【2022年03月更新】オープンハウスの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではオープンハウスの坪単価に関する情報を掲載しています。

オープンハウスを検討する前に知っておくべきこと

注文住宅を建てる際に一番重要なことは、注文住宅会社選びです。

選んだ注文住宅会社によって、建てられる家のデザイン、性能、価格が大きく異なります。

例えば注文住宅会社選びの失敗例としては以下のようなものがあります。

・A社でマイホームを建てたが、B社で建てればもっと安くて性能もデザインも良い家を建てられることが後から知った。せっかく建てたマイホームに自信と愛着が持てなくなってしまった

・1社から間取りの提案を受けて、注文住宅会社のおすすめの通りに進めた結果、家が完成し実際に住んでみると間取りや収納が自分のライフスタイルと合わずに、気に入らないマイホームになってしまった

注文住宅会社選びを失敗してしまうと、せっかくの人生を懸けて購入したマイホームが気に入らないものになってしまいます。そのため、注文住宅会社選びは絶対に失敗したくないポイントです。

注文住宅会社選びで失敗するリスクを減らすためには複数社から「カタログ」や「見積もり」、「間取り提案」を貰うと良いでしょう。

ただし、1社1社自分で気になる注文住宅会社に問い合わせすると、あまりにも手間がかかってしまいますので、一般的には資料一括請求サービスが利用されています

資料一括請求サービスとは、あなたの希望のエリアやこだわり条件を入力するだけで、条件にマッチする注文住宅会社のカタログなどを一括で取り寄せることができるサービスです。

中でもおすすめのサービスが「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」と「タウンライフ家づくり」です。

マイホームを検討している方で「何から始めればよいかわからない」という方は、まず複数社のカタログを見比べて、自分の希望のマイホーム像を具体化しましょう。

LIFULL HOME’Sは、あなたの希望の条件に合った注文住宅会社のカタログを無料で一括請求できるサービスです。賃貸でもおなじみのHOME’Sを運営している、日本最大級の住宅情報サイトなので安心です。

あなたの地域に対応しているハウスメーカー複数社の住宅カタログを見比べたいばという方はLIFULL HOME’Sを活用してください。

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

 

一方で、外装や内装のアバウトなイメージはLIFULL HOME’Sを利用すれば、ある程度決められますが、実はマイホーム造りで失敗が多いのが家の間取り設計です。

後悔のないマイホームを建てるなら間取りの検討・精査は必須と言えます。

マイホームの間取りの検討をする際に、多くの方が利用されているのがこの「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりは各社から「あなたの希望に合わせたオリジナル間取りプラン」を貰うことができます。

こちらも併せてやっておきたいです。

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

LIFULL HOME’Sもタウンライフも、資料請求の入力フォームは数分で完了できるので、両方とも行うべきでしょう。

今後何十年も付き合っていくマイホームのために、徹底的にリサーチして、計画を練り、後悔のない最高のマイホームを建ててくださいね!

目次

オープンハウスの概要

オープンハウスは都心の土地に強く、時代が変わっても価値が変わらない家づくりをコンセプトにした注文住宅会社です。

オープンハウスの主な事業は、土地付き建売住宅の売買やマンション・戸建ての仲介です。さらにローコストで建てることができる、セミオーダーの注文住宅も取り扱っています。豊富な土地情報を生かし、好立地で価値のある注文住宅を実現できるのです。

オープンハウスでは土地探しから設計、建築、販売までサポートしています。年間5,000棟を超える住宅購入をサポートし、着実に実績を伸ばしているオープンハウスでは、注文住宅の需要も伸びています。

オープンハウスが主に扱うのは『オープンハウス・ディベロップメント』の規格型注文住宅で、規格の範囲内であればかなりコストを抑えることができます。ローコストで注文住宅を建てたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

オープンハウスは自社一貫体制で施工まで行うため、他社の注文住宅よりもコストを抑えることができます。参考プランやオプションのカスタマイズも提供しているので、ライフスタイルに合ったオリジナルの注文住宅を建てることができるのです。

オープンハウスの坪単価について

オープンハウスの坪単価は45万円~65万円程度です。住宅メーカーの中では、平均的な価格帯と言えるでしょう。

日本の家の平均的な坪数である43坪で考えると、坪単価65万円で2,795万円となります。おおよそ2,900万円は予算をみておくと良いですね。

坪単価は家を建てる際の目安になりますが、ハウスメーカーによってその設定価格に大きな差があります。なぜ安いのか、または高いのかをしっかり調べて参考にすると良いでしょう。

オープンハウスの坪単価が安くないと言われる理由

オープンハウスの注文住宅はかなりローコストで建てることができます。しかし、都心の狭小地住宅を扱うことが多いため、坪単価に換算するとそこまで安くはないと感じてしまうのです。

実際には空間を生かしたローコスト住宅が多くあります。扱うのはセミオーダーができる規格型注文住宅で、規格内で施工をすることで品質を保ちつつローコストで提供できています。

オープンハウスでは土地の相談から施工まで一貫して対応しています。自社一貫体制で販売することで、人件費などの余計な出費を抑えることができます。建売住宅とほぼ変わらない値段で建てることができるのは嬉しいですよね。

