【2021年7月更新】ブルースホームの坪単価はいくら?実際に建てた方の口コミや評判も掲載!

こちらのページではブルースホームの坪単価に関する情報を掲載しています。

この記事でわかること
※クリックすれば、各情報まで飛べます。

ブルースホーム概要

ブルースホームは高いデザイン性と安全性を兼ね備えた輸入住宅を扱うハウスメーカーです。家族とのプライベートを大切にしており、開放感がありコミュニケーションが円滑に行える空間づくりに定評があります。自由度も高いため、こだわりと家族みんなの居心地の良さ、この両方を叶えてくれると言えるでしょう。永く快適に暮らせる確かな性能と愛着のもてる飽きのこないデザインの家を提案してくれます。

ブルースホームの坪単価

ブルームホームの坪単価は50~75万程度とされています。

商品によって価格は前後しますが、日本で家を建てる平均的な坪数といわれる約43坪を、仮に坪単価75万円で家を建てると、だいたい3,200万円の費用になります。この費用にオプションや住宅ローン等が加わると、約3,500万円の費用が必要になると考えておいた方がよいでしょう。

大手ハウスメーカーほど坪単価が高いわけではありませんが、ローコストメーカーほど低価格ではないちょうど中間の価格帯となっています。高いデザイン性と安全性を兼ね備え、最高レベルの温熱環境で季節を問わず快適に暮らせる注文住宅を展開しているため、こだわりを叶えたい方に特におすすめです。

【輸入住宅の性能と価格について】

ブルースホームは輸入住宅とリノベーションを売りにしているハウスメーカーです。輸入住宅とは海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し国内に建築する住宅のことを指します。輸入住宅の多くは床や壁などの面で建物を支えるのが大きな特徴のひとつで、高気密化・高断熱化が可能になります。また、大きな地震が発生するカナダやアメリカ北西部で長い間人々に信頼されている2×4・2×6工法で建てられるため、地震や台風にも強い構造になっています。耐火性、耐久性にも優れており、長く安心して暮らせる住宅と言えるでしょう。

また、デザイン性に優れていることも特徴として挙げられます。外観やインテリアの高級感にこだわりたいが価格が気になるという場合、海外でデザインされた部材や海外の素材を輸入して国内住宅メーカー等の住宅に取り入れるより、輸入住宅の方が割安になることも多いため人気があります。

輸入住宅は、地域にもよりますが、都内で40坪2200~3500円程度、大阪では35坪で2000円~3300万円となっています。都市圏から離れた地域でも40坪1800~3000万円が主な価格となります。とはいえ、建築様式によって相場は変わってきます。欧米様式であれば2000万前半で建てられますが、外壁をすべてレンガにすると2000万後半~4000万円程度にかかることが多いです。また、太い天然木を使う場合は最低3000万円ということもあります。

坪単価ももちろんですが、自身のこだわりによって価格の大幅な変動が考えられるため、まずは実際に相談をしてみると安心できるでしょう。

建築事例から見るブルースホームの実際の坪単価

ブルースホームの実際の建築事例から坪単価を算出します。以下がブルースホームの建築事例です。

間取り 延床面積 本体価格 坪単価
2階建て(4LDK) 47.5坪(157.33m2) 2,700万円~2,799万円 56.8万円~58.9万円
2階建て+小屋裏(4LDK) 42.4坪(140.44m2) 3,000万円~3,499万円 70.7万円~82.4万円
2階建て(2LDK) 31.5坪(104.33m2) 2,000万円~2,499万円 63.4万円~79.2万円
2階建て(4LDK) 51.2坪(169.31m2) 3,850万円 75.2万円
2階建て(4LDK) 37.8坪(124.96m2) 2,500万円~2,999万円 66.2万円~79.4万円
2階建て(3LDK) 40.4坪(133.79m2) 2,700万円 66.8万円
平屋(3LDK) 24.0坪(79.49m2) 1,500万円~1,999万円 62.4万円~83.2万円
2階建て 32.6坪(108.06m2) 2,000万円~2,499万円 61.2万円~76.5万円
2階建て 42.5坪(140.77m2) 3,000万円~3,499万円 70.5万円~82.2万円

過去の建築事例を見てみると、ブルースホームの坪単価はおおよそ56.8万円~83.2万円程度となっています。平均坪単価は70.9万円です。

坪数ごとの建築費用の目安

ブルースホームで家を建てる場合の坪数ごとの建築費用を、上記で算出した坪単価を使って計算しました。あなたの建てたい家の広さと照らし合わせて、実際にかかる建築費用を検討してみてください

