【2022年8月更新】注文住宅を建てるならここ!飯能市でおすすめのハウスメーカー・工務店9選

「注文住宅を建てたいけど、どこのハウスメーカーに頼めば良いのかわからない…」そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
多くの方にとって、注文住宅は人生最大級の買い物になるでしょう。
そんなマイホームのデザインや性能、建築費用は選ぶ注文住宅会社によって大きく左右されてしまいます
せっかく、数千万円かけて楽しみにしていたマイホームが、期待していたものと違ったり、満足できないものだったら、悔やんでも悔やみきれませんね。

そこで、今回は飯能市エリアでおすすめのハウスメーカー・工務店をご紹介!ぜひ、あなたの理想の家を建ててくれる、ハウスメーカー・工務店を見つけてみてくださいね!

目次

飯能市エリアの特徴

緑と清流に恵まれている飯能市は、県内で3番目の広い面積を持つ市です。地盤が強いため震災リスクが低く、定住や企業立地に適しています。

豊かな自然を満喫できるアクティビティはもちろん、市内には大型商業施設やおしゃれなカフェなどもあるため日々の生活には困りません。交通アクセスも優れているので通勤にも便利です。

現代の暮らしに農業を取り入れる「半農ライフ」が目的の移住者を市がしっかりとサポートするので、農業初心者でも安心して暮らせるまちです。

都道府県 埼玉県
人口 約79,610人
総世帯数 約33,908世帯
面積 193.2 km²
主な駅 東飯能駅、飯能駅、正丸駅、吾野駅、
西吾野駅、東吾野駅
鉄道 JR八高線、西武池袋線、西武秩父線

※2022年度のデータ

飯能市の土地代と坪単価の相場

飯能市の土地代の平均は10万1527円/m2で、坪単価平均は33万5629円/坪となっています。

全国の土地代平均は23万4067/m2で、坪単価平均は77万3777円/坪なので、全国平均の約1/2倍の価格となります。また埼玉県の土地代平均は16万2677円/m2で、坪単価平均は53万7775円/坪なので、埼玉県平均の0.6程度の価格となります。

埼玉県の土地代と坪単価平均は以下です。※クリックすると一覧表を見れます。

埼玉県の土地代・坪単価平均を見る
エリア 平均坪単価 地価平均
さいたま市 102万6531円/坪 31万0525円/m2
和光市 100万6230円/坪 30万4384円/m2
蕨市 91万2396円/坪 27万6000円/m2
川口市 90万0144円/坪 27万2293円/m2
志木市 88万4848円/坪 26万7666円/m2
朝霞市 88万2500円/坪 26万6956円/m2
戸田市 81万6702円/坪 24万7052円/m2
富士見市 74万7107円/坪 22万6000円/m2
新座市 73万8471円/坪 22万3387円/m2
所沢市 68万5840円/坪 20万7466円/m2
ふじみ野市 68万3636円/坪 20万6800円/m2
川越市 54万3145円/坪 16万4301円/m2
草加市 49万9455円/坪 15万1085円/m2
越谷市 47万5984円/坪 14万3985円/m2
八潮市 44万8867円/坪 13万5782円/m2
三郷市 41万4416円/坪 12万5360円/m2
上尾市 40万1809円/坪 12万1547円/m2
狭山市 37万2960円/坪 11万2820円/m2
入間市 35万7820円/坪 10万8240円/m2
鶴ヶ島市 35万0286円/坪 10万5961円/m2
坂戸市 33万6074円/坪 10万1662円/m2
飯能市 33万5629円/坪 10万1527円/m2
春日部市 33万0661円/坪 10万0025円/m2
桶川市 31万3135円/坪 9万4723円/m2
吉川市 31万1546円/坪 9万4242円/m2
北本市 30万9134円/坪 9万3513円/m2
蓮田市 28万2873円/坪 8万5569円/m2
白岡市 27万0413円/坪 8万1800円/m2
鴻巣市 23万5816円/坪 7万1334円/m2
東松山市 22万3523円/坪 6万7615円/m2
秩父市 21万9228円/坪 6万6316円/m2
熊谷市 21万8512円/坪 6万6100円/m2
久喜市 21万7263円/坪 6万5722円/m2
幸手市 16万8007円/坪 5万0822円/m2
日高市 16万5677円/坪 5万0117円/m2
深谷市 15万0991円/坪 4万5675円/m2
本庄市 14万7614円/坪 4万4653円/m2
行田市 12万3831円/坪 3万7459円/m2
加須市 11万6621円/坪 3万5278円/m2
羽生市 9万9786円/坪 3万0185円/m2

※2022年度のデータ

注文住宅購入の流れ

注文住宅購入の流れについて説明します。

①土地探し

まずはどの辺りに住みたいかを決める必要があります。ハウスメーカーや工務店によって施工可能なエリアが異なるので、おおまかな住みたい場所が決まらなければ住宅業者選定ができません。

既に土地を所有している方や、住みたい場所が具体的に決まっていて、土地の契約を自分で進められる方は問題ありませんが、「土地探しの依頼先がわからない!」「条件に合う土地が見つからない!」という方はハウスメーカーに依頼すると良いです。

ハウスメーカーに依頼すると、一括で依頼できるので、建てたい家に合わせて土地を選べたり、予算オーバーの心配がなかったり、ハウスメーカー所有の土地の場合仲介手数料がかからないこともあるので、メリットが多いです。

下記のような土地探しサービスを利用すれば、複数のハウスメーカーからあなたの希望に合わせた土地の提案書を貰えるので、今から土地探しをする方や、土地探しに苦戦している方は活用すると良いでしょう。

>> 無料で土地の提案・アドバイスがもらえるタウンライフを見る

②ハウスメーカー選定

注文住宅の購入において、一番大切な部分と言っても過言ではありません

ハウスメーカーによって、建てられる家のデザインや予算は異なります。自分の理想の家を建ててくれて、信頼できるハウスメーカーを選びましょう。

ハウスメーカーの選び方は、ネットの一括資料請求サイトを利用して、複数の会社を比較し、気に入った会社のモデルルームを見学してみると良いでしょう。

ハウスメーカ選びで失敗しないための方法は下記をご覧ください。

>> 失敗しないハウスメーカーの選び方はこちら

③住宅ローンの申請

ハウスメーカーの選別と同時に進めたいのが住宅ローンの申請です。

自分たちの理想についてハウスメーカーと相談して、ある程度の予算と見積もりを出しておけば、竣工前に予算が減って泣く泣く理想を落とすこともなくなります。

④ハウスメーカーと建てる家の打ち合わせ

ハウスメーカーが決まったら、どんな家を建てたいかハウスメーカーと一緒に決めていきます。

ここで伝えたことが形になるので、しっかりと自分のこだわりを伝えましょう

⑤建築作業

建てたい家が決まったら、見積もりとスケジュールを確認して、工事の契約を締結します。その後実際にハウスメーカーが建築をおこないます。

施工中は任せきりになりますが、内装やオプションについては変更が可能な場合も多いので、進行状態を確認したり、業者に差し入れしたりするのもオススメです。

⑥登記登録/引き渡し

引き渡しのおおよそ1ヵ月前には家がほぼ完成します。

実際に家の中を確認して、立会い、完了検査などの確認が完了したら登記による物件譲渡を行います。譲渡が完了したら注文住宅は自分たちの物となるので、引っ越しの準備を始めましょう

