【2021年7月更新】植本空間設計舎の坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページでは植本空間設計舎の坪単価に関する情報を掲載しています。

植本空間設計舎の概要

植本空間設計舎は東京都武蔵野市に拠点を構える設計事務所です。都心部を中心に全国エリアで対応しており、戸建てはもちろん集合住宅や店舗・学校の設計・監理から、リフォームや土地活用の相談なども行っています。「街の風景となる建築」「時代の変化に生き残る長寿命の建築」「環境に配慮した人にも自然にも優しい建築」の3点に重点を置き、心地よく過ごせる空間となるデザインを提案しています。

植本空間設計舎の坪単価

植本空間設計舎の坪単価は60万円~となっています。

植本空間設計舎のホームページを確認したところ、延床面積30坪・建物本体工事で1800万円が下限と記載されています。最安で坪単価60万円ということになりますが、木造であれば建築本体工事で坪単価70万〜90万円、鉄筋コンクリート造であれば坪単価100万円以上の建物が多いとのことです。

上記の建物本体工事費には屋外の工事となる外構や塀の工事や冷暖房設備、カーテンブラインドの取り付け工事、設計監理料などは含まれていないため、総工事費用はもう少し高くなることを想定しておきましょう
設計監理料は、工事費の10%~15%を目安にかかります。たとえば、工事費が2000万円の場合は200万~300万円が設計監理料としてかかります。

一般的なハウスメーカーや工務店になると、坪単価45万~60万円程度で依頼できるところも多く、ローコスト住宅になると坪単価30万~40万円程度のところもあります。
植本空間設計舎はコストパフォーマンスも重視していますが、ローコストを売りにしているわけではないため、より安く家を建てたいという場合は別の注文住宅会社を検討したほうがお得になる可能性があります

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

>>>ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント を見る<<<

 

植本空間設計舎の施工事例

植本空間設計舎の施工事例をご紹介します。

中庭を囲む方形の家

中庭のイメージ
https://www.uemot.com/

建設地:茨城県神栖市
家族構成:ご夫婦+子ども2人
構造/階数:木造在来工法平屋建
敷地面積:約406㎡ (123坪)
延床面積:約94㎡ (28坪)

東京からわずか2時間という距離にあるこちらの家は、広い敷地を活かした平屋住宅となっています。
奥まった玄関と、リビングに繋がる縁側が印象的。お部屋の中は全体的に木材を基調とした内装で、優しい木の香りや木目に癒される空間になっています。
家の中心には1間半×1間半の中庭を設け、シンボルツリーとしてサザンカの木が植えられています。
庭の景色も存分に楽しめるよう、広い窓を採用しているため、採光や開放感も抜群です。

地に開いたキュービックな家

キュービックのイメージ
https://www.uemot.com/

建設地:東京都日野市
家族構成:ご夫婦+子ども2人
構造/階数:地下1階鉄筋コンクリート造木造在来構法2階建
敷地面積:約102㎡ (31坪)
延床面積:約132m2 (40坪)

白と木材フェンスがかわいらしい印象のこちらの家は、「北向き敷地でも光も十分に取り込みたい」「庭も確保したい」「北側の丘の緑を眺めながら暮らしたい」という要望で設計されました。
南側につながるリビングダイニングには広い窓を設置し、開放感と採光にこだわっています。
オープンキッチンとバスルームからは、広い窓を通して丘の緑を眺めることができます。
また、浴室と洗面室からはそのまま南側のバルコニーに出入りできる間取りになっています。

中庭のある2世帯家族の家

二世帯のイメージ
https://www.uemot.com/

建設地:神奈川県川崎市
家族構成:二世帯
構造/階数:木造在来工法2階建
敷地面積:約261㎡ (79坪)
延床面積:約160㎡(48坪)

既存住宅から1階を親世帯、2階を子世帯と分けて設計し建て替えを行った住宅です。
もともとあった庭に対してコの字型に開いた中庭を設計し、室内から鑑賞できるよう工夫されています。
世帯ごとに玄関は別々に設け、内部ではつながっているため、プライバシーは考慮しつつコミュニケーションをとりやすいに二世帯住宅となっています。

