失敗しない注文住宅の土地探し方法!

注文住宅を建てるには、まず土地が必要になります。

相続などですでに土地を所有している方は問題ありませんが、これから土地探しをはじめる方は「どうやって探せばいいの?」と迷われている方も多いのではないでしょうか。

また、いきなり土地の情報を見せられたところで「どんな土地を購入すべきか」「土地情報のなにをチェックすべきか」わからなければ、理想の家を建てるには不向きな土地を購入してしまうかもしれません。

そこで今回は、注文住宅を建てる際に失敗しない土地探しの方法について解説します。

注文住宅の土地はどうやって探せばよい?

注文住宅の土地探しは主に下記4通りの方法があります。
上から順番におすすめの探し方となっています。

①ハウスメーカーに依頼する
②不動産会社に依頼する
③ネットで検索して探す
④希望エリア周辺を歩いて探す

一番おすすめなのは①のハウスメーカーに依頼して土地探しを行う方法になります。
注文住宅の土地探しでは、「土地探し」「家の建築」の両方を平行して行うことが重要なため、窓口を1つにすることで全体のプランが組みやすくなります。
予算や全体のスケジュールなどトータルでサポートしてもらうことができるため、知識がない方・不安のある方・自分で調べたり計画を立てるのが面倒な方はハウスメーカーに頼るのが安心ですね。
また、家の建築を軸に土地探しができるため、「思ったよりも狭い家しか建てられなかった」といったトラブルも起こりにくくなります。

②の不動産会社に依頼して土地探しを行う方も多いかと思います。
不動産会社にはたくさんの土地情報が集まっており、周辺環境やどんな施設がそろっているかなどの情報を教えてくれるため、住んでからのイメージもしやすいでしょう。
また、公開されたばかりの土地情報も入手できるため、条件が良くまだ希望者がいない土地にも巡り合える可能性があります。
ただし、不動産会社と施工業者が別々であるため、連携は自分で行う必要があります。
「良い土地を見つけて手付金を支払ったものの、なかなか施工業者が決まらず違約金が発生してしまった」といったことも起こりえるので注意しましょう。

③のネットで検索して探す方法では、SUUMOやathomeなどの不動産のポータルサイトや、不動産会社、ハウスメーカーなどのホームページを使って自立で探すことができます。
エリアや予算、広さなどの条件で検索することができるため、希望に合った土地情報を簡単に、かつたくさん調べることができます。
ただし、「情報が多すぎて絞りきれない」「実際に現地へ行ったらイメージと違った」「想定外の問題があった(近隣にゴミ屋敷があるなど)」といった問題も起こる可能性があります。

④の希望エリアを歩いて探す方法ですが、偶然良い土地に巡り合える可能性はあるものの、時間がかかる上に入手できる情報が少ないため、あまり現実的ではないでしょう。

失敗しない土地探しの方法

土地探しはハウスメーカーに依頼するのが一番安心ですが、すべて丸投げするのではなくある程度自分でも知識を身に着け準備しておくことが大切です。

土地探しで失敗しないために準備しておくべきポイントは下記の通りです。

ポイント1.土地購入の予算をしっかり決めておく

「土地探しに予算を割きすぎて建築予算を圧迫してしまった」ということがないよう、総予算や建設予算だけでなく、土地購入の予算もしっかり決めておきましょう。

注文住宅にかかるお金はざっくりと「総予算=土地購入費+建設費+諸経費」になるため、まずは全体の予算から決めて、理想の家を建てるにはどれくらいかかるのかハウスメーカーなどで見積もりを出してもらう必要があります。

諸経費は住宅ローンやもろもろの申請費用、家の工事以外で外構工事やオプション料金など複雑なものが多いため、正確な金額を出すのは難しいですが目安料金は相談してみると良いでしょう。

ポイント2.希望条件を決めておく

あらかじめ土地の希望条件を決めておくことでスムーズに探しやすいほか、あとから「このポイントもチェックしておけばよかった」と後悔することもないでしょう。

エリア、価格、周辺環境・施設、交通アクセス、日当たり・風通しなどから絞るのが一般的です。

これに加えてインフラ(道路や上下水道、電気、ガス、通信などの整備状況)、近隣の住宅・住民の様子なども合わせてチェックしておくと安心です。

ポイント3.土地のバリエーションと性質や条件を知っておく

土地には主に下記のようなバリエーションがあり、性質や条件が異なります。
極端な例で言うと、平屋を建てたいのに狭小地を購入してしまうととても狭い家しか建てられなくなってしまうため、建てたい家に合った土地の種類を知っておくことが大切です。

・狭小地
都心部で人気。広さを確保するため3階建てや地下を建設することもある。建設コストがかかりやすい。

・都市部の土地
狭小地多め。隣家と近いためプライバシーや採光など工夫した設計が必要。

・変形地
安く購入できる。土地の形状に合わせて設計する必要があるため、家の形状が制限されたり規格住宅は難しい可能性がある。

・旗竿地
安く購入できる。無駄なスペースができたり外構工事が高くなる可能性がある。

・定期借地権付きの土地
立地の良い土地を安価に購入できたり、固定資産税がかからないなどのメリットはあるが、決められた期間で返却しなければならない。

・建築条件付きの土地
売主指定の建築業者で家を建てる条件付きの土地。指定業者をしっかり確認して希望の家を建てられるか確認する必要がある。

ポイント3.その他チェックすべき点を確認する

そのほかチェックすべき項目は下記の通りです。

・地質
注文住宅を依頼する際地質調査を実施するため地盤の強さを確認しておく。

・販売図面
セールスポイントを鵜呑みにせず、概要をきちんと確認する。

・建ぺい率と容積率
敷地面積に対してどれくらいの広さを家の建てられるかに関わるため、販売図面を確認しておく。

・周囲との高低差
道路や隣家との高低差が1メートル以上になると擁壁工事が必要になるため注意が必要。

ハウスメーカーに土地探しを依頼する際のメリット・デメリット

ハウスメーカーに土地探しを依頼する際のメリット・デメリットをご紹介します。

<メリット>
・建てたい家に合わせて土地を選べる
・土地探しから設計・建築、引き渡し後のアフターサービスまで一括で依頼できる
・予算オーバーなどのリスクが少ない
・ハウスメーカー所有の土地の場合仲介手数料がかからないこともある
・住宅ローンの審査に通りやすい

<デメリット>
・建築予算を高くするために安い土地をすすめる可能性がある
・不動産会社と比べて土地情報の入手に時間がかかる

まとめ

土地探しを失敗しないためにはハウスメーカーで「土地探し」「家の建築」の両立したプランを利用するのが安心です。

不動産会社では最新の土地情報を入手していることも多く、良い土地と巡り合える可能性があるため、自分で建築業者と連携しても構わないという方は利用しても良いでしょう。

自力で探したい場合はネット検索だとたくさんの土地情報が簡単に手に入りますが、ネットだけの情報で購入せず、現地をしっかりと確認してから判断しましょう。

ハウスメーカーや不動産会社に依頼する場合でも、担当者に丸刃げするのではなく土地の希望条件やその土地ごとの性質、法的な制限などについても自分でしっかりと調べて準備しておくことが大切です。