ハウスメーカー・工務店の選び方のポイント

ハウスメーカー・工務店の選び方のポイントについて紹介します。

ハウスメーカー選びは絶対に失敗したくない部分なので、この内容をしっかり確認して、後悔のないようにしてください

①ハウスメーカーの信頼性、評判

顧客満足度が高い会社、契約数が多い会社は安心できます。それぞれのハウスメーカーによって特徴が違うのでしっかりと調べるようにしましょう。

②建物の構造

構造には主に、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の3種類があります。

木造:一戸建ての8割ほどは木造住宅です。耐久性は十分ですが、耐震性、耐火性、防音性で少し劣る部分もあります。
鉄骨造:耐久性が高く頑丈な住宅を作ることが出来ます。軽量と重量があり、軽量は低コストです。重量では更に頑丈で耐久性の高い住宅にすることはできますが、コストがかかります。
鉄筋コンクリート造(RC造):主にマンションに採用されています。頑丈で火災に強い家を建てることができます。

日本の住宅は主に木造ですが、耐久性を重視するなら鉄骨やRCもありです。しかしコストがかかるのとハウスメーカーの取り扱いが限られているので注意しましょう。また、断熱性や気密性、といった性能で選ぶことも大切。住んでいる地域にあわせて検討しましょう。

③デザイン性

和モダン、シンプルモダン、西洋スタイル、ナチュラル、など様々なデザインがあり、住宅メーカーによって得意としている分野が違います。カタログやHPなどを見て自分の好みのデザインを取り扱っているメーカーに依頼するようにしましょう。

④価格で選ぶ

住宅が予算内に収まるかどうかを考えることは大切です。同じシステムや設備でもハウスメーカーによって値段が違うこともできるだけ複数のハウスメーカーと比較して決めるようにしましょう。

⑤保証、サービス、アフターメンテナンスで選ぶ

何十年と長い間住む住宅ですので、住むまでだけではなく、住んでからの保証を安心して任せられる会社がおすすめです。

⑥担当者で選ぶ

担当者の人柄、知識、提案力、そして相性はとても重要なポイントです。住宅は家族が長く住む、大切な場所。そして高額の費用がかかります。自分たちの利益のためではなく、お客様のために真剣に向き合うことができる方に担当してもらえると「この人になら任せても大丈夫」という安心感を持つことができます。

ハウスメーカー選びで失敗しないための方法

ハウスメーカー選びで失敗しないための方法

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の注文住宅会社を比較検討することです。

複数会社を比較しないとこんなデメリットが…

 他のハウスメーカーなら同水準でもっと安く建てられることを建てた後に知った…

 建てた後に他の人の家を見て、もっとデザインを色々検討すべきだったと後悔…

 1つの会社の話を鵜呑みにしてしまい、まともに条件・料金交渉ができなかった…

複数社から「間取りプラン」を貰っておけば、今まで想像していなかった、あなたにピッタリのデザインが見つかる可能性が増え、気に入った会社が見つかった際に料金面で適正かどうか自分で比較検討することも可能です。

人生最大級の買い物であるマイホームだからこそ、できるだけ失敗するリスクは減らして、後悔のないようにしたいですね。

複数会社を一括検討するなら「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」「タウンライフ」を使うと良い

結論から言えば、一括資料請求サービスは「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」か「タウンライフ」を利用しておけば間違いありません

両サービスとも、完全無料で利用できるので、あなたの用途に合わせて利用してみてくださいね!

両方利用される方も多いので、しっかり検討したい方は、両方登録しておきましょう。

注文住宅を検討し始めの方は「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」でカタログ一括請求しよう!

ライフルホームズの画像
LIFULL HOME’Sは注文住宅のカタログを一括で無料お取り寄せできる、資料一括請求サービスです。

注文住宅の検討を始めたばかりの方はこちらのカタログ一括請求サービスを利用すると良いです。

注文住宅の最初の一歩目は「どんな家を建てたいか、イメージを具体化すること」です。

LIFULL HOME’Sなら、あなたが検討している地域に対応しているハウスメーカーのカタログを一括請求できるので、そのカタログを見て、どんな家を建てたいかイメージを固めましょう。

 一部上場企業「株式会社LIFULL」が運営している安心感

 たった数分で、複数のハウスメーカーの一括カタログ請求依頼ができる(無料)

 掲載のハウスメーカーはLIFULLが厳選した優良住宅メーカー

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

LIFULL HOME’Sのおすすめポイントを
もっと知りたい方はこちら

 

自分の理想の家のイメージが固まったら「タウンライフ」で見積もりや間取りプランを貰い、具体化していこう!

タウンライフのキャプチャ画像

タウンライフは、家づくりに必要な「見積もり」「間取りプラン」「土地探し」を複数の住宅業者から一括請求できるサービスです。

サイト内で希望のエリアを入力し、計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた計画書を作成してくれます。

この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社を選ぶと良いでしょう。

タウンライフは全て無料で利用できるので、注文住宅を検討している方は一度使ってみるべきサービスです。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

タウンライフのおすすめポイントを
もっと知りたい方はこちら

飯能市でおすすめの工務店4選

1. 細田建設株式会社

細田建設株式会社のイメージ画像
細田建設は人と環境にやさしい住まいを提供する工務店です。

それぞれのライフスタイルを尊重した住宅を創造します。住宅だけでなく商業施設やマンションなど様々な建物を手掛けています。

工法は独自で開発したBAN工法を使用することで高品質、高強度、低コストを実現。理論上では強度が通常よりも1.5倍以上高くなり、高い気密性と断熱性では認定を取得しています。

古紙を再利用し防熱処理を施した断熱材を使用するなど環境にも配慮されています。この断熱材はエコなだけでなく防虫、撥水、防音など非常に性能も高く、目的に応じて施工方法も選択できます。

建築基準法、消防法の認定と評価を取得した「耐火音ナイン」を使用することで安全で静かな暮らしを提供しています。「家に帰るのが楽しみになる」住まいを実現する工務店です。

●住宅だけでなく様々な建物を手掛けている
●高品質で低コストな独自開発の工法を使用
●環境に配慮した高性能な断熱材
細田建設株式会社の口コミ・評判
口コミ

中村カクタス
飯能市の建設会社で1位2位を争う大手です
私の家も20年前に建築して貰いました
信用出来る会社だと思います

引用元:https://www.google.com/


増実清水
親切な会社です。

引用元:https://www.google.com/

細田建設株式会社の建築事例

建築事例1

細田建設株式会社の建築事例1
参照元: https://www.hosoda-con.co.jp/
細田建設株式会社の建築事例2
参照元: https://www.hosoda-con.co.jp/