さらにオープンハウスでは年間5000棟以上の戸建て住宅を建て続けています。たくさん家を建てるということは、それだけ大量に材料を仕入れているということです。一度に多くの仕入れをして単価を下げるだけでなく、人件費や運搬費などの削減になるでしょう。

また自社で土地仕入れ、設計、施工、販売まで一貫して行うことで品質を保つことができます。注文住宅においても建売住宅のスケールメリットを生かすことで、高品質かつローコストな家を建てることが可能なのです。

また坪単価はあくまでも目安の金額です。実際自分の目で見比べて、ハウスメーカーを選ぶ必要があります。坪単価の高い、安いにはその理由が隠されているので、しっかり調査して勉強していくことが大切ですね。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないための方法

ハウスメーカー選びで失敗しないための方法

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の注文住宅会社を比較検討することです。

複数会社を比較しないとこんなデメリットが…

 他のハウスメーカーなら同水準でもっと安く建てられることを建てた後に知った…

 建てた後に他の人の家を見て、もっとデザインを色々検討すべきだったと後悔…

 1つの会社の話を鵜呑みにしてしまい、まともに条件・料金交渉ができなかった…

複数社から「間取りプラン」を貰っておけば、今まで想像していなかった、あなたにピッタリのデザインが見つかる可能性が増え、気に入った会社が見つかった際に料金面で適正かどうか自分で比較検討することも可能です。

人生最大級の買い物であるマイホームだからこそ、できるだけ失敗するリスクは減らして、後悔のないようにしたいですね。

複数会社を一括検討するならタウンライフを使うと良い

タウンライフのキャプチャ画像

タウンライフは、家づくりに必要な「見積もり」「間取りプラン」「土地探し」を複数の住宅業者から一括請求できるサービスです。

サイト内で希望のエリアを入力し、計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた計画書を作成してくれます。

この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社を選ぶと良いでしょう。

タウンライフは全て無料で利用できるので、注文住宅を検討している方は一度使ってみるべきサービスです。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

タウンライフのおすすめポイントを
もっと知りたい方はこちら

オープンハウスの特徴

オープンハウスの特徴を見てみましょう。

都心の土地に強い

オープンハウスは首都圏を中心とした土地情報が豊富で、都心の限定された土地でも家を建てることができる強みがあります。自社限定物件も多いため、都心で土地探しに難航している方にはおすすめのハウスメーカーです。

都心の土地は価格が高く、中々手が出にくいと思う方もいらっしゃいます。オープンハウスでは坪単価の高い土地を細かく分譲するなど、コストを抑える工夫をして売りだしを行っています。都心に戸建てを持ちたいという多くの人の希望に叶えるよう、様々な工夫を凝らしているのです。

さらに都心の土地は資産価値が高いことがメリットです。コンパクトな土地でも、好立地な条件であればとても価値が高いのです。コンパクトな土地は確かに大きい家を建てることができませんが、将来的に土地を売買する際手放しやすいというメリットもあります。家を建てるにあたってどこに価値を置くか、よく考えておきましょう。

家はまず土地がないと建たないため、希望に合う土地を見つけるところからスタートします。中々個人では有力な情報を集めることは難しいですよね。土地を多く扱うプロの力を借りて、条件に合う土地を探していきましょう。

狭小住宅が得意

オープンハウスは都心の狭小地をたくさん取り扱っています。都心で分譲販売している土地は多くが狭小地で、コストを抑えて販売しています。そのため、狭小地に家を建てる技術や知識に長けているのです。

コンパクトな土地は建築面積が狭いため、容積率を有効に活用して家を建てる必要があります。お客様のライフスタイルに合わせて、住宅設備の場所や部屋の配置、広さなどを考えなければならないのです。個人でもある程度間取りを考えることができますが、狭小地は知識がないと中々難しい案件です。

特に3階建てにする場合は建築面積が限られる中、工夫をして空間を有効活用する必要があります。オープンハウスは設計力・提案力が高いため、きっと希望の間取りがみつかることでしょう。過去の施工事例を参考に、狭小住宅について調べてみても良いですね。

オープンハウスでは豊富な実績があり、狭小住宅を建てるノウハウを持っています。快適なライフスタイルを送るためにも、気になる方は一度相談に行ってみると良いでしょう。

豊富なオプション

オープンハウスでは規格型注文住宅だからこそ、豊富なオプションを取り揃えています。好きなようにカスタマイズをすることで、唯一無二のオリジナル注文住宅を建てることができるのです。

オープンハウスで注文住宅を建てる方は、ほとんどがオプションをつけています。それは元の建物のコストが抑えられているからこそ可能なことです。どこをグレードアップするかは人それぞれで、価値観に合った家づくりが叶うのです。

こだわるポイントはとことんこだわり、逆にシンプルなままで良いポイントは規格内で納める。無駄なコストを徹底的にカットして、価格面・性能面で安心な注文住宅を建てることができるのです。オプションについてはショールームでもたくさん紹介しています。直接目で見て、現地で説明を聞いてみても良いですね。

