「内部リンクのSEO効果は?」「設置するにはどうすれば良いの?」と、内部リンクのことを疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

内部リンクの最適化はSEO対策の1つであり、正しく設置すればGoogle検索での上位表示を狙うことも可能です。

そこでこのページでは、SEO対策のために必要な内部リンクの設置の際のポイントについて、以下のことを解説します。

  • 内部リンクのSEO効果
  • 内部リンクの設置方法
  • Google検索で上位表示させる方法

この記事を最後までお読みいただければ、内部リンクの基本とSEO効果のある設置方法を理解でき、サイト運営に役立てることができます。

内容を簡単にまとめると…

  • 内部リンクはクローラーが巡回しやすくなり、SEO効果が期待できる
  • 適切な内部リンク設置はGoogleからの評価を得られる

内部リンクとは?

内部リンクとは、同じWebサイト内で内部のページ同士をつなぐリンクのことです。

たとえば「パスタの茹で方」についての記事を読んだ読者は、次に「パスタソースの作り方」が気になると予想できるので「パスタソースの作り方」を用意してリンクでつなぐといったように、読者のユーザビリティを考え、関連ページを同じサイト内でつなぐリンクのことをいいます。

内部リンクで関連性の高いページ同士をつなぐことで、読者をウェブサイト内に長時間滞在させ、より多くのページを閲覧してもらえるのです。

また、内部リンクとよく比較されるものに外部リンクがあります。外部リンクは外部サイトからリンクを受けることを表しており、被リンクとも呼ばれているものです。

サイト内部にリンクが設置されているか、サイト外部からリンクが貼られているかどうかが内部リンクと外部リンクの違いでしょう。

外部リンクの獲得方法については「被リンクをチェックする方法は?チェックツールをご紹介」で詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

それでは、内部リンクのSEO効果について解説していきます。

内部リンクのSEO効果とは

内部リンク施策を行うことで得られる効果は2つあります。

  • クローラーの巡回を早め、インデックス促進
  • 外部リンクに似た効果が期待できる

Webサイトを運営しているのであれば、内部リンクを適切に行うことで、Google検索で上位を狙うことが可能です。

もちろん、内部リンクを行うだけでなく、良質なコンテンツを発信することも必要になります。

クローラーが巡回しやすくなる

クローラーが巡回することで、検索エンジンに早くインデックスされるようになります。

クローラーがWebサイト内を巡回しやすいということは、ユーザーにとっても閲覧しやすいWebサイトであるということです。

関連性のあるコンテンツの場合には内部リンクを設置し、クローラーにもユーザーにとっても便利なWebサイトを目指しましょう

内部リンクを設置することで、インデックスされやすいWebサイトの構築にもなり、検索結果で上位表示させることもできます。

また、クローラーの巡回情報はGoogleサーチコンソールで確認可能です。

Googleサーチコンソールの具体的な使い方は「Googleサーチコンソールの登録方法!基本の設定も優しく解説!」の記事を参照してください。

被リンクに似た効果が期待できる

内部リンクは「内部の被リンク」として「被リンク」のような効果が得られます。

内部リンクを重要なページに対して多く設置することで、Googleにサイト内の重要なページと認識させることができ、かつリンクの多さによるSEO効果が期待できます。

さらに、SEO対策について詳しく知りたい人は「SEO対策とは?」の記事を読んでみてください。

内部リンク設置の際のポイント

  • パンくずリストを設置する
  • 関連性の高い記事に内部リンクをする
  • 順位を上げたい記事に集める
  • アンカーテキストにキーワードを集める
  • サイトマップを作成する
  • アンカーテキストにする

以上7つのポイントがあります。
7つのポイントを行うことで、内部リンクのSEO対策は万全といえるでしょう。

パンくずリストを設置する

パンくずリストとは、Webサイト構造をわかりやすくしたものです。クローラーとユーザーがWebサイト内のページの位置を確認できるので、関連性のあるページを探せるでしょう。

パンくずリストには大きく分けて「位置型パンくずリスト」「属性型パンくずリスト」「パス型パンくずリスト」の3つがあります。

但し、パス型パンくずリストは、ページ内のアクセス履歴のようなリンクであり、対象ページの前にアクセスしたページのリンクをJAVAで表示させるものなのですが、

ブラウザの「戻る」と同じ効果であり、Googleには認識されないリンクのため、SEO的な面も含め、現在ではあまり使われることはありません。

よって、パンくずリストを設置する場合は、位置型パンくずリストと属性型パンくずリストの2つの作成をおすすめします。

位置型パンくずリスト

位置型パンくずリストとは

ホーム/SEO内部対策/内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説

と表示されるパンくずリストです。

属性型パンくずリスト

属性型パンくずリストは、記事のタイトルの下に表示される属性です。

「SEO内部対策」「アドセンス」「記事制作」

と表示させることができます。項目をクリックすることで、関連性のある記事へ移動させることが可能です。

クローラーが巡回しやすく、ユーザーにとっても利用しやすいWebサイト構造は、Googleからも評価されます。パンくずリストを作成する際は、「カテゴリー」や「属性」を考えて作成してください。

関連性の高い記事に内部リンクする

内部リンクは被リンクとしての効果もあるため、関連性の高いコンテンツへのリンクはユーザーの利便性を高め、SEO効果も期待できます。

関連性の高い記事に内部リンクにする際は、

  • 文章のつながりは不自然でないか
  • コンテンツの内容は関係しているか

以上の2点を意識して設置するようにしてください。

順位を上げたい記事に集める

内部リンクを順位を上げたい記事に集めることにより、被リンクによるSEO効果も高まり、上位表示を狙いやすくなります。

また、クローラーやユーザーが多く回遊することにより、有益なコンテンツと評価される可能性も高まるでしょう。

ユーザーが満足できるコンテンツを作成し、関連性のある場合は、内部リンクを設置するようにしましょう。

アンカーテキストにキーワードを入れる

内部リンクを設置するときには、アンカーテキストにキーワードを入れることがSEO対策になります。

しかし、キーワードを集めすぎてもSEO目的とGoogleに判断されてしまうので、注意が必要です。

アンカーテキストを入力するポイントは、

  • リンク先の内容を入れる
  • キーワードを含めすぎない

の2つです。

リンク先の内容を入れる

クローラーやユーザーに対して、リンク先の情報を正しく伝える必要があります。

「ここをクリック」や「こちら」といったアンカーテキストにすると、何に内部リンクされているのかわかりません。

内部リンクを設置する際には、リンク先の内容をクローラーやユーザーに対して正しく伝える必要があります。

キーワードを含めすぎない

アンカーテキストにキーワードを入れることでSEO効果が期待できますが、必要以上に入れてしまうと思ったような効果を得られません。必要以上にキーワードを盛り込み、SEO目的と判断された場合には、『低品質なコンテンツ』としてペナルティを受けてしまうこともあります。

たとえば「内部リンク」というキーワードに対して、「内部リンクを設置してSEO効果を得るための内部リンクの設置方法を解説!正しく内部リンクを設置しよう」といったアンカーテキストの場合は、文章が長いだけでなく、何をいいたいのかわかりませんよね。

リンク先の内容を入れ、簡潔で具体的な文章にキーワードが入ったアンカーテキストにしましょう。

サイトマップを作成する

クローラーの巡回を促進し、ユーザーの利便性を向上させるために効果的なのがサイトマップの作成です。

ユーザーが迷子にならずにコンテンツを見つける手助けをするためにも、サイトマップがあった方が便利です。

また、サイトマップは作成するとすべてのページに内部リンクを設置できます。また、サイトマップはクローラーが隅々まで巡回しやすくなることにもつながるでしょう。

アンカーテキストにする

内部リンクを設置する際には、リンク先の内容とアンカーテキストを同じにすることが重要です。

具体的には、ページタイトルをアンカーテキストにすることで、ユーザーがリンク先の情報を確認したいときに気軽にクリックして移動でき、クローラーもどのような情報がリンクしてあるのか理解できます。

この記事の内部リンクを設置したい場合は、「内部リンクとは?SEO効果と設置の際のポイントを解説」に対して内部リンクを設置しましょう。

まとめ:内部リンクとは

今回は内部リンクについてとGoogle検索で上位に表示させるために効果のある設置場所について解説しました。

内部リンクでわからなかった点は解消されたでしょうか?

内容を改めてまとめると

  • 内部リンクとはWebサイト内の記事ページ同士をつなぐリンク
  • 内部リンクはクローラーがWebサイトを巡回する手伝いをする
  • 内部リンクは外部リンクと似たようなSEO効果が得られる
  • 内部リンクの設置は適切に行う

監修者コメント

順位を上昇させたいページに対してサイト内から内部リンクを多く設置するのは、SEOの常套手段です。

特に2018年11月頃から2019年3月頃にかけて内部リンクの価値が高まるような傾向は確認していまして、逆に外部リンクの方の価値が低下したよう感じ始めたのもこの頃でした。
参考:https://twitter.com/seoinfojp/status/1063325379799089152

恐らく、外部リンクのアンカーテキストの信用度を下げて、サイト内部のアンカーテキストの信用度を上げたのだと思いますが、未だ、内部対策においてタイトルやh1と同様に内部リンクは重要度の高い項目となりますので、こちらの記事も参考に意識して設置をおこないましょう。

監修 SEOINFO

監修者:奥崎 宏(SEOINFO監修|奥崎宏@nexer,inc

(株)NEXER(取締役)の技術責任者(SEO業務やWEBのシステム開発に携わる)
アフィリエイトをきっかけにSEOを学び、SEO会社に転職。
これまで数々のカスタマイズを手掛け、現在はSEO歴13年以上。
特に順位変動の分析を得意とし、自身監修のSEOINFOにて分析結果を報告している。
SEOINFO:https://seoinfo.jp/

上位表示を諦めていませんか?

\取引実績3,000社のNEXERが提供するSEO/

サービス詳細を見てみる