建築事例2

細田建設株式会社の建築事例3
参照元: https://www.hosoda-con.co.jp/
細田建設株式会社の建築事例4
参照元: https://www.hosoda-con.co.jp/
細田建設の会社情報
会社名 細田建設株式会社
ブランド名 細田建設
所在地 埼玉県飯能市大字双柳760番地の14
設立 昭和56年9月1日
資本金 5000万円
従業員数 15人
HP https://www.hosoda-con.co.jp/

 

2. 株式会社 吉澤建設工業

株式会社 吉澤建設工業のイメージ画像
吉沢建設工業は「匠の技」でデザイン性の高い住まいを提供する工務店です。

創業より木に拘り、高い技術力が求められる社寺建築にも携わってきました。地元特産の資材である西川材を使用し、伝統工法である木組みの家造りや古民家再生も行っています。

エネルギーの自給自足が出来る住まいであるZEH住宅をスタンダードにする取り組みにも力を入れています。ZEH住宅は高い断熱性で室温を保っているため快適なだけでなく、健康リスクを低減する効果もあります。

ZEH住宅にする事で省エネと断熱で光熱費をしっかり抑え、さらに太陽光発電をプラスしてエネルギー収支を0に出来るメリットがあります。快適で健康的に暮らせるエコでお得な住まいを実現する工務店です。

●社寺建築にも携わる高い技術力
●快適でお得なZEH住宅の提案
●地元の気候に合った丈夫な西川材を使用
株式会社 吉澤建設工業の口コミ・評判
口コミ

俺ははじめです
皆さんとても親切です

引用元:https://www.google.com/


増田俊
飯能市の特産資材の西川材を使って家を建ててくれます。

引用元:https://www.google.com/

株式会社 吉澤建設工業の建築事例

愛猫3匹と夫婦で暮らす家!入間市の新築住宅

株式会社 吉澤建設工業の建築事例1
参照元: https://www.katoukenchiku.jp/
株式会社 吉澤建設工業の建築事例2
参照元: https://www.katoukenchiku.jp/

農のある暮らし「飯能住まい」

株式会社 吉澤建設工業の建築事例3
参照元: https://www.katoukenchiku.jp/
株式会社 吉澤建設工業の建築事例4
参照元: https://www.katoukenchiku.jp/
吉澤建設工業の会社情報
会社名 株式会社 吉澤建設工業
ブランド名 吉澤建設工業
所在地 埼玉県飯能市青木34-2
創業 昭和29年4月1日
資本金 1000万円
従業員数 7人
HP https://www.yoshizawa-kk.co.jp/

 

3. 株式会社コヤノ建築事務所

株式会社コヤノ建築事務所のイメージ画像
コヤノ建築事務所はお客様の夢や想いを叶えた住まいを提供する工務店です。

木と鉄で建てるパナソニック耐震住宅工法であるテクノストラクチャーを使用しているので広い空間を自由に設計する事が可能です。

一般的な木造住宅では間口が3m程度ですが、テクノストラクチャーなら最大約6mまで広げることできます。天井高も2.8mまで可能なので、吹抜けや勾配天井など開放的な空間を演出できます。

室内の好きな位置にフリーウォールを設置可能なので、間取りも自由自在に設計できます。子供の成長などのライフスタイルの変化に合わせた空間作りも柔軟に対応できますよ。

住宅を支える梁を鉄の強さで強化しているため地震にも強く、鉄骨には溶融亜鉛めっきを施しているのでサビもしっかり防ぎます。耐震制度は非常に高く、震度7の地震にも耐えうる「強さ」を実証されています。

●テクノストラクチャー工法による広い空間と自由設計
●震度7にも耐える高い耐震技術
●土地や自宅などの売却相談も可能
株式会社コヤノ建築事務所の口コミ・評判
口コミ

ju hori
こちらで建てて13年たちますが全く悪いところが見当たりません。壁紙1つ剥がれてません。水回りも大手メーカーが標準装備なので今のところ何も壊れてません。
小さな事でも電話をするとすぐにかけつけて下さいます。
しいて言うなら、当時はデザインに関するアドバイスはそんなに無かったので自分で悩んだというくらいです。
中身はしっかりとしています。

引用元:https://www.google.com/


岡泉孝紀
踏切近くにあります。
注文住宅の会社です。
丁寧に対応してくださいました。

引用元:https://www.google.com/

株式会社コヤノ建築事務所の建築事例

建築事例1

株式会社コヤノ建築事務所の建築事例1
参照元: https://koyano-k.com/
株式会社コヤノ建築事務所の建築事例2
参照元: https://koyano-k.com/

建築事例2

株式会社コヤノ建築事務所の建築事例3
参照元: https://koyano-k.com/
株式会社コヤノ建築事務所の建築事例4
参照元: https://koyano-k.com/
コヤノの会社情報
会社名 株式会社コヤノ建築事務所
ブランド名 コヤノ
所在地 埼玉県飯能市川寺215-1
設立 1993年5月6日
資本金 1200万円
HP https://koyano-k.com/

 

4. 有限会社 西武設計

有限会社 西武設計のイメージ画像
西武設計は常にお客様の期待を上回る家づくりを目指す工務店です。

美しい自然に囲まれた飯能市を中心に家づくりを続け、豊かな森の暮らしを楽しめる住まいを創造します。不動産業も行っているため、厳選された土地を紹介する事が出来ます。

また女性スタッフによる主婦目線の収納などのこだわりや、遊び好きスタッフによる遊び心ある楽しい空間の演出など様々な提案も可能です。職人さんも地域の特性に詳しい地元の人ばかりなので安心ですよ。

室内の角を出来る限り丸くしたり、基本の間取りにロフトがついていたりなど西武設計ならではのこだわりもたくさんあります。

シロアリを防ぐ湿気対策や耐震性の高い工法、「シックハウス症候群」を防ぐボードの使用など健康面や安全面にもしっかり配慮された住まいを提供します。

●規格プランが無いため自由な間取り設計が可能
●西武設計ならではのこだわりが豊富
●引き渡しから20年間の地盤検査による品質保証書の発行
有限会社 西武設計の口コミ・評判
口コミ

早野充明
2021年新居購入しました。細かい質問にも親切丁寧に対応していただきました。
一生物の買い物…大切にしていきます。

引用元:https://www.google.com/

有限会社 西武設計の建築事例

景観に調和した外観の薪ストーブを楽しむ家

有限会社 西武設計の建築事例1
参照元: http://seibu-sekkei.com/
有限会社 西武設計の建築事例2
参照元: http://seibu-sekkei.com/

薪ストーブと畑で暮らしの幅が広がりました

有限会社 西武設計の建築事例3
参照元: http://seibu-sekkei.com/
有限会社 西武設計の建築事例4
参照元: http://seibu-sekkei.com/
西武設計の会社情報
会社名 有限会社 西武設計
ブランド名 西武設計
所在地 埼玉県飯能市柳町7-15
設立 平成12年
資本金 1400万円
従業員数 7人
HP http://seibu-sekkei.com/

 

飯能市でおすすめのハウスメーカー5選

1. 積水ハウス

積水ハウスは、地震に強いハイグレード住宅を提供しているハウスメーカーです。

「地震にブレーキをかける家」をコンセプトとして展開していることもあり、安全性を重視した家づくりを行っています。
耐震性能は非常に優優れており、地震動エネルギー吸収システム「シーカス」を導入することで、震度7クラスの大地震が起きても、家が倒壊することを防いでくれるでしょう。
実際、阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震でも、積水ハウスの住宅は、全壊・半壊ゼロとなっています。

住む人の幸せを追求してきた積水ハウスは、年間6万棟前後もの家を引き渡しており、業界No.1を誇ります。自由設計により施主のライフスタイルや好みに合わせた家づくりに長けているのも積水ハウスの強み。
一級建築士やアーキテクトなどの専任スタッフ
が全国に在籍しており、専門家ならではの提案をしてくれます。はじめて注文住宅を建てる方など家づくりの不安が多い方でも安心してお任せできますね。

●住宅引き渡し数業界No.1
●耐震性能に優れている
●耐候性・強度と質の高いデザインを兼ね備えたオリジナルの外壁を採用
積水ハウスの口コミ・評判
素晴らしい

評価: 5.0色々と検討したが、別格でした。

木造メーカーの家には寿命があり、維持するのが大変そうな印象でしたが、ここは、構造面、性能面、アフター面など全ての面において頭ひとつ抜けている。
今、ローカストメーカーや中堅メーカーで建築しているひとは後々維持するのに苦労しそう、、、
分野別に細かく比較する事がポイントだと思いました。
営業のひとも他社批判などは一切せず、人格も素晴らしかった。選んで良かったです。

引用元:https://minhyo.jp/

高給な外観と納得の装備

評価: 5.0私が積水ハウスを選んだ理由は、住宅展示場に足を運んだ時に一目惚れしたからです。
美しい外観と洗練された外溝工事が、高級住宅街を想像させ、私の心を鷲掴みにしました。
軽量鉄骨造か木造で最後まで悩みましたが、やはり木の家が日本の風土に一番合うと考え、シャーウッドを選びました。
耐震性のも魅力的ですが、私が一番気に入ったのは外壁です。
ベルバーンと言われる積水ハウス独自の外壁で、耐久性はもちろんメンテナンスにも非常に優れており、値段は少々高いのですが、お勧めしたいと思います。

引用元:https://minhyo.jp/

積水ハウスの建築事例

集い、安らぎ、そして音楽 夢を重ねた都心のリゾート

積水ハウスの建築事例1
参照元: https://www.sekisuihouse.co.jp/
積水ハウスの建築事例2
参照元: https://www.sekisuihouse.co.jp/

中庭から内に広がる美と光が共鳴し合うコートハウス

積水ハウスの建築事例3
参照元: https://www.sekisuihouse.co.jp/
積水ハウスの建築事例4
参照元: https://www.sekisuihouse.co.jp/
会社情報
会社名 積水ハウス株式会社
ブランド名 積水ハウス
創業 1960年8月1日
資本金 2,025億9120万円
従業員数 16,616名 (2020年4月1日現在)一級建築士 2,919名
HP http://www.sekisuihouse.co.jp/

 

2. 三井ホーム

三井ホームロゴ

三井ホームは、耐震性に優れた家をつくり続けているハウスメーカーです。

三井ホームの特徴は、独自の技術を活かした施工です。
鉄筋量を従来の2倍にした「超剛性ベタ基礎マットスラブ」、トラス構造にし変形に強い空間を実現する「トラスフロア」、接合部一か所で約4tまでの重量を追り上げることができる「接合プレート」など、耐震性・耐久性を高める技術が多数盛り込まれています。
さらに耐震実験を行うことで確実に強い家を提供しています。
実際に起きた地震よりもさらに過酷な条件で実験を実施しており、これまで起きたことのない巨大地震でも耐えられるか検証を行っているため、より安心感を得られるでしょう。

完全自由設計のほかに規格型住宅や準規格型住宅にも対応しているため、価格をおさえたい方も検討しやすいですね。
家族のライフスタイルに合わせたり、「吹き抜けのある家」「ロフトのある家」「テレワークができる家」などより細かい希望に合った提案をしてくれるため、より住み心地の良い家を建てることができます。

●実際に起きた地震よりも過酷な耐震実験を行うことで確実に地震に強い家を建てられる
●完全自由設計・規格型住宅・準規格型住宅に対応
●住む人の希望に合わせた提案が得意
三井ホームの口コミ・評判
三井ホームの良さ

評価: 5.0

三井ホームを選んだ理由は、北欧に代表されるような、木のぬくもりで温かみのある家に住みたいと思ったからです。普段住む家なのに、山奥の別荘に住んでいるかのような気分を味わうことができています。外観は正方形型に近く、茶色をベースとした家が多いように感じます。別荘に住んでいるかのような気分を味わうことができると述べましたが、決して都会の街中や住宅街に立地していても浮くことなく、周りの住宅と調和を保ちつつも、明らかに目を惹くかわいらしいデザインの家です。また、購入者に対するアフターサービス面でも、担当の方が変わるごとに丁寧な挨拶とともに粗品を持参してくる等、とても満足のいくサービスを受けさせていただいています。

引用元:https://minhyo.jp/

こだわりの素材が用いられるところ

評価: 5.0

これまで家に関しては散々悩まされて続け、ついに有名ハウスメーカーのこちらに頼むことにしました。良かった点ですが、まず対応力が格段に違います。たぶん、あちらにとっては普通の接客なのかもしれませんが、私自身はVIPのように扱われていると感じました。さらに決め手となったのが、住宅に用いられる材料や仕上げの数々、多少割高となるのですが、結果的に景観を損なわず長持ちしてくれるので、十分なコストパフォーマンスだと思ったことです。

引用元:https://minhyo.jp/

三井ホームの建築事例

白いアーチがきりとる優美な時間

三井ホームの建築事例1
参照元: https://www.mitsuihome.co.jp/
三井ホームの建築事例2
参照元: https://www.mitsuihome.co.jp/

街並みに調和しつつ、個性を主張する佇まい

三井ホームの建築事例3
参照元: https://www.mitsuihome.co.jp/
三井ホームの建築事例4
参照元: https://www.mitsuihome.co.jp/
会社情報
会社名 三井ホーム株式会社(Mitsui Home Co.,Ltd.)
ブランド名 三井ホーム
創業 1974年10月11日
資本金 139億70万円
従業員数 2,164名(2020年4月1日現在)
HP https://www.mitsuihome.co.jp/

 

3. ミサワホーム

misawahome-rogo

ミサワホームは、収納力抜群の「蔵のある家」が大人気のハウスメーカーです。

「蔵のある家」は、1階と2階の間に大収納空間を設けることで収納力を50%以上もアップさせた大人気の住宅シリーズです。
収納スペースが充実していることで居住空間を広々使うことができ、生活の質がアップすると高評価を得ています。

もちろんミサワホームの良さは収納力だけではありません。
デザイン性も高く評価されており、ドデザイン賞を26年連続で受賞という実績を誇ります。「蔵のある家」でもグッドデザイン賞を受賞しているため、収納とデザイン性にこだわりたい方におすすめです。
標準仕様で「次世代省エネ基準」をクリアしており、省エネ住宅を建てたい方も候補に入れやすいでしょう。

●収納力に優れた「蔵のある家」を提供
●グッドデザイン賞26年連続受賞とデザイン性にも優れる
●標準仕様で「次世代省エネ基準」をクリア
ミサワホームの口コミ・評判
超絶サイコー

評価: 5.0

2015年千葉県にて建設。
スマートスタイルA。

とにもかくにも営業マンが最高でした。
名前を載せたいほどですが当然控えます。

したがって同チームの設計、現場監督、各職人さんも全員ナイスでした。
あまりGOODなことばかり書くと内部者じゃないかと…
となってしまいそうですがそれほど称賛の文言しか浮かびません。

でもこの営業マンであったからこその結果であってその他のスタッフの方はどうか分かりませんので当然アタリハズレはありますよね。
それは建築業界に関わらず地球上全てに言えることですよね。
それほど我が家は奇跡的な出会いが出来ました。

引用元:https://minhyo.jp/

家を建てて

評価: 5.0

質問や要望にはすぐ対応してくれます。アフターサービスも24時間なので安心です。アフター対応も良いと思います。唯一、打ち合わせの時に勧められていた窓を断ったのは後悔してます。費用を下げようとして削減しましたが経験からの提案は良く聞いとくべきでした。5年近く住みましたが、良い家だと思います。

引用元:https://minhyo.jp/

ミサワホームの建築事例

南北の大開口から光が差し込む高天井のLDK広いウッドデッキを遊び場にした都市の家

ミサワホームの建築事例1
参照元:https://www.misawa.co.jp/
ミサワホームの建築事例2
参照元:https://www.misawa.co.jp/

ホテルのラウンジを思わせる美しいリビング高い天井の開放感あふれる平屋の暮らし

ミサワホームの建築事例3
参照元:https://www.misawa.co.jp/
ミサワホームの建築事例4
参照元:https://www.misawa.co.jp/
会社情報
会社名 ミサワホーム株式会社 MISAWA HOMES CO., LTD.
ブランド名 ミサワホーム
創業 平成15年8月1日
資本金 11,892,755,813円
従業員数 2,605名(2019年3月末)
HP https://www.misawa.co.jp/

 

4. 一条工務店


一条工務店は、性能に優れた家をつくっているハウスメーカーです。

元々、一条工務店は東海エリアで販売展開していた工務店です。東海エリアは地震に敏感な地区でもあり、一条工務店は免震構造に注力し、平成10年に独自の免震システムを発表しました。
これをきっかけに全国へいっきに展開し、今では注文住宅のシェア率は業界7位となっています。
特に、木造住宅販売戸数は1位という実績を持っているので、木の家を建てたい方にもおすすめできるハウスメーカーです。

加えて一条工務店の特徴となる「気密性」にも力を入れており、気密性・断熱性の高さから北海道では一条工務店の建築棟数が1位となっています。
これにより、快適に暮らせるだけでなく、冷暖房費を下げることが可能となります。

●自然災害に強い家を提供
●木造住宅販売戸数No.1の実績
●業界トップクラスの高気密・高断熱住宅
一条工務店の口コミ・評判

寒さを忘れる家

評価: 5.0夏場に展示場と使用者宅訪問で家の説明を受けたのですが、その時は「全館床暖房なので冬場とても暖かいです」と推されてもピンと来ませんでした。冬場にもう一度展示場を訪れたのですが、確かに暖かかったけど展示用に電気代ガンガン使って暖かくしているのだと疑っていました。しかし冬に差し掛かり床暖房のスイッチを入れた後に「言ってたことは本当だったのか!」と衝撃を受けました。外気温2℃でも薄い毛布1枚で眠れる部屋の暖かさ。それなのに電気代もわずかで、気密性・断熱性の凄さと床暖房のありがたさに驚いています。暖かすぎて外の気温がわからなくなるのがちょっと難点かもしれません。

引用元:https://minhyo.jp/

和風で地震に強い!

評価: 5.0一条工務店を選んだのは、和風の家がよかったことと、地震に強いという評判だったからです。実際に、何か所かモデルハウスを見に行きましたが、外が和風なだけでなく、内部も木のぬくもりや土壁(珪藻土)でやさしい感じが非常に好印象でした。そこでは地震に対する強さの説明を受けたのですが、まぁ一般的なことなのかなぁという感じであまり印象には残っていません。ただし、地震で簡単に壊れるのは怖いので、ネットでの評判をみて最終的に決めました。

引用元:https://minhyo.jp/

一条工務店の建築事例

ゆったりと趣味を楽しむ、安らぎの家。

一条工務店の建築事例1
参照元:https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店の建築事例2
参照元:https://www.ichijo.co.jp/

大きな吹き抜けでも暖かい、想像以上に快適な家。

一条工務店の建築事例3
参照元:https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店の建築事例4
参照元:https://www.ichijo.co.jp/
一条工務店の会社情報
会社名 株式会社一条工務店
ブランド名 一条工務店
本社住所 〒135-0042 東京都江東区木場5-10-10
創業 1978年9月
資本金 5億4,460万円
従業員数 約5,600名
HP https://www.ichijo.co.jp/

 

5. アイフルホーム

アイフルホームの坪単価のイメージ

アイフルホームは、地震と火災に強い家を提供しているハウスメーカーです。

耐震性能に優れたグランドスクラム構法を採用し、次世代制振システムのEVASを導入することで、変形量が一般住宅比で1/2まで低減。家自体が制振装置となっているため、余震など繰り返しの地震にも強いのが特徴です。
アイフルホームの家は、阪神淡路大震災の際も少しの損傷のみで全棟無事だったという記録があるほど、当時から耐震性能に優れた家を建築していました。現在は技術が発展し、さらなる制震性能の向上が期待できます。

また、要所に石膏ボードを設置し、火災が起きても火の回りを遅くする役割を果たします。外部からの火ももらいにくいことから、近隣で火災が起きてしまったときも火が回る前に避難する時間を稼ぐことができます。
建築基準法に定められる「省令準耐火構造」を採用し、火災のリスクが低いことから火災保険も割安で利用することができます。

●耐震性に優れ、繰り返し起こる地震にも強い
●火災に強く、火災保険も割安で利用できる
●フランチャイズシステムによりローコストで家を建てられる
アイフルホームの口コミ・評判
坪単価が安いと思います

評価: 4.0

アイフルホームを選んだ理由ですが、やはり坪単価の安さです。テレビCMもしていて、展示場も近所にあり、実際に目で確認できたのも決め手になりました。
住んでみて感じたのは、意外と断熱性に優れている事です。冬場は少しばかり冷え込む土地なので助かります。シンプルなデザインで正直あまり気に入ってなかったのですが、時間がたってくると意外にこの方が飽きがなく、むしろ良かったと思います。メーカーがそれを意識したのかもしれません。