オプションは主に家の基本性能、デザイン性、機能性について幅広く取り揃えています。制震装置を付けたり、収納を増やしたり、こだわりたいポイントは人それぞれです。ホームページでは過去の施工事例と共に、豊富なオプションを紹介しています。気になるポイントがあれば、参考にしてみてくださいね。

オープンハウスの性能

オープンハウスの性能についてはどうでしょうか。

耐震性について

オープンハウスは木材軸組工法+耐力壁面材で建築をしています。在来工法の筋交いを耐力壁面材に変えることで、地震の揺れを分散する効果があります。点と面で地震によて加わるあらゆる力に耐えているのです。

注文住宅を建てる際、制震装置についてはオプションとなります。地震の揺れを吸収し、建物への負荷を軽減する役割です。オープンハウスで注文住宅を建てる方の多くが、この制震装置を付けているようです。地震大国の日本に住むからこそ、徹底した対策をしておきたいですよね。

オープンハウスでは地盤調査の元、基礎を施工しています。地盤調査費は標準価格に含まれるため、安心ですね。基礎はベタ基礎を採用しています。広い面積で建物を支え、地震の揺れを分散させることができます。1面コンクリート材に覆われるため、床下のシロアリ被害の心配はありません

多くのハウスメーカーが掲げている耐震等級について、オープンハウスでは公表していないようです。耐震等級は住宅の耐震性を見る目安で、重要なポイントです。現在ローコスト住宅でも耐震等級3を取得できるハウスメーカーがたくさんあります。間取りや仕様によって変わりますが、しっかり確認しておくと良さそうです。

断熱性・室内環境について

オープンハウスでは住宅性能の断熱等性能等級で、最高等級の4を取得しています。高性能グラスウールを標準仕様で装備し、冬は熱の流出を、夏は熱の流入を防いでいます。室温のムラをなくすには断熱性がとても重要です。ハウスメーカー選びでは特に重視しておくべきポイントですね。

しかし、オープンハウスの断熱性は物足りないという声も多いというのが事実です。これは競合他社で、高性能グラスウール12K~18Kを標準仕様とすることが多いためだと思われます。予算内であれば、アップグレードを検討しても良いポイントかもしれません。

空気環境については24時間換気に加え、シックハウス対策を行っています。フィルターを通して汚染物質の侵入を防ぎ、室内の空気環境をクリーンな状態に保ちます。建材に使用する『Fフォースター』はホルムアルデヒドの発生が極めて少なく、安全に過ごすことができますね。

耐久性について

オープンハウスの家は建物の耐久性を上げるため、様々な工夫をしています。木造住宅で不安なシロアリ対策や腐朽への対策として、基礎の立ち上がり1mは防蟻処理を行っています。また、土台となる木材には薬剤を直接浸透させ、防蟻処理・腐朽菌対策を行っています。

さらに空気循環によるカビ対策、結露対策を行っています。結露は特に木材の痛む原因となります。湿気の溜まりやすい屋根裏や外壁内の通気口を確保し、徹底した対策を行っているようです。

オープンハウスの外壁材は窯業系サイディングを採用しています。耐火性が高くお手入れがしやすい点で、多くのハウスメーカーが採用している外壁材です。また、オプションでマイクロガードを採用した外壁材もあります。雨や土埃などの汚れが付着しづらいため、お手入れも簡単です。一生を過ごすマイホームなので、メンテナンスを考えて材質を選ぶことも必要でしょう。

オープンハウスを選ぶメリット

ローコストで注文住宅を建てられる

オープンハウスのメリットはやはり、ローコストで家が建つことです。フルオーダーの注文住宅とは違い、規格内でセレクトしていくことでこの価格が実現できます。確かに自由度が低いと感じてしまう方も多いすが、その分余計な手間がかからず、スムーズに家づくりができるメリットがあります。

全ての性能・外観でこだわりたいとなると、正直オープンハウスのコンセプトに合っていないためおすすめはしません。しかしこだわりたいポイントと規格内で良いポイントがある方にとっては、規格型注文住宅のコンセプトはピッタリかと思います。

さらにオープンハウスでは参考プランというものがあります。参考プランは設計士おすすめの間取りで、気に入れば建売と変わらない価格で注文住宅を建てることができます。費用目安は1,200万円~1,500万円と、かなりローコストなプランが叶います。

ただし、オープンハウスではオプションが豊富です。家づくりをしていくとやりたいことが増えていき、予算オーバーになってしまうことがよくあります。どこをグレードアップしたいか計画的に考え優先事項を決めておきましょう

首都圏で注文住宅を建てられる

オープンハウスは、首都圏の土地情報が豊富というメリットがあります。激戦区の首都圏で土地を探すとなると、なかなか自力で決めることは難しいかと思います。その点自社限定物件も多いオープンハウスであれば、条件にあう土地が見つかるかもしれません。

首都圏で好立地な土地が見つかるとしても、狭小地が多いでしょう。ある程度知識がないと、イメージしているような間取りや外観プランが実現できないかもしれません。オープンハウスでは土地探しから施工までサポートしてくれるので安心して相談できます。