・25坪の家の建築費は1420万円~2080万円
・30坪の家の建築費は1704万円~2496万円
・35坪の家の建築費は1988万円~2912万円
・40坪の家の建築費は2272万円~3328万円
・45坪の家の建築費は2556万円~3744万円
・50坪の家の建築費は2840万円~4160万円

この金額にオプション費用として300万円~400万円程度をプラスで見積もった額が実際の建築費用となることが多いです。

大手ハウスメーカーとの坪単価比較

ブルースホームの坪単価を大手ハウスメーカーと比べてみます。

ハウスメーカー 坪単価
ブルースホーム 56.8万円~83.2万円
積水ハウス 50万円~80万円
住友林業 70万円~90万円
一条工務店 45万円~80万円
セキスイハイム 60万円~80万円
三井ホーム 55万円~90万円
タマホーム 35万円~50万円

大手の有名なハウスメーカーの坪単価は、一般的に平均70万円以上といわれています。ブルースホームは坪単価平均70.9万円なので、大手ハウスメーカーと同価格帯と言えます。注文住宅会社で迷っているという方は一度ブルースホームを検討してみるとよいでしょう。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

>>>ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント を見る<<<

 

商品毎の坪単価

ブルースホームの人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

Gatheringの坪単価

Gatheringのイメージ
https://brucehomebuilders.com/

開放感あふれる吹き抜け構造と窓から溢れんばかりに入ってくる光により、広々と心地よく明るい空間に。柔らかな曲線を描くパノラマ型のリビングが上品なアクセントになります。家族みんなが集うリビングに置かれた階段でコミュニケーションも円滑に。収納スペースが少ないという悩みがあげられがちですが、ロフトなら広々としたリビングのまま収納場所の確保も叶えられます。

Makeupの坪単価

makeupのイメージ
https://brucehomebuilders.com/

その日1日の自分を作り出す場所でもある洗面室の居心地を重視する人も多いのではないでしょうか。Makeupなら洗面室にとことんこだわりたいという希望を叶えて、理想の空間を作ることができます。タイル張りのカウンターが洗面室のアクセントとなり、モザイクタイルの色や形やサイズにより印象をガラリと変えることが可能に。高級ホテルを思わせるようなエレガントさは、1日のはじまりとおわりを華やかに演出してくれます。

Utilityの坪単価

Utilityのイメージ
https://brucehomebuilders.com/

居心地の良さは実用性もあってこそ。Utilityはワークスペースや充実した収納スペースが生活と心にゆとりをもたらしてくれます。リビングでみんなの様子を感じながら趣味の時間を楽しんだり、子供の勉強する姿を見守ることができたりと家族の温かさも感じられます。シューズインクローゼットや玄関クローゼットなど用途に合わせた広い収納スペースも特徴のひとつ。あったらいいなという希望を満たし、自分も家族も居心地よく過ごせる空間を作り出します。

Hobbyの坪単価

Hobbyのイメージ
https://brucehomebuilders.com/

自分の家を持つからには、趣味を存分に楽しむスペースもしっかりつくる。注文住宅だからこそ出来る楽しみのひとつです。Hobbyの特徴は防音に優れた空間での楽器演奏や音楽、映画鑑賞。大切な車やバイクを部屋の中からいつでも眺めることができ、収納やお手入れもできるビルドインガレージ。薪ストーブや囲炉裏、バーカウンター、ほかにもあらゆる趣味嗜好に合わせた空間づくりをすることができます

Outsideの坪単価

Outsideのイメージ
https://brucehomebuilders.com/

Outsideの特徴は輸入住宅とガーデニングにあります。時が経つにつれて、家と庭が調和しているように見えてくるのが楽しみのひとつです。アメリカ映画から飛び出たような玄関先のカヴァードポーチ。カフェのようなオープンテラス。自然に囲まれ日常的に触れることができる空間は、家族間のコミュニケーションの場にもなり癒しの時間を演出してくれます。

ブルースホームの特徴

高いデザイン性

マイホームの夢を余すことなく思い描くためにも、デザイナーと様々なイメージを共有して作り上げることができます。ブルースホームには、高い性能、美しいデザイン、本物だけが持つ質感が標準仕様で用意されています。欧米で磨かれた伝統的なデザイン、モデルチェンジのない外装材など、普遍的な美しさを追及しているため、何年経っても魅力あふれる暮らしを続けることも可能です。企画型住宅も用意されているため、安心して選ぶことができます。

