【2021年12月更新】住宅情報館の坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページでは住宅情報館の坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

住宅情報館の概要

住宅情報館は、神奈川県相模原市に拠点を構える注文住宅会社です。飯田グループホールディングスに属するビルダーで、注文住宅だけでなく、分譲住宅や土地の購入・売却、リフォームなど幅広い住宅事業に携わっています。注文住宅の施工エリアは関東エリアを中心に、東海エリア、東北エリア、関西エリアにて対応しています。

住宅情報館の坪単価

住宅情報館の坪単価は、46.3万円 ~ 63.9万円程度となっています。

飯田グループホールディングスでは坪単価30万円台~建築可能な注文住宅ブランドも傘下にあることから、グループ内では高めな価格帯である印象を受けました。
住宅の建材に国産檜を使用していたり、強固な構造や外観・内装デザインなどからグレードは高めのブランドであることがうかがえます。また、住宅情報館では多数の受賞実績もあることから、第三者目線でも高い評価を得られていることがわかりますね。
とことんローコストにこだわたっているブランドというわけではありませんが、コストと品質のバランスが取れているハウスメーカーと言えます。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

メーカーの特徴

建材に国産檜を採用

先述したように、住宅情報館では住宅の建材にこだわり、国産の檜(ヒノキ)を採用しています。檜は優れた耐久性と耐震性を備えた木材で、1,300年の歴史を持つ法隆寺にも使われているほど頑丈さに定評があります。また、強度試験やめりこみ試験などで強度をしっかり確認しているので、災害の多い日本の住宅にも最適となっています。

豊富な住宅プラン

住宅情報館の商品は実に14種類ものプランが揃っており、家族の理想の家づくりに最適なものを選ぶことができます。平屋、3階建てはもちろん、二世帯住宅や賃貸併用タイプ、屋上のある家、デザインハウス、ZEHなど幅広いラインナップとなっています。自由設計なのでもちろん間取りなどは自由に決めることができ、さらにインテリア・カラーコーディネートなど専門のスタッフにより外観・内装もおしゃれに仕上がります。

グッドデザイン賞など多数の受賞歴を誇る

住宅情報館は、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」「2017年度グッドデザイン賞」「第11回キッズデザイン賞」など数々の賞で受賞実績があります。「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は省エネルギー性能に優れた住宅に送られる賞で、「キッズデザイン賞」では「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で受賞しています。いずれも第三者機関から評価されているというのは安心感がありますね。

家の性能

住宅情報館の家の性能についてはどうでしょうか。

災害に強い「高耐久構造」の家

住宅情報館では、「木造軸組工法」に耐力面材・剛床をプラスした「フレーミングモノコック工法」を採用しています。
従来の「木造軸組工法」は木材をつなぎ合わせた「線」の構造ですが、そこに耐力面材を張り付けることで「面」の構造をつくります。
剛床は合板を分厚くし、変形しないほど固い床にすることで、地震の横揺れで加わる力を壁全体に伝えて力を分散する役割を果たします。建物にかかかる負荷を壁全体で支えることで、優れた耐震性・耐久性を発揮するのが「フレーミングモノコック工法」の特徴となっています。

また、耐震性に優れた建物にさらに「FRダンパー」を備えることで制震性能をプラス。建物に伝わる揺れを吸収することで、繰り返し地震が起こっても家の損傷を防ぐことができます。

自然環境や住む人の健康に配慮した省エネ住宅

住宅情報館では、住宅の断熱性能にこだわり、また太陽光発電などを導入することで少ないエネルギーでも快適に過ごせるエコな住宅を提供しています。
住宅の断熱材には、壁・天井に高性能グラスウール、床にはポリスチレンフォームを採用。熱が逃げやすい窓には断熱性に優れたアルミ樹脂複合サッシとLow-Eペアガラスを使用しています。
断熱性が高い家は過剰に冷暖房を使う必要がないため、経済的にも健康にもやさしいというのが特徴です。24時間換気システムも導入しているので、断熱性に優れた室内であってもきれいな空気が循環します。
加えて、オール電化にも対応しているためIHクッキングヒーターや給湯にも電気を使うことができます。

住宅情報館を選ぶメリット

コストと品質のバランスが良い

住宅情報館はコストと品質のバランスに優れているというのが最大の魅力としてあげられるでしょう。
1,000万円台で家を建てることも可能な価格帯でありながら、建材には優れた強度を持つ国産檜を使用し、高耐震・高耐久な構造により災害への強さを実証されています。さらに過去の受賞歴から省エネ性能やデザイン性の高さなども第三者目線で高く評価されており、比較的お手頃な価格で高品質な家を建てることができるというメリットがあります。

住宅性能表示制度による性能評価を受けられる

住宅情報館では、「住宅性能表示制度」による性能評価を受け、「住宅性能評価書」を発行してもらうことができます。
「住宅性能表示制度」とは、住宅の性能をわかりやすく等級や数値で表す制度で、「耐震性や耐久性といった性能が希望するレベルをクリアしているか」ということを第三者機関に審査してもらうことができるのです。
また、住宅性能評価を受けることで、等級によって地震保険の割引が適用されたり、住宅ローンで優遇を受けられる、家の売却時の資産評価に利用できるといった様々なメリットがあります。

住宅情報館のデメリット

店舗によって評判が異なる

住宅情報館に限ったことではありませんが、複数の支店がある注文住宅会社では店舗によって評判が異なります。お近くの店舗に良いスタッフが揃っているとは限らないので、店舗ごとに口コミや評判をよく調べておくことが大切です。