メーカーの特徴

植本俊介さんが設計

設立者である植本俊介さんは一級建築士の資格を所有しており、設計を担当します。
東京大学工学部建築学科を卒業後、東京大学大学院都市工学修士課程に進み、「株式会社曽根幸一・環境設計研究所」へ就職、1998年から独立して事務所を設立しています。
現在は住宅設計を中心に請け負っていますが、もともとはは都市計画などでも活動しており、幅広い視点で業務を行っています
そのほか詳しいプロフィールに関してはホームページをチェックしてみてくださいね。

設計・監理が専業

「設計舎」という名前の通り、住宅の設計・監理を専業とした業務体系となっています。

他社のハウスメーカーや工務店では、土地探しから住宅ローンの相談、設計、施工、アフターサービスまでワンストップ体制のところも多いですが、植本空間設計舎では下記のような体制を採用しています。

・土地探し→そのものは請け負っていないが、無料の範囲で相談や現地確認はOK。法規チェックやプラン作成は設計業務の一環として対応。
・住宅ローンの相談→相談不可。賃貸事業の収支計画といった相談はつきあいのある不動産会社への依頼は対応してもらえる。
・プラン提案→対応可能。
・設計→対応可能。
・施工→直接は請け負わず、つきあいのある施工会社から推薦してもらえる。すでに依頼したい施工会社が決まっている場合は別途相談の上依頼することもできる。
・アフターサービス→建物を建てた施工会社が保証するため、問い合わせる際は施工会社が窓口になるが、植本空間設計舎へ相談してもOK。竣工後のアフターケアとして、施工会社による1年・2年の検査の際は原則立ち会いを実施。万が一「瑕疵(かし、引き渡し後の家になんらかの欠陥があること)」があった場合に備えて建築士責任賠償保険に加入。
・リフォーム→あまりにも小規模なもの以外は対応可能。

街の風景も考慮した建築

個性的で目立つ住宅も素敵ですが、植本設計舎では、敷地全体デザインし街並みや自然にとけこむような建築を大切にしています。家の所有者だけでなく、街に住まう方にとっても共有できる財産となるようなデザインを心がけています。

家の性能

植本空間設計舎の家の性能についてはどうでしょうか。

長寿命な家

植本空間設計舎の住宅は、適切なメンテナンスを実施していれば少なくとも50年以上はもつ長寿命な家です。材料や構法を工夫することで、100年以上もつ住宅が目標となっています。

具体的には、下記を標準仕様とすることで長持ちする家をつくっています。
・合板の使用を減らし、使う場合は出来るだけ国産材の信頼できるものを使う
・釘や金物は耐久性の高いものを使用
・特殊な場合以外は通気工法を採用し壁内の結露防止を行う
・設備はメンテナンスがしやすいよう配慮

耐久力のある丈夫な建材を使うだけでなく、結露対策やメンテナンスのしやすい構造はとても重要です。
木材を使った住宅は、経年劣化や地震などによるダメージのほか、結露によっても劣化してしまうため、換気性能を高めることで長寿命な家づくりにつながります。
また、家の構造体のほかに配管や防水設備、屋根、サッシなども維持管理がしやすい施工を行うことで、適切にメンテナンスや交換などを実施できるようになります。

「長期優良住宅」に準じた設計

植本空間設計舎の住宅は「長期優良住宅」の基準に準じた設計を標準としています。

「長期優良住宅」とは、耐震性や維持管理のしやすさ、劣化対策、省エネルギー性能といった様々な項目で、一定基準を満たしていると国から認定された家のことです。地震などの災害に強く長寿命な家というだけでなく、税金の軽減や補助金の支給、地震保険の割引といった様々な優遇を受けられるというメリットがあります。
認定を受けるためには別途審査が必要なので、申請などの手続きも加わります。

省エネ性能を考慮した断熱性・気密性

日本では四季の気候に合わせて冷暖房を使用していますよね。家の断熱性(熱が逃げにくい家)と気密性(隙間が少ない家)を高めることで、冷暖房の効率がアップし、少ないエネルギーでも快適に過ごせる住宅になります。
植本空間設計舎では、可能な限りゼロエネルギー住宅(ZEH)やHEAT20の仕様をクリアできる設計を採用しています。

断熱方法はいくつかありますが、「外断熱(断熱材で家を包み込む工法)」が一番断熱性能が高い方法になります。建物に求める仕様などに合わせて「内断熱(断熱材を家の内側に入れる工法)」や「充填断熱(構造材の間に断熱材を入れ込む工法)」などを適切に採用して施工しています。

木造住宅の場合、「ポリエステル断熱材(パーフェクトバリア)」を標準使用しています。入り込んでしまった水の放出性に優れているほか、ヘタれにくさやペットボトルの再利用品なので環境にやさしいといったメリットがあります。
より上位の仕様として「セルロースファイバー」の吹き付けによる施工も多く使用しています。吹き付けることで複雑な構造でも隙間なく埋め尽くすことができ、防音性・防火性が高いというメリットがあります。
そのほか建物や部位によって性能、コストなどを見極めながら使い分けを行っています。

植本空間設計舎を選ぶメリット

高品質な設計

設計を専業としているため、高品質な設計を提供してもらうことができます。
ローコストのハウスメーカーでは社内設計士が設計を担当することもありますが、植本空間設計舎では一級建築士である植本俊介さんが設計するため、デザイン性だけでなく生活動線や性能、住み心地など、あらゆる視点を考慮しています。
「2019年度GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)」「昭和フロント第50回ストアフロントコンクール一般建築部門金賞」など受賞歴もあり、確かな実績と技術で安心ですね。

建て替えの不安がない

適切なメンテナンスを行えば50年ほどはもつ長寿命な家を提供しているため、一度建てればほとんどの場合は建て替えの必要なく一生暮らしていけるでしょう
目標としている100年以上もつ家が建築できれば、子どもや孫の代まで暮らしていけますね。
点検・交換、リフォームなどは手間やコストがかかってしまうものの、何度も建て替えた場合の費用を考えればずっとお得になります。

節約&身体や環境にやさしい住宅

省エネ性能が高い住宅は、過度な冷暖房の使用を避けることができるため、光熱費の節約や環境にもやさしいというメリットがあります。
断熱性・気密性が高い家の中では室内が一定の温度に保たれるため、ヒートショック(激しい寒暖差によって起こる健康被害)の防止になります。
また、結露も起こりにくいため、カビ対策や建物の劣化防止にもつながります。

植本空間設計舎のデメリット

ワンストップよりも不便

注文住宅に関する業務を一括でお任せできるワンストップ制を採用しているハウスメーカーや工務店よりも不便な点があります。
土地探しや住宅ローンの相談については、別途不動産屋や銀行、ファイナンシャルプランナーなどを探して相談する必要があることが予想されます。ワンストップ制のハウスメーカーや工務店よりも手間や時間がかかりやすく、施工に関しても別業者に依頼することになるため、イメージ違いや伝達ミス、期間延期なども懸念されます。

ただ、ワンストップ制だからこれらの問題が起きないかというと、そうではありません。
大切なのは、やはり直接相談に行き、本当に信頼できる業者・担当者なのかどうかご自身で判断することです。
注文住宅は大きな買い物になりますので、疑問・不安に思うことはすべて相談し、本当に信頼できる業者を選んで契約しましょう。

会社情報

会社名 植本空間設計舎
ブランド名 植本空間設計舎
本社住所 〒180-0013
東京都武蔵野市西久保3-2-1 アルベルゴ武蔵野701
創業
資本金
従業員数
HP https://nexer.co.jp/ouchipalette/uemotkukansekkeisha-price/

この会社の対応エリア

全国


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅検討画像

まずは複数業者の見積もりを取ろう

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。

多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括資料請求サイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

どの一括資料請求サイトを利用すべき?