確かな性能

高い安全性能、検証・実証された確かな工法、最高レベルの温熱環境を携えていることも大きな特徴のひとつです。家族を守る高い耐火性と耐震性は住居に欠かせない条件です。また、高気密・高断熱という性能のおかげで天井が吹き抜けで解放された空間になっており、広々と自由に動き回ることを可能にします。これから先の人生を共に歩んでいく住居だからこそ性能面は妥協できないポイントです。

快適な居住空間

ブルースホームが特に大切にしているのが家族の笑顔が絶えない居住空間の演出です。プライベートな家族との時間を重要視しているため、キッチンやリビング、ダイニングルーム、テラス、ファミリールームがオープンで開放的になっています。開放的な空間には自然と家族が集いやすく、会話が生まれコミュニケーションが図りやすくなります。家族にとって居心地の良い空間を、そのまま2世代3世代に渡って住み継がれていくことを目的としています。

ブルースホームの家の性能

ブルースホームの家の性能についてはどうでしょうか。

高断熱、高気密性能について

天井と壁の断熱材には、高性能のグラスウールを採用し、最上階の天井は200ミリ、壁には140ミリを充填して断熱機能を高めています。裸のグラスウールは密度が高く、自律性があり、弾力性の強い物のみを吟味して使います。

床下の『押出法ポリスチレンフォーム』は熱を遮り結露を防止する役割を果たします。吸水性、吸湿性もほとんどなく、床下からの湿気を寄せ付けません。『フロン』を使用していないため、人にも環境にもやさしい製品です。

窓には樹脂枠の冊子を採用。結露を防ぎ、カビの発生を抑制します。さらにトリプルガラス仕様となっており、非常に高い断熱・遮熱性能を発揮。省エネ建材等級の最高等級4つ星の基準を楽々とクリアしています。紫外線93%カットで西側の部屋でも快適に過ごすことが可能です。

耐火性、耐震性について

地震や台風の多い日本の自然環境に対応できる強い構造に加えて、ワンランク上の基礎を標準で施工します。厳しい自然条件のもとで信頼された2×4・2×6工法や力学的に合理的で最もバランスのいいと言われる『六面体構造』を採用していることも安心できる要因のひとつです。

火の通り道となる要所にファイヤーストップ材を組み込み、延焼を食い止めます。ブルースホームは住宅金融公庫の「省令準耐火構造」にも適合しているため、火災保険も一般木造住宅より安くなっています

天然素材について

ナノサイズの珪藻土の塗り壁材が空間を清く美しく健やかにしてくれます。インテリア用塗料には揮発性有機溶剤を一切含まないノンVOCの水性塗料や赤ちゃんが口にしても安全な自植物由来の塗料など、環境にやさしく人に安全な塗料を用いることが可能です。フローリングには無垢材を商品イメージに合わせたセレクトをすることができます。「24時間換気システム」により家じゅうを常に健康的で快適な空気環境に保ちます。室内の空気環境を一定に保てるため、カビの発生を抑止し、冷暖房のエネルギーロスも少なくなり省エネルギーにもなります。

ブルースホームを選ぶメリット

おしゃれな輸入住宅で自由に理想の家づくりを

自由度とデザイン性が高いため、外国の居住に憧れを抱いており、こだわりも強く自分の理想の家を追い求めたい人におすすめです。ブルースホームは注文住宅であることを大切にしているため、ひとつひとつのこだわりを形にすることが可能と言えます。最後まで家づくりに積極的に関わりたい方は必見です。部屋ごとに様々なスタイルの用意がありますので、まずはカタログをご覧になるのも良いのではないでしょうか。

地震や災害に強い家に住みたい人に

ブルースホームは家族で過ごす居心地の良い家づくりを信条としています。そしてその居心地の良さには安心安全が伴うものと考え、高い性能に自信があるようです。海外ならではの工夫を用いることで耐火性、耐震性、高気密、高断熱に優れた空間を可能にしています。大切な家族を地震や火事などの災害から守り、暑さや寒さに悩まされることなく快適に過ごせる空間は家づくりにおいて欠かせないポイントのひとつと言えるでしょう。

ブルースホームのデメリット

対応地域が限られている

ブルースホームは千葉県、神奈川県、埼玉県、新潟県、長野県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の地域に店舗があります。全国展開しているハウスメーカーと比べると対応地域が限られており、モデルハウスは千葉、柏、横浜のみとなっています。モデルハウスを見てイメージが膨らむということもあるため、3か所のみというのは痛手かもしれません。気になっても対応外だからと諦めなくてはならないとうのはデメリットと言えるでしょう。

