【2021年12月更新】一建設(はじめ建設)の坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページでは一建設(はじめ建設)の坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

一建設の概要

一建設は、東京都豊島区に拠点を構える注文住宅会社です。全国19ヵ所に住宅展示場があり、北海道や四国など一部対応外のエリアはあるものの、多数の地域で施工を行っています。

一建設の注文住宅はローコストにこだわっているのが最大の特徴。無駄なコストをカットし、ワンストップ制で家づくりを行うことで、低価格に注文住宅を提供することに成功しているのです。

また、一建設では注文住宅のみならず、分譲戸建てや分譲マンションなどの建築にも携わり、住まいに関する幅広い知識を持っているという強みがあります。

一建設の坪単価

一建設の坪単価は、40万円~55万円程度となっています。

一建設では、注文住宅と分譲住宅を合わせて年間11,000棟もの家を建設しています。そのスケールメリットを活かして安く注文住宅を提供しているのが一建設の特徴です。

一建設では1200種の『規格プラン』と0から家づくりができる『フリープラン』を利用することができます。
公式サイトによると、32坪の4LDKの規格型注文住宅だと本体価格1,270万円(税込)から可能とのこと。こちらの金額で家を建てた場合の坪単価を算出すると39.69万円と、かなり安価な価格帯で請け負っているようですね。

フリープランでは自由な家づくりができるため、こだわりが詰まった家づくりが叶います。その分規格型住宅よりも金額は高くなりがちですが、年間数多くの住宅建築を手掛けている一建設では、完全自由設計であってもローコストに建てることができます。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

一建設の4つの商品

一建設では下記4つの商品を展開しています。

・リーブルセレクト:一建設の代表ブランド。コスト面・自由度・安心性を兼ね備えた標準住宅。
・ココカラオリジナル:「家族好みに自由に作り上げる家」をコンセプトとした住宅。(地域限定)
・デザイナーズシリーズ:生活にスタイルに合わせて快適さとストレスフリーにこだわった住宅。
・高性能住宅:健康と快適さにこだわった高断熱なハイスペック住宅

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リーブルセレクト

一建設リーブルセレクトのイメージ画像https://www.hajime-customhouse.com/

リーブルセレクトは、一建設の代表的なブランドとなっており、コスト面・自由度・安心性を兼ね備えた標準住宅です。基本プランにオプションを追加していく形で家族好みの家をつくることができます。
また、ローコストにこだわったプランなので「なるべく低価格で家を建てたい」という方も候補に入れやすいでしょう。

標準仕様

【構造】
・鉄筋コンクリートベタ基礎
・在来工法(木造軸組構法)

【住宅性能評価】
・耐震等級3(最高等級)
・劣化対策等級3(最高等級)
・維持管理対策等級3(最高等級)
・断熱等性能等級4(最高等級)

施工事例の間取り

2階・4LDK+小屋裏PLAN
・延床面積:156.91m²
・建築面積:79.90m²

一建設間取りイメージ1https://www.hajime-customhouse.com/

 

ココカラオリジナル

一建設ココカラオリジナルのイメージ画像

https://www.hajime-customhouse.com/

ココカラオリジナルは、「家族好みに自由に作り上げる家」をコンセプトとした住宅プランです。収納扉や壁を取り付けないことで広い空間を有効活用し、好きなようにレイアウトすることができる住まいとなっています。
また、吹抜けを設けたり、2階ホールはセカンドリビングとして利用できるなど、空間に関するアイデアが詰まっているのも特徴です。

※地域限定のため、施工エリアは要お問い合わせ

標準仕様

【構造】
・鉄筋コンクリートベタ基礎
・在来工法(木造軸組構法)

【住宅仕様】
・耐震等級3(最高等級)
・劣化対策等級3(最高等級)
・維持管理対策等級3(最高等級)
・断熱等性能等級4(最高等級)