また首都圏で1戸建てとなると、土地含め資産価値が高いことがメリットです。特に土地は価値が下がりにくく、所有しているだけでメリットになります。将来的に売却をする際、得をするという考え方もあります。土地の資産価値を重視している方にはおすすめです。

オープンハウスを選ぶデメリット

断熱性は高くない

オープンハウスの家の断熱性能は標準的か、他社と比べて少し劣るレベルと言えます。最近の注文住宅は断熱性能に力を入れていることが多く、比べると見劣りしてしまうのが事実です。

断熱性は生活環境のストレスを軽減する、かなり重要なポイントです。オープンハウスではオプションでグレードを上げることができるので、検討してみても良いかもしれません。

実際の断熱性や気密性が気になる場合は、住宅展示場で確認してみると良いでしょう。家を建てる予定の環境となるべく近い展示場で確認してみると、具体的なイメージがわかりやすいです。

アフターサービスや保証が少ない

オープンハウスでつく保証は法律で定められる最低限の保証です。

主に瑕疵保険10年保証というもので、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分を保証する内容です。アフターサービスについては、建物の引き渡しから1年後、2年後の節目に定期点検を行うという内容が定められています。こちらも他社と比べると、少し物足りなさを感じてしまうでしょう。

注文住宅を扱うハウスメーカーは保証20年~30年、アフターサービスの点検は数か月ごとに行うことが多いです。家は建てて終わりではなく、その後のメンテナンスも維持する上で重要なポイントです。こだわって建てた注文住宅だからこそ、しっかり確認しておくべきでしょう。

オープンハウスの会社情報

会社名 株式会社オープンハウス
ブランド名 オープンハウス
創業 1997年9月
資本金 199億9,429万円
従業員数 4,087名(2022年3月現在)
HP https://oh.openhouse-group.com/

オープンハウスの対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県

オープンハウスの評判・口コミ

オープンハウスで実際に注文住宅を建てたと思われる評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト①:https://www.e-kodate.com//

良い評判・口コミ

昨年、注文住宅を購入しました。
契約の際この掲示板を読んで契約して大丈夫なのか散々悩みましたが、結果的には満足しています。
というのも住宅ローンの借入額を抑えたかったので、一流のHMは考えられなかったのです。
それでもいろいろオプション追加やグレードアップをした結果、坪単価は60万を越えました。
一流のHMだったら予算的にオプション追加やグレードアップが難しかったのでは…と思うと、私たちはここで建てて良かったのかなと思っています。
ここに多く書かれている「契約後に営業マンと連絡が取れなくなることがある」に関しては、我が家は週1回現場に行っていたことと、少しでも気になることがあればしつこく電話を入れていたこと…などから最初から最後までずっと営業マンと連絡取り合っていました。(嫌な客だったのかな…)
設備に関してもとにかくショールームに行ったり、カタログを見比べて、営業マンに希望を伝えて採用してもらいました。
だいぶ忙しそうな営業マンだったので、悪いな…とは思いつつ何でもお願いしました。
家造りに関しては一箇所も適当に決めたところはないと思うくらい一生懸命関わりました。
外構もいろんな会社に相見積を取り、納得のできるものに仕上がりました。
完成は当初の予定より1ヶ月延びましたが、その間に念入りに設備について考えられたので良かったのかもしれません。
やり切った感があるのでそれなりの満足度を得られたのか、それとも運が良かったのかはわかりませんが…参考までに。

オープンハウスで家を建てて、コストが抑えられたという点でとても満足されています。元のコストが抑えられたからこそ、仕様グレードを上げても予算の範囲内に収まったようですね。営業とはこまめに連絡をとって、希望通りの家を建てることができています。

金額はオプション入れても安いって事です。
あれこれやっても2500万程度で済んでるので(OHDをご存知なら外構、地盤改良込み)。

これはどこでもそうかも知れませんが例えば斜線制限ギリギリまで建物を建てるとか体力壁が必要ないとか。
軽量鉄骨造や木造でも他の工法ならロス無く建てれるのかも知れません。
住友林業とかは無駄に体力壁必要ないですといってました。(ちなみに住友林業の方は庶民にもとても丁寧に接してくれました。宝くじが当たって2軒目建てれる際はお願いしようと思います笑)
まぁそれだと土地建物で簡単に億超えてしまいますので庶民には無理です。

あとは建物以外だとオプションブック内からの選択となるので設備類(例えばキッチンやお風呂、洗面台)はその中からしか選べません。施主支給は不可なので。

でもそれなりに種類はあるのでウチには充分でした。
それよりもやりたいオプションやってくと際限ないので何とかそこの金額で収めた感じです。

オプションをつけても予算内で家が建ち、十分満足できる結果になったようです。規格内であれば、設備のグレードアップやオプションも選ぶことができます。他社には負けない価格の安さで、理想のマイホームづくりが実現できそうですね。

OHDで家を建てた者です。家は住んでみて、家は暖かいし、結露は全くしないしサイディングもシーリングもきれいにはられています。家にはとても満足しています。担当された下請けの大工さんがとても良い方で、建築中に外から邪魔にならないようにこっそり見ていたら、中を見ていいよと中を見せてもらったりしました。
ただ、家の周辺に何棟かOHDの家が建ったのですが大工さんが家と一緒の所と違う所があり、1棟素人目に見ても施行が雑だし現場も汚い家がありました。
当たり前だけど、当たり外れがあるなと。家はたまたま運良く大当たりだったけど、外れを引いてたらと思うとゾッとします。
どこの会社でも下請けを使ってると思いますが、そこを自分で選べたらいいんですけどね。

こちらの方は家の性能や施工の綺麗さ、大工さんの対応の良さにとても満足されています。実際に建築中見学に行きたいと思う方はたくさんいらっしゃいます。中を見せてもらえたり、丁寧に説明をしてもらえたりと、職人さんが気持ちの良い対応をしてくれたら安心ですよね。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

オープンハウスの営業はかなりしつこい。
元々1軒の土地を買い取り、2?3軒分け販売する。1軒あたり20坪程度の土地に3階建てをたてる。住んだことはないが、建物価格は1200万円程度で、おそらく断熱性能等は最低限か悪い。
注文住宅ということで、契約金を50万円払い、話を進めていたところ、土地の売主が販売を取り消し、3ヶ月程度無駄になったという話を聞いた。その間、他のHM等には全てお断りの連絡を入れていたので、家探し再開となり、以前話をしていたHMとは気まずい状況に。話を進めてても他で決めてくるという印象がついているはずですから、担当者も本気では対応してくれないでしょう。
営業の担当者はいい加減です。家に関する知識はない。とりあえず売り上げをあげたい一心

注文住宅なのに設計が外注でなので希望が反映されづらいです。設計は注文住宅の最重要部分でかなりのネックになります。仕様、見積もり の中身を説明しないで直ぐに契約書に印鑑を押させようとします。見積もりも後から追加費用がおそらく掛かるようになっています。必要な物が含まれていないです。営業担当者のビジネスマナーはかなり酷いです。契約できないとなると態度が豹変して怖かったです。価格面で考えても他のローコストメーカーでもっと良い会社もあります。あくまで私が感じた印象ですのでご参考です。

残念ながら営業の方は自分のノルマ優先で間取り、仕様の希望を聞いてもらえませんでした。とにかく契約を急かされ、見積もりの中身も説明されず、怖くなって正直逃げました(断りました)。断った後も細かく言うと特定されてしまうので言えませんが、嫌がらせがありました。あくまで個人的な意見ですが、注文を聞かない注文住宅で一生の買い物を任せられる会社では無いと思いました。

評判・口コミの総評

オープンハウスの評判・口コミを見てみると、価格の安さやオプションの豊富さに満足しているコメントが多くありました一方で低い評価を見てみると、営業の対応に不満がある、契約後の連絡や対応が遅いというネガティブなコメントが多い印象です。

オープンハウスはコストが抑えられ、ある程度自由に仕様を決めて家を建てることができます。特に予算内で他社ではできないオプションも付けられたという点で多くの人が満足しているようです。しかし強引な営業や、施工不良への対応が遅いことに不安を持つ方が多いことも事実です。気になる方は実際に店舗を訪ねたり、展示場などを見て検討してみましょう。

とはいえ、感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じてオープンハウスに決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅検討画像

まずは複数業者の見積もりを取ろう

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。

多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括資料請求サイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

どの一括資料請求サイトを利用すべき?

一括資料請求サイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。

それぞれのサイトについて、一覧形式でまとめてみました。

↓↓横スクロールできます↓↓
イメージHOMESのロゴタウンライフのロゴ持ち家計画のロゴハウジングバザールのロゴホームズのロゴ
サイト名LIFULL HOME'Sタウンライフ持ち家計画ハウジングバザールSUUMO
特徴圧倒的なハウスメーカー掲載数!ハウスメーカーの一括カタログ収集はここ!あなたに合った間取りを各ハウスメーカーから一括提案【業界唯一】相談・来場予約も一括でできる工務店のみを掲載している掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる
掲載会社数600社以上600社以上不明300社(工務店)500社以上
掲載会社の質
厳選ラインナップ

厳選ラインナップ
一括カタログ請求
簡単に無料一括請求可能
一括見積もり請求×
工務店のみ
×
間取り作成××
工務店のみ
×
土地探し×××
申込み特典
はじめての家づくりノート(小冊子)プレゼント

成功する家づくり7つの法則(小冊子)プレゼント

相談・見学の申込で2,000円プレゼント

新築ご成約時にお祝い金プレゼント
×

結論から言えば、注文住宅初心者の場合は「LIFULL HOME’S」か「タウンライフ」がおすすめです。LIFULL HOME’Sかタウンライフを利用しておけば「ハズレ業者」を引くリスクは軽減されるでしょう。

注文住宅の検討し始めで、理想のマイホームのイメージを固めるために一括でカタログを取り寄せたい方は「LIFULL HOME’S」を
すでに検討が進んでおり、「家の間取り」などを細かく決めていきたいという方は「タウンライフ」を選ぶと良いです。

情報が多いに越したことはないので、両方ともやっておくことをオススメします。

 

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)がおすすめな理由

LIFULL HOME’Sがおすすめな理由を紹介します。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)とは?

まずLIFULL HOME’Sとはどのようなサービスなのか説明します。

 一部上場企業「株式会社LIFULL」が運営している安心感

 たった数分で、複数のハウスメーカーの一括カタログ請求依頼ができる(無料)

 掲載のハウスメーカーはLIFULLが厳選した優良住宅メーカー

LIFULL HOME’Sは注文住宅のカタログを一括で無料お取り寄せできる、資料一括請求サービスです。

注文住宅の検討を始めたばかりの方はこちらのカタログ一括請求サービスを利用すると良いです。

注文住宅の最初の一歩目は「どんな家を建てたいか、イメージを具体化すること」です。

LIFULL HOME’Sなら、あなたが検討している地域に対応しているハウスメーカーのカタログを一括請求できるので、そのカタログを見て、どんな家を建てたいかイメージを固めましょう。

>>LIFULL HOME’Sの公式サイトを見る

LIFULL HOME’Sのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもLIFULL HOME’Sを使った方が良い理由を説明します。

① 全国のハウスメーカーのカタログ資料を無料で簡単に手に入れられる

LIFULL HOME’Sでは、あなたのご希望の地域を選択し、気になるハウスメーカーをチェックして、必要情報を入力するだけで、簡単に複数のハウスメーカーのカタログを取り寄せできてしまいます。

もちろん、全て無料で利用可能です。

もしLIFULL HOME’Sのようなカタログ一括請求サービスを利用しない場合は、1社1社全て自分で電話などをおこない、都度自分の情報を伝えて、ヒアリング&営業トークを聞き、とても疲弊してしまうことでしょう。

1社1社連絡を取るのが面倒になり、最終的に「もうこの会社でいいや」と、妥協してしまうかもしれません。

そんなことにならないように、楽できるところはしっかり楽しましょう。

② 日本最大級の不動産サイトを運営している「株式会社LIFULL」が運営

LIFULL HOME’Sは東証一部の大手不動産サイトを運営している「株式会社LIFULL」がおこなっているサービスです。

一括資料請求サイトは自分の情報を入力する必要がありますが、大手の「株式会社LIFULL」が情報を管理してくれるなら安心ですね。

③ 今なら「家づくりノート」がもらえる!!

LIFULL HOME’Sでカタログ請求をすると、今なら「家づくりノート」がもらえます

これはLIFULL HOME’Sが、家づくりのためのお金や土地・スケジュール・見学会など、知っておきたいことを一冊にまとめてくれた、注文住宅検討者にはとても有難い小冊子です!

夢のマイホームで失敗しないためにも、ぜひ下記から資料請求してGETしてみてください!

 

タウンライフがおすすめな理由

タウンライフがおすすめな理由を紹介します。

タウンライフとは?

まずタウンライフとはどのようなサービスなのか説明します。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

タウンライフは注文住宅会社を比較するためのツールだと思ってください。希望のエリアを入れて計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた「間取りプラン」「見積もり」「土地探し」を作成してくれます。この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社と話を進めることができます。

ある程度依頼するハウスメーカーを決めている方でも、他社の見積もりと比較して、料金交渉などもおこないやすくなるので、基本的にはどなたでもまずは一括資料請求サイトを利用した方が良いでしょう。

>>タウンライフの公式サイトを見る

タウンライフのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもタウンライフを使った方が良い理由を説明します。

① 注文住宅部門で3冠達成!

タウンライフの3冠

タウンライフは第三者機関の調査で、「利用満足度」「知人に勧めたいサイト」「使いやすさ」の部門において3冠を達成しています。

使いやすさと、一括請求で得られる資料の内容をトータル的に考えると、タウンライフが一番人気なのも納得です。

② 厳格な基準をクリアした600社の優良注文住宅会社を掲載

例えば、他の一括資料請求サービスだと複数の注文住宅会社を掲載しており、その中から自分で選んでカタログや見積もりを貰うことができるシステムですが、この注文住宅会社の中には、あまり良くないハウスメーカーや工務店が混ざっていることもあります。タウンライフの場合は、独自の厳格な基準にクリアした優良注文住宅会社しか掲載できないため、良くない会社を引いてしまう可能性が低いです。

まずはタウンライフを利用して、良い業者が見つからなかった場合は他の一括資料請求サイトを利用するという使い方が一番安全でしょう。

③ カタログでは得られないあなたの好みに合わせた間取り提案書を作成してくれる

注文住宅の資料請求サイトだと、カタログしかもらえないケースが多いです。カタログだけ見てもなかなか理想のマイホームを想像するのは難しいですし、実際に建てようと思った時に、オプション費用などで想定より高額なってしまい、結局一から考え直さなければいけなくなってしまうケースもあり得るでしょう。

タウンライフはしっかりとあなたの希望に合わせた間取り提案書と見積書を用意してくれるので、より具体的に想像することができるでしょう。なお、あなたの希望にそったオリジナル間取りプランまで用意してくれるサイトは日本でライフタウンのみとなっています。

④ 土地探しをおこなってくれる

土地探しは注文住宅を建てる上で、人によっては一番めんどうに感じるかもしれません。とくに業者に頼まず自分で土地を探す場合は、購入した区域によっては建築規制があり、自分の思い描いていた家を建てられなくなってしまったというケースもあり得るでしょう。

また、一つのハウスメーカーに土地探しを依頼したけど、あまり良い土地が無いというケースもあります。土地の取り扱いはハウスメーカーによって異なるので、土地探しで失敗しないコツは複数業者から土地提案を貰い、理想の間取りと自分が実際に生活することをイメージして、最適な場所を選ぶ必要があります。

タウンライフなら、間取り設計と見積もりだけではなく、専門家ならではの土地提案までもらえるので、「より失敗しない家づくり」をおこなえるでしょう。

 

他にも、毎月先着で99名様に「成功する家づくり7つの法則」という49ページの小冊子をプレゼントしているなど、メリットが多いです。注文住宅の資料請求サイトの中なら個人的にはタウンライフ一択ですね。

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

 

カタログを見てもよくわからない方はこちら

家づくりの情報収集や条件を自分で調べるのはとても大変です。複数社からカタログを貰ってどんな家を建てたいか、なんとなくイメージついても、まだ「土地探し」「予算決め」「住宅ローン」「間取り」「周辺環境」など、たくさんのことを調べなければいけません

また、どの会社のカタログにも自社の強みが載っているので、結局自分に合ったハウスメーカーはどこなのかわからなかったという方も少なくないでしょう。

そんな方は、NTTデータグループが運営している「HOME4U家づくりのとびら」を利用すると良いです。

HOME4U家づくりのとびらについて、下記を参考にしてください。

 

HOME4U家づくりのとびら

家づくりの扉のキャプチャ画像

「HOME4U家づくりのとびら」は、注文住宅に関する疑問をおうちにいながら専門アドバイザーに直接相談できる、家づくりのオンライン相談サービスです。

すべてのサービスを無料で利用でき、専属のアドバイザーが中立的な立場でおうちのお悩みについて相談にのってくれます。

「無料で相談というと何かサービスを売り込まれるのでは?」と考える方もいらっしゃると思いますが、HOME4U家づくりのとびらは営業を一切行いません。こちらから希望した時のみ紹介してくれます。

わざわざ展示場や相談窓口に行かずに相談できるので、外出がしにくいこのご時世でも安心です。

>>家づくりのとびらの公式サイトはこちら

 注文住宅の予算のたて方がわからない

 家づくりの流れを詳しく知りたい

 自分に合ったハウスメーカーがわからない

 土地価格や周辺環境について知りたい

「HOME4U家づくりのとびら」のユーザーの声
口コミ

Bさん/千葉県/3人家族
1社1社ハウスメーカーや建築会社を訪問していて、毎回、何度も同じ要望や話をしなければならく大変でした。結局、何が自分たちちに合っているのか分からなくなり、一度諦める事に…
そんな時、広告で見かけた、家づくりのとびらを利用したら、アドバイザーの方が要望を的確にヒアリングしてくれ、希望に沿うハウスメーカーを数社に絞り込む事ができました。
また、条件や要望をあらかじめハウスメーカーに伝えてもらえるので、最初から本題に入ることができ、スムーズに話を進められて、感謝しています。


Tさん/北海道/2人家族
コロナ禍で外出がしにくい今、リビングからテレビ電話で安全・安心にプロに相談できました。しかも、オンライン参加できるモデルハウスの見学会の情報を、アドバイザーさんが教えてくれました。この状況下で具体的に進めるのは難しいと思っていましたが、話が進められそうです。

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

HOME4U家づくりのとびらの公式サイトを見る

 


坪単価についての基本情報

坪単価計算画像

当ページでは、主に各メーカーの坪単価について紹介していますが、そもそも坪単価について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、坪単価のことを詳しく紹介していきます。

坪単価とは

家を建てる際に「坪単価」という言葉をよく目にすると思います。この坪単価とはいったい何のことなのでしょうか。

坪単価とは、建物の本体価格から建てた家の総床面積で割って出した金額のことを言います。

例えば、40坪の家を2,000万円で建てた場合2,000万円×40坪=50万円/坪と計算し、坪単価は50万円となります。

坪単価の平均相場について

国土交通省の令和2年の統計データを参考にすると、全国の平均坪単価は約70万円となります。

しかし坪単価は土地や家の構造、依頼するハウスメーカーによって変わってくるので一概に平均で見るべきではありません。

例えば、東京の平均坪単価は81万5,800円程度ですが、一方北海道の平均坪単価は約60万円となっています。

また構造別の平均坪単価は以下のようになっています。

家の構造 平均坪単価
木造 56万8,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造 92万3,000円
鉄筋コンクリート造 91万5,000円
鉄骨造 76万1,000円

一般的に木造に比べて鉄筋コンクリートを使用した家のほうが、坪単価は高くなります。また当然ですが、物価が高い地域ほど坪単価は高くなります。

同じハウスメーカーで同じグレードの家を建てることを考えても、坪単価は大きく変わってくる場合もあります。50坪の広さと30坪の広さに同じメーカーの同じグレードの家を建てるとしても総額はもちろんのことですが、坪単価も変化することがほとんどです。

キッチンやバスルーム、トイレなどの設備は高額で、広い家でも狭い家でもどちらも同じ数を設置する必要があります。これらのような設備は高額であるため、建築費用の総額では広い家の方が料金は高くなりますが、坪単価で見ると狭い家の方が高くなります

坪単価だけでは検討できない部分が多いため、自分が住みたい地域で一括見積りなどをおこない、建築費用の相場を確認すると良いでしょう。注文住宅会社の一括見積もりサイトを見たい方は下記のページにまとめているので、あなたにあった見積もりサイトを選んでください。

坪単価を見る際の注意点

坪単価は家の本体価格から家の面積を割った1坪あたりの費用と表現されますが、この家の面積については定義があいまいとなっています。

例えばベランダや車庫、地下室などは建築基準法で延床面積に含まれませんが、計算の際にはこの部分の面積を入れて計算する業者と、入れずに計算する業者が存在します。

全く同じ家を建てたとしても坪単価として計算する面積の定義によっては、坪単価は大きく異なることになります。

ベランダなども全て含めた面積は「施工面積」と呼ばれ、通常はこの総合施工床面積で坪単価を計算することが多いです。ハウスメーカーに依頼する際は、「施工面積」と「延床面積」どちらで坪単価計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また、本体価格の他にも付帯工事や諸経費などが発生してくるので、トータル金額を確認すると良いでしょう。

坪単価以外に考えなければならない費用

実際に注文住宅を建てる際は、本体価格の他にどんな費用が発生してくるのか、細かく確認します。

金額としては、全て合わせると本体価格の2~3割増しで考えると良いです。

付帯工事費(全体費用の1割~2割程度)

①基礎補強工事関連費用

地盤が弱い場合に、地盤を補強する工事です。地盤調査を行い、固い地盤まで深堀して杭をうつ作業や、セメントなどで地表面を固める作業をおこないます。

②インテリア関連費用

インテリアを揃える費用です。家具は前の家から持ってくることもできますが、例えばカーテンは新しい家の窓に合わせて新調する必要があります。また新居に合うような家具に買い替えるケースも多いです。その他、エアコンや照明器具の費用なども含まれます。

③エクステリア関連費用

庭や外の塀、玄関の門、ガレージなどを作るための費用です。

諸経費(全体費用の1割程度)

①登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に登記の申請をおこなう必要があります。この登記をおこなう際にかかる税金のことです。固定資産税評価額の0.1%程度と考えておくと良いでしょう。

②不動産取得税

不動産を取得したときに発生する税金です。固定資産税評価額を基に計算されます。

③火災・地震保険費用

火災と地震の際の保険です。ほとんどの方が加入しています。

 

その他地鎮祭や上棟式をおこなう場合は「式祭典費用」、各種契約書の「印紙代」、住宅ローンの手続き費用などが発生します。

坪単価を安く抑える方法

坪単価を安く抑える方法をいくつか紹介します。

門扉やフェンスを作らない

エクステリア費用として占める割合が多いのが門扉とフェンスです。家を建てる際、最初はほとんどの人が作りたいと思うでしょうが、実際に住んでみると、設置の必要はないと感じる方も少なくないでしょう。

1階と2階の面積を同じにする

1階と2階の面積を同じにすることで、基礎や柱などが最小限で済むため、コストを抑えることができます。

屋根をシンプルにする

せっかくの注文住宅なので、家の外観にはしっかりこだわりたいですよね。ただ、坪単価を抑えるためには、我慢をしなければいけない部分がでてきます。

屋根の形には「片流れ」「切妻」「寄棟」などがありますが、シンプルなデザインにすることでコストカットをおこなえます。

外壁の形をシンプルにする

外壁もシンプルな四角より、凹凸があった方がカッコよく感じるかもしれませんが、凹凸を作ると外壁量が多くなってしまいます。

外壁も屋根と同様にシンプルなデザインにすることでコストカットに繋がります。

 

他にも建築費用を抑える細かいテクニックはあるので、必要に応じて調べてみると良いでしょう。ただし、建築費用を左右するのは細かいテクニックより、依頼する注文住宅会社選びでしょう。こだわりを我慢して費用を節約した結果、理想の家とは程遠くなってしまっては意味がありません。

まずは、あなたの理想の家を、理想の価格で建てることができる会社選びをしっかりおこなうことが最重要と言えます。

注文住宅会社選びは一般的に一括見積りサイトを利用して、厳選していくことになりますが、どこの一括見積りサイトを使えば良いかがわからない方も多いでしょう。

以下のページで一括見積りサイトの比較をおこなっています。あなたの検討状況に合わせて、使用する一括見積りサイトを決めてください。

注文住宅一括見積もりサイト比較はこちら