引用元:https://minhyo.jp/

理想とするリビング

評価: 5.0

人生最高の買い物だからこそ理想とする家を作りたいと思っていました。アイフルホームは開放感のある家を強みにしていると思います。私はリビングをこだわったのですが、なかなか決められませんでした。しかし、営業の方が熱心に案を出してくれたおかげで、理想とするリビングになりました。他社と比べてアイフルホームさんは予算に合わせた家づくりをしてくれるので、予算内で理想とする家を作っていただき感謝しています。

引用元:https://minhyo.jp/

アイフルホームの建築事例

アジアンリゾートがテーマの今も将来も暮らしやすい平屋の家

アイフルホームの建築事例1
参照元:https://www.eyefulhome.jp/
アイフルホームの建築事例2
参照元:https://www.eyefulhome.jp/

狭小地を広々空間に家族の希望を叶えたパリのメゾンのような家

アイフルホームの建築事例3
参照元:https://www.eyefulhome.jp/
アイフルホームの建築事例4
参照元:https://www.eyefulhome.jp/
会社情報
会社名 株式会社LIXIL住宅研究所
ブランド名 アイフルホーム
創業 1985年
資本金 12億5,000万円
HP http://www.eyefulhome.jp/

 

飯能市のその他の工務店一覧

飯能市でおすすめのハウスメーカー・工務店をご紹介しました。あなたにピッタリの場所は見つかりましたか?
ここからは上記では紹介しきれなかったその他の工務店をご紹介していきます。上記でお好みの場所が発見できなかった方はこちらも参考にしてみてくださいね。

株式会社スギケン

株式会社スギケンのキャプチャ画像
会 社 名:株式会社スギケン
ブランド名:スギケン
本社住所 :埼玉県飯能市永田167-2
設   立:平成27年9月
資 本 金:500万円
従業員数 :2人
公式URL :https://www.1214sugisato.com/

株式会社三協建設

株式会社三協建設のキャプチャ画像
会 社 名:株式会社三協建設
ブランド名:三協建設
本社住所 :埼玉県飯能市落合521-1
設   立:昭和35年3月
資 本 金:1000万円
従業員数 :11人
公式URL :https://sankyo-group.com/

アドック株式会社

アドック株式会社のキャプチャ画像
会 社 名:アドック株式会社
ブランド名:アドック
本社住所 :埼玉県飯能市栄町16-1
設   立:1978年6月30日
資 本 金:1200万円
従業員数 :8人
公式URL :https://adoc-cp.co.jp/

株式会社オオツキ

株式会社オオツキのキャプチャ画像
会 社 名:株式会社オオツキ
ブランド名:オオツキ
本社住所 :埼玉県飯能市川寺110-4番地
設   立:1972年8月1日
資 本 金:1000万円
従業員数 :8人
公式URL :https://i-ohtsuki.jp/

有限会社 コウ設計工房

有限会社 コウ設計工房のキャプチャ画像
会 社 名:有限会社 コウ設計工房
ブランド名:コウ設計工房
本社住所 :埼玉県飯能市美杉台2-20-3-100
設   立:平成10年4月1日
資 本 金:800万円
従業員数 :4人
公式URL :https://www.koupw.jp/

飯能市には数多くの工務店が存在します。会社によって建てられる家はさまざまです。
気になった方は会社の公式ホームページをチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は埼玉県飯能市でおすすめのハウスメーカーと工務店を紹介しました。

暮らしに農業を取り入れる「半農ライフ」に適した飯能市。強固な地盤で震災リスクが低く、商業施設もたくさんあるので暮らしやすい街です。

そんな飯能市にはたくさんの注文住宅会社があり、それぞれ特徴も異なっているので、まずは複数のハウスメーカー・工務店を比較検討すると良いでしょう。

当サイトが、あなたの理想のマイホームを建ててくれる会社を見つける手助けになれば幸いです。

「せっかくのマイホームだから絶対に失敗したくない!」という方のために、ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイントを下記にまとめているので、是非参考にしてみてくださいね。

 


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅検討画像

まずは複数業者の見積もりを取ろう

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。

多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括資料請求サイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

どの一括資料請求サイトを利用すべき?

一括資料請求サイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。

それぞれのサイトについて、一覧形式でまとめてみました。

↓↓横スクロールできます↓↓
イメージHOMESのロゴタウンライフのロゴ持ち家計画のロゴハウジングバザールのロゴホームズのロゴ
サイト名LIFULL HOME'Sタウンライフ持ち家計画ハウジングバザールSUUMO
特徴圧倒的なハウスメーカー掲載数!ハウスメーカーの一括カタログ収集はここ!あなたに合った間取りを各ハウスメーカーから一括提案【業界唯一】相談・来場予約も一括でできる工務店のみを掲載している掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる
掲載会社数600社以上600社以上不明300社(工務店)500社以上
掲載会社の質
厳選ラインナップ

厳選ラインナップ
一括カタログ請求
簡単に無料一括請求可能
一括見積もり請求×
工務店のみ
×
間取り作成××
工務店のみ
×
土地探し×××
申込み特典
はじめての家づくりノート(小冊子)プレゼント

成功する家づくり7つの法則(小冊子)プレゼント

相談・見学の申込で2,000円プレゼント

新築ご成約時にお祝い金プレゼント
×

結論から言えば、注文住宅初心者の場合は「LIFULL HOME’S」か「タウンライフ」がおすすめです。LIFULL HOME’Sかタウンライフを利用しておけば「ハズレ業者」を引くリスクは軽減されるでしょう。

注文住宅の検討し始めで、理想のマイホームのイメージを固めるために一括でカタログを取り寄せたい方は「LIFULL HOME’S」を
すでに検討が進んでおり、「家の間取り」などを細かく決めていきたいという方は「タウンライフ」を選ぶと良いです。

情報が多いに越したことはないので、両方ともやっておくことをオススメします。

 

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)がおすすめな理由

LIFULL HOME’Sがおすすめな理由を紹介します。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)とは?

