記事外注のサービスは非常に多くありますが、どこに依頼するかは慎重に決める必要があります。

「イメージしていた記事と違う…自分で書いた方がよかったかも」

「ライターとのやり取りが多く、かえって忙しくなってしまった」

など、せっかく記事を外注してもうまくいかないことは少なくありません。安くない外注費用を支払って残念な結果になるなんて、絶対に避けたいですよね。

そこで今回は、

  • 記事の外注を利用するメリット・デメリット
  • 記事外注サービスの選び方とポイント
  • 優良な記事外注サービス11選

をご紹介します。

記事で紹介するポイントを意識して外注先を選べば、良質な記事がスムーズに手に入ります

内容を簡単にまとめると…

  • 記事を外注する前には目的、予算とリターン、スケジュール、共有事項を確認
  • 選び方の鉄則を意識して外注先を選ぼう
  • おすすめの記事外注サービス11
WeiV綿貫WeiV綿貫

記事を外注してよかった!といえるように、外注先はしっかり選びましょう

目次

記事制作は外注した方がいい?

結論からお話しすると、企業のオウンドメディアや自社ブログ、アフィリエイトサイトの記事は外注した方がよいといえます。

記事制作にはある程度の期間とノウハウが必要です。

そのため内製だけで進めようとすると

メインの業務と平行して記事制作を進めようとしたが、なかなか進まずに期間だけが経ってしまった

他の業務の進行に支障が出てしまった」といった事態にもなりかねません。

これらは記事制作を社内で行なう際によくある問題ですが、記事制作の外注サービスを利用すれば解消できます。

社内リソースを圧迫せずにオウンドメディアを始めるのであれば、記事制作の外注は必須といえるでしょう。

記事制作を外注するメリット

 記事制作を外注するメリット

とはいえ、記事制作の外注はサービスのメリットとデメリットをしっかり理解してから行いたいものです。

まずはメリットから詳しくみていきましょう。

メリット1.記事制作を外注すると「メディアの成長スピードが上がる」

ほとんどのオウンドメディアや自社ブログでは、検索からの流入が重要な集客経路となるでしょう。そこでSEOが必要となりますが、優れたコンテンツであってもSEOで順位が上がってくるまでには期間がかかります。

そのため、早い段階から高品質の記事を数多く投稿できるに越したことはないのです。たとえば10記事をひと月に1記事ずつ、10ヵ月かけて投稿するよりも、最初のひと月に10本投稿した方が成果が現れるのは早いといえます。

また近年はWebメディアの増加に伴って、上位表示を狙うには記事を入念に作り込む必要が出てきました。キーワード選定・検索理由のリサーチ・ペルソナの設定・構成作りなど、1記事にかかる労力は非常に大きくなっている状況です。

キーワード選定や検索理由のリサーチなどを行なわずに記事を制作しても、検索からの流入は見込めず、ユーザーのニーズに応えるコンテンツにもなり得ません。SEOで上位表示を狙うのであれば、どの工程も欠かせないのです。

しかしすべて自社で行なうとなるとどんどん時間を取られてしまうのは目に見えてわかるでしょう。社内リソースの問題を考えると「現実的ではない…」というWeb担当者も多いのではないでしょうか。

そこで便利なのが記事の外注サービスです。

記事制作を外注すれば、高品質の記事を短期間に、大量に得られます。

記事を外注すれば、サイトを構築してすぐに数十記事を投稿することも可能です。記事制作サービスはプロのライターを確保しているため、数十記事・数百記事という依頼にも迅速に応えられるのです。

メリット2.品質が約束されている

記事外注のメリットとして2つ目に挙げられるのは「品質が約束されている」ことです。

プロのライターは読みやすさに配慮した文章を作成し、ネット上で読まれる記事・好まれる記事を作成します。また、近年はWeb記事を作成するにあたってSEOやマーケティングの知識も欠かせないものとなっていますが、多くのライターがそうした知識を身に着けています。

記事を外注すれば記事作成で大変な思いをすることなく、質の高い記事が手に入るのです。

また、専門性の高い分野で記事を制作する場合にも、ジャンルに特化したライターに依頼することで正確かつ内容の充実した記事を得られます。

メリット3.より重要な業務に集中できる

Web担当者がいくつもの業務を担っていることは多いものです。

オウンドメディアだけでなく、SNSや広告なども担当しているかもしれませんね。そうした場合には、限りある時間をどの業務に割り振るかが重要となるのではないでしょうか。

記事制作の外注を活用すれば、制作に使う時間をより重要度・優先度の高い業務に回せます。オウンドメディア一つをとっても、サイト構築や動線の設計、記事ごとのPDCA、テストの実施など、重要な業務がいくつもあるでしょう。

自分にしか担当できない仕事と外注サービスに任せても回る仕事を切り分けて進めれば、負担を少なくしながらも成果を得られます。

記事制作を外注するデメリット

 記事制作を外注するデメリット~記事作成代行のWeiV

記事制作を外注すデメリットには、費用と運営スキルに関する問題があります。

デメリット1.外注費用がかかる

記事外注のデメリットとしては、記事の制作に費用がかかることが挙げられます。

しかし社内で制作した場合にも、同じように人件費がかかっていることを忘れないようにしましょう。

たとえば社員の時給を2,000円として、7時間かけて3000字の記事を書いたとして考えてみると、3,000字の記事1本に2,000(円)×7(時間)=14,000(円)がかかっていることになります。文字単価でいえば4.6円以上です。キーワード選定から執筆完了までには多数の項目がありますから、ライティング経験のない人ならさらに時間がかかるでしょう。

一方記事制作を外注すると、同等の文字単価でプロのライターが執筆した文章を得られます。

1記事あたりの費用対効果を考えれば、一般的な記事制作サービスはかえって割安と考えることもできます。

デメリット2.外注するとメディア運営のノウハウが得られない

「記事制作を外注にまかせていると、メディア運営のノウハウが得られない」という声があります。

たしかに、そのとおりであればデメリットとなってしまうのですが、実際には記事を外注するといってもまったく関知しないのは不可能ですから、メディア運営にはある程度関わることになります。

注意したいのが、記事の執筆スキルとメディアの運営スキルは別物であり、メディアを成長させていくには運営スキルを磨いていく必要があるということです。

記事の内容や方向性、サイト全体での記事管理などを記事外注サービスの担当者と相談することで、メディア運営に向き合う時間がかえって増えるケースもあるでしょう。

時間的負担の大きい部分を外注する方法も

記事の制作は部分的に外注することも可能です。

部分的な外注では企画・見出しを社内で作成し、見出しに沿った文章の作成を外注するのが一般的といえるでしょう。時間のかかるライティング作業を外部ライターに依頼すれば、 1記事にかける時間を大幅に削減できます。

たとえば当サイトWeiVの記事代行サービスでは、キーワードと記事のタイトル・見出しをお客様に作成いただき、ライティングのみを承る「シンプルプラン」をご用意しています。

ほかの記事制作サービスでも部分的な外注に対応するプランを用意しているところが多くあるため、気になるサービスがあったら対応範囲を確認してみましょう。

記事制作を外注する前に確認する4 つのポイント

記事制作を外注する前に確認するポイント

記事制作を外注する前に必ず確認しておきたいのが、

  • 記事制作を外注する目的
  • 予算とリターン
  • 記事制作を外注した後のスケジュール
  • 共有事項

の4点です。

「えっ、こうゆうのが面倒だから外注したいんだけど?」

と思った方もいるかもしれませんね。

しかし記事を作成する際には、自社・外注を問わずこれら4点が非常に大切です。

記事外注サービスの良し悪しを測るよりも前に、この4つのポイントをしっかり押さえておくことが成功への近道といえます。

それぞれどんな点に気を付けたらいいのかを見ていきましょう。

記事外注の目的

記事の外注先を選ぶ前に、まずご自身がなぜ記事外注を検討しているのかを明確にしましょう。

「作業に充てる時間を減らし、他の業務に集中したい」

「専門性の高いライターに依頼して高品質な記事を書いて欲しい」

「魅力的な記事で自社商品のファンを増やしたい」

など、人によってさまざまな目的があるかと思いますが、この目的が定まっていないと最適な記事外注サービスを選ぶことができません。

WeiV綿貫WeiV綿貫

目的によって選ぶべき記事外注サービスは変わってくるので、しっかりと決めておきたいところです

たとえば「作業時間を減らす」という目的で選ぶなら、企画からライターのアサイン、納品まですべてまかせられる記事外注サービスが適していますし「専門性の高いライターに依頼したい」という目的ならそのジャンルに特化したライターに依頼する必要があります。

また、後々になって記事外注の効果を検証する際にも、目的がなければどれくらいの効果があったのかわからないのです。

そのため、記事を外注する前には「何のために外注するのか」を明確にしておきましょう。

予算とリターン

次に確認しておきたいのは、記事制作の予算と費用、それに見合ったリターンが見込めるかという点です。

収益を増やす目的で記事を外注するのであれば、1記事にかかるコストとその記事に期待するリターンを秤にかけ、収益がコストを上回るよう計算する必要があります。このとき、リターンは具体的な数値や条件で設定するようにしましょう。目的と同様にリターンもまた定義が曖昧だと、どれくらい成果が上がったのか、費用対効果は充分かなどを測れません。

このとき、コストにはライター管理や納品物の受け取り、支払いなどの作業時間も含めて考えるようにしましょう。

費用の目安

記事制作の外注にかかる費用はサービスや目的によって幅広く一概に相場を表せませんが、おおよその目安を見てみましょう。

一般的なWebメディアで使用されるコラム記事は、記事外注サービスが文字単価1~10円(ボリュームゾーンは3~5円)、クラウドソーシングでライターに直接依頼すると0.5~2円(ボリュームゾーンは1~1.5円)程度が目安となります。

 外注記事費用の目安 記事外注サービスとクラウドソーシング

たとえば、フリーライターに直接依頼すれば会社をとおさないぶん安く済むイメージがあるかもしれませんが、人気のライターや専門性の高いライターであれば会社をとおして同レベルのライターに依頼した方が安い場合もあります。

反対に、格安をウリにしている会社でもSEOを意識した記事や専門性の高い記事などプランによっては思っていたよりも高くつくこともあるため「どうしてもここに依頼したい」という要望がある場合以外は、予算を先に立ててから選ぶことをおすすめします。

記事制作を外注した後のスケジュール

記事の外注を始めると、ライターの管理やタスクの切り出しなどで思っていたよりも時間をとられることがあります。

発注数がどれくらいになるかをあらかじめ想定し、納品までのおおよその流れ・期間を確認し、スケジュールをイメージしておきましょう。

 記事外注の納品スケジュール

それらも含めて行ってくれる会社に依頼する場合には、空いた時間をどう使うかをしっかりと決めておくようにするとムダがありません。

共有事項とレギュレーション

ライターや編集者に共有したいもの、たとえばサイトの目的や記事ごとの意図、記事のゴール、ターゲットなどをまとめておきましょう。

多くの記事外注サービスでは外注ライターが記事を作成するため、これらが定まっていないと文体に違いが出て、読んだときの違和感につながってしまいます。レギュレーションとは直訳すると「規則・法規」という意味ですが、記事の外注においてはライターへの指示書に近しい意味合いで使われます。

レギュレーションには「ですます調・だである調」といった基本的な書き方の規定から、使って欲しくない表現、漢字・数字の表記方法などを記載します。また、求める記事の見本や参考サイトを用意しておくと、イメージが伝わりやすくなります。

暫定のレギュレーションで始めて記事の仕上がりに不足があれば修正・追加することもできますが、何度も変更があると混乱を招く原因にもなるため、とくに重要なポイントや必ず守って欲しいことなどは初期段階で詳細を決めておくことをおすすめします。

共有事項とレギュレーションをしっかり定め、それらに沿った記事を納品条件とすれば、意図にそぐわない記事が納品されたときにも正当な理由をもって修正を依頼できます。

記事制作の外注を成功させる!選び方の鉄則

記事制作の外注を成功させる!選び方の鉄則

ここからは、記事制作の外注先を選ぶ際の基準として、選び方の鉄則についてお話しします。

下記の5つのポイントをチェックして選ぶことで、イメージとの相違が起こりにくくなります。

費用に見合ったクオリティか

記事の外注を依頼する際、まず確認すべきは記事のクオリティです。

お金を払って記事を外注しても、使えない記事が納品されたのでは意味がありませんよね。

記事のサンプル、あるいは外注サービスのオウンドメディアなどを参考にして、実際に納品される記事の質を確かめておきましょう。

また「内容はいいんだけどレギュレーションを守ってくれない」「納期ずれが繰り返し起きる」といった場合にも、作業・管理コストの面でコストパフォーマンスが下がると考えることが大切です。

とくにクラウドソーシング型の記事作成サービスでは発注者とライターが直接やり取りするため、修正やフィードバックを伝えやすい反面、手間がかかることを想定しておく必要があります。

自身が負担する手間も含め、総合的に費用に見合ったクオリティなのかを判断しましょう。

ライターの専門性は?

法律、金融、医療など専門性の高いテーマを扱う場合には、そのテーマに対応するライターがいるかを確認しましょう。

どのサービスもライターの稼働状況や時期によって異なるため、気になるサービスが見つかったら直接問い合わせることをおすすめします。

また、テーマに特化したライターは、記事の監修やTwitterでの拡散など、記事作成以外の依頼もできる場合があります。

意図を汲んでくれるか

「こちらの意思・意図を汲んで記事を作成してくれるか」「目標やゴール、ターゲットなどを共有できるか」という点は非常に重要です。

たとえばプロモーション・認知拡大を目的として自社商品の紹介文を書いて欲しいと思っているのに、強く購買を促すような文章が出来上がってきても困りますよね。目標やゴールをはっきりさせていても、よかれと思って編集者の判断で変更してしまったり、ライターが目をとおしただけで意識してライティングできていなかったりする場合もあります。

そういった事態を防ぐためには、会社の扱うサービスであれば担当者をとおしてライターまで指示が届く仕組みになっているかを確認しましょう。直接ライターに依頼する場合には、メッセージだけのやりとりでも意思疎通がとれるかを確認し、意図が伝わりにくいと感じたらzoomやSkypeなどを使ってコミュニケーションをとるのもおすすめです。

ビジネス上のコミュニケーションコストは経験値に依存する部分もあるため、実績の多い会社・ライターに依頼するのもひとつの手です。

最小発注数を確認する

最小発注数もまた、記事外注サービスによって違いが大きいため注意しましょう。

1記事から依頼できるところもあれば30記事~というところもあります。また、とくにSEOコンサルに付帯した記事外注サービスは月額制で利用期間が定められ毎月費用が発生するところも少なくないため、希望する条件で契約できるかきちんと確認することが大切です。

チェック体制が充分か

外注して手に入れる記事は他でもない自サイトに掲載する記事ですから、記事の品質チェックがしっかりしているサービスを選びましょう。

一般的なコラム記事を作成する際には、インターネット上の情報を参照して作成することがほとんどです。参考にしたサイトをそのままコピペするのは論外ですが、多少言い回しを変えていてもあまりに内容が似ているとGoogleにコピーコンテンツとみなされる恐れがあります。

コピーコンテンツとみなされた記事はSEOに悪い影響を与え、検索結果に表示されなくなる恐れもあります。また、サイトの評判を落とすことにもつながりかねません。

コピペチェックはツールを使えば自分でもできますが、一般的な無料ツールでは1記事あたり数分の時間がかかります。数十記事のチェックを頻繁に行うようであればそれだけで時間的コストが高くなるため、チェック体制が万全なところにまかせた方がよいでしょう。

また、コピペ以外にも誤字脱字、レギュレーションの順守、文脈など記事の品質に直接影響するポイントでもチェックをしてくれるか、行う場合には使用するチェックツール、目視チェックの回数などもあわせて確認することをおすすめします。

おすすめの優良記事外注サービス11選

ここからは、WeiV編集部がおすすめする記事外注サービスを11社ご紹介します。

次のようにジャンルを分けてご紹介しますので、目的に合った記事外注サービスが見つけてください。

  • SEOで上位表示を狙える記事外注サービス5選
  • ブログ作成代行におすすめの記事外注サービス3選
  • クラウドソーシング型の記事外注サービス3選

それでは以下から見ていきましょう。

SEOで上位表示を狙える記事外注サービス5選

SEO記事の外注ライター

2021年現在、最も有効なSEO施策は「ユーザーニーズに応えたコンテンツを作成すること」です。

かつてのブラックハットSEOが通用しないのはもちろんですが、今ユーザーファーストで記事を作成したからといって簡単に上位表示できるわけではありません。検索結果を見ればわかるとおり、上位記事はユーザーニーズを捉えた記事で埋め尽くされています。

記事を上位に押し上げて流入を獲得するためには、ユーザーニーズを深く掘り下げ、期待を上回るコンテンツを作らなければならないのです。しかしSEOコンサル会社の手掛ける記事外注サービスなら、独自のプラニングで上位に食い込める記事の作成やプランの提案などを行なってくれます。

SEOコンサル会社の記事外注サービスは、キーワードを指定しない記事作成と比べて高価格になることが多いものの「自社の商品を1人でも多くの人に広めたい」「コンテンツを作っても見られなければ意味がない」「アフィリエイトの難関ワードで上位表示したい」など、上位表示を重視する人にとっては結果的にコストパフォーマンスがよいといえるかもしれません。

そこで、まずはSEOで上位表示を狙える記事外注サービスを5つご紹介します。

株式会社NEXER(ネクサー)/WeiV(ウェイブ)記事作成代行

WeiVの記事代行サービス

Point

  • SEO実績3,000社の実績
  • キーワード上位実績多数
  • 目に留まり・行動につなげる記事

WeiVの記事作成代行サービスは、広くSEO事業を手掛ける株式会社NEXERのサービスです。

SEOを最も得意とする会社だからこそ、検索結果の上位表示が狙える質の高い記事を提供します。

文字単価2円~でライティングのみを承るシンプルプランは、部分的な外注に使い勝手がよいと評判です。また、文字単価3円~のベーシックプランでは企画~タイトル・見出し作成、ライティングまですべておまかせいただけます。

SEO・マーケティングの知識と経験が豊富なプランナーがお客様のご要望をお伺いするため、Webの知識がない方でも安心です。

株式会社NEXER(ネクサー)/WeiV(ウェイブ)記事作成代行
https://nexer.co.jp/weiv/lp/writting/

株式会社PLAN-B/コンテンツ制作

PLAN-B-プランビー

Point

  • SEOコンサルの一環としての記事外注サービス
  • 初期費用30万円、通常記事3万円~、専門家記事5万円~
  • オウンドメディア制作、運用にも対応

株式会社PLAN-B(プランビー)の記事外注サービスは、記事をひとつのコンテンツとして捉え、企画からライティング、投稿、PDCAとつなげるSEOコンサルティングの一環としてのサービスです。

通常記事3万円からで個人・中小規模のメディアにとっては高価格帯となりますが、SEOコンサルティングやインターネット広告などを組み合わせて、本気で検索上位を狙いたい方におすすめできる記事外注サービスといえます。

株式会社PLAN-B/コンテンツ制作
https://service.plan-b.co.jp/

株式会社grooo(グロー)/Webコンテンツ記事制作

コンテンツマーケティングの株式会社grooo-グロー

Point

  • 元新聞記者・紙媒体出身の編集者とライター
  • CVにつなげられるコンテンツ
  • 料金は要問合せ

株式会社grooo(グロー)のWebコンテンツ記事制作は「元新聞記者・紙媒体出身の編集者とライター手掛けるコンテンツマーケティング」という点が特徴的です。

SEOの視点を重視することに加えて「読了率の高いコンテンツ」にこだわり、コンバージョンにつなげる記事を作成できます。

Webコンテンツ記事制作の他、ライターリソース提供というサービスもあります。

株式会社grooo(グロー)/Webコンテンツ記事制作

https://www.grooo.co.jp/content-creation/

株式会社IAMmedia/Buildup

記事作成代行サービスbuild up

Point

  • SEOに強い高品質な記事
  • ユーザーニーズを徹底して調査
  • 1記事5万円~(※構成の用意がある場合は値引き対応あり)

株式会社IAMmediaが運営するBuildupは「SEOに強い高品質な記事」にこだわる記事作成代行サービスです。

自社サイトのSEO強化、オウンドメディア記事作成など、重要度の高いコンテンツにもそのまま使える高品質な記事を作成できるので「社内のリソース不足でライティングを外注したいけど、質が心配」といった場合でも安心して利用できます。

コンテンツ作成時には必ずマインドマップツールを用意してユーザーの顕在・潜在ニーズを洗い出す作業を行ない、クオリティの高さをキープしています。

松村 工/記事代行どっとこむ

 記事代行どっとこむ

Point

  • ブログ記事作成代行は3万円/月~
  • 書籍の執筆代行、ブログの書籍化などにも対応
  • SEOに自信あり

記事代行どっとこむは、Webサイトの主要コンテンツからブログ記事、書籍の執筆代行までを幅広くカバーする記事外注サービスです。

編集プロダクションを兼ねているため「大量のブログ記事を本にまとめて出版したい」といった要望にも応えてくれます。

アフィリエイト記事作成には対応していないため、主に企業向けのサービスとなります。

記事代行どっとこむ
https://kijidaikou.com/

ブログ記事作成代行におすすめの記事外注サービス3選

ここでは「一般的なブログくらいのレベルの記事が欲しい」「バックリンク用の記事が大量に必要」といった人におすすめの記事外注サービスを3つご紹介します。

とくに低価格で発注でき、チェック体制が整っているサービスを厳選しました。

 株式会社デザイン/zetton

記事作成代行・WEBライティングのzetton-ゼットン

Point

  • 文字単価0.7円~の格安価格
  • 1記事から依頼できる
  • 最短即日の納品が可能

zettonの記事外注サービスは、その価格の安さと納品の早さが特徴です。
文字単価0.7円~と業界トップレベルの安さで、初めて記事外注サービスを利用する人でも気軽に依頼できるのが嬉しいポイントです。

システムを使ったコピー・誤字脱字・重複チェックと目視での文章・誤字脱字・レギュレーションチェックが価格に含まれているので、コピーコンテンツの心配はありません。

株式会社ウィルゲート/サグーワークス

記事作成代行サービス・記事外注のサグーワークス

Point

  • 予算・ライターのスキルで選べる
  • オンライン発注プランなら0.7円~
  • 企画から一貫しておまかせできるプランもあり

サグーワークスは、株式会社ウィルゲートの運営する大手記事外注サービスです。

オンライン発注プランとオーダーメイドプランの2つの記事外注サービスがあり、オンライン発注プランは自分で見出しや内容の詳細を設定すれば文字単価0.75円から記事を作成できます。最低発注数も1記事から依頼可能なため、気軽に試して内容を確認できるのが魅力です。

ライターは能力によって「レギュラー(0.75円)」「ゴールド(1.5円)」「プラチナ(3円)」に分かれていて、予算と求めるクオリティによって発注相手を選べます。

サグーワークス
https://works.sagooo.com/order/

CROCO株式会社/CROCO

CROCO株式会社|記事作成・メディア運営・SEOコンサル・解析ツール

Point

  • 登録ライターが多く、急ぎの納品にも対応
  • ブログから記事監修まで幅広く依頼できる
  • 文字単価1円~

CROCO株式会社のコンテンツ作成サービスはコラム・ブログ、SNSコンテンツ、商品紹介、リライトなど、Webコンテンツの多くをカバーする記事外注サービスです。

コンテンツ作成の幅が非常に広く、記事監修やプレスリリースなど専門性の高いコンテンツにも対応しているので「誰にどうやって頼んだらいいのかわからない」と困ったときに頼りになる存在といえます。

登録ライター31万人のShinobiライティングと連携し、一般的な記事であれば最短翌日納品も可能となっています。

クラウドソーシング型の記事外注サービス

クラウドソーシング 図解

ここでは、クラウドソーシング型の記事外注サービスとして、個人のライターに記事作成を依頼できる3つのサイトをご紹介します。

クラウドソーシングサイトでは、主に固定報酬型(プロジェクト)、コンペ、タスク、時給単価形式から発注形式を選び、ライターを募って記事作成を依頼します。

「誰でも手軽に発注できる」「外注会社を通さないぶん安価」というメリットがありますが「個人ライターとのやり取りが必要で、ある程度記事作成についての知識が必要」「企業であれば源泉徴収が必要で手間になることがある」といったデメリットもあります。

上手に使いこなせればサイト運営の強い味方となってくれるので、目的や状況に合わせて使ってみてください。

クラウドワークス

クラウドソーシングのクラウドワークス

Point

  • ライターに直接依頼できる
  • 登録から支払いまでオンラインで完結
  • 公開されている実績を判断の基準にできる

クラウドワークスは登録者数は300万人以上・日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

契約・受注・納品・支払いまでオンラインで完結し、登録料は無料なため「まずは手軽に外注化を始めたい」という人に適しています。また記事作成の他にもキャッチコピーやネーミング、デザイン、サイト構築などサイト運営に必要となるさまざまな業務を依頼できます。

手数料はライターの報酬額に含まれるため、それを見越した金額で発注をかけるようにしましょう。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

ランサーズ

クラウドソーシングのランサーズ

Point

  • ライターに直接依頼できる
  • ライターの登録人数が多い
  • ライターのランク制度で経験値がわかりやすい

ランサーズはクラウドワークスに次いで規模の大きいクラウドソーシングサイトです。

数年前まではデザイナーやプログラマーが多く登録されていた印象でしたが、近年ライターの登録数も非常に多くなっています。サイト内検索(「フリーランスを探す」)でライターを探すと実績やポートフォリオが確認できる他、ライターに直接メッセージを送ることも可能です。

また、ランサーズの受注は本人確認や機密保持契約を済ませたレギュラー、受注実績のあるブロンズ、評価が高く稼働率が高いシルバー、実績・報酬額・評価などの条件を満たした認定ランサーに分かれているため、一人ひとりポートフォリオを確認しなくてもある程度経験の目安がわかるようになっています。

シュフティ

クラウドソーシング シュフティ

Point

  • 女性向けコンテンツが得意
  • 細かい仕事も依頼できる
  • 単価目安は1記事100円~

株式会社うるるが運営するクライドソーシングサイト「シュフティ」は、クラウドワークスやランサーズに比べるとやや知名度が低いものの、データ入力や口コミの投稿、一般的なWebライティングなど幅広い作業を外注できるサイトです。

主婦ライターが多く在籍しているため、スキマ時間でできる数百字程度のライティングのような「ちょっとした仕事」を依頼しやすいのが特徴となっています。また、登録者には女性が多いため女性向けコンテンツの作成に募集が集まりやすいのも特徴です。

「メインコンテンツは自社で作成し、口コミや体験談だけをシュフティで募集する」といった使い方もできる便利なサイトです。

シュフティ
https://app.shufti.jp/

 

まとめ

今回は記事制作の外注先の選び方と、制作会社・サービスをご紹介しました。

それぞれ違った強みがあるため、ご自身の目的に合わせて最適な外注先を選びましょう。

この記事の要点は以下のとおりです。

  • 記事を外注する前には目的、予算とリターン、スケジュール、共有事項を確認
  • 外注先を選ぶ際には記事の費用対効果、ライターの専門性、意思疎通、最小発注数、チェック体制が大切
  • おすすめの記事外注サービス11選

記事の外注で後悔しないように、これらのポイントを意識してサービスを選ぶようにしましょう。

検索上位を狙える記事外注

\取引実績3,000社のSEO会社が提供する記事作成代行サービス/

お問い合わせ・サービス案内はこちら