一括資料請求サイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。

それぞれのサイトについて、一覧形式でまとめてみました。

↓↓横スクロールできます↓↓
イメージタウンライフのロゴ持ち家計画のロゴハウジングバザールのロゴHOMESのロゴホームズのロゴ
サイト名タウンライフ持ち家計画ハウジングバザールHOME'SSUUMO
特徴あなたに合った間取りを各ハウスメーカーから一括提案【業界唯一】相談・来場予約も一括でできる工務店のみを掲載している掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる
掲載会社数600社以上不明300社(工務店)1000社以上1000社以上
掲載会社の質
厳選ラインナップ

厳選ラインナップ

厳選ラインナップ
一括カタログ請求
掲載会社一覧から選び、ひとつずつ資料請求をおこなう
一括見積もり請求×
工務店のみ
××
間取り作成×
工務店のみ
××
土地探し××××
申込み特典
成功する家づくり7つの法則(小冊子)プレゼント

相談・見学の申込で2,000円プレゼント

新築ご成約時にお祝い金プレゼント

はじめての家づくりノート(小冊子)プレゼント
×

結論から言えば、注文住宅初心者の場合はタウンライフがおすすめです。タウンライフを利用しておけば「ハズレ業者」を引くリスクは軽減されるでしょう。もしタウンライフでも良い業者を見つけられない時は、他の一括資料請求サイトを利用すると良いでしょう。
タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

タウンライフがおすすめな理由

タウンライフがおすすめな理由を紹介します。

タウンライフとは?

まずタウンライフとはどのようなサービスなのか説明します。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

タウンライフは注文住宅会社を比較するためのツールだと思ってください。希望のエリアを入れて計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた「間取りプラン」「見積もり」「土地探し」を作成してくれます。この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社と話を進めることができます。

ある程度依頼するハウスメーカーを決めている方でも、他社の見積もりと比較して、料金交渉などもおこないやすくなるので、基本的にはどなたでもまずは一括資料請求サイトを利用した方が良いでしょう。

>>タウンライフの公式サイトを見る

タウンライフのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもタウンライフを使った方が良い理由を説明します。

① 注文住宅部門で3冠達成!

タウンライフの3冠

タウンライフは第三者機関の調査で、「利用満足度」「知人に勧めたいサイト」「使いやすさ」の部門において3冠を達成しています。

使いやすさと、一括請求で得られる資料の内容をトータル的に考えると、タウンライフが一番人気なのも納得です。

② 厳格な基準をクリアした600社の優良注文住宅会社を掲載

例えば、ライフルホームズだと1000社以上の注文住宅会社を掲載しており、その中から自分で選んでカタログや見積もりを貰うことができるシステムですが、この1000社の注文住宅会社の中には、あまり良くないハウスメーカーや工務店が混ざっていることもあります。タウンライフの場合は、独自の厳格な基準にクリアした優良注文住宅会社しか掲載できないため、良くない会社を引いてしまう可能性が低いです。

まずはタウンライフを利用して、良い業者が見つからなかった場合は他の一括資料請求サイトを利用するという使い方が一番安全でしょう。

③ カタログでは得られないあなたの好みに合わせた間取り提案書を作成してくれる

注文住宅の資料請求サイトだと、カタログしかもらえないケースが多いです。カタログだけ見てもなかなか理想のマイホームを想像するのは難しいですし、実際に建てようと思った時に、オプション費用などで想定より高額なってしまい、結局一から考え直さなければいけなくなってしまうケースもあり得るでしょう。

タウンライフはしっかりとあなたの希望に合わせた間取り提案書と見積書を用意してくれるので、より具体的に想像することができるでしょう。なお、あなたの希望にそったオリジナル間取りプランまで用意してくれるサイトは日本でライフタウンのみとなっています。

④ 土地探しをおこなってくれる

土地探しは注文住宅を建てる上で、人によっては一番めんどうに感じるかもしれません。とくに業者に頼まず自分で土地を探す場合は、購入した区域によっては建築規制があり、自分の思い描いていた家を建てられなくなってしまったというケースもあり得るでしょう。

