
対応エリア 東北、関東、中部、関西、中国、九州
主な取り扱い商品 LQ、シンセ・スマートステージ、シンセ・カーダ、シンセ・ピアーナ、シンセ・ヴィトロワ
主な特徴 トヨタホームはその名の通り、トヨタグループの注文住宅部門になります。自動車にも採用されている技術を注文住宅へも採用することにより、防錆や耐震性に強い住宅を実現しています。また、トヨタホームは「防犯性」にも注力しており、割れにくい窓ガラスや2重ロック、電子錠など、最新の防犯システムを効果的に配置してくれます。

トヨタホームの坪単価詳細

一条工務店

一条工務店_i-smart
https://www.ichijo.co.jp/
会社名 一条工務店
坪単価 45~80 万円
対応エリア 全国(沖縄県を除く)
主な取り扱い商品 GRAND SAISON(グラン・セゾン)、i-smart、SAISON(セゾン)、Brillart(ブリアール)、百年
主な特徴 「工務店」が付きますが、一条工務店は自社工場を持つ大手ハウスメーカーです。全国で約12,000棟も住宅を販売しており。全国2位の実績をもつ大手ハウスメーカーとなります。「性能とコストパフォーマンスの両立」掲げており、理想の性能を抑えつつコストパフォーマンスにも優れています。また、「気密性」にはかなり定評があり、寒い地域の北海道では一条工務店の建築棟数が1位になるほど信頼されています。

一条工務店の坪単価情報

ハウスメーカーを選ぶ際のポイント

ハウスメーカーを選ぶ際のポイント

ハウスメーカーを選ぶ際のポイントがいくつかあります。以下のポイントを抑えつつ、気になった業者に複数社相談してみましょう。

まずは電話やメールで問い合わせてみて、実際に展示場や事務所に足を運び、営業担当の方と直接会って話をしてみることが大切です。その業者、担当との「相性」も必要なので、WEB上のみのやりとりや電話だけで決めることはおすすめできません。

以下はハウスメーカーを選ぶときに、5つ大切なポイントがあります。

ハウスメーカー・工務店を選ぶ際のポイント5つ

  1. 見積もりのわかりやすさ
  2. 従業員の人柄や会社の雰囲気
  3. 家づくりに対して理念を持っているかどうか
  4. 担当の営業マンに「オリジナルの提案力」があるかどうか
  5. アフターフォローの体制がしっかりしているか

さらに、上記5つのポイントについて詳しく解説します。

1. 見積もりのわかりやすさ

見積もりの内容が明確になっているかどうか。曖昧な記載はないか。わかり辛い箇所についてはどんどん質問しましょう。しっかり丁寧に説明してくれる業者を選ぶべきです。

「この家を建てるのに4,000万円かかります」と言われても納得できませんよね。4,000万円かかるのであれば、その内訳をしっかり提示してくれる業者を選びましょう。

概算見積もりでない限り、見積もりの内訳は提示することが可能なはずです。一生に一度の高い買い物ですから、何にいくら費用がかかるのか、一つ一つしっかり把握してメーカーを選定するようにしましょう。

2. 従業員の人柄や会社の雰囲気

ハウスメーカーのほとんどで、契約~引き渡しまで同じ営業マンが担当します。約1年はこの営業マンとやりとりをすることになりますので、担当の営業マンの営業姿勢や雰囲気はしっかり確認しておきましょう。

中には新人営業マンが担当するケースもあります。新人だからと言って必ず悪いというわけではありませんが、知識と経験のある営業マンだと安心できます。

自社のブランドのことはもちろん、家が完成するまでの流れを把握し、こちらの質問一つ一つにしっかり答えてくれる営業マンが良いでしょう。家を建てるにあたり、近隣準拠との関係、住む地域の災害リスク、細かいことまで教えてくれる担当者だと尚良いです。