アフターサービスが充実していない

ブルースホームのアフターサービスは引き渡し後、3か月・1年・2年の3回にわたる定期メンテナンスが挙げられます。しかしこれは他社と比べると期間が短いと言えます。他社の場合短くても10年間の初期保証がついていることが多いです。作って終わりではなく、長年付き合っていく居住であるためアフターサービスを重視している方にとってはデメリットであると言えます。

会社情報

会社名 JKホーム株式会社
ブランド名 ブルームホーム
本社住所 千葉県千葉市稲毛区長沼町330番18
創業 2013年10月11日
資本金 3000万円
従業員数 23人
HP https://brucehomebuilders.com/

この会社の対応エリア

関東地方(千葉県、神奈川県、埼玉県)
中部地方(新潟県、長野県、静岡県、愛知県)
近畿地方(大阪府、兵庫県、奈良県)
九州地方(福岡県)

ブルースホームの評判・口コミ

ブルースホームの評判・口コミを以下の参考サイトで集めてみました。

口コミ参考サイト:https://www.e-mansion.co.jp/

良い評判・口コミ

築5年が過ぎたブルースホーム2×6で建てた在住者です。
内装、外装共におおむね満足しております。
来客者は全員「素敵な家!」「こんな家に住みたい」「いい匂い」と言っているので
自身は匂いなどもう感じませんし、見慣れているので「素敵!」だと思って住んではいませんが
たぶん友人たちの言葉が率直な感想だと思います。

不満点としてはやはり、ミスはありました。
施工不良は感じることはありませんでした。
高気密というのも嘘は無いように感じます。
他の家より光熱費は明らかに安いです。
たぶんエアコンだけでも冬場月8,000円以上は違います。
分譲地に建てたのでご近所さんとほぼ面積や建坪は同じですが、光熱費と家の暖かさが違うのには本当に驚きました。
というのも我が家は千葉ですが、11月~3月はずーっとエアコンはつけっぱなしの生活をしているというのもあるかと思います。
もちろん家に1台のエアコンですべて賄えるまではありません。
リビングはオープンキッチン含めて33畳くらいですがエアコンのリモコンでは1日つけっぱなしで11月の1日エアコン電気代100円未満です。(20度設定)
パイン無垢なので暖かく感じるのも理由かと。

見た目は注文住宅なので理想通りにできました。
もちろん予算があるので妥協点もたくさんありました。
それは自分でのちのちDIYしたりもしています。
そして10年超えたら不満点をリフォームする計画も立てています。
子どもの成長につれて必要なものも変わってくるし、知識もついて考えも変化するので。

この会社に決めたのは営業さんとの相性でした。
他の建築会社も20社くらいは営業さんと話しました。
雰囲気と、施主支給がすべてOKだったことが決め手でした。
ライトや家具もすべて施主支給で、家具ははめ込みでお願いしたので、ピッタリ建てつけのようです。

不良な点はきちんと電話とメールで連絡が取れますし、特にストレスになる程ではないし
担当者さんは毎年年末にカレンダーをもって必ず挨拶しに来てくれます。
その時に、相談するとサンプル品頂けたり相談乗ってくれたりするので助かっています。

色々なスレッドを読んだり、経験から思うのは結局「営業マンさんとの相性」じゃないかと。
きちんと伝えて、親身になって考えてくれるか。
そこが大事だと思います。
あと予算もきちんと相談に乗りながら、超えないようにどうしたらいいかをきちんと一緒に考えてくれる
担当さんに出会えればいい家づくりが出来ると思います。

家を建てる前に私もここのスレッドを毎日閲覧しに来ていました。
数年たって、ふと通りかかったので住んでみての感想を含めた書き込みをしました。

自分が満足できる家を建てるには営業マンとの相性がとても需要です。営業マンをきちんと見極める目も大切にしましょう。

ブルースジャパン本体で契約し、購入しました。内装、外装共に気に入ってます。
建てる時はそこそこ色々ありましたが、こちらもピリピリしてたのもあり、後で思えばよくやってくれたと思っています。
センスは…建築士の方によると思います。私ははじめ、出された外観が気に入らず、何とか良くならないか、と言ったところ、建築士の方と営業さん、私の三人でかなり長い時間相談して変更してもらいました。
ちゃんと話を聞いてくれましたし、一級建築士でなんかのコンテストで全国2位か3位になったことのある方でとても頼りになりました。

千葉在住ですが、3.11の後、家が心配だったので電話して見てもらいたいと言ったら、すぐ当時の現場責任者の方が見にきてくれて家の壁全てと基礎に潜って異常がないかチェックしてくれました。
もちろん無料で。

