【2021年12月更新】東栄住宅の坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページでは東栄住宅の坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

東栄住宅の概要

東栄住宅は、東京都西東京市に拠点を構える注文住宅会社です。飯田グループホールディングスに属するビルダーで、注文住宅だけでなく分譲住宅・賃貸経営・リフォームなど幅広い住宅事業に携わっています。注文住宅の施工エリアは、主に拠点のある関東地域を中心としているようです。「まっすぐまじめな家づくり」をコンセプトとして、自社一貫体制で品質とコストのバランスを考えた家づくりを大切にしています。

東栄住宅の坪単価

東栄住宅の坪単価は、48万円~54万円程度となっています。

上記の坪単価で家を建てた場合のざっくりした建築費用は、30坪で1,440万円~1,620万円、35坪で1,680万円~1,890万円、40坪で1,920万円~2,160万円となります。

東栄住宅では、完全自由設計のフルオーダー住宅を提供しています。
完全自由設計は自由度が高い分価格も高くがちですが、東栄住宅では「適正価格」にこだわり、企画型住宅と同じ価格帯での提供を実現しています。
そのため、「完全自由設計で注文住宅を建てたいけど、価格が高くて手が届かない」といった方でも相談しやすいハウスメーカーとなっています。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

東栄住宅の施工事例

東栄住宅の施工事例をご紹介します。

400km離れた場所での家づくりに、リモートでの打ち合わせを活用

SHUKURA建築事例1
参照元:https://shukura.jp/
 SHUKURA建築事例2
参照元:https://shukura.jp/

延床面積:124.62m2(37.68坪)
敷地面積:143.86m2(43.51坪)
工法・構造:木造在来工法

こちらの住宅は、広いリビングが特徴となっています。

「リビングは最大限に広くしたい」という希望を叶え、壁や柱を最小限に設置。また、バルコニーも広い空間を取り、子どもが水遊びをしたり、友人を招待してのバーベキューなど憩いの場が充実しているのがポイントです。

デザイン重視でも住みやすい。完全自由設計の家が建てたい!

SHUKURAの施工事例3
参照元:https://shukura.jp/
 SHUKURAの施工事例4
参照元:https://shukura.jp/

延床面積:114.85m2(34.73坪)
敷地面積:262.19m2(79.31坪)
工法・構造:木造在来工法

玄関・キッチン・リビングをコの字型に配置した住宅事例です。
キッチン・ダイニングとリビングをL字に配置し、壁を設けることなく自然に空間を分けています。また、リビングはコテージのように吹き抜け状になっており、開放的を演出。四方にベンチ仕様の椅子を配置し、カーペットを敷いて直接座ることもできるように仕上げています。

スタイリッシュな都市型3階建。ワンサイズ広めのこだわり空間

SHUKURAの施工事例5
参照元:https://shukura.jp/
 SHUKURAの施工事例6
参照元:https://shukura.jp/

延床面積:118.97m² (35.97坪)
敷地面積:81.22m² (24.56坪)
工法・構造:2×4工法
間取り:3LDK
建築地:東京都

東京の24坪の土地に建築した和モダンスタイルの3階建て住宅です。
限られた敷地面積ながら、2階のワンフロアすべてをLDKにすることで子どもが走り回れるほどの広さを確保。加えてリビングには3階建てを活かした吹き抜けを設けることで、さらに広々とした空間をつくりだしています。
収納たっぷりのオーダーメイドキッチンや家事ラク動線など、家事の負担を軽減した工夫もうれしいですね。

メーカーの特徴

商品は1点のみ、フルオーダー住宅「趣暮(SHUKURA)」

注文住宅会社では規格住宅や自由設計など複数のプランを用意しているところも多いですが、東栄住宅ではフルオーダー住宅である「趣暮(SHUKURA)」のみ、商品として提供しています。趣暮は性能やコストのバランスにこだわった住宅ブランドで、家族の理想をそのまま形にできる完全自由設計での家づくりを採用しています。