少なくとも、業界経験1年以上を経験している営業マンに担当してもらえると安心です。

3. 家づくりに対して理念を持っているかどうか

自分の選んだ業者が、自社の強みや家造りに対する想いを持っているかどうかです。こちらのの要望を聞いた上で、自社の理念と自社の強みを組み合わせて提案をしてくれるハウスメーカーが良いでしょう。

ただ自社の商品を売り込んでくるだけではなく、自社の良いところをアピールしつつ、こちらの要望にちゃんとマッチさせてくれるかがポイントです。営業マンがどんなに良い家だと言っていても、こちらの要望が叶わなければ本当の意味で「良い家」だとは言えません。

当然、メーカー側も商売ですので、こちらの要望が叶わなくても売り込んでくるでしょう。自社の商品を売り込んだうえで、こちらの要望にもしっかり応えてくれるハウスメーカーを選ぶと良いです。

4. 担当の営業マンに「オリジナルの提案力」があるかどうか

自社の強みやコンセプトばかり推して、依頼者の要望があまり反映されていない提案は避けるべきです。「提案する力」とは、依頼者のイメージを聞いた上で、自社の強みをかけ合わせて具体的な形として提案してくれるかどうかです。

注文住宅を買う側の依頼や要望は様々で、規格商品を選ばない限り他の購入者と全く同じ要望になることはありえません。したがって、メーカー側は購入者によってオリジナルの提案をしなければいけないのです。

型にハマった営業だけをしてくるメーカーは注意が必要です。あなたの伝えた要望に対して、オリジナルの提案があるかどうかを見極め、あなたの理想を叶えてくれる提案をしてくれるメーカーを選ぶようにしましょう。

5. アフターフォローの体制がしっかりしているか

重要なのがアフターサービスです。優良業者は完成後も長期にわたって定期点検などのアフターフォローが充実しています。特に地域密着で展開している工務店は、良い業者と出会えれば、住宅のことに関して一生付き合って行けるので、先の事もしっかりイメージして、アフターフォローの事もいろいろ質問してみるといいでしょう。

買って直後の数年は定期メンテナンスや定期点検を行ってくれるところが多いですが、注文住宅は20年、30年先を見据えた大きな買い物になります。可能な限り長期保証で対応してくれるメーカーを選ぶと良いでしょう。

中には購入した住宅を売却するところまでサポートしてくれるメーカーもあります。どんなに良い家を建てても、定期的な点検は必要であり、修繕費等はいずれ必ずかかってくる費用です。長期保証までしっかり提案してくれるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

木造と鉄骨の違い

ハウスメーカーによって得意な工法は異なり、主に木造と鉄骨で分かれます。それぞれのメリットとデメリットを知り、自分の希望に合う工法はどちらなのかを事前に確認しておきましょう。

木造

木造住宅

木造住宅はほとんどの家で取り入れられている一般的な工法です。建築費を抑えることができるうえに、有名なハウスメーカーの大半が取り扱っている工法なので、商品の選択肢もかなり幅広くなります。特にこだわりがないのであれば、まずは木造住宅から検討してみると良いでしょう。

木造住宅の大きな特徴としては、家を建てる地域や場所に応じて、耐震・断熱・気密などの住宅性能をカスタマイズすることが可能な点と、間取りの自由度が高くなる点です。

木造住宅にはシロアリが発生するリスクがあります。事前に対策してくれるメーカーがほとんどですが、定期メンテナンスをしっかり行ってくれるメーカーを選ぶようにしましょう。

木造住宅の代表的なメーカーでは、一条工務店、住友林業、三井ホームが有名です。

鉄骨

鉄骨住宅

完成した家のの品質やサポート面で安心したい方には鉄骨住宅がおすすめです。鉄骨造の最大のメリットは、施工精度が木造に比べて高いところです。工場で事前に部材を生産し、あとは現場で組み立てるのみというプレハブ工法を採用しているため、完成時の家のクオリティが業者に左右されにくい傾向にあります。

鉄骨住宅は取り扱っているハウスメーカーが多いため、サポート体制が充実しており、各社の制振技術が問い入れられている点も魅力です。しかし、鉄骨住宅は大手ハウスメーカーからしか選ぶことができないため、費用が高額になりやすい点がデメリットでもあります。

ハウスメーカー・工務店の違い

マイホームを建てくれる業者の種類は大きく2つに分かれます。「ハウスメーカー」と「工務店」です。「家を建てる」という点では違いはありませんが、建てるまでの工程、品質、サービス内容に違いがあるので事前に確認しておきましょう。

ハウスメーカーとは?

世間一般で言われる「ハウスメーカー」とは、全国展開している「大手の住宅メーカー」のことを指します。会社規模が大きいので、建材の生産を自社工場で行っていたり、製品検査も自社で行っているようなメーカーになります。広告や宣伝も盛んで、全国に住宅展示場を多く展開していることがほとんどですので、購入前に完成イメージを沸かせやすいのが魅力です。

工務店に比べて設計費用が高くなる傾向にありますが、大手ブランドならではので安心感や高品質というメリットがあります。

工務店とは?

注文住宅の建築業者で一番多いのが「工務店」です。ハウスメーカーとは違い、少人数で経営しているケースが多いため、直接社長さんと打ち合わせができることも珍しくありません。また、ハウスメーカーとくらべて細かい融通が利くというのも魅力のひとつです。工務店は自社工場を持っていないケースが多いので、人材や建材を外部から取り寄せていることがほとんどです。工務店には様々な種類があり、「新築一戸建てや注文住宅を得意としている工務店」「フルオーダーもセミオーダーも対応可能」「大手ハウスメーカーの下請けがメイン」などといった工務店があります。

工務店最大の魅力は、「地域密着」です。地域に根ざしているからこそできる細かな対応も工務店ならではです。

ハウスメーカーを決めるために何社比較すればよいのか?

注文住宅のハウスメーカーや工務店を決めるまでに「何社比較すればよいのか?」と迷われると思います。実際に実施されたアンケートを参考にしてみます。

「一戸建て住宅建築会社を決めるまでに、何社比較しましたか?」というアンケートの結果です。

アンケート調査
引用元:PR TIMEShttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000041194.html

アンケート結果をみると、2~5社が半数以上となっています。しかし、2社での検討となると参考にする対象が少なすぎるため、最低でも3社は比較するようにしましょう。

予算の決め方

予算の決め方

住宅ローンを利用して注文住宅を手に購入する場合、一般的な予算の目安として年収の4~5倍程度が無理のない予算と言われています。

  • 年収400万円の場合・・・予算1,600~2,000万円
  • 年収600万円の場合・・・予算2,400~3,000万円

上記の金額を目安に決めると良いでしょう。多くの人が35年の長期に渡る住宅ローンを契約しています。現状の収入状況だけではなく、将来の収入状況もある程度予測しながら予算を組みましょう。

業者を決めたらまずは資料請求しよう!

ハウスメーカー・工務店は国内にあるだけでも数千社あると言われています。大手ポータルサイトで確認できるだけでも数百社あるので、この中から希望のメーカーを探すのはとても大変な作業になります。ここでは効率のよいハウスメーカー・工務店の探し方を紹介します。

ハウスメーカーの公式資料を一括資料請求する

いきなり展示場やメーカーに足を運ぶのではなく、まずは「資料請求」です。一つ一つのハウスメーカーに資料請求をするのではなく、自分の希望に合ったメーカーに一括で資料請求をすることができます。もちろん無料です。数社~数十社の費用やサービスの比較ができるので、この方法が一番おすすめです。

ポータルサイトから個別に資料請求をする

上記の一括資料請求より手間はかかりますが、SUUMOやホームズなどの大手住宅ポータルサイトから業者の目星を付けます。掲載数は数百社にものぼるため厳選するのは大変な作業ですが、限りなく自分の希望に近い業者をピックアップすることができます。

なぜ資料請求が必要なのか?