施工事例の間取り

2階・2(3)LDK PLAN
・延床面積:95.63m²
・建築面積:49.68m²

一建設間取りイメージ2https://www.hajime-customhouse.com/

デザイナーズシリーズ

一建設デザイナーズシリーズのイメージ画像https://www.hajime-customhouse.com/

デザイナーズシリーズは、住む人の生活スタイルに合わせて快適さとストレスフリーにこだわった住宅プランです。
特にこだわっているのが玄関とバルコニー。玄関ポーチを広くすることで、存在感が際立ち外観のアクセントになります。また、バルコニーも広い空間を取り、洗濯物を干すのはもちろん、外リビングとしてちょっとした読書タイムやホームパティなどでも大活躍。上質な暮らしを叶えてくれます。

標準仕様

【構造】
・鉄筋コンクリートベタ基礎
・在来工法(木造軸組構法)

【住宅仕様】
・耐震等級3(最高等級)
・劣化対策等級3(最高等級)
・維持管理対策等級3(最高等級)
・断熱等性能等級4(最高等級)

施工事例の間取り

2階・4LDK PLAN
・延床面積:113.44m²
・建築面積:57.96m²

一建設間取りイメージ3https://www.hajime-customhouse.com/

高性能住宅

一建設高性能住宅のイメージ画像https://www.hajime-customhouse.com/

高性能住宅は、断熱性にこだわり、健康と快適さを追求したハイスペック住宅です。建物のUA値(熱の逃げやすさ)は0.46を実現。この数値は平成28省エネ基準で北海道の水準に相当します。

家の窓は全て「高性能樹脂サッシ」を採用し、窓際の寒さを軽減。また、高断熱住宅と相性の良い「全熱交換型換気システム」を採用しています。この換気システムは、外の空気を室内の空気の温度に近づけてから換気するので、新鮮な空気を取り込みつつ室温を一定に保ってくれるのです。

標準仕様

【構造】
・鉄筋コンクリートベタ基礎
・在来工法(木造軸組構法)

【住宅仕様】
・耐震等級3(最高等級)
・劣化対策等級3(最高等級)
・維持管理対策等級3(最高等級)
・断熱等性能等級4(最高等級)

施工事例の間取り

2階・4LDK PLAN
・延床面積:107.23m²
・建築面積:58.38m²

一建設間取りイメージ4https://www.hajime-customhouse.com/

メーカーの特徴

圧倒的ローコストを実現

一建設は、圧倒的ローコストを実現しているのが最大の特徴です。
先述したように、年間数多くの住宅を建てているというが大幅なコストカットとなっているのですが、それだけではありません。

一建設では下記のような企業努力によって無駄なコストを省くことに成功しています。

・スケールメリット:一度に大量に仕入れることで仕入れ値を大幅に下げたり経営を効率的に行うことで経費を削減。
・グループにプレスカット工場:建築に使用する木材の加工にかかるコストをカット
・豊富な規格プラン:完全自由設計よりも低価格に提供しやすい。
・ワンストップ体制:営業・設計・施工・アフターサービスまで自社で行うことで中間マージンをカット

4つのブランド商品を展開

前章でご紹介した通り、一建設では4つのブランド商品を展開しています。それぞれコンセプトやこだわりポイントが違うので、予算重視、デザイン重視、性能重視など、家族の好みに合わせた家づくりが叶います。
前章では、実際の施工事例から簡単に間取りを記載していますが、一建設の公式サイトではさらに詳細な室内写真なども閲覧することができます。より詳細に施工事例を見たい方はそちらもチェックしてみてくださいね。

多数のエリアで施工対応

冒頭でお伝えしたように、一建設は全国対応ではないものの、多数のエリアで施工に対応しています。東北、関東、東海、関西、九州地方など全国19か所にモデルハウスや住宅展示場があり、現在も施工エリアを広げているようです。お近くに展示場があればインターネットや電話から来場予約の上見学することができます。

家の性能

一建設の家の性能についてはどうでしょうか。

住宅性能評価の4分野5項目で最高等級を獲得

住宅の性能を数値でわかりやすく表す「住宅性能評価」ですが、一建設の住宅は下記の4分野5項目で最高等級を獲得しています。

・耐震等級3(構造躯体の倒壊等防止):地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ
・耐震等級3(構造躯体の損傷防止):地震に対する構造躯体の損傷のしにくさ
・劣化対策等級3(構造躯体等):構造躯体等に使用する材料の交換など改修工事を必要とするまでの期間を長くするための対策の程度
・維持管理対策等級3(専用配管):専用の給排水管・給湯管、ガス管の維持管理をしやすくするための必要な対策の程度
・断熱等性能等級4:外壁、窓等を通しての熱の損失の防止を図るための断熱化等による対策の程度

上記の性能は、長期固定金利かつ借入金利を一定期間引き下げる制度のある「フラット35S」の審査基準を満たしています。

断熱性・気密性にこだわった窓やドア

一建設では、建物の断熱性を高めるため、室内の熱が逃げやすい窓やドアは断熱性・気密性に優れた商品を採用しています。
窓には外の寒さをシャットアウトし結露もしにくいLow-E複層ガラス、ドアには断熱材を使用した断熱ドアを採用。「高性能住宅」シリーズは、気密性を表すUA値(熱の逃げやすさ)で0.46という高水準を満たしているので、さらに高断熱・高気密にこだわりたい方におすすめです。

優れた防犯性

外部からの侵入経路になりやすいドア、窓には防犯対策を施しています。
窓には内鍵を取り付け、補助鍵と併用することで優れた防犯性を発揮。ドアには上下2か所で施錠できるカードキータイプの電気錠を採用。ICチップを内蔵したカードを近づけるだけで一度に開閉できるので、出かけるときや帰宅時も手間がかかりません。

一建設を選ぶメリット

豊富な規格プランからお好みの家を安価に建てられる

先述したように、一建設には1200種の規格型住宅のプランがあります。フリープランと比べると自由度は低いですが、豊富なプランから選ぶことができカスタマイズもできるので、完全自由設計と比べても大幅な制限なく家族好みを家を建てられるでしょう。

また、規格型住宅は完全自由設計より低価格に建てやすく、予算の見通しがしやすいというメリットがあります。コストをおさえて家を建てたい方や、予算変動をなるべく避けたい方はフリープランよりも規格プランの方が利用しやすいでしょう。

オールインワン価格で追加料金の心配なし

一建設では、追加料金がなるべく発生しないようオールインワン価格で提示してくれます。「契約後に追加料金がいくらかかるのか心配」という方でも、初期の段階で可能な限りすべての金額を見せてくれるので安心ですね。また、いっしょに土地購入をする場合も全体の予算がわかりやすいので、正確な資金計画が立てやすいというメリットがあります。

着工金、中間金なし

一建設では、注文住宅を建てる際にかかる着工金、中間金がありません。契約時の手付金を支払ったあとの残金の支払いは、住宅が完成して引き渡しのときになります。家が完成するまでの出費をおさえることができ、つなぎ融資も不要なので金利を節約することができます。

安心の最長35年長期住宅保証

家が完成したあとの住宅保証ですが、一般的には10年間というところが多いです。一方、一建設でも10年間の瑕疵保険が付帯していますが、最長35年まで延長が可能となっています。また、引き渡しから6ヶ月後、2年後、5年後、10年後の合計4度定期点検を実施するので、万が一初期の不備があった場合もいち早く気づき対応してもらうことができます。

一建設のデメリット

壁の薄さ、防音性能などでマイナス評価が多い

一建設の口コミを確認したところ、「壁が薄い気がする」「防音性能が低い」といったマイナス評価がいくつか見受けられました。家同士が離れている地域ならそこまで重視する必要はないかもしれませんが、家同士が近い場所だと近隣に家の中の音が聞こえてしまったり、外の音が気になるといったことがあるかもしれません。

会社情報

会社名 一建設株式会社
ブランド名 はじめの注文住宅
本社住所 〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-25-5 藤久ビル東5号館
創業 1967年2月13日
資本金 3,298,500,000円
HP https://www.hajime-customhouse.com/

この会社の対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県 、栃木県、群馬県、宮城県、福島県、新潟県 、静岡県、愛知県、長野県、岐阜県、三重県 、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県 、岡山県、広島県、香川県、山口県、福岡県 、佐賀県、熊本県、沖縄県

一建設の評判・口コミ

一建設の評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト:https://www.e-mansion.co.jp/

良い評判・口コミ

ここの口コミを見て不安でしたが購入後特に一建設に不満を持った事はありませんでした。
営業の方の接客も気さくでしたし、立会の際の方もあちらからここに不備があるから直しときますと言ってくれました。
パッと見いかつい方が多いですが話せば普通ですし不備があって電話してもすぐ対応してくれます。

物件は少し壁紙の繋ぎ目がずれていたり防音性はあまりないですが許容範囲ですし、住宅機能評価(耐震)がついていてあの値段は値段相応だと思いました。
埼玉ですが当たり外れがあるのかな…?

☞営業マンは気さくで話しやすい方が担当についてくれたようですね。注文住宅を建てるなら疑問や要望などなんでも相談できる営業マンがベスト。また、もし不備があったとしても素早く対応してくれる担当者だと安心できますね。

一建設の物件に住んで3年目ですが、今のところ特に問題ありません。
買う時の担当者も信用出来ました。
住み出してからの気になった細かな事は、担当の現場監督がおり、連絡すればすぐ見に来て対応してくれました。
しいてあげれば、壁紙が薄いかも(ちょっと引っ掛かると剥がれやすい気がする)
防音は弱いと思います。
構造に関わる部分の保証は長期ですが、雨漏りとか重大な工事ミスのような所は見当たりません。

キッチンは有名メーカーでなく関連会社なので確かに凝ったものではないですが、ウチは十分です。
バス、トイレはよく見るメーカーの物で、そんなにグレード低いとも感じません。

☞こちらの投稿者様も、営業マンや現場監督は信頼できる方が担当になったようです。住宅設備に関しては特別凝ったものではないようですが、コスト面を考えると満足できているようですね。

というか実際にはじめ建設の注文住宅を都内23区
で2000万(オプション込み)で建てましたが、タマホームは2450万の見積もりでした。
1年住んでなんの問題もなくはじめ建設で正解だったと思います。
逆に2450万で問題があったら後悔していたと思います。

☞コストパフォーマンスで評価の高い大手ハウスメーカーのタマホームより安く依頼できたようです。23区内の注文住宅でオプション込み2000万円というはかなりお得に家を建てられていますね。高級住宅と比較すると寿命は短いかもしれませんが、建てる予算を削った分、リフォームや建て替えなどにお金を回せると考えると、少しでも安く依頼できる業者を探すというのも1つの手でしょう。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

一建設だけはやめた方がいい。
営業の対応は最悪。
玄関ポーチが建てて1年で崩れてきた。
営業マンも営業所の他の人も本社の人も最悪。
本当にクソ会社。

最低な会社です。手抜き工事をしときながら2年過ぎたから有料になるとの一点張り。全く誠意もなく2年までに気付かないあなたが悪いとの事。一建設で家を建てたら大変なことになるから絶対にやめた方がいいです。

最悪です。早朝6時から資材などの運搬。大声を張り上げ近隣、皆、大迷惑。土日祝日返上で施工し仕事もしないで私語ばっかり。納期遅延は日常茶飯事。業者、施工、対応、全てにおいて駄目。開き直りは天下一。

評判・口コミの総評

一建設の評判・口コミを見てみると、営業マンの対応やコスト面に満足しているというコメントが多い印象を受けました。一方でネガティブな内容の口コミを見てみると、「建てて1年で玄関ポーチが崩れてきた」など施工に関する不満や、「早朝や深夜に施工業者が騒騒音をたてている」といったコメントが見受けられました。

一建設では他社と比較しても安価に注文住宅を建てられます。とは言っても、何千万円とかけて建てた家が住んで間もなく不備が見つかったり、施工の粗さに気づいたりするのはとても悲しいですよね。また、家が完成して住み始めたときのことを考えると、ご近所さんに迷惑がかかるような施工業者の対応では困ってしまいます。
もし一建設で注文住宅の依頼を検討しているなら、こういった口コミがあることを相談し、どのような対策をとっているのか確認しておくと良いでしょう。信頼できる回答をもらえないときはほかの店舗を当たってみるか、他社を検討しましょう。

感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じて一建設に決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク