サイトへのアクセスをアップさせるためには、検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策が必要不可欠です。

その方法の1つとして、「サテライトサイト」の作成があります。

しかし、サテライトサイトの運用方法によっては逆に検索順位が下がってしまうこともあるのです。

そこでこの記事では、サテライトサイトを使うとどのようなSEO効果があるのかを、効果が期待できるサテライトサイトの例と運用事例とともに解説します。

  • サテライトサイトとは
  • サテライトサイトの効果
  • 見本的なサテライトサイトの条件3つ
  • ペナルティ対象となる恐れのあるサテライトサイト
  • サテライトサイトの運用事例

この記事を読めば、SEOや集客において相乗効果を得られるサテライトサイトの運用方法を理解でき、メインサイトを健全に成長させていくことができます。

内容を簡単にまとめると…

  • サテライトサイトとはメインサイトへの集客を目的とした別ドメインのサイト
  • 被リンク効果や取りこぼした顧客層へのアプローチができるなどのメリットがある
  • サテライトサイトは単体でも存在意義があることが重要
  • 質が低く更新されないサテライトサイトはペナルティの恐れあり

サテライトサイトとは

サテライトサイトの「サテライト」とは英語で「衛星」という意味を持ちます。

サテライトサイトはメインサイトとは別で立ち上げる「衛星」のようなサイトのことで、メインサイトへの集客を目的として作成されます。

メインサイトとは異なるドメインで作成されており、独自ドメイン、またはサブドメインで作成されるのが一般的です。

さらにメインサイトとの関連性を明確にしていない、または隠されているのが、サテライトサイトの特長です。

サテライトサイトはメインサイトとは違うジャンルや内容にすることで、より幅広いターゲットへのアプローチを可能とします。異なるアプローチ方法を取れるため、メインサイトへの集客をしやすくなる効果が期待できます。

サテライトサイトの効果

サテライトサイトの作成には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

サテライトサイトを活用することにより、メインサイトだけでは難しいSEOに関わる効果やユーザー獲得などが期待できます。

以下で具体的なメリットを解説していきましょう。

被リンク効果

Googleなどの検索エンジンの検索結果では、そのサイトにリンクされている数である「被リンク数」の多さが検索順位に関わる要素となります。

まったく別のドメインあるいはサブドメインで作成するサテライトサイトからメインサイトへのリンクを貼れば、被リンク数を増やせるため、SEO的にポジティブな効果が期待できます。

ただし、検索順位に影響する被リンクは「良質なサイトからのリンク」でなければならない点に注意が必要です。

ただ単に被リンクを増やすためだけに作成した量産サイトや品質の低いサイトリンクは、サイトの評価と同じように「質の低いリンク」と見なされてしまいます。

質の低いサテライトサイトからの被リンクはかえってGoogleに悪い印象を与え、ペナルティとなる場合があるので注意しましょう。

本サイトのターゲット外へのアプローチが可能

サテライトサイトはメインサイトと切り離して作成することで、メインサイトだけでは獲得できないターゲットへのアプローチができる可能性が増えます。

メインサイトのみでコンテンツを増やして幅広いターゲットへアプローチする方法もありますが、メインサイトの導線が悪くなる可能性が考えられます。そのような場合は、サテライトサイトへコンテンツを切り離してみましょう。

分離したサテライトサイトには、異なるターゲットを設定します。

たとえば、メインサイトでは購入検討者をターゲットにしているのに対し、サテライトサイトでは購入まではいかないけれど情報を探している人をターゲットにするなど、メインサイトに関連してはいるけれど別のサービス内容やコンテンツをサテライトサイトで展開します。

そのサイト内だけでユーザーの興味高めてからメインサイトへ誘導すれば購買意欲を高めて、スムーズにコンバージョンへつなげられるでしょう。

見本的なサテライトサイトの条件3つ

サテライトサイトは、ただ作ればいいというものではありません。

メインではないサイトであっても、実は盛り込む内容や情報の質が重要視されるものなのです。

では、どのようなサイトがサテライトサイトとして見本となるのか、その条件を3つ紹介します。

ユーザーにとって役立つコンテンツを提供している

サテライトサイトはメインサイトとは離れた、または関連性がないサイトとして作成されます。

だからといって内容が薄かったり役に立つコンテンツがほとんどなかったりするサイトでは、サテライトサイトとしての価値はなくなります。

先述のように、検索順位を上げるための被リンクは「良質なサイトからのリンク」が重要です。

つまり、サテライトサイトもメインサイトに遜色がないコンテンツを作成するべきといえます。

サテライトサイトは単体でも存在意義があるといえるほど内容を充実させること、かつメインサイトと関連性の高い内容にすることが大事です。

単体でも順位がつく力がある

コンテンツの質と関わりますが、単体でも検索上位に表示されるほどの力を持たせることも、サテライトサイトにとって重要なポイントです。

Googleで検索上位に表示されるということは、Googleに「そのサイトに価値がある」と判断されていることを意味します。

基本的にサイトの内容が少ない、情報の質が低いサイトは、Googleに「価値が低い」と判断されてしまいます。

サテライトサイトだけでも検索順位を上げられるほど充実したコンテンツを盛り込められれば、価値が高いサイトと判断されてサテライトサイト単体の検索順位を上げられ、同時にメインサイトの検索順位も上げられるでしょう。

こまめに更新する

質の高いコンテンツを充実させたサテライトサイトを作成したとしても、作成後の更新もサイトの価値に関わります。

一度作成した後、更新もせずに放置しているサイトは価値が低くなっていくものです。

良質なサテライトサイトを作成するには、サイトを立ち上げた後もこまめに更新をしていくことがポイントとなるでしょう。

ペナルティ対象となる恐れのあるサテライトサイト

Googleをはじめとする検索エンジンでは、サテライトサイトを活用したSEO対策を行うことにより、検索結果に上位表示が可能です。しかしサテライトサイトの活用方法を誤ると、検索順位を上げるどころか、逆にペナルティとしてメインサイトとサテライトサイト両方の検索順位が下がる場合があります。

主に以下に当てはまるサイトが、ペナルティの対象となる恐れがあるサテライトサイトです。

  • コンテンツの質が低い:サイトそのものの質も低く、単なる誘導サイトと見なされる
  • テンプレートで量産したサイト:被リンクを増やすだけの目的で作成されたと見なされる
  • 更新頻度が低い:作成してからほとんど更新していない、または放置しているサイトも価値が低くなる

サテライトサイトの運用事例

では、実際にサテライトサイトはどのように運用すれば効果が得られるのでしょうか。ECサイトとサテライトサイトの例で見ていきましょう。

ECサイト+オウンドメディアの事例

アパレルのECサイトへのアクセスと売上を増やす目的として作成するサテライトサイトとして、ファッションのオウンドメディアサイトを立ち上げます。

この2つのサイトはドメインも異なってはいますが、「ファッション」という関連テーマが存在している状態です。

メインサイトとサテライトサイトの比較画像

サテライトサイトではECサイトに関わるコンテンツを含めず、ファッションアイテムの活用方法やおすすめのアイテム、コーディネート例などのファッションに関するより専門的で深く掘り下げたコンテンツを多く掲載します。

サテライトサイト単体でも価値を築くため、頻繁に更新を行って新しいトピックを随時投下していきます。

ファッションにはトレンドがあるため、最新トレンドも含めて積極的に更新していけばコンテンツも豊富となり、サテライトサイトの価値が高まります。すると、サテライトサイトだけでも検索結果の上位表示も期待できるでしょう。

このようなサテライトサイトでファッションに興味を持った人は、メインのECサイトへ誘導しやすく、ECサイトのアクセスアップにもつなげられるでしょう。

まとめ

サテライトサイトは、メインサイトでは獲得が難しい幅広いターゲットへアプローチができるほか、メインサイトへのアクセスアップにつながる被リンク効果による検索順位の上位表示効果も得られます。

その一方で、運用方法を誤ると逆に検索順位が下がる恐れもあるため、SEO効果を得るためには正しいサテライトサイトの作成・運用方法を押さえておくべきでしょう。

有益な情報を含んだコンテンツが豊富なサテライトサイトを運用できれば、サテライトサイト単独でも検索順位をアップでき、さらにリンクしたメインサイトのアクセス数アップも望めます。

メインサイトがECサイトなどの場合は、売上げアップも期待できるでしょう。

上手にサテライトサイトを運用し、メインサイトのアクセスアップにつなげてみてはいかがでしょうか。

上位表示を諦めていませんか?

\取引実績3,000社のNEXERが提供するSEO/

サービス詳細を見てみる