Googleのサーチコンソールは、Webサイトを運営していく上でなくてはならないものです。

サーチコンソールを使用していると、エラーを通知するメールが届く場合があります。中でも多発するエラーのひとつが「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」ではないでしょうか。

今回は「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラーが出た場合の原因と対処法を紹介します。

この記事を最後まで読めば「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」といったエラーが出てしまう原因や対処法が全て分かって、エラーを解消できますよ。

他にも次のような謎が解明できます。

・「送信されたURL」とは何か?
・noindexタグの正体は?
・WordPressで使っているプラグインが原因の可能性もある?

一刻も早くエラーの原因を突き止めて、解決を目指しましょう!

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とは

まず「送信されたURL」とは、Googleに送信されたURLです。

Googleに送信されたURLは、Googleのロボットがデータベースに登録して、検索結果に表示されるようになります。Googleの検索結果に表示されることを「インデックス」と呼びます。

あなたが作ったWebサイトをインデックスさせるためには、XMLサイトマップを設置する必要があります。XMLサイトマップに記載されたURLこそが、Googleに送信されるURLです。

次に「noindexタグ」です。noindexタグとは、Googleの検索に表示させたくないURLに記載するタグです。つまり、インデックスされたら困るURLに記載するタグであるため「noindexタグ」と呼びます。

XMLサイトマップを通じてGoogleへと送信されたURLにnoindexタグが付いていると、Googleは「このページは検索結果に載せて欲しくないのか。つまり、インデックスしてはいけないページだ(noindex)」と判断します。

noindexタグが追加されていると何が問題なのか

本来noindexタグは、サイトを検索結果に表示して欲しくないURLに記載するタグです。

「なるべく大勢の人に見て欲しくてWebページを作ったのに、わざわざ検索に表示させたくないページなんてあるのか」といった疑問を持つ人もいるかも知れません。

例えば、準備中などの理由でまだ存在しないURLへアクセスした際に表示する404エラーページや、準備中であることを示すページをGoogleの検索結果に表示する理由はありません。むしろ検索の邪魔になってしまいます。

noindexタグは「検索結果に表示はさせたくないけれど、404エラーを表示させるページが無いと不便」といった場合に活躍します。

問題は「XMLサイトマップに記載されたURL(Googleに送信されたURL)内にnoindexタグが追加されていること」です。したがって、インデックス(検索結果に表示)させたいのにされない、といったトラブルが発生してしまいます。

エラーとなる原因

エラーとなってしまう原因は、Googleへの要求が矛盾しているためです。

「URLの送信」は「インデックスして」という意味を示しているにも関わらず、送信したURLに「noindexタグ」が追加されていると「インデックスしないで」といった意味になってしまうため、矛盾が生じてエラーとなります。

Googleはnoindexタグを優先するため、該当のURLはインデックスされていない状態です。したがって、検索結果にも表示されないことになります。

【解決方法】「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と表示されたら

エラーの解決方法は、該当のURLをインデックスさせたい(検索結果に表示させたい)のか、インデックスさせたくない(検索結果に表示させたくない)のかで変わってきます。

インデックスさせたい場合

該当のURLを検索結果に表示させたい場合はnoindexタグを削除することで、矛盾が解消されて正常にインデックスできます。

インデックスさせたくない場合

逆に検索結果に表示させたくない場合は、XMLサイトマップから該当のURLを除外すれば、矛盾が解消されます。

WordPress

WordPressの設定が原因で「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」といったエラーが発生している可能性も考えられます。

Google XML Sitemapsの設定を変更する

XMLサイトマップ生成プラグイン「Google XML Sitemaps」は、ユーザー向けのHTMLサイトマップをXMLサイトマップに含めた上で、noindexタグが付与される仕様です。したがって、初期設定のまま使用すると「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」といったエラーが発生してしまいます。

Google XML Sitemapsを使用する際は、WordPressのメニューにある「設定」の「XML-Sitemap」から設定画面を表示して「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す必要があります。

All In One SEO Packの設定を変更する

SEO対策における定番のプラグイン「All In One SEO Pack」は、記事編集画面からnoindexタグの設定ができる仕組みになっています。インデックスさせたい場合とインデックスさせたくない場合で、設定を確認するようにしましょう。

修正後したらGoogleに検証を依頼する

インデックスさせたい場合はnoindexタグを削除、インデックスさせたくない場合はXMLサイトマップから該当のURLを除外した後は、Google Search ConsoleからGoogleに検証を依頼します。

Googleに検証の依頼をしてから数日で、メールやサーチコンソール上で検証結果の通知が届きます。検証結果は「合格」あるいは「不合格」で判定されます。

不合格の判定を受けた場合は、改めてnoindexタグやサイトマップ内を確認しましょう。

まとめ

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の原因は、インデックスして欲しくないという意志を表明するはずのnoindexタグが、XMLサイトマップに記載されているためです。

XMLサイトマップに記載されていると、Googleはインデックスさせたいページだと判断します。しかしGoogleはnoindexタグを優先するため、インデックスされず検索結果にも表示されなくなってしまいます。

Googleの検索結果に表示させたいページであればnoindexタグを外して、検索結果に表示はさせたくないけれど必要なページであればXMLサイトマップから該当のURLを除外しましょう。

サーチコンソールのエラーは、内部SEOの改善に直結する極めて重要な問題です。原因を突き止めて解消するようにしましょう。