また、一つのハウスメーカーに土地探しを依頼したけど、あまり良い土地が無いというケースもあります。土地の取り扱いはハウスメーカーによって異なるので、土地探しで失敗しないコツは複数業者から土地提案を貰い、理想の間取りと自分が実際に生活することをイメージして、最適な場所を選ぶ必要があります。

タウンライフなら、間取り設計と見積もりだけではなく、専門家ならではの土地提案までもらえるので、「より失敗しない家づくり」をおこなえるでしょう。

 

他にも、毎月先着で99名様に「成功する家づくり7つの法則」という49ページの小冊子をプレゼントしているなど、メリットが多いです。注文住宅の資料請求サイトの中なら個人的にはタウンライフ一択ですね。

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

 

カタログを見てもよくわからない方はこちら

「複数の会社からカタログ貰って比較してみたけど、結局どこにすれば良いかわからない…」という方は、NTTデータグループが運営している「HOME4U家づくりのとびら」を利用すると良いでしょう。

「HOME4U家づくりのとびら」は、すべてのサービスを無料で利用でき、専属のアドバイザーが中立的な立場でおうちのお悩みについて相談にのってくれます

「無料で相談というと何かサービスを売り込まれるのでは?」と考える方もいらっしゃると思いますが、HOME4U家づくりのとびらは営業を一切行いません。こちらから希望した時のみ紹介してくれます。

自宅からオンラインで利用出来るので、外出がしにくいこのご時世でも安心です。

HOME4U家づくりのとびらの公式サイトを見る

 


坪単価についての基本情報

坪単価計算画像

当ページでは、主に各メーカーの坪単価について紹介していますが、そもそも坪単価について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、坪単価のことを詳しく紹介していきます。

坪単価とは

家を建てる際に「坪単価」という言葉をよく目にすると思います。この坪単価とはいったい何のことなのでしょうか。

坪単価とは、建物の本体価格から建てた家の総床面積で割って出した金額のことを言います。

例えば、40坪の家を2,000万円で建てた場合2,000万円×40坪=50万円/坪と計算し、坪単価は50万円となります。

坪単価の平均相場について

国土交通省の令和2年の統計データを参考にすると、全国の平均坪単価は約70万円となります。

しかし坪単価は土地や家の構造、依頼するハウスメーカーによって変わってくるので一概に平均で見るべきではありません。

例えば、東京の平均坪単価は81万5,800円程度ですが、一方北海道の平均坪単価は約60万円となっています。

また構造別の平均坪単価は以下のようになっています。

家の構造 平均坪単価
木造 56万8,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造 92万3,000円
鉄筋コンクリート造 91万5,000円
鉄骨造 76万1,000円

一般的に木造に比べて鉄筋コンクリートを使用した家のほうが、坪単価は高くなります。また当然ですが、物価が高い地域ほど坪単価は高くなります。

同じハウスメーカーで同じグレードの家を建てることを考えても、坪単価は大きく変わってくる場合もあります。50坪の広さと30坪の広さに同じメーカーの同じグレードの家を建てるとしても総額はもちろんのことですが、坪単価も変化することがほとんどです。

キッチンやバスルーム、トイレなどの設備は高額で、広い家でも狭い家でもどちらも同じ数を設置する必要があります。これらのような設備は高額であるため、建築費用の総額では広い家の方が料金は高くなりますが、坪単価で見ると狭い家の方が高くなります

坪単価だけでは検討できない部分が多いため、自分が住みたい地域で一括見積りなどをおこない、建築費用の相場を確認すると良いでしょう。注文住宅会社の一括見積もりサイトを見たい方は下記のページにまとめているので、あなたにあった見積もりサイトを選んでください。

坪単価を見る際の注意点

坪単価は家の本体価格から家の面積を割った1坪あたりの費用と表現されますが、この家の面積については定義があいまいとなっています。

例えばベランダや車庫、地下室などは建築基準法で延床面積に含まれませんが、計算の際にはこの部分の面積を入れて計算する業者と、入れずに計算する業者が存在します。

全く同じ家を建てたとしても坪単価として計算する面積の定義によっては、坪単価は大きく異なることになります。

ベランダなども全て含めた面積は「施工面積」と呼ばれ、通常はこの総合施工床面積で坪単価を計算することが多いです。ハウスメーカーに依頼する際は、「施工面積」と「延床面積」どちらで坪単価計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また、本体価格の他にも付帯工事や諸経費などが発生してくるので、トータル金額を確認すると良いでしょう。

坪単価以外に考えなければならない費用

実際に注文住宅を建てる際は、本体価格の他にどんな費用が発生してくるのか、細かく確認します。

金額としては、全て合わせると本体価格の2~3割増しで考えると良いです。

付帯工事費(全体費用の1割~2割程度)

①基礎補強工事関連費用

地盤が弱い場合に、地盤を補強する工事です。地盤調査を行い、固い地盤まで深堀して杭をうつ作業や、セメントなどで地表面を固める作業をおこないます。

②インテリア関連費用

インテリアを揃える費用です。家具は前の家から持ってくることもできますが、例えばカーテンは新しい家の窓に合わせて新調する必要があります。また新居に合うような家具に買い替えるケースも多いです。その他、エアコンや照明器具の費用なども含まれます。

③エクステリア関連費用

庭や外の塀、玄関の門、ガレージなどを作るための費用です。

諸経費(全体費用の1割程度)

①登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に登記の申請をおこなう必要があります。この登記をおこなう際にかかる税金のことです。固定資産税評価額の0.1%程度と考えておくと良いでしょう。

②不動産取得税

不動産を取得したときに発生する税金です。固定資産税評価額を基に計算されます。

③火災・地震保険費用

火災と地震の際の保険です。ほとんどの方が加入しています。

 

その他地鎮祭や上棟式をおこなう場合は「式祭典費用」、各種契約書の「印紙代」、住宅ローンの手続き費用などが発生します。

坪単価を安く抑える方法

坪単価を安く抑える方法をいくつか紹介します。

門扉やフェンスを作らない

エクステリア費用として占める割合が多いのが門扉とフェンスです。家を建てる際、最初はほとんどの人が作りたいと思うでしょうが、実際に住んでみると、設置の必要はないと感じる方も少なくないでしょう。

1階と2階の面積を同じにする

1階と2階の面積を同じにすることで、基礎や柱などが最小限で済むため、コストを抑えることができます。

屋根をシンプルにする

せっかくの注文住宅なので、家の外観にはしっかりこだわりたいですよね。ただ、坪単価を抑えるためには、我慢をしなければいけない部分がでてきます。

屋根の形には「片流れ」「切妻」「寄棟」などがありますが、シンプルなデザインにすることでコストカットをおこなえます。

外壁の形をシンプルにする

外壁もシンプルな四角より、凹凸があった方がカッコよく感じるかもしれませんが、凹凸を作ると外壁量が多くなってしまいます。

外壁も屋根と同様にシンプルなデザインにすることでコストカットに繋がります。

 

他にも建築費用を抑える細かいテクニックはあるので、必要に応じて調べてみると良いでしょう。ただし、建築費用を左右するのは細かいテクニックより、依頼する注文住宅会社選びでしょう。こだわりを我慢して費用を節約した結果、理想の家とは程遠くなってしまっては意味がありません。

まずは、あなたの理想の家を、理想の価格で建てることができる会社選びをしっかりおこなうことが最重要と言えます。

注文住宅会社選びは一般的に一括見積りサイトを利用して、厳選していくことになりますが、どこの一括見積りサイトを使えば良いかがわからない方も多いでしょう。

以下のページで一括見積りサイトの比較をおこなっています。あなたの検討状況に合わせて、使用する一括見積りサイトを決めてください。

注文住宅一括見積もりサイト比較はこちら