会社情報

会社名 住宅情報館株式会社
ブランド名 住宅情報館
本社住所 〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見2丁目8番8号
創業 1993年10月13日
資本金 1億円
従業員数 1,115名(2021年3月現在)
HP https://www.jutakujohokan.co.jp/house/

この会社の対応エリア

神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、愛知県、岐阜県、静岡県、宮城県、福島県、大阪府

住宅情報館の評判・口コミ

住宅情報館で実際に注文住宅を建てたと思われる評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト:https://www.e-mansion.co.jp/

良い評判・口コミ

私は営業の方のおかげで家族みんなで幸せに暮らしています!一条さんやら桧家さんやら展示場回りをして住宅情報館にもいきました!他社さんより地図など作ってくれてすごく土地も探してくださいましたし、住宅ローンも自分達がきめていた銀行よりも安くすむ銀行さん教えてくださって助かりました!!

やっぱり、全体的に考えてくれてるのが伝わり人が違うとこんなにも違うんだな~って感心しました。

☞住宅情報館では、土地探しや住宅ローンの申請についてもサポートを行っているようです。土地探しに対応しているハウスメーカーは多いですが、その中でも情報館はかなり手厚く対応してくれるようですね。

自分は幾つかの会社で土地探しをしてもらいましたが、どこも土地は1つ2つの紹介で自社建物推しの話ばかりで、住宅情報館さんが50件位の土地のご紹介から一つ一つ説明をしてくれて丁寧に感じたので人間関係をつくれた住宅情報館に決めました!たまたま相性があう営業の方だったのかもしれませんが、今でも後悔なく話を進めて完成間近です!皆さんの参考になるかわかりませんが、自分はそんな感じでした

☞こちらの投稿者様も土地探しについて高評価の口コミを投稿しています。注文住宅は家の品質はもちろんですが、土地によっても住み心地が変わってくるので、なるべくたくさんの場所と比較したいですよね。また、家づくりだけでなく土地についても丁寧に説明してくれる担当者ならかなり信頼できそうです。

我が家は、注文住宅の購入の為、今、手続きが進行中です。まだこれから本審査に入る手前です。ふたりの担当者がついてくれていますが、とても親切丁寧です。わからないことや疑問に思ったことは、丁寧に分かりやすく説明してくれています。ほんわかした印象で、とても優しい方が、担当で、安心出来ます。場所によって、違うようですね。

☞こちらの投稿者様は、担当者の対応応力に満足しているようです。注文住宅は営業担当者の人柄や対応力によって左右されることも多いので、信頼できる方が担当に付いてくれると安心ですね。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

建てた後は知らんぷり、不具合を指摘するとクレーマー扱いと上の方々がおっしゃっていましたが、まんまその通り。2年点検などの保証期間で不具合箇所を言うときは録音することをオススメします。
指摘してもその時には何もせず「しばらく様子を見てください」と放置し、後になって「聞いてない、保証期間は過ぎてますので有償です」と詐欺まがいの発言一点張り。話にならないレベルで酷い。

住宅情報館の特徴
・営業:強引、返答がいい加減、契約済むと知らん顔、他社批判で自社高評価で集客、賃貸に少し足せば戸建て買えるで集客、ローン通らないはお構い無し。
・設計:まぁまぁだけど施主の意見組み切れてない、施主の為のアドバイスや提案無し。
・現場監督:知識不足、現場管理出来ていない、近隣対応カス。
・インテリア:建築は分かっていない、提案がイマイチ。
・全体:少しでも指摘するとクレーマー扱い、材料が酷い、ミスを隠そうとする、得するのは橋本環奈と会社だけ。

住宅情報館て家を建てましたが。
はっきり言ってお勧めできません。
営業は強引。
何かにつけて「お客様の予算では、、、」とか、「後々お客様に頑張ってもらって。やっていただくしか。。」的な言い回し。注文住宅を勧められて話を進めましたが。。注文住宅の意味がない。
何度も揉めましたが完成も近く。。
話し合いな中で「お客様の言っていることはごもっともです。ぐうの音も出ません。。でも、仮に裁判を起こしてもお客様は勝てませんよ!?」などという発言。
ローンも予算より上回り。それを聞いたのも完成間近。。どーしようもありませんね(-。-;建物自体の感想は。
クロスが雑〔つなぎ目が丸わかり、気泡〕階段が軋む、トイレの建て付けが悪いのか、開け閉めする際に音がなる。
階段とトイレのドアに関しては何度も直しをしてもらい改善したような感じですが。
クロスに関しては正直これ以上直しで業者が入るのが嫌なため諦めました。イメージとしては社員の教育がなっていないのと。明らかに落ち度があるにもかかわらず。
謝罪してきても、誠意を感じられない謝罪の仕方でした。正直思い出したくもないし。
ちゃんと色んな建築会社と話をして決めるべきだったと後悔してます。

評判・口コミの総評

住宅情報館の評判・口コミを見てみると、担当者の対応力や土地探しからの丁寧なサポートに満足しているコメントが多い印象を受けました。一方でネガティブな内容の口コミを見てみると、逆に担当者の対応に不満を感じている方が多く「営業が強引だった」「対応が適当だった」といったコメントが見受けられました。

住宅情報館は支店が複数あるので、店舗や担当者によって評価が分かれているようです。お近くの店舗の口コミや評判を調べて、あまり良い評価でないなら別の店舗をあたるか、他社を検討した方が良いでしょう。しかし、ネットの書き込みだけではなかなか判断が難しい場合もあるので、やはり直接対面で話してみるのが一番確実ですね。

感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じて住宅情報館に決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク