この記事の監修SEO会社

株式会社NEXERのロゴ

株式会社NEXER

2005年にSEO事業を開始し、計10,000社以上にSEOコンサルティング実績を持つSEOの専門会社。
自社でSEO研究チームを持ち、「クライアントのサイト分析」「コンテンツ対策」「外部対策」「内部対策」「クライアントサポート」全て自社のみで提供可能なフルオーダーSEOを提供している。
SEOのノウハウを活かして、年間数百万PVの自社メディアを複数運営。

自社でSEO対策を運用してみたものの、「思うように検索順位が上がらない」「何が正しい情報かわからない」「分析に時間がかかり過ぎている」など、SEO対策を始めると様々な課題が生まれます。

そんな時に検討したい「SEOコンサルタント」ですが、日本国内だけでもSEOコンサルティングを提供している企業は数百社あると言われており、コンサル会社の見極めはとてもハードなものになります。

しかし、優秀なSEOコンサルティングサービスを導入することができれば、自社サイトの集客やブランディングを強化させることができます。

当記事では、SEOコンサルティングで提供してもらえる内容の紹介と、実績のあるSEOコンサルティング会社を18社紹介します。

SEOコンサルティングの導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

SEO対策コンサルティングとは

SEOコンサルティングとは

SEOコンサルティングとは、依頼のあったサイトに対してSEO対策を行い、狙ったキーワードの順位を上げて売上アップや集客に貢献していきます。

SEOコンサルタントの業務内容は、サイトの運営目的や課題をヒアリングしたうえで対策するべきキーワードを定め、サイト全体のSEO戦略を立て、目標に向けて具体的な施策の立案~実装を行います。基本的には様々なキーワードの順位を上げることに携わります。時には広告運用やSNS運用など、幅広い分野を扱うWEBコンサルタントとして動いているケースも一部あります。

SEOコンサルタントは、SEOに関する知識がない企業や個人の方でも、サイトの運営目的を達成できるよう徹底的にサポートしてくれます。

また、SEOはGoogleのアルゴリズムの傾向を分析しながら運用していくもので、さらには上位サイトや競合サイトの分析などを伴うケースがほとんどです。

SEOコンサルティングで提供される内容

SEOコンサルティングでは、クライアントのウェブサイトが検索エンジンでより高い順位を獲得し、目標とするトラフィックの増加を実現するために戦略立案を行います。サイトによって課題の在処は異なりますが、主に下記の3つの軸に沿って戦略立案をしてくれます。

 

実際にはさらに細かく細分化されてサービス提供されますが、大枠はSEOの基本となる上記3つになります。

SEOコンサルティングの流れ

SEOコンサルティングの大枠の流れは下記のようになります。

  1. ヒアリング~課題分析
  2. 競合分析
  3. プランニング
  4. 施策実行
  5. レポーティング・効果検証

 

ほとんどはキーワード分析から始まり、ウェブサイトの構造改善(内部対策)、コンテンツクオリティの改善・ユーザー体験の最適化(コンテンツ対策)、そして外部リンクの獲得戦略(外部対策)に至るまでトータルでサポートしてくれるケースが多いです。施策を行った結果をもって次の施策をどうするか決め、また施策を行うといったトライアンドエラーを繰り返します。

コンサル会社によって提供内容は細かく異なる

SEOのトレンドやアルゴリズムの変更に適応したアドバイスを提供し、継続的なウェブサイトの監視とレポーティングを通じて、成果が出るようにサポートしてくれるところは殆どの業者で共有ですが、実績のあるハイレベルなSEOコンサルティング会社であれば、各社の課題に合わせてサービスをカスタマイズしてくれるケースもあります。

アドバイスだけで留まる会社もあれば、立案から実行までトータルでサポートしてくれるコンサルティング会社もあります。各社によって提供内容が異なることもあるので、資料請求や問合せをして確認してみましょう。

GoogleもSEO業者の利用を推奨している

実は、GoogleもSEO業者の利用を推奨しています。Googleは、SEO業者の利用について以下の見解を示しています。

SEO 業者を利用するかどうかは、サイトの改善や時間の節約につながる可能性がある一方で、サイトや運営者の信用が損なわれるおそれもある重大な決定です。SEO 業者を利用するメリットと、無責任な SEO 業者によってサイトが被害を受ける可能性について必ず検討してください。

もちろんSEOコンサルの導入にはデメリット全ての企業で導入するべきというわけではありませんが、リソースをカバーしてもらったり、専門家を雇うという視点ではポジティブに考えてみても良さそうです。

SEO専門家の見解本格的なSEOの相場は10万円~20万円程度です。
金額としてはSEO担当者を一人雇っているようなものです。SEO担当者を雇うメリットは、自サイトにしっかり時間をかけることができる点です。
一方で、当然SEO専門会社のようなノウハウは持ち合わせていない場合が多いので、スキルの不安が残ることがデメリットと言えます。上記を踏まえて、SEOコンサルティング会社に外注するのか、SEO担当者を雇うのか決めると良いでしょう。

SEOコンサルティングのメリット

SEOコンサルティングのメリット

分析にかかる時間が軽減できる

SEOコンサルタントがいると、サイトに関わる分析作業のリソースを汲んでくれます。

サイトの規模によっては分析作業が1日では終わらないケースもあり、分析は初めの1回だけではなく、検索結果の動向を見ながら随時行う必要があるので、分析に時間がかかりすぎると、「分析している間にまた違う動きが発生した」なんてこともあり得ます。

本業がマーケティング関連でない限りは、SEOと関係のない作業と並行しながら分析業務を行うことになるので、作業リソースが不足する場合がほとんどです。

分析はコンサルタントに任せて、結果だけを見て課題の洗い出しを行う方が本業の弊害にならずに済みます。

費用が軽減できる

社内にSEOコンサルタントを雇うケースもありますが、外部のコンサルタントに依頼をした方が人件費をはじめとした費用が安く済む場合がほとんどです。

人件費だけでなく、分析ツールや順位観測ツール等、有料のツールを使うことも考えると、コンサルを外注した方がコストは抑えられます。

コンサルティング費用は月額制で提供している会社が大半なので、この月額の中にツール代や作業費が含まれる場合は、社内でコンサルタントを雇うよりも安く抑えることができるでしょう。

技術的な問題もカバーされる

SEO対策に必要な要素は多岐にわたり、必ずしも表から見えるものだけではなく、サイトの裏側や構築環境までチェックをするケースもあります。

普段使用しているサイトの管理画面内で解決できない場合、ある程度技術的な知見が必要になります。ここをカバーしてくれるのがSEOコンサルタント、SEOコンサルティング会社です。

会社にもよりますが、技術的ノウハウが必要な作業を代行してくれるコンサルティング会社もありますので、社内で新たにエンジニアを雇う必要もありません。

 

SEOコンサルティングのデメリット

SEOコンサルティングのデメリット

成果が保証されるわけではない

SEOコンサルティングを導入しても、必ず成果が達成できるわけではありません。

コンサルタントの力不足、自社の対応スピード不足、Googleのアルゴリズムの変化、様々な要因によって思うように結果が振るわないこともあります。

SEO対策は様々な変化や要因によって結果が左右されるというリスクも認識したうえで取り組んでいく必要があります。

無形商材である

SEOコンサルティングは目に見える納品物はほとんど無く、基本的には知識を提供してくれる無形商材のサービスなので、サービスの良し悪しをしっかりと見極める必要があります。

「SEOコンサルの詐欺に遭った」という話はほとんど耳にすることはありませんが、契約した後に「提案時と話していた内容と違う」「毎月順位レポートが送られてくるだけ」という会社も中には存在します。

対策実績やコンサルタントのスキル等、できる限り入念にチェックして導入を検討しましょう。

SEOコンサルティングのチェック表

SEOコンサルティングの導入を検討している方のために、導入検討時のチェック表を作成しました。

あくまで最低限のチェック項目となりますが、重要項目になるので必ず確認しておきましょう。

確認項目
対応確認
① 対応しているSEO対策の範囲は?
② コンサルタントは個人か企業か?
③ 個人の場合、数年前の実績ではなく、直近でSEOに携わっていることが証明できるか
④ 会社の場合、最新のSEOアルゴリズムを分析する研究チームを所有しているか。
⑤ SEO対策の実績はあるか?
⑥ 固定化された対策ではなく、あなたのサイトに合わせた対策を提案してくれるか
⑦ コンサルタントは信頼できる人柄か
⑧ SEOコンサルティングの費用は適切か

 

SEOコンサルティング会社を選ぶ際のポイント

SEOコンサルティング会社を選ぶ際のポイント

SEOサービスを扱っている会社は日本国内だけでも数百社あると言われています。当然その中から優秀なコンサル会社を選出することはとてもハードルの高い作業となります。

SEOコンサルタント会社を選ぶ際は、実績やスキル・技術の高さはもちろん、円滑なコミュニケーションがとれるのか、適切なプランを提案してくれるのか、コンサルタント費用なども重要なポイントになります。

ここではコンサル会社を選定する際のポイントを詳しく解説しますのので、今後コンサル依頼を検討さされている方はぜひ参考にしてみてください。

対応実績

SEOコンサルティングは目に見える有形商材ではないので、「対応実績」は必ず参考にしておくべきです。SEOコンサルティング会社を選ぶ際は、これまでに得られた成果を示す具体的なデータを公開している会社に絞ると良いでしょう。

弊社NEXERの場合だと、導入事例に実行内容等を乗せています。

コンサル会社のWEBサイトで実績が公開されていない場合もありますが、商談時に実績を公開してくれる会社もあります。可能であれば自分の会社と同じ業種の実績を公開してもらうとより検討しやすくなるでしょう。

スキルや技術の高さ

基本的なタグ周りの修正や外部リンクをいくつか提供しただけで、サービスの提供が終わってしまう業者も珍しくありません。

現在のSEO対策はテンプレート通りの動きをしても上位表示することはでできません。当然、サイト毎の課題もバラバラですので、しっかりと戦略を立て、それを実行するスキルを持っているかまで確認しておきましょう。

円滑なコミュニケーション

円滑にコミュニケーションがとれるかどうかも、SEOコンサルティング会社を選ぶうえで重要なポイントです。

依頼する際は、どういった手段でどのくらいの頻度、どのような形式で情報を共有したり報告・検討するのかを決める必要があります。その際、コミュニケーションが円滑にとれないと対策が滞ってしまい、どんどん他のサイトに置いていかれてしまいます。

SEO業界は情報の移り変わりが激しいので、潤滑なコミュニケーションも必要となります。

適切なプランの提案

SEOコンサルティングを外注するにあたり、自社の課題に対して適切なプランであるか見極める必要があります。

コンテンツに弱点があるのに「被リンク獲得が得意な会社」を任せてしまったりすると、そもそもの弱点を改善できず費用と時間が無駄になりかねません。

自社サイトの弱点を補う作業を汲み、うまくリソースをカバーしてくれるコンサル会社であるかしっかりと見極めましょう。

コンサル費用

コンサルティング費用の見積もりは、できる限り細かい内訳まで確認しておきましょう。SEO対策は非常に奥が深く、施策が広範囲に及ぶこともあるため、費用に含まれるサービスの範囲を明確にしておかなければなりません。

また、SEOコンサルティング会社の費用比較も重要です。会社によってコンサル費用は異なるので、比較してコンサルティング費用をおさえられるケースもあります。

コンサル会社によってはSEO費用が明確化されていないケースもありますが、これはサイトによって工数や課題が全部異なるため、パッケージでは対応しづらい傾向があるためです。

SEO業者の選択方法

SEO業者を選ぶ方法として、Googleの公式セントラルを参考にしてみると良いでしょう。
Google検索セントラルでは、SEO業者に以下の質問をすると良いと紹介しています。

・過去の作業のサンプルと成功事例をいくつか紹介してもらえるか
・Google検索の基本事項に準拠しているか
・オーガニック検索に役立つオンラインマーケティングサービスやアドバイスを提供しているか
・どのような結果が期待されるかと、その日程、成果を測定する方法
・同業種での実績
・最も重視している SEO 技術
・創業年数

Googleの見解としては概ね、「実績を確認すべきだ」ということでしょう。

「SEO専門会社としての活動年数」
「過去のSEO実績」
「SEOに役立つ情報やサービスを、公に発信・提供しているか」

このあたりは、しっかりと確認しておいた方が良さそうですね。

SEO専門家の見解WEBで調べれば”ある程度”はSEOの情報を学ぶことができます。
SEOの知見が全くない人にとっては、SEOを少しかじった程度でも、SEOのスペシャルリストに見えてしまうこともあると思います。
よって、実務経験が少ない人でも「SEOコンサルタント」を名乗れてしまうのです。一般的なSEOの概要は載っていても、実際はキーワードやジャンル、サイトの形式によって対策方法が異なったりするものであり、評価項目も日々アップデートされているため、WEBの情報だけでは不十分と言えるでしょう。一方でSEOを専門に取り扱っている会社は膨大な数のSEO分析を行っているので、日々変動するSEOのアルゴリズムへの対応力は高い傾向があります。

SEOコンサルティング会社18選

国内にも数多くのSEOコンサルティング会社が存在しますが、それぞれ得意としている分野やコンサルタント費用は異なります。

ここでは実績のあるSEOコンサルティング会社を18社紹介するので、自社サイトのSEOで悩んでいる方は依頼する際の参考にしてみてください。

seo analyst(旧:SEOWeiV)

SEOWeiV LP3
seo analystは累計1万社以上のクライアントへSEO対策やコンサルティングサービスを提供してきた株式会社NEXERのサービスです。seo analystでは、SEO施策の提案から実施まで一貫したサポートを行います。

日々複雑化するGoogleのアルゴリズムのなかで検索順位を上げるためには、ユーザーニーズに応えるコンテンツ制作やサイトドメインの評価を高める外部対策、クローラーから適切な評価を得るための内部対策など、さまざまな問題に対応しなければなりません。

しかしseo analystは検索結果の傾向や調査を通じてユーザーの求めるコンテンツを分析し、サイトに不足しているコンテンツを提案するので「SEOノウハウはよく見るが、自社にどう当てはめていいのかわからない」という場合にも安心です。

担当者がオーダーメイドで施策を組み上げるため、今あなたのサイトに必要な施策・コンテンツだけをご提案いたします。

さらに、外部対策としてドメインを強化するために必要な外部リンクを獲得する施策や、内部対策としてGoogleエンジンに評価されやすいサイト構成の提案が可能です。

また、コンサルティングサービス以外にもサイト制作サービスもご用意しております。

貴社の工数負担を低減しつつ、たしかなディレクションで「結果を出すウェブサイト」を構築します。

ただ単純にサイトを設計するのではなく、コーポレートサイトやサービスサイト、店舗サイトなどの「形」と集客・ブランディングなどの「目的」に合わせてSEOに強いサイトを制作し、結果を残すのがseo analystです。

ナイル

ナイル株式会社

ナイルは独自のSEO技術やコンテンツ制作、データ解析のノウハウと卓越した実行力を持ちあわせ、SEOやコンテンツマーケティングを主軸としたマーケティング支援を行っているSEOコンサルティング会社です。

難易度の高い社内試験に受かったコンサルタントと、確かなキャリアを積み上げてきた熟練編集者が連携し、最新のGoogleガイドラインに則ったコンテンツを制作してくれるうえ、ユーザー解析を根拠としたウェブサイト改善でCVRを向上させてくれます。

また、マーケティングの成功にはノウハウや経験だけでなく、他部署や経営層との連携も重要になりますが、ナイルのインハウスマーケティング支援では、ナレッジの提供や単なる育成だけでなく社内調整支援も行ってくれるので安心です。

ナイルは順位の改善からユーザーの訪問数を増やし、CV増加につなげるのはもちろんのこと、総合的にマーケティングをサポートしてくれるため、分からないことがあれば何でも気軽に質問できます。

ただのコンサル・代行業者ではなく、それぞれの会社やサービス、社内事情を把握したうえで優秀なパートナーとなってくれるのがナイルの魅力です。

ナイル株式会社のSEOコンサルティングサービス

株式会社メディアグロース

株式会社メディアグロース
株式会社メディアグロースは、日本トップクラスのWebメディアを複数構築したナレッジを活かし、「SEOコンサルティング」「SEO記事制作代行」を行うSEO対策会社です。

代表の舟崎さんは10年以上のSEO経験があり、億単位のバリュエーションでのサイト売却経験もあります。
その知見をもとに、SEOコンサルティング事業を立ち上げ、売上300%UP、最短2か月で上位表示という実績を持っています。

また、一般的にSEO対策が難しいと言われる大規模DB型サイトも対応可能です。

SEOコンサルティングだけでなく、1本6万円からの記事制作代行、単発でのSEO設計サポートも行っています。

株式会社メディアグロースのSEOコンサルティングサービス

アユダンテ

アユダンテ株式会社

アユダンテはテクニックだけに頼るSEOではなく、クライアントの事業ニーズや顧客ニーズに適したSEOを実施してくれるSEOコンサルティング会社です。

2006年の設立以降、大きなサイトのリニューアルに数百件携わっており、豊富な経験から成功させるための進め方や知識が多数蓄積されています。大規模サイトの場合はシステム面での対応が必須になりますが、優秀なエンジニアがサポートしてくれるので安心です。

また、長期的な効果を出し続けるために現行サイトだけでなく、他社のサイトも徹底的に分析し、取り組むべき課題とこれからの目標を明確にしたうえで、ユーザーのニーズに合致したサイト構造を設計してくれます。

クライアントのシステムや業務、運用体制までしっかり理解して最適な提案をしてくれるので、長期的な効果を得ることが可能です。施策は半年~1年のプロジェクト型となっています。

S&Eパートナーズ

S&Eパートナーズ

S&Eパートナーズはウェブマーケティングの仕組み化を企業に提供し、SEO対策サービスやウェブコンテンツ制作、広告コンサルティングなど、ウェブマーケティングソリューションをトータルでサポートしてくれるSEOコンサルティング会社です。

これまでに築き上げてきたSEO対策のノウハウ・ユーザー目線で、どんなクライアントのサイトも利便性の高いサイトへと導き、ホームページの成果を最大化してくれます。

S&Eパートナーズでは、初めにGoogleのガイドラインに示されたチェック項目に沿ってクライアントのサイトが診断され、診断の結果からそのサイトには何が必要なのかを明確化したうえでオーダーメイドプランがカスタマイズされます。

そのため、無駄を省いて最短距離でサイトの上位化を目指すことが可能です。また、S&Eパートナーズは、クライアントの企業理念やビジネスモデルを理解したうえで成果の上がる対策キーワードを提案してくれます。

設定したキーワードに対してユーザーの反応が早く、全てのキーワードが上位安定化した際は、キーワードを追加で提案してくれるので、あらゆるキーワードで上位を狙うことが可能です。

Speee

株式会社Speee

Speeeは自社で開発したプロダクトと、戦略設計からPDCAを回しきるまでの総合的なサービスをベースに、マーケティングをサポートする頼れるパートナーとして、クライアントの成長に貢献しているSEOコンサルティング会社です。

日々進化していくデジタルテクノロジーを適切に活用することで、これまで最適化しきれていなかったクライアントのマーケティング活動を次のステージへ押し上げてくれます。

Speeeは以前まで、モバイル事業におけるSEO対策サービスを得意としていましたが、現在では一般的に対策が難しいとされる求人サイトなどにおいても確かな実績を積み上げているのが特徴です。

また、短期的なSEO対策の効果実現を目指すだけでなく、中長期的なSEO対策にも定評があります。

PLAN-B

株式会社PLAN-B

PLAN-BはSEOやADプランニングだけでなく、ウェブサイトの構築やコンテンツマーケティングなど、PLAN-Bならではのマーケティング技術を駆使して、専門のチームが一貫してサポートしてくれるSEOコンサルティング会社です。

PLAN-BのSEOコンサルティングは、単純にキーワードの順位を上げることや、多くのユーザーをサイトに集めることを目的・目標としていません。

PLAN-Bは常に利益を追い求め、売上につながるユーザーを集めることでCVの増加を目的としたコンサルティングを行っています。

また、これまでの取引実績は5,200社を超えているため、さまざまな業界・サイトタイプでの上位表示に対応することが可能です。

コンサルティングの契約期間は6ヶ月となっているので、基本的に6ヶ月で提案時のKPIが達成できるようスケジューリングしてくれます。ただ、6ヶ月を過ぎた後も契約を延長すればサポートしてもらえるため安心です。

Faber Company

株式会社Faber-Company

Faber Companyは単に上位表示を目指すのではなく、そのサイト本来の目的を達成させるSEO施策を提供しているSEOコンサルティング会社です。

ビジネスサイトであれば集客や売上向上、広報のサイトであれば広くリリースすることが目的になりますが、Faber Companyは各サイトの目的を明確にしたうえで施策を提案してくれます。

社内には確かな技術をもったスタッフが多数存在し、各々の専門分野で最先端の知識や情報を把握して、しっかりと実践に結びつけているのが特徴です。

もちろんその中にはSEOに長けたスタッフも存在し、国際カンファレンスに出席して欧米の有名なSEOエキスパートと意見を交換したり、Googleのエンジニアへのヒアリングなどを行っていることから、常に最先端の知識と技術による施策を提供してもらえます。

また、Faber Companyは不動産販売や高級シルバーアクセサリー販売など、合計7社の事業会社を傘下で運営しており、そこでは独自に開発したSEO施策や検索エンジン集客施策を実際に導入して、実験的にデータの収集が行われています。

つまり、実践して効果のあったSEO施策だけがクライアントに提案されるということです。現場で鍛えられた論理を背景に、効果のあった施策だけを提案してくれるのはFaber Companyの大きな魅力といえるでしょう。

DYM

株式会社DYM

DYMは約3,500社以上のクライアントを抱え、対策キーワード数においては3万2,000ワード以上の実績があるSEOコンサルティング会社です。

社内にはSEO技術者40名に加えてSEOコンサルタント15名、SEO解析チーム5名、タイ人コーダー15名と多数の技術者が在籍しているうえ、20万サイトにも及ぶ自社サイトや12万以上のドメイン、4,500以上のclass-C分散IPアドレスをもっています。

さらにDYMでは、解析を行うエンジニアが毎月SEOにおける10の主要ワードを選定し、検索エンジンの1位〜100位のサイトを解析しているため、その時々のトレンドに合った施策を提案してもらうことが可能です。

また、DYMはサイト制作も行っています。サイトの制作実績が豊富で、総合ウェブマーケティングにおいても数々の実績をもつDYMは、エンドユーザーへの視覚的訴求と効果的な集客を同時に実現することが可能です。

DYMはSEOにおける豊富な知識と経験を活かし、ユーザービリティの高い最適化されたサイトを制作してくれます。

 

アイオイクス

アイオイクス株式会社

アイオイクスは2002年の設立以降、これまでに1,000サイト以上へSEOサービスを提供してきたSEOコンサルティング会社です。

現在はSEOで培ってきたマーケティングの専門知識と技術力、さらには安定した資本力を備え、SEOだけでなくウェブメディアやECサイトの運営、新規技術の研究開発などが行われています。

そんなアイオイクスのSEOコンサルティングでは、単に対象となるキーワードの順位を上げるだけでなく、クライアントの事業戦略やマーケティング施策などの背景を理解したうえで、目的・目標達成につながる本質的な提案をしてもらうことが可能です。

アイオイクスには、独自のクローラーによるサイト分析やボットの生ログ解析による精密な分析、目標に対して適切なスケジュールを設定してプロジェクトを推進する高いプロジェクト推進力、長年SEOに携わることで蓄積されたノウハウがあります。

2021年1月に実施された顧客満足度調査では、82%の顧客がアイオイクスのサービスを紹介したいと回答していることからも、サービスの質の高さがうかがえるでしょう。

ウェブライダー

ウェブライダー

ウェブライダーは、15年以上SEO業界の最前線で成果を上げ続けてきた実績と、多数のヒットコンテンツを生み出してきた高いコンテンツ制作力を持ちあわせたSEOコンサルティング会社です。

ビジネス戦略やブランディングといった上流工程から、ウェブ制作や集客コンテンツ制作などの実務、内製化支援まで徹底的にサポートしてくれます。

コンサルティングサービスには、単発コンサルティングと顧問コンサルティングの2つのプランが存在しており、希望に合わせてプランを選択することが可能です。

単発コンサルティングプランは、1回3時間でクライアントの課題に対して課題解決方法を提案してくれるプランで、サイトや記事への改善提案、SEOで上位表示するためのアドバイスが行われます。

ただ、単発コンサルティングを受けられるのは、毎月5社限定なので注意が必要です。

そして顧問コンサルティングは、ブランディングやオウンドメディアの立ち上げなど、クライアントの強みを最大限に活かす施策を提案してくれるプランで、3ヶ月から中長期で継続的に支援してもらえます。

SEOに関する知識がなく、継続的に支援してもらいたい場合は顧問コンサルティングを選択しましょう。

ディーエムソリューションズ

DMソリューションズ

ディーエムソリューションズは1,000社を超える取引先のアクセス解析を基に、クライアントのビジネスゴールを達成するため、最新の検索エンジンのアルゴリズムに対応できるサービスを提供しているSEOコンサルティング会社です。

16年以上にわたり、さまざまな業界のSEOを経験してきたコンサルタントがサイトの課題状況を的確に分析し、ベストな施策を組み合わせたオリジナルSEOコンサルティングプランを提供してくれます。

クライアントの状況を丁寧にヒアリングし、課題を予算内で解決できるようベストな施策をカスタマイズしてくれるのはもちろんのこと、希望があれば制作や広告施策を組み合わせることも可能です。

また、ディーエムソリューションズは社内に制作部隊を抱えているため、製作費をおさえられるうえ、スピーディーに施策を実行できます。

フルスピード

株式会社フルスピード-

フルスピードは、2001年の創業以来クライアントに応じて多種多様なプランを提供してきた非常に技術力の高いSEOコンサルティング会社です。

コンサルティングの内容としては、UI/UXコンサルティングやエキスパートSEO、質の高いコンテンツを継続して発信し続けるコンテンツSEO、ニッチなワードを狙って検索上位を獲得するロングテールSEOなどのサービスをメインに提供しています。

プラン数が豊富なので、依頼する際は自社に適したサービスを選ぶことが重要です。

また、フルスピードは世界最高水準のSEO分析ツールであるAhrefsの日本語版を提供し、高い評価を得ています。SEOのプロが使用する分析ツールのオフィシャルパートナーであり、高い分析力を誇るフルスピードであれば安心して依頼できるでしょう。

アイレップ

株式会社アイレップ

アイレップは、デジタルマーケティングの実行に必要な全てのメニューを自社で一手に行い、それぞれに適した手段を取捨選択することで、クライアントのマーケティング課題を本質的に解決してくれるSEOコンサルティング会社です。

市場を動かすマーケティングと、クライアントの商品に購買する意味をもたせるブランディングで、ユーザーに選ばれる価値創造をサポートしてくれます。

また、アイレップはSEOだけでなくデジタルマーケティング事業を総体的に行っているので、より深い領域まで踏み込んだSEO上の課題を解決することが可能です。

アイレップは業界・業態を問わず、企業が抱えるマーケティングの課題を総合的にサポートしてくれます。

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェントは、1998年に設立されて以降、インターネット広告事業をメインに展開し、圧倒的な運用力及びクリエイティブ力を強みに、それぞれが抱える課題の解決方法を提供しているSEOコンサルティング会社です。

さまざまな事業を行うサイバーエージェントの社内には、サイバーエージェントSEO研究室というSEOの研究機関が存在します。研究室では、京都大学と連携してGoogleのアルゴリズムの解析などが行われており、データに基づいた施策を提案してくれるのが特徴です。

豊富な知識と確かな技術をもっているサイバーエージェントは、大規模なサイトやグローバルに展開されているサイトの案件を数多く抱えており、その知識や技術には定評があります。

オプト

オプト

オプトは、メディアや広告商品の特性を知り尽くした企業ならではのノウハウを活かし、クライアントのマーケティング効果を最大化してくれるSEOコンサルティング会社です。

リスティング広告では過去の実績やノウハウをもとに、業界に特化した専門チームが運用を円滑にサポートしてくれるうえ、ソーシャルメディア広告では近年のトレンドであるソーシャルメディアを活用したさまざまな支援ツールによるサポートが行われています。

また、社内には動画領域に特化した専門部署が存在しており、新たな広告手法として注目を集める動画広告でマーケティング活動をサポートしてもらうことも可能です。

株式会社ブランディングワークス

ブランディングワークス

株式会社ブランディングワークスは、SEOコンサルティングやコンテンツマーケティング支援を主軸に事業を展開している会社です。SEOのみならず、広告、SNS、アフィリエイトなど、Webマーケティングの幅広い手法に対しても支援。

少数精鋭の社員とパートナー企業、外部の専門家と協力しながら、多様なニーズに対応する柔軟なサービスを提供し、顧客成果の最大化を目指しています。

また、特徴的なのは、「固定金額・契約期間」の縛りを設けず、クライアントのニーズに合わせた柔軟でカスタマイズ可能なSEO支援サービスを提供している点。これにより、事業状況に応じて必要なサービスを選択し、不要な部分はカットできるため、費用の最適化・低リスクでのSEO対策が可能です。

テクロ株式会社

テクロ株式会社

テクロ株式会社は、BtoB企業に特化してコンテンツマーケティングの伴走型支援を行う会社です。オウンドメディアの運用代行サービスでは、SEOコンサルティングにとどまらず、SEO記事制作やCTAの設置、お役立ち資料の作成など、オウンドメディアに関する施策をまるっと代行します。

PV数を伸ばすだけでなく、リード獲得につながるオウンドメディア運用が得意で、問い合わせ数を月数件から100件にした実績もあります。また、BtoB企業に特化しているため、40社以上を支援してきたノウハウを活かし、ニッチな企業にも対応しています。

その他にも、6ヶ月間で会社に合ったマーケティング戦略・施策策定を行う「BtoBマーケティングコンサルティング」サービスや、潜在リードを掘り起こし営業部隊に見込み度の高い商談を提供する「メルマガ・MA運用代行サービス」などを提供しています。

Webマーケティングを内製化したい企業向けには、1日5分で即戦力のBtoBマーケティングチームをつくる eラーニングサービス「マーケブル」も提供しています。とにかくBtoBマーケティングを総合的に強化したい、と考えている方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

BtoB企業特化の伴走型マーケティング支援 テクロ株式会社

SEO会社の分類

SEO会社の分類
・SEO専門会社(SEOメーカー会社)
・WEB制作会社
・SEO販売代理店
・コンテンツ制作代行会社
・SEOコンサルタント(個人)

SEO対策を提供している会社は主に上記5種類に分類できます。

SEO専門会社

SEO専門会社は、自社内にSEO研究チームを持ち、「SEOコンサルティング」「SEO外部対策」「SEO内部対策」「コンテンツSEO」など、SEO対策に関すること全般に対応しています。

また、一部のSEO販売代理店に対策を卸していることもあります。提供しているSEOは本格的な対策となるため、料金も5万円~30万円程度が相場です。

全国にSEOサービスを提供している会社は1,000社以上ありますが、自社内にSEO研究チームを持ったSEOメーカーは全国に数十社しかありません。

SEO専門会社のメリット

① SEOの技術力の信頼性が高い

数千サイトを対策してきた経験と、SEO研究チームの日々の研究によって、個人では補えないほどのSEOノウハウを持っている。

② SEOの最新のアルゴリズム変化に対応できる

検索順位決定のアルゴリズムは頻繁に変更されるため、過去にSEOで成功しても、今のSEOアルゴリズムに対応できるわけではありません。

SEO専門会社は数百~数千サイトの対策をおこなっており、リアルタイムで変動を確認できるため、アルゴリズムの変化による、最新の評価基準の傾向をある程度分析することが可能です。

③ 会社としての信頼がある

中規模以上のSEO専門会社の場合は、会社の信頼性があるため、ある程度サービスの質は担保されていると言えます。
SEOは、最善を尽くしても順位上昇できないこともあり、結果が出なければ悪い口コミにつながりやすい業種ですが、その中でも多くのクライアントを抱えて、現在も生き残っているSEO専門会社は、信頼性が高いと考えられます。

SEO専門会社のデメリット

① 料金が比較的高い

「SEO分析」「外部対策」「内部対策」「コンテンツ対策」など、本格的な対策をフルパッケージでおこなうため、費用が高くなります。

② 対応がマニュアル的

自分で受注して自分で対策をおこなう個人のSEOコンサルタントと比べて、営業担当・技術担当・お客様対応担当が分かれているケースが多く、対策や対応がマニュアル的に感じることがあるかもしれません。

WEB制作会社

WEB制作会社は主にHPを作成している会社です。
HP作成は主にWEBからの集客を目的としている場合が多く、SEOの需要がセットで付随するため、「SEO対策に強いWEB制作会社」とマーケティングをおこなっている会社が多くなっています。

ただし、おこなっている対策はピンキリで、SEO専門会社に比べると初歩的なSEO対策に留まります。また、SEOに関してはSEO専門会社に委託しているケースもあり、SEO対策はあくまでWEB制作の付随サービスとして位置づけられています。

WEB制作会社のメリット

① サイト制作から一貫しておこなえる

WEB制作から一貫しておこなえるため、WEB制作会社とSEO会社間で対応の拗れが発生しない。

② 費用が比較的安い

おこなう対策は、SEO専門会社に比べるとライトな対策となるため、費用は安価である場合が多いです。

WEB制作会社のデメリット

① SEOのノウハウがあまり無いことも

多くのWEB制作会社は営業文句として「SEOに強い」ことを押し出していますが、実際はネットで知れる程度のSEO知識や、古いSEO知識であることも多いです。

SEO販売代理店

SEO販売代理店は、SEOサービスの営業のみをおこない、実際のSEO対策はSEO専門会社に委託しています。
SEO専門会社の一般的な対策費用にプラスで中間マージンが発生するため、SEO専門会社に直接依頼するより割高になってしまうことがあります。

もしくは、SEO専門会社の技術の一部のみを卸してもらい、クライアントには格安でライトなSEOを提供している場合もあります。

SEO販売代理店のメリット

① 料金が比較的安い

SEO専門会社の対策の一部のみを卸してもらい、それを提供している場合は、安価でSEOを依頼できる。

SEO販売代理店のデメリット

① フルパッケージSEOは割高

SEO専門会社のようなフルパッケージの本格的SEOを依頼する場合は、直接SEO専門会社に依頼するより割高になる。

② SEO専門会社かSEOの代理店なのか判別がつかない

SEOの販売代理店は、わざわざ代理店であることは営業上有利に働かないため公表しないケースが多いです。

コンテンツ制作代行会社

コンテンツ制作代行会社は、記事制作を主におこなっている会社です。
コンテンツ制作代行は、「個人ライター」「ライティング代行会社」「SEO専門会社の1サービス」「WEBマーケティングツール会社の1サービス」として、提供されていることが多いです。

コンテンツ制作代行会社のメリット

記事制作費用が比較的安い

SEO専門会社に比べて、記事制作オンリーでおこなっている会社は記事制作費用が比較的安いです。

文章力が高い

頻繁に記事を書いているため、比較的高い文章力を持っています。

SEOコンサルタント(個人)

SEOの専門家に直接にSEOの監修をおこなってもらう方法です。
SEOコンサルタントは、過去に自サイトのSEOで成功した方や、大手SEO会社で働いていた方などが多いです。

SEO専門会社と異なり、SEOの実力は完全に個人のスキルに依存するので、依頼する方によって当たり外れが大きいものとなっています。

クラウドソーシングなどで格安で依頼することができますが、スキルが十分でないSEOコンサルタントも多いので、依頼する際は慎重に選びましょう。

SEOコンサルタント(個人)のメリット

マニュアル的な対応ではない

SEO専門会社の場合は料金プランやマニュアルが用意されているため、プラン以上の対応になると、追加料金が発生したり、お断りされるケースもあります。
一方で個人のSEOコンサルタントの場合は、もちろん上記のような対応になることもありますが、SEO専門会社に比べると柔軟に対応してもらえる印象です。

SEOコンサルタント(個人)のデメリット

SEOの知識が一次情報でない場合がある

個人のSEOコンサルタントの場合、一人で数百サイトのSEOを担当するのは困難なため、ネットでSEOの情報を調べることはできても、実際のサイトの変動を分析して、直近のSEOのアルゴリズムの傾向を知ることが難しいです。

SEOの知識に偏りがある

SEOはジャンルやキーワードごとに検索順位決定の評価基準が異なります。
そのため、特定ジャンルのSEOで成功しても、他のジャンルでは通用しない可能性があります。

SEOコンサルティングの内容

SEOコンサルティングの内容
偏に「SEOコンサルティング」と言っても、実際におこなってもらえることは会社によって異なります。

一般的なSEOコンサルティングは、SEO的なアドバイスや指示を受けることができるサービスです。
アドバイスや提案にプラスして「コンテンツ作成」や「外部リンク施策」などを提供している会社もあります。

SEOコンサルをフルで依頼する場合、SEOコンサルティングの内容は以下のようなものになります。

① サイト分析:サイト内の状況を調査し、SEO的に悪い部分を発見します。
② 競合分析:競合サイトの分析をおこない、該当ジャンルのSEO傾向を調査します。
③ キーワード設計:狙っていくべきキーワードの設計をおこないます。
④ サイト構造ディレクション:サイトの構造上の問題を取り除きます。
⑤ 内部対策提案:SEO的に評価されやすいよう、サイト内部状態を最適化します。
⑥ 外部対策提案:外部リンクを獲得しドメインを強化する方法を提案します。
⑦ コンテンツ提案:検索上位サイトに負けているコンテンツを分析し、リライト・追記の提案をおこないます。
⑧ 順位変動の分析:SEO施策を一通りおこない順位変動を確認します。
⑨ 改善案の策定:順位の変動状況から効果的な施策を分析し、新たに施策をおこないます。
⑩ PDCAサイクル:上記のPDCAサイクルを回して順位を改善します。

 

SEOコンサルティングの費用相場

SEOコンサルティングの費用相場
SEOコンサルティングの費用は、提供されるサービスの種類や範囲、ジャンル、コンサルタントの経験や専門性などによって異なります。一般的に、以下のような価格帯があります。

小規模企業向け:月5万~20万円
中規模企業向け:月10万円~30万円
大規模企業向け:月30万円~100万円

また、一回限りのコンサルティングやプロジェクトベースのコンサルティングなど、サービスの種類によっても価格は異なります。

ただし、SEOコンサルティングの費用だけでなく、ウェブサイトの改善や対策の実施にかかる費用も含めて考慮する必要があります。SEOコンサルティングは、長期的なプロジェクトであるため、コストは予算内で管理できるように、コンサルタントとの契約前に契約内容と費用を明確化しておくことが重要です。

SEOを専門会社に依頼する場合の費用について詳しく知りたい方は「SEO対策にかかる費用は?依頼先の選び方も紹介」を読んでみてください。

自社でSEO対策コンサルティングを行った成功事例

弊社で実際にSEO対策コンサルティングを行った事例をご紹介します。

クリーニング系のキーワードで検索上位を獲得

ジャンル クリーニング
対策開始日 2020年7月1日
対策前の検索順位 10万円程度
対策内容 SEOコンサルティング(競合分析、内部対策、外部対策、コンテンツ対策)
対策前の検索順位 キーワードA(クリーニング系):圏外【検索ボリューム:8100】

 

サイトの説明

全国展開しているクリーニングのサイト。
今回の対策は今後力を入れていく予定の宅配クリーニング事業。

対策内容の詳細

・コーポレートサイト内の専用ページにて対策を行っていたが、修正がしづらい作りをしていたためリニューアルしサブドメインにて新