数百とあるハウスメーカーの展示場を一つ一つまわるためには膨大な時間と手間がかかります。取り寄せた資料で、ある程度自分の希望に近いハウスメーカーを選定し、そのうえで展示場をまわる方が断然手間が省けます。展示場や事務所へ出向くことなく、自宅で業者選定をすることができます。

また、「一括見積もり」のサービスではプロによる間取り図の作成や概算見積もりをもらうことができるため、展示場に行ってから「費用が高すぎた」「理想の間取りが実現できなそうだった」などといったケースになることを事前に防ぐことができます。あくまで概算にはなりますが、メーカー毎のリアルな相場を把握することができます。

当サイトでは、複数もハウスメーカーを比較するための一括見積サイトの紹介をしています。

参考

注文住宅の検討を始めたばかりでまだ何をすれば良いかわからない方も、ある程度自分の中で計画が進んでいる方でも、最終的には注文住宅会社を選ばなければいけません。素晴らしい注文住宅会社を見つけて、自分の理想のマイホームを建てることができれば幸せで[…]

注文住宅検討画像

マイホームを契約するときの流れ

マイホームを購入する時の流れ

注文住宅が完成するまでの流れを確認しておきます。基本的には業者さんが全て案内してくれますが、実際にマイホームに住めるまでの全体的な流れをイメージしておきましょう。

1. ハウスメーカー・工務店の情報収集
マイホームを建てようとしている地域に対応している業者はどんな業者が存在するのか、どんな家を建てられるのか、資料請求などをもとに情報収集します。

2. 問合せ~展示場等で物件見学
目星をつけた業者に直接問合せをし、展示場やモデルハウスがあるメーカーであれば、実際に商品を確認しに行きます。複数の業者を見ておくことをおすすめします。

3. ハウスメーカー・工務店の絞り込み
最終的に依頼をしたいハウスメーカーや工務店を一つに絞り込みます。

4. 購入の申込
「この家を買いたい」と決めたメーカーに申込をします。

5. 住宅ローンの事前審査
ほとんどの方が住宅ローンに申し込みます。住宅ローンを組むことができるのか、いくら借り入れができるのか、金融機関による事前審査をします。

6. 重要事項説明と契約書類の確認
本契約をする前に、物件や契約内容について重要事項を確認します。ここで契約内容をしっかり確認します。

7. 契約
ここでいよいよ正式に契約します。契約が成立したあとは基本的に解約できないので、不明点や疑問点があれば確認しましょう。

8. 住宅ローンの申し込み~ローン契約
正式に契約が成立したら住宅ローンの申し込みを正式に申請します。金融機関の本審査を経て、正式に住宅ローン契約をします。

9. 内覧チェック
物件の引き渡し前に、完成した状態で建物をチェックします。「事前内覧会」と呼ばれます。注文していた通りの仕上がりになっているか、契約通りの内容になっているか、引き渡し前の最終チェックになります。

10. 残金決済
購入価格から手付金を引いた金額全てを支払います。住宅ローンの借入金を不動産会社の口座に直接入金してもらうこともできます。残金の支払いが確認されたあと、いよいよ物件の引き渡しとなります。

11. 入居
ここまできたら念願のマイホームへの入居となります。

注文住宅が引き渡されるまでかかる期間は?

新築の注文住宅が完成するまでの期間は、おおよそ8~15か月程度かかると言われています。

以下は工程毎の必要期間の目安です。

  1. 情報収集・ハウスメーカー選び(1~3ヵ月程度)
  2. ハウスメーカー決定~契約(3~6ヵ月程度)
  3. 建築工事(3~6ヵ月程度)
  4. 完成~引き渡し(1ヵ月程度)

完成までの期間は依頼したハウスメーカーや注文内容によって異なります。いずれにせよ1年前後は想定しておいた方がよさそうですね。

引き渡しまで急ぎたくなる気持ちもわかりますが、人生の中で最も大きな買い物になる方がほとんどだと思います。時間をかけて満足のいく注文住宅を完成させましょう。

 

おうちパレット運営者情報

運営会社 株式会社NEXER(ネクサー)
郵便番号 171-0014
住所 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
電話番号 03-6890-4757(代表)
公式サイトURL https://nexer.co.jp/