サイトを運営するなら知っておかなければならないことの1つとして、「Googleペナルティ」があります。

Googleペナルティはガイドラインに違反したサイトに対する処遇のことですが、適切な改善策・予防策を打つことでGoogleペナルティを防ぐ、また意図せず受けてしまったとしても解除できます。

このページでは、以下について詳しく解説していきます。

  • そもそもGoogleペナルティって何?種類は?
  • Googleペナルティの確認方法・解除方法は?

「アップデートがあったわけでもないのに急にアクセスが減った」というとき、もしかしたらペナルティを受けているかもしれません。

また「Googleペナルティを受けないように予防策を知っておきたい」という場合は、この記事を参考にしてみてください。

内容を簡単にまとめると・・・

  • Googleペナルティはガイドラインに違反しているwebサイトに対してGoogleが課す処罰のこと
  • Googleペナルティは手動ペナルティと自動ペナルティの2つにわかれる
  • ペナルティを解除するにはガイドラインの違反箇所を改善する必要がある
  • 解除されたからといって元の検索順位に戻る訳ではなく、問題を解決した段階でのページやサイト評価で順位が付く

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleがオフィシャルに発表している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に準拠していない、もしくは違反しているwebサイトに対してのペナルティです

Googleは「ペナルティ」という言葉を使わずに「対策」や「アルゴリズム」といった表現をしていますが、処遇によってサイトへのアクセスが著しく落ちることから、一般的にはペナルティと呼ばれています。

ペナルティの対象となるとインデックス削除や順位の下落などが起こり、サイト運営者にとって大きなダメージとなってしまいます。

Googleペナルティの原因

Googleペナルティ

Googleの公式ガイドラインをもとにペナルティの原因を考えると、おおまかに2種類の原因があります。

オリジナル性のない低品質なコンテンツ

コピペ、あるいはコピペに近いコンテンツが蔓延すれば、オリジナルサイトの作成者が不利益を被ります。

繰り返しになりますが、オリジナル性に欠けるコンテンツは長期的に見るとメリットがないため、避けるようにしましょう。

下記のような要素を含むと、ペナルティを受ける可能性があります。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイトページ
  • ほぼ同内容でキーワード別に複数生成したようなコンテンツ(ドアウェイページ)
  • 他サイトから無断で内容をコピーしているサイト

不自然なリンクが貼られているサイト

質の高いコンテンツを持っているサイトは、自然と他のサイトからリンクが張られます。

Googleは確かにたくさんのリンクが張られているサイトを高く評価しますが、評価を誘導するためにリンクを意図的に操作しているサイトはペナルティの対象となる場合があります。

具体的には、

  • 無意味な相互リンクを大量に張り合っているサイト
  • 質の低いブックマークサイトやリンク集からのリンク
  • 金銭と引き換えに掲載されているリンク

などが挙げられます。

他にも隠しテキストや隠しリンク(背景色と同化させることによってユーザーにはわからないが、検索エンジンにはわかる文章などを差し込むこと)を使い、キーワードを大量に詰め込むなど、検索エンジンを欺く行為もペナルティの原因になりえます。

Googleペナルティの種類

Googleペナルティの対象になるとある日突然検索結果の順位が下がったり、インデックスが消えたりしてサイト運営に多大な影響を与えます。

このペナルティの種類は大きく分けて2つあり、人の目で判断する「手動ペナルティ」、機械的に自動で判定する「自動ペナルティ」です。(※前の項目にてお伝えしていますが、あくまでもGoogleはペナルティとは言わないことを改めてお伝えします)

手動ペナルティ

手動ペナルティはその名のとおり、人が直接webサイトを確認し「ウェブマスター向けガイドラインに違反している」と判断して行う処遇です。

手動ペナルティの対象となれば検索順位の低下が顕著にみられますが、繰り返し同じペナルティーを受けることで、さらなる順位の低下を引き起こしたり、最悪の場合はインデックスが消される、検索結果に出てこないなどの影響を受けます。

自動ペナルティ

対して自動ペナルティは、Googleのアルゴリズムが自動でガイドラインに違反しているサイトを検出して行われるものです。

ただし、基本的に自動ペナルティを受けていると判断する方法はありませんので判断しにくい点はありますが、あからさまな順位低下やトラフィックの下落を確認した場合は、上位に上がらないよう何かしらのペナルティを自動で付けられたと判断してもよいかもしれません。

Googleペナルティの確認方法は?

Googleペナルティの確認方法 驚く女性

上にペナルティの種類とその内容を示しましたが、この2つは種類によってペナルティの確認方法が異なります。

手動ペナルティの確認方法

手動ペナルティを受けると、Googleからその旨を伝える通知が届きます。

通知はGoogleサーチコンソールの「メッセージ」もしくは「手動による対策」で確認できます。

もしこれらの2つによって手動ペナルティの存在を確認したら、必ずその原因を取り除くようにしましょう。Googleは、サイトのどういった部分がペナルティの対象となったのかを記載してくれます。

指摘どおりに問題のあるコンテンツやリンクを改善し、再審査リクエストを送信しましょう。

再審査リクエストがGoogleに受理され「違反が改善されていて問題がない」と判断されれば、手動ペナルティが解除されます。

尚、解除されたからといって元の検索順位に戻る訳ではありません。解除後クローラーが巡回し、問題を解決した段階でページの評価を計った上での順位となることもあらかじめ理解しておきましょう。

また、手動ペナルティは、問題を放置していても解除される場合があります。

これは手動対策ビューアから対応期限切れで警告が消えただけで、根本の問題の解決にはなっていない点と、その後解決したかわかりにくいだけに対応が面倒という点も含め、Googleからペナルティの通知がきた時点で、問題点をしっかりと改善していきましょう。

自動ペナルティの確認方法

自動ペナルティの場合、とくに通知はありません。

当然どこが問題点であるかも通知されないため、自サイトのトラフィック(データ量)が急に減る、自サイト名で検索するとトップページ以外のページが上位に表示されていたなどの現象が起きたときは、自動ペナルティも視野に入れ改善してく必要があります。(※上位に上がらないような処理が行われている)

さらに、自動ペナルティの場合は手動ペナルティと違い再審査リクエストを送ることができないため、クローラーの巡回を待ち、再びアルゴリズムに評価されることを待つのみとなるのです。

なお、このような状況に陥った場合は、まずは最近行った更新作業などにガイドライン違反となる対応がなかったか振り返り、それでもわからないようであれば、影響を拡大させない為にもSEOの知識がある方に相談されるのがよいでしょう。

Googleペナルティの解除方法

サイトがGoogleペナルティを受けていると確認したら、解除に向けて改善を行いましょう。

ここでは、Googleペナルティの解除方法を詳しく説明します。

不自然なリンクの確認、改善

Googleは現在のリンクの中で、ガイドラインに違反している不適切なリンクの例を教えてくれます。

そのような不自然なリンクを消す、もしくはnofollow(検索エンジンに対してこのリンクは無効化してくださいと伝える)を用いてリンクを無効にする必要があるでしょう。

リンクの否認方法

Googleサーチコンソールの「リンク」から不要なリンクを確認したら、サーチコンソールにログインした状態で、リンク否認ページにアクセスします。

対象ドメインを選択して「リンクの否認」をクリック。

申請用.txtファイルを選択したのち「送信」ボタンをクリックして完了です。

処理が完了した後も、「外部からのリンク」には表示し続けるため、そこについては注意しておきましょう。

再審査リクエスト

前述の通り、手動ペナルティの場合は再審査リクエストを送信できます。

自サイトに存在する問題を取り除いた後、Google Search Consoleにて再審査リクエストを行うと、Googleは「問題箇所が適切に直されてガイドラインに沿ったものになっているか」確認してくれるのです。

再審査に落ちた場合

再審査リクエストを送ったものの落ちてしまった場合、Googleからその旨を伝えるメッセージが届きます。

どこを直せばいいのかについておおまかな指標を示してはくれますが、詳細な改善点をGoogleは示してくれないため、再度自分で改善箇所を探す必要があるでしょう。

まとめ:Googleペナルティの確認方法と解除方法

解除 リリース 下降する男性 

今回はGoogleペナルティの確認方法と解除方法について解説しました。

このページの要点は以下のとおりです。

  • Googleペナルティは手動ペナルティと自動ペナルティの2つ
  • 手動ペナルティはGoogleの人の手によって判断や確認が行われるもので、Googleからサーチコンソールに通知が届く
  • 自動ペナルティはGoogleのアルゴリズムによって自動で行われ、通知はない。
  • 手動ペナルティの場合、Googleがどの箇所がガイドラインに反しているかを教えてくれる (すべてではない)ので、該当箇所を修正した後に再審査リクエストを送る
  • 解除されたからといって元の検索順位に戻る訳ではなく、問題を解決した段階でのページやサイト評価で順位が付く

既にGoogleペナルティを受けてしまっていても、落ち着いてこの記事に書いてある内容を確認し、対処すればあらかたの問題は解決します。

また「Googleペナルティって何だろう?」と考えこの記事を見た方は、Googleペナルティの原因について書かれた部分をしっかりと確認し、ペナルティの原因を作らないようサイト運営を行いましょう。

監修者コメント

ペナルティーという言葉は、最近ではあまり聞かなくなりました。

恐らくGoogleのコンテンツ理解が進み、自動判定されるようになったことがその要因だと思いますが、その処理スピードも速いことから、それによって何かしらの利益を得る人も少なくなったということも一因かと思います。

これは外部リンクに関しても同様で、2021年2月9日にGoogleのジョンミューラー氏は「スパム的な被リンクもほとんどの場合、自動で無効化している」とツイッターにて報告していました。

https://twitter.com/JohnMu/status/1359042436656476160

たとえば、ペナルティーとなるコンテンツやリンクの処理速度の事例として、数年前から横行している「日本語キーワードによるハッキング(Japanese Keyword Hack)といわれる自動で大量のドメインに複製コンテンツをつくるスパム行為(SEOポイズニング)に関しては、大量に複製されインデックスされてしまったたページが、今ではインデックスされた数日内に検索結果から類似コンテンツとして表示されなくなります。

また、外部リンクに関しても同様に、数日で一気にサーチコンソールに被リンクが認識されることになりますが、この大量リンクによって順位低下が起きたような影響は、2020年9月以降確認されなくなりました。参考ツイート:https://twitter.com/seoinfojp/status/1360118267029803010

それほどリンクやテキストなど含めたコンテンツを理解し処理する能力は上がっていますので、意味不明な文章やコンテンツの複製など、ラクして評価をもらおうといった考えは持たずに、ユーザーに評価されるオリジナル性の高いコンテンツ作りに努めましょう。

監修 SEOINFO

監修者:奥崎 宏(SEOINFO監修|奥崎宏@nexer,inc

(株)NEXER(取締役)の技術責任者(SEO業務やWEBのシステム開発に携わる)
アフィリエイトをきっかけにSEOを学び、SEO会社に転職。
これまで数々のカスタマイズを手掛け、現在はSEO歴13年以上。
特に順位変動の分析を得意とし、自身監修のSEOINFOにて分析結果を報告している。
SEOINFO:https://seoinfo.jp/

上位表示を諦めていませんか?

\取引実績3,000社のNEXERが提供するSEO/

サービス詳細を見てみる