まずLIFULL HOME’Sとはどのようなサービスなのか説明します。

 一部上場企業「株式会社LIFULL」が運営している安心感

 たった数分で、複数のハウスメーカーの一括カタログ請求依頼ができる(無料)

 掲載のハウスメーカーはLIFULLが厳選した優良住宅メーカー

LIFULL HOME’Sは注文住宅のカタログを一括で無料お取り寄せできる、資料一括請求サービスです。

注文住宅の検討を始めたばかりの方はこちらのカタログ一括請求サービスを利用すると良いです。

注文住宅の最初の一歩目は「どんな家を建てたいか、イメージを具体化すること」です。

LIFULL HOME’Sなら、あなたが検討している地域に対応しているハウスメーカーのカタログを一括請求できるので、そのカタログを見て、どんな家を建てたいかイメージを固めましょう。

>>LIFULL HOME’Sの公式サイトを見る

LIFULL HOME’Sのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもLIFULL HOME’Sを使った方が良い理由を説明します。

① 全国のハウスメーカーのカタログ資料を無料で簡単に手に入れられる

LIFULL HOME’Sでは、あなたのご希望の地域を選択し、気になるハウスメーカーをチェックして、必要情報を入力するだけで、簡単に複数のハウスメーカーのカタログを取り寄せできてしまいます。

もちろん、全て無料で利用可能です。

もしLIFULL HOME’Sのようなカタログ一括請求サービスを利用しない場合は、1社1社全て自分で電話などをおこない、都度自分の情報を伝えて、ヒアリング&営業トークを聞き、とても疲弊してしまうことでしょう。

1社1社連絡を取るのが面倒になり、最終的に「もうこの会社でいいや」と、妥協してしまうかもしれません。

そんなことにならないように、楽できるところはしっかり楽しましょう。

② 日本最大級の不動産サイトを運営している「株式会社LIFULL」が運営

LIFULL HOME’Sは東証一部の大手不動産サイトを運営している「株式会社LIFULL」がおこなっているサービスです。

一括資料請求サイトは自分の情報を入力する必要がありますが、大手の「株式会社LIFULL」が情報を管理してくれるなら安心ですね。

③ 今なら「家づくりノート」がもらえる!!

LIFULL HOME’Sでカタログ請求をすると、今なら「家づくりノート」がもらえます

これはLIFULL HOME’Sが、家づくりのためのお金や土地・スケジュール・見学会など、知っておきたいことを一冊にまとめてくれた、注文住宅検討者にはとても有難い小冊子です!

夢のマイホームで失敗しないためにも、ぜひ下記から資料請求してGETしてみてください!

 

タウンライフがおすすめな理由

タウンライフがおすすめな理由を紹介します。

タウンライフとは?

まずタウンライフとはどのようなサービスなのか説明します。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

タウンライフは注文住宅会社を比較するためのツールだと思ってください。希望のエリアを入れて計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた「間取りプラン」「見積もり」「土地探し」を作成してくれます。この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社と話を進めることができます。

ある程度依頼するハウスメーカーを決めている方でも、他社の見積もりと比較して、料金交渉などもおこないやすくなるので、基本的にはどなたでもまずは一括資料請求サイトを利用した方が良いでしょう。

>>タウンライフの公式サイトを見る

タウンライフのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもタウンライフを使った方が良い理由を説明します。

① 注文住宅部門で3冠達成!

タウンライフの3冠

タウンライフは第三者機関の調査で、「利用満足度」「知人に勧めたいサイト」「使いやすさ」の部門において3冠を達成しています。

使いやすさと、一括請求で得られる資料の内容をトータル的に考えると、タウンライフが一番人気なのも納得です。

② 厳格な基準をクリアした600社の優良注文住宅会社を掲載

例えば、他の一括資料請求サービスだと複数の注文住宅会社を掲載しており、その中から自分で選んでカタログや見積もりを貰うことができるシステムですが、この注文住宅会社の中には、あまり良くないハウスメーカーや工務店が混ざっていることもあります。タウンライフの場合は、独自の厳格な基準にクリアした優良注文住宅会社しか掲載できないため、良くない会社を引いてしまう可能性が低いです。

まずはタウンライフを利用して、良い業者が見つからなかった場合は他の一括資料請求サイトを利用するという使い方が一番安全でしょう。

③ カタログでは得られないあなたの好みに合わせた間取り提案書を作成してくれる

注文住宅の資料請求サイトだと、カタログしかもらえないケースが多いです。カタログだけ見てもなかなか理想のマイホームを想像するのは難しいですし、実際に建てようと思った時に、オプション費用などで想定より高額なってしまい、結局一から考え直さなければいけなくなってしまうケースもあり得るでしょう。

タウンライフはしっかりとあなたの希望に合わせた間取り提案書と見積書を用意してくれるので、より具体的に想像することができるでしょう。なお、あなたの希望にそったオリジナル間取りプランまで用意してくれるサイトは日本でライフタウンのみとなっています。

④ 土地探しをおこなってくれる

土地探しは注文住宅を建てる上で、人によっては一番めんどうに感じるかもしれません。とくに業者に頼まず自分で土地を探す場合は、購入した区域によっては建築規制があり、自分の思い描いていた家を建てられなくなってしまったというケースもあり得るでしょう。

また、一つのハウスメーカーに土地探しを依頼したけど、あまり良い土地が無いというケースもあります。土地の取り扱いはハウスメーカーによって異なるので、土地探しで失敗しないコツは複数業者から土地提案を貰い、理想の間取りと自分が実際に生活することをイメージして、最適な場所を選ぶ必要があります。

タウンライフなら、間取り設計と見積もりだけではなく、専門家ならではの土地提案までもらえるので、「より失敗しない家づくり」をおこなえるでしょう。

 

他にも、毎月先着で99名様に「成功する家づくり7つの法則」という49ページの小冊子をプレゼントしているなど、メリットが多いです。注文住宅の資料請求サイトの中なら個人的にはタウンライフ一択ですね。

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

 

カタログを見てもよくわからない方はこちら

家づくりの情報収集や条件を自分で調べるのはとても大変です。複数社からカタログを貰ってどんな家を建てたいか、なんとなくイメージついても、まだ「土地探し」「予算決め」「住宅ローン」「間取り」「周辺環境」など、たくさんのことを調べなければいけません

また、どの会社のカタログにも自社の強みが載っているので、結局自分に合ったハウスメーカーはどこなのかわからなかったという方も少なくないでしょう。

そんな方は、NTTデータグループが運営している「HOME4U家づくりのとびら」を利用すると良いです。

HOME4U家づくりのとびらについて、下記を参考にしてください。

 

HOME4U家づくりのとびら

家づくりの扉のキャプチャ画像

「HOME4U家づくりのとびら」は、注文住宅に関する疑問をおうちにいながら専門アドバイザーに直接相談できる、家づくりのオンライン相談サービスです。

すべてのサービスを無料で利用でき、専属のアドバイザーが中立的な立場でおうちのお悩みについて相談にのってくれます。

「無料で相談というと何かサービスを売り込まれるのでは?」と考える方もいらっしゃると思いますが、HOME4U家づくりのとびらは営業を一切行いません。こちらから希望した時のみ紹介してくれます。

わざわざ展示場や相談窓口に行かずに相談できるので、外出がしにくいこのご時世でも安心です。

>>家づくりのとびらの公式サイトはこちら

 注文住宅の予算のたて方がわからない

 家づくりの流れを詳しく知りたい

 自分に合ったハウスメーカーがわからない

 土地価格や周辺環境について知りたい

「HOME4U家づくりのとびら」のユーザーの声
口コミ

Bさん/千葉県/3人家族
1社1社ハウスメーカーや建築会社を訪問していて、毎回、何度も同じ要望や話をしなければならく大変でした。結局、何が自分たちちに合っているのか分からなくなり、一度諦める事に…
そんな時、広告で見かけた、家づくりのとびらを利用したら、アドバイザーの方が要望を的確にヒアリングしてくれ、希望に沿うハウスメーカーを数社に絞り込む事ができました。
また、条件や要望をあらかじめハウスメーカーに伝えてもらえるので、最初から本題に入ることができ、スムーズに話を進められて、感謝しています。


Tさん/北海道/2人家族
コロナ禍で外出がしにくい今、リビングからテレビ電話で安全・安心にプロに相談できました。しかも、オンライン参加できるモデルハウスの見学会の情報を、アドバイザーさんが教えてくれました。この状況下で具体的に進めるのは難しいと思っていましたが、話が進められそうです。

↓さらに詳しく知りたい方はこちら↓

HOME4U家づくりのとびらの公式サイトを見る

 


坪単価についての基本情報

坪単価計算画像

当ページでは、主に各メーカーの坪単価について紹介していますが、そもそも坪単価について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、坪単価のことを詳しく紹介していきます。

坪単価とは

家を建てる際に「坪単価」という言葉をよく目にすると思います。この坪単価とはいったい何のことなのでしょうか。

坪単価とは、建物の本体価格から建てた家の総床面積で割って出した金額のことを言います。

例えば、40坪の家を2,000万円で建てた場合2,000万円×40坪=50万円/坪と計算し、坪単価は50万円となります。

坪単価の平均相場について

国土交通省の令和2年の統計データを参考にすると、全国の平均坪単価は約70万円となります。

しかし坪単価は土地や家の構造、依頼するハウスメーカーによって変わってくるので一概に平均で見るべきではありません。

例えば、東京の平均坪単価は81万5,800円程度ですが、一方北海道の平均坪単価は約60万円となっています。

また構造別の平均坪単価は以下のようになっています。

家の構造 平均坪単価
木造 56万8,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造 92万3,000円
鉄筋コンクリート造 91万5,000円
鉄骨造 76万1,000円

一般的に木造に比べて鉄筋コンクリートを使用した家のほうが、坪単価は高くなります。また当然ですが、物価が高い地域ほど坪単価は高くなります。

同じハウスメーカーで同じグレードの家を建てることを考えても、坪単価は大きく変わってくる場合もあります。50坪の広さと30坪の広さに同じメーカーの同じグレードの家を建てるとしても総額はもちろんのことですが、坪単価も変化することがほとんどです。

キッチンやバスルーム、トイレなどの設備は高額で、広い家でも狭い家でもどちらも同じ数を設置する必要があります。これらのような設備は高額であるため、建築費用の総額では広い家の方が料金は高くなりますが、坪単価で見ると狭い家の方が高くなります

坪単価だけでは検討できない部分が多いため、自分が住みたい地域で一括見積りなどをおこない、建築費用の相場を確認すると良いでしょう。注文住宅会社の一括見積もりサイトを見たい方は下記のページにまとめているので、あなたにあった見積もりサイトを選んでください。

坪単価を見る際の注意点

坪単価は家の本体価格から家の面積を割った1坪あたりの費用と表現されますが、この家の面積については定義があいまいとなっています。

例えばベランダや車庫、地下室などは建築基準法で延床面積に含まれませんが、計算の際にはこの部分の面積を入れて計算する業者と、入れずに計算する業者が存在します。

全く同じ家を建てたとしても坪単価として計算する面積の定義によっては、坪単価は大きく異なることになります。

ベランダなども全て含めた面積は「施工面積」と呼ばれ、通常はこの総合施工床面積で坪単価を計算することが多いです。ハウスメーカーに依頼する際は、「施工面積」と「延床面積」どちらで坪単価計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また、本体価格の他にも付帯工事や諸経費などが発生してくるので、トータル金額を確認すると良いでしょう。

坪単価以外に考えなければならない費用

実際に注文住宅を建てる際は、本体価格の他にどんな費用が発生してくるのか、細かく確認します。

金額としては、全て合わせると本体価格の2~3割増しで考えると良いです。

付帯工事費(全体費用の1割~2割程度)

①基礎補強工事関連費用

地盤が弱い場合に、地盤を補強する工事です。地盤調査を行い、固い地盤まで深堀して杭をうつ作業や、セメントなどで地表面を固める作業をおこないます。

②インテリア関連費用

インテリアを揃える費用です。家具は前の家から持ってくることもできますが、例えばカーテンは新しい家の窓に合わせて新調する必要があります。また新居に合うような家具に買い替えるケースも多いです。その他、エアコンや照明器具の費用なども含まれます。

③エクステリア関連費用

庭や外の塀、玄関の門、ガレージなどを作るための費用です。

諸経費(全体費用の1割程度)

①登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に登記の申請をおこなう必要があります。この登記をおこなう際にかかる税金のことです。固定資産税評価額の0.1%程度と考えておくと良いでしょう。

②不動産取得税

不動産を取得したときに発生する税金です。固定資産税評価額を基に計算されます。

③火災・地震保険費用

火災と地震の際の保険です。ほとんどの方が加入しています。

 

その他地鎮祭や上棟式をおこなう場合は「式祭典費用」、各種契約書の「印紙代」、住宅ローンの手続き費用などが発生します。

坪単価を安く抑える方法

坪単価を安く抑える方法をいくつか紹介します。

門扉やフェンスを作らない

エクステリア費用として占める割合が多いのが門扉とフェンスです。家を建てる際、最初はほとんどの人が作りたいと思うでしょうが、実際に住んでみると、設置の必要はないと感じる方も少なくないでしょう。

1階と2階の面積を同じにする

1階と2階の面積を同じにすることで、基礎や柱などが最小限で済むため、コストを抑えることができます。

屋根をシンプルにする

せっかくの注文住宅なので、家の外観にはしっかりこだわりたいですよね。ただ、坪単価を抑えるためには、我慢をしなければいけない部分がでてきます。

屋根の形には「片流れ」「切妻」「寄棟」などがありますが、シンプルなデザインにすることでコストカットをおこなえます。

外壁の形をシンプルにする

外壁もシンプルな四角より、凹凸があった方がカッコよく感じるかもしれませんが、凹凸を作ると外壁量が多くなってしまいます。

外壁も屋根と同様にシンプルなデザインにすることでコストカットに繋がります。

 

他にも建築費用を抑える細かいテクニックはあるので、必要に応じて調べてみると良いでしょう。ただし、建築費用を左右するのは細かいテクニックより、依頼する注文住宅会社選びでしょう。こだわりを我慢して費用を節約した結果、理想の家とは程遠くなってしまっては意味がありません。

まずは、あなたの理想の家を、理想の価格で建てることができる会社選びをしっかりおこなうことが最重要と言えます。

注文住宅会社選びは一般的に一括見積りサイトを利用して、厳選していくことになりますが、どこの一括見積りサイトを使えば良いかがわからない方も多いでしょう。

以下のページで一括見積りサイトの比較をおこなっています。あなたの検討状況に合わせて、使用する一括見積りサイトを決めてください。

注文住宅一括見積もりサイト比較はこちら