もう建てて5〜6年になりますが、当時の現場監督の方には、ちょっとした相談や見積もりをお願いすると、「自分のところでやるのはもちろん歓迎ですが、こういう方法だと安く済みますよ」などのアドバイスをしてくれたり、ドアの取っ手がゆるくなってしまった時など、やり方教えて欲しいと言ったら快く来て教えて直していってくれたりなど、とても親切にしてもらってます。

何度か既に家を建てたお客さんのみ対象のイベントなどもあり、ここで建ててよかったなぁと思っています。
もちろん、あちらも評判を上げたい、などの狙いはあると思いますが、誠意ある対応をしていただけてるので助かってます。

ちなみに3.11の時には窓の四隅に小さな石膏ボードのひび、大きな面の壁の石膏ボードにヒビができましたが、クロスではないのでわかりやすいのと、近所に聞いたところ、ほとんどの家で同じ現象が見られました。(結構気づいてない人も多い)隣の家は古いこともあってか基礎自体傾いて大変な工事が必要になってましたから…
それを聞いて不安になって自分で水平器で家中調べましたが、全く問題なかったです。

近所でオシャレな雑貨店を見つけ、よくみると同じようなものが使われてたので聞いてみたらブルースジャパン施工で、お店の方も「色々と無理を聞いてもらい、とても感謝している」と言ってました。

他のところで建てたことはないのでここが一番いいと言う気は全くありませんし、わかりません。
担当者にもよるかもしれません。
ただ、私はブルースジャパンにお願いしてよかったと思っています。

ブルースホームは欧米の伝統的なデザインモデルチェンジのない外装材などの美しさを追及しているため、年月が経っても魅力的な家で生活をすることができるでしょう。

昨年、兵庫県明石市の加盟店で建てましたが、全く問題ありません。
営業、設計、施工、アフターフォローすべてに関して申し分ありません。
ここの掲示板を読むと施工不良が多いようですが、ブルースホームの場合、加盟店のレベルに違いがありすぎるのではないでしょうか?契約する前に、ブルースホームを調べるよりも、加盟店を良く調べるべきですね。
契約が済んだら、自分が選んだ工務店を信じるしかありません。決して、施工チェックのためにブログで公開スペックチェックのようなことはしてはなりません。信頼関係が崩れたら良いものができるはずありません。
入居後に感じることは、施工店の問題よりもむしろ、自分の判断ミス、選択ミス、センスのなさです。
施工のことは工務店に任せて、自分が決めるところを、しっかり考えた方が良いですよ。

家を建てる前に知識をつけておくことは大切です。後悔の無い選択をするためにも、家についての勉強をしておくと良いでしょう。

悪い評価・口コミ

良い口コミは上記で紹介したもの以外にもたくさんありますが、一方でネガティブな評判・口コミも多数存在しています。

マイホームは人生最大級の大きな買い物なので、ハウスメーカー選びは非常に重要です。ポジティブな意見だけでなく、ネガティブな意見もしっかり見た上で検討すると良いでしょう。

オススメしません。他の方も書いてましたが点検も最初だけ。
クローゼットドアは外れやすいから自分で直さないとダメ。
問題があって電話して社長に伝えるよう言っても連絡来ない。
豪邸の客しか仲良くしない主義なんじゃないでしょうかね。
そもそも建ててる時から間違いが多すぎてこちらが確認して発覚、が数カ所。
ミスが多すぎてケーキ持って謝りに来たけどその時点でやめればよかった。

やめたほうがいいと思います。 実際に建てましたが ハリボテのような家です。ベニヤ板のような薄い壁に漆喰を塗りただ飾り立ててるだけの ような家です。カタログの標準装備の防音システムもありません。話し声は外に筒抜け 排水も良くありません 不満ばっかりです トイレの音も丸聞こえ、 台所の横なのに 。最初はかわいくて気に入っていましたが住んでみると 本当に家を飾り立てているだけのハリボテのような家です 5年もすると一年点検にも来ません 10年保証なのに 。 見栄えばかり気にした住みづらいいえです。営業もサイテーです。

ブルースホームでリホームをしました。
1度打ち合わせをしてその後は連絡もなく1ヶ月以上経ってから間取りの図面を持ってきました。
希望する間取りと少し違ったので直して欲しいと話すと、もう決まってしまったから直せないと言われました。
仕方なくそのままリホームをしてもらったのですが、キッチンが図面と違っていてそこも指摘しましたが、結局そのまま進んでしまいました。
その後、台風の影響で屋根の一部が落ちてきたので母の知り合いに詳しい方がいたので見てもらったところ「屋根の板金工事の棟工事はサイズが合っていないのを無理に合わせているのではがれてきている」とのことでした。
「釘打ちが雑で脱落した」とも言われました。
外壁も亀裂が入っています。
かなり手抜き工事してくれたようです。

評判・口コミの総評

ブルースホームの評判・口コミを見てみると、デザインに満足しているコメントが多く目立ちました。一方で低い評価を付けた方の口コミを見てみると、アフターサービスや担当者の対応についてネガティブなコメントが多い印象です。

もちろん、ブルースホームに限らず営業マンによって人柄や対応は異なります。もしも、「ブルースホームの建てる家は気に入っているけれど営業マンとは合わないな・・・」と感じた場合には、営業マンの変更が可能か相談すると良いでしょう。

とはいえ、感想は人によって大きく異なるので、良い口コミだけを信じてブルースホームに決めたり、悪い口コミをそのまま真に受けて検討を辞めてしまうのはあまり望ましくありません。
大切なのは、複数のハウスメーカーをしっかりと比較した上で、実際に自分自身で話を聞いてみて、自分の理想を叶えてくれそうな注文住宅会社に依頼するべきです。


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅検討画像

まずは複数業者の見積もりを取ろう

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。

多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括資料請求サイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

どの一括資料請求サイトを利用すべき?

一括資料請求サイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。

それぞれのサイトについて、一覧形式でまとめてみました。

↓↓横スクロールできます↓↓
イメージタウンライフのロゴ持ち家計画のロゴハウジングバザールのロゴHOMESのロゴホームズのロゴ
サイト名タウンライフ持ち家計画ハウジングバザールHOME'SSUUMO
特徴あなたに合った間取りを各ハウスメーカーから一括提案【業界唯一】相談・来場予約も一括でできる工務店のみを掲載している掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる掲載数が多く、サイト内である程度情報を探せる
掲載会社数600社以上不明300社(工務店)1000社以上1000社以上
掲載会社の質
厳選ラインナップ

厳選ラインナップ

厳選ラインナップ
一括カタログ請求
掲載会社一覧から選び、ひとつずつ資料請求をおこなう
一括見積もり請求×
工務店のみ
××
間取り作成×
工務店のみ
××
土地探し××××
申込み特典
成功する家づくり7つの法則(小冊子)プレゼント

相談・見学の申込で2,000円プレゼント

新築ご成約時にお祝い金プレゼント

はじめての家づくりノート(小冊子)プレゼント
×

結論から言えば、注文住宅初心者の場合はタウンライフがおすすめです。タウンライフを利用しておけば「ハズレ業者」を引くリスクは軽減されるでしょう。もしタウンライフでも良い業者を見つけられない時は、他の一括資料請求サイトを利用すると良いでしょう。
タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

タウンライフがおすすめな理由

タウンライフがおすすめな理由を紹介します。

タウンライフとは?

まずタウンライフとはどのようなサービスなのか説明します。

 無料であなた専用の家づくり計画書を作ってくれる

 たった3分でネット一括依頼ができる

 厳選された優良注文住宅会社600社から相見積もりを取れる

タウンライフは注文住宅会社を比較するためのツールだと思ってください。希望のエリアを入れて計画書作成依頼することで、複数の会社があなたの希望に合わせた「間取りプラン」「見積もり」「土地探し」を作成してくれます。この間取りプランや見積もりなどを比較した上で、あなたの希望に合いそうな注文住宅会社と話を進めることができます。

ある程度依頼するハウスメーカーを決めている方でも、他社の見積もりと比較して、料金交渉などもおこないやすくなるので、基本的にはどなたでもまずは一括資料請求サイトを利用した方が良いでしょう。

>>タウンライフの公式サイトを見る

タウンライフのおすすめポイント

注文住宅会社比較サイトはいくつかありますが、その中でもタウンライフを使った方が良い理由を説明します。

① 注文住宅部門で3冠達成!

タウンライフの3冠

タウンライフは第三者機関の調査で、「利用満足度」「知人に勧めたいサイト」「使いやすさ」の部門において3冠を達成しています。

使いやすさと、一括請求で得られる資料の内容をトータル的に考えると、タウンライフが一番人気なのも納得です。

② 厳格な基準をクリアした600社の優良注文住宅会社を掲載

例えば、ライフルホームズだと1000社以上の注文住宅会社を掲載しており、その中から自分で選んでカタログや見積もりを貰うことができるシステムですが、この1000社の注文住宅会社の中には、あまり良くないハウスメーカーや工務店が混ざっていることもあります。タウンライフの場合は、独自の厳格な基準にクリアした優良注文住宅会社しか掲載できないため、良くない会社を引いてしまう可能性が低いです。

まずはタウンライフを利用して、良い業者が見つからなかった場合は他の一括資料請求サイトを利用するという使い方が一番安全でしょう。

③ カタログでは得られないあなたの好みに合わせた間取り提案書を作成してくれる

注文住宅の資料請求サイトだと、カタログしかもらえないケースが多いです。カタログだけ見てもなかなか理想のマイホームを想像するのは難しいですし、実際に建てようと思った時に、オプション費用などで想定より高額なってしまい、結局一から考え直さなければいけなくなってしまうケースもあり得るでしょう。

タウンライフはしっかりとあなたの希望に合わせた間取り提案書と見積書を用意してくれるので、より具体的に想像することができるでしょう。なお、あなたの希望にそったオリジナル間取りプランまで用意してくれるサイトは日本でライフタウンのみとなっています。

④ 土地探しをおこなってくれる

土地探しは注文住宅を建てる上で、人によっては一番めんどうに感じるかもしれません。とくに業者に頼まず自分で土地を探す場合は、購入した区域によっては建築規制があり、自分の思い描いていた家を建てられなくなってしまったというケースもあり得るでしょう。

また、一つのハウスメーカーに土地探しを依頼したけど、あまり良い土地が無いというケースもあります。土地の取り扱いはハウスメーカーによって異なるので、土地探しで失敗しないコツは複数業者から土地提案を貰い、理想の間取りと自分が実際に生活することをイメージして、最適な場所を選ぶ必要があります。

タウンライフなら、間取り設計と見積もりだけではなく、専門家ならではの土地提案までもらえるので、「より失敗しない家づくり」をおこなえるでしょう。

 

他にも、毎月先着で99名様に「成功する家づくり7つの法則」という49ページの小冊子をプレゼントしているなど、メリットが多いです。注文住宅の資料請求サイトの中なら個人的にはタウンライフ一択ですね。

タウンライフで無料見積もり&一括資料請求はこちら

 

カタログを見てもよくわからない方はこちら

「複数の会社からカタログ貰って比較してみたけど、結局どこにすれば良いかわからない…」という方は、NTTデータグループが運営している「HOME4U家づくりのとびら」を利用すると良いでしょう。

「HOME4U家づくりのとびら」は、すべてのサービスを無料で利用でき、専属のアドバイザーが中立的な立場でおうちのお悩みについて相談にのってくれます

「無料で相談というと何かサービスを売り込まれるのでは?」と考える方もいらっしゃると思いますが、HOME4U家づくりのとびらは営業を一切行いません。こちらから希望した時のみ紹介してくれます。

自宅からオンラインで利用出来るので、外出がしにくいこのご時世でも安心です。

HOME4U家づくりのとびらの公式サイトを見る

 


坪単価についての基本情報

坪単価計算画像

当ページでは、主に各メーカーの坪単価について紹介していますが、そもそも坪単価について詳しく知らないという方もいるでしょう。ここでは、坪単価のことを詳しく紹介していきます。

坪単価とは

家を建てる際に「坪単価」という言葉をよく目にすると思います。この坪単価とはいったい何のことなのでしょうか。

坪単価とは、建物の本体価格から建てた家の総床面積で割って出した金額のことを言います。

例えば、40坪の家を2,000万円で建てた場合2,000万円×40坪=50万円/坪と計算し、坪単価は50万円となります。

坪単価の平均相場について

国土交通省の令和2年の統計データを参考にすると、全国の平均坪単価は約70万円となります。

しかし坪単価は土地や家の構造、依頼するハウスメーカーによって変わってくるので一概に平均で見るべきではありません。

例えば、東京の平均坪単価は81万5,800円程度ですが、一方北海道の平均坪単価は約60万円となっています。

また構造別の平均坪単価は以下のようになっています。

家の構造 平均坪単価
木造 56万8,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造 92万3,000円
鉄筋コンクリート造 91万5,000円
鉄骨造 76万1,000円

一般的に木造に比べて鉄筋コンクリートを使用した家のほうが、坪単価は高くなります。また当然ですが、物価が高い地域ほど坪単価は高くなります。

同じハウスメーカーで同じグレードの家を建てることを考えても、坪単価は大きく変わってくる場合もあります。50坪の広さと30坪の広さに同じメーカーの同じグレードの家を建てるとしても総額はもちろんのことですが、坪単価も変化することがほとんどです。

キッチンやバスルーム、トイレなどの設備は高額で、広い家でも狭い家でもどちらも同じ数を設置する必要があります。これらのような設備は高額であるため、建築費用の総額では広い家の方が料金は高くなりますが、坪単価で見ると狭い家の方が高くなります

坪単価だけでは検討できない部分が多いため、自分が住みたい地域で一括見積りなどをおこない、建築費用の相場を確認すると良いでしょう。注文住宅会社の一括見積もりサイトを見たい方は下記のページにまとめているので、あなたにあった見積もりサイトを選んでください。

坪単価を見る際の注意点

坪単価は家の本体価格から家の面積を割った1坪あたりの費用と表現されますが、この家の面積については定義があいまいとなっています。

例えばベランダや車庫、地下室などは建築基準法で延床面積に含まれませんが、計算の際にはこの部分の面積を入れて計算する業者と、入れずに計算する業者が存在します。

全く同じ家を建てたとしても坪単価として計算する面積の定義によっては、坪単価は大きく異なることになります。

ベランダなども全て含めた面積は「施工面積」と呼ばれ、通常はこの総合施工床面積で坪単価を計算することが多いです。ハウスメーカーに依頼する際は、「施工面積」と「延床面積」どちらで坪単価計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また、本体価格の他にも付帯工事や諸経費などが発生してくるので、トータル金額を確認すると良いでしょう。

坪単価以外に考えなければならない費用

実際に注文住宅を建てる際は、本体価格の他にどんな費用が発生してくるのか、細かく確認します。

金額としては、全て合わせると本体価格の2~3割増しで考えると良いです。

付帯工事費(全体費用の1割~2割程度)

①基礎補強工事関連費用

地盤が弱い場合に、地盤を補強する工事です。地盤調査を行い、固い地盤まで深堀して杭をうつ作業や、セメントなどで地表面を固める作業をおこないます。

②インテリア関連費用

インテリアを揃える費用です。家具は前の家から持ってくることもできますが、例えばカーテンは新しい家の窓に合わせて新調する必要があります。また新居に合うような家具に買い替えるケースも多いです。その他、エアコンや照明器具の費用なども含まれます。

③エクステリア関連費用

庭や外の塀、玄関の門、ガレージなどを作るための費用です。

諸経費(全体費用の1割程度)

①登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に登記の申請をおこなう必要があります。この登記をおこなう際にかかる税金のことです。固定資産税評価額の0.1%程度と考えておくと良いでしょう。

②不動産取得税

不動産を取得したときに発生する税金です。固定資産税評価額を基に計算されます。

③火災・地震保険費用

火災と地震の際の保険です。ほとんどの方が加入しています。

 

その他地鎮祭や上棟式をおこなう場合は「式祭典費用」、各種契約書の「印紙代」、住宅ローンの手続き費用などが発生します。

坪単価を安く抑える方法

坪単価を安く抑える方法をいくつか紹介します。

門扉やフェンスを作らない

エクステリア費用として占める割合が多いのが門扉とフェンスです。家を建てる際、最初はほとんどの人が作りたいと思うでしょうが、実際に住んでみると、設置の必要はないと感じる方も少なくないでしょう。

1階と2階の面積を同じにする

1階と2階の面積を同じにすることで、基礎や柱などが最小限で済むため、コストを抑えることができます。

屋根をシンプルにする

せっかくの注文住宅なので、家の外観にはしっかりこだわりたいですよね。ただ、坪単価を抑えるためには、我慢をしなければいけない部分がでてきます。

屋根の形には「片流れ」「切妻」「寄棟」などがありますが、シンプルなデザインにすることでコストカットをおこなえます。

外壁の形をシンプルにする

外壁もシンプルな四角より、凹凸があった方がカッコよく感じるかもしれませんが、凹凸を作ると外壁量が多くなってしまいます。

外壁も屋根と同様にシンプルなデザインにすることでコストカットに繋がります。

 

他にも建築費用を抑える細かいテクニックはあるので、必要に応じて調べてみると良いでしょう。ただし、建築費用を左右するのは細かいテクニックより、依頼する注文住宅会社選びでしょう。こだわりを我慢して費用を節約した結果、理想の家とは程遠くなってしまっては意味がありません。

まずは、あなたの理想の家を、理想の価格で建てることができる会社選びをしっかりおこなうことが最重要と言えます。

注文住宅会社選びは一般的に一括見積りサイトを利用して、厳選していくことになりますが、どこの一括見積りサイトを使えば良いかがわからない方も多いでしょう。

以下のページで一括見積りサイトの比較をおこなっています。あなたの検討状況に合わせて、使用する一括見積りサイトを決めてください。

注文住宅一括見積もりサイト比較はこちら