施工事例を見ると、平屋から3階建てまで事例が紹介されており、工法も建物に合わせているようです。もちろんデザインもかなり幅広く、外観・内装までおしゃれにこだわりたい方も候補に入れやすい商品となっています。

長期優良住宅の認定棟数が全国トップクラス

東栄住宅は、長期優良住宅の認定を受けた住宅棟数が全国トップクラスにランクイン。2020年度はタマホーム、住友林業に次いで全国第3位の認定数となっています。長期優良住宅は一般的な住宅よりも長寿命というだけでなく、耐震性や省エネルギー性能などに優れ、住宅ローンの金利や税金で優遇が受けられるといったメリットがあります。長期優良住宅の認定を受けるには別途申請や審査が必要なので、しっかりと実績のある注文住宅会社なら安心ですね。

全棟で住宅性能評価書を取得

東栄住宅の家は、全棟で住宅性能評価書を取得しており、こちらも年間の取得棟数で毎年上位にランクインしています。住宅性能評価書とは、住宅の性能をわかりやすく等級で表す「住宅性能表示制度」に基づいて発行される書面です。住宅性能評価書を発行することで、耐震性や耐火性といった住宅の性能が希望するレベルをクリアしているかどうか第三者機関にチェックしてもらうことができます。

評価される性能には下記10分野があります。

・構造の安定(耐震性):地震・風・積雪に対しての建物の強さを評価。(必須)
・劣化の軽減(耐久性):建材の劣化の進行を遅らせる対策についての程度を評価。(必須)
・維持管理・更新への配慮:給排水管・ガス管の点検、清掃、修繕のしやすさを評価。(必須)
・温熱環境・エネルギー消費量(省エネ性):壁や窓などの断熱性能や、エネルギー消費量性能を評価。(必須)
・空気環境:室内への有害物質の発散量を評価。
・火災時の安心:火災発生時の早期発見のしやすさ、外壁や窓がどれくらいの時間耐えられるかなど、7項目を評価。
・光・視環境:部屋の広さと窓の大きさの割合から室内の明るさを評価。
・音環境:ドアや窓など開口部の遮音性能を評価。
・高齢者への配慮(バリアフリー性):段差をなくす、手すりを設けるなど高齢者が暮らしやすい対策の程度を評価。
・防犯:不法侵入されないよう開口部の対策の程度を評価。

土地探しや設計~アフターサービスまで自社一貫体制

冒頭でご紹介した通り、東栄住宅では土地探しから注文住宅のプラン作成・設計~引き渡し後のアフターサービスまで、家づくりのすべてのフローを自社で管理・対応しています。自社ですべての工程を管理することで、「営業担当に希望を伝えたのに施工業者に伝わってなかった」といった伝達ミスを防いだり、下請け業者へ支払う中間マージンがかからないので、低コストに住宅を建てることができるといったメリットがあります。

アフターサービスは他社へ委託しているハウスメーカーも多いですが、東栄住宅では自社グループにアフターサービス専門のチームがあり、家が完成したあとも最大30年の保証制度や無料の定期点検など、手厚いサポートを受けることができるのです。

家の性能

東栄住宅の家の性能についてはどうでしょうか。

耐震等級3をクリア

東栄住宅の家は耐震等級で最高クラスとなる等級3をクリアしています。建築基準法では耐震等級1のクリアが必須となっており、耐震等級3はそれの1.5倍地震に強い構造とされています。
震度5以上の非常に強い揺れに何度も襲われた熊本地震では、耐震等級3の住宅は倒壊0件という記録を残しています。

東栄住宅では、地震や風に強い耐力壁や筋交いなどによって、「面」の強さを強化しています。また、木材のつなぎ目に接合金物を採用。加えて家全体を支える基礎部分は「ベタ基礎」を採用し、不同沈下などを防ぎます。

断熱等性能等級4を取得

住宅の断熱性能を表す断熱等性能等級では、最高ランクとなる等級4を標準仕様としています。断熱性能に優れた家は、室内全体の温度を一定を保ち、1年中快適に過ごすことができます。冷暖房も少ないエネルギーで済むので、経済的な負担も少なくなるのがうれしいですね。
また、断熱性の高い家は結露ができにくいというメリットがあります。結露はカビやダニの原因になったり、家の内部で結露ができてしまうと、木材の劣化を招いてしまいます。結露対策は住む人の健康を守ったり、家の寿命といった観点でも重視したい項目です。

劣化対策等級・維持管理等級もそれぞれ最高等級を取得

建材などの劣化を遅らせるための対策の程度を評価する劣化対策等級では、最高等級となる等級3を取得。また、配管などの維持管理のしやすさを評価する維持管理等級でも、最高ランクとなるの等級3を取得しています。それぞれ住宅の寿命に関わる大切な基準となるので、長寿命な家を建てたい方は欠かせない項目になります。

東栄住宅を選ぶメリット

コストパフォーマンが高い

東栄住宅の住宅ブランド「趣暮」は、完全自由設計かつ優れた住宅性能でありながら、坪単価48万円~54万円で建築可能とかなりコストパフォーマンスに優れています。建築事例を見る限りデザイン性も高く、おしゃれな家を建てたい方も満足できるでしょう。安く家を建てるには、規格住宅にしたり家の性能を引き下げたり、デザインもあまりこだわれないなど、いずれかの要素をあきらめなければならないことが一般的ですが、東栄住宅ではトータルバランスに優れているのもうれしいですね。

希望やこだわりが現場に伝わりやすい体制

ハウスメーカーによっては最初の相談窓口として営業担当がつき、契約後は設計担当や現場監督に引き継ぐという体制のところもあります。一方、東栄住宅では1人の営業担当者が家の引き渡しまで付き添ってしっかりサポートしてくれます。施主の想いをしっかり理解した営業担当者が各現場担当者とチームのように情報を共有してくれるので、家づくりに対する希望やこだわりが伝わりやすく、同じ担当者が付いてくれることで安心感もありますね。

満足できるまでゆっくり時間をかけた家づくり

ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーは、たくさんの家を建築して売ることで利益を得ています。そのため、スピード重視の対応となることが多いのですが、東栄住宅では施主の希望に合わせて打ち合わせにゆっくり時間を取ることができます
家の完成後に「もっとこうすればよかった」と後悔しても、なかなか修正を加えるのは難しいでしょう。そうならないためにも、家づくりの最初の段階でしっかりと希望を伝えることが大切です。ヒアリングにゆっくり時間を確保してくれる体制なら、焦らずに理想のイメージを固められそうですね。

東栄住宅のデメリット

完全自由設計が合わない人もいる

理想のイメージをそのまま形にできる完全自由設計はやはり人気がありますが、規格住宅ならではのメリットもあります。規格住宅ではプランが決まっているので、安定した住み心地の良い間取りがそのまま使えたり、家の完成もスピーディです。「プロが考えた間取りやデザインの家に住みたい」「なるべくはやく引っ越したい」という場合は、規格住宅のプランを用意している注文住宅会社の方が合っているかもしれません。

会社情報

会社名 株式会社東栄住宅
TOUEI HOUSING CORPORATION
ブランド名 趣暮(SHUKURA)
本社住所 〒188-0014
東京都西東京市芝久保町四丁目26番3号
創業 1951年3月10日
資本金 7,819,681,150円(2021年3月現在)
従業員数 737名(2021年3月現在)
HP https://shukura.jp/

この会社の対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(一部地域を除く)

東栄住宅の評判・口コミ

東栄住宅で実際に注文住宅を建てたと思われる評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト:https://www.e-mansion.co.jp/

良い評判・口コミ

趣暮で注文住宅建築中です。大手?ローコストなど色々なHMを検討した中から決めました。営業さんが良かったのか、とても親身に相談に乗ってくれて、気になる点はあったものの、全体としては満足です。標準の性能で満足できなければグレードアップもできますし、自由度は高いと思います。建売のイメージが強いですが、建売やグループ企業の強みを生かした注文住宅はコスパも高く、結構穴場だと思います。

営業担当者の対応や、自由度の高さに満足できた、という投稿ですね。こちらの投稿者様のように、「営業マンが親切だった」「対応が迅速だった」といった口コミが多く見受けられました。注文住宅はどんな担当者が付くかによっても大きく変わってくるので、信頼できる営業マンが担当してくれると安心ですね。

私の家は趣暮で建てましたけど、収納とか間取りは変更できましたよ。色々と自分達のこだわりを入れられて、満足しています。

☞趣暮は完全自由設計なので、細々とした部分まで家族の好みを取り入れることができます。家づくりのこだわりが多いなら、趣暮の自由度の高さにきっと満足できるでしょう。

住んで一年半程になります。
たまたまなのか担当さんがよく不具合がありましたが夜でも飛んできてくれました。
不具合は数カ所あったのですが即新しい物に交換してくれました。一年以上経ち不具合と言ってもしてくれないところは実費となります。私は全て東栄持ちで新しいものにしてくれました。
不具合があって不愉快な思いはしましたが月日が経っているのですが不具合として対応してくれるところは誠意ある対応だと思っています。
なので比較的良心的な会社だと思います。一年以上経てばクレーマーとして対応するところも多くありますので…

☞新築の住宅では、初期に不備が見つかったり、設備の不具合が起こったりといったこともあります。もちろん不具合が一切起こらないというのがベストですが、迅速に対応してくれる担当者であれば安心できそうですね。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

新築注文して引き渡しまで補修補修の繰り返し。あっちの工事が終わったと思えば関係ないところに傷をつけ、また補修、また直ったと思えば傷を付け、また補修。この繰り返し。
また交換した機器や材料は工事担当が本日中に引き上げると言いながら結局私の敷地に放置したまま引き上げなし。何も連絡もなし。工事中は日常茶飯事で工事現場はゴミ置き場となっていた。 まさか引き渡し後、居住しているのにまた同じ事を行うとは思ってもいなかった。どうしようもない会社です。
趣暮で注文したけど建売と変わらない。
追加費用を出せば変更出来るけど、ここを選ぶ理由は予算が少ない、贅沢出来ない、最低レベルでいい、だから仕上りが悪くても構わない、我慢できる人が選ぶハウスメーカー。実際私がここで建てて感じた本音です。下請け丸投げ、現場監督不在、下請けもかなり安値で叩いてるらしく、良い職人が集まらない。ここに頼んだら東栄住宅と戦う時間と知識、そして辛抱強く我慢できる人じゃないと避けた方厳いい。素人さんにはお勧めできないハウスメーカーです。
営業の知識が浅すぎて驚く。アフターケアもまともにしないし対応は最悪。

評判・口コミの総評

東栄住宅の評判・口コミを見てみると、担当者の対応力や家づくりの自由度の高さに満足しているというコメントが多い印象を受けました。一方でネガティブな内容の口コミを見てみると、逆に担当者の対応に不満を感じていたり、完成後に不備があったといった評価が見受けられました。

新築の場合、完成直後だと機器の不具合があったりしますが、さすがに何度も交換・補修が必要になったり、また機器ではなく家に傷があったり施工の粗さが目立ったりするのは不満に感じますよね。こういった口コミがあることを担当者に伝えて、どのような対策を取っているのか確認しておきましょう。また、営業担当者の質は東栄住宅のみならず、店舗によって変わってくるものです。お近くの店舗の口コミを調べたり、対面で直接相談しながら信頼できる方に依頼するのが一番確実ですね。

とはいえ、感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じて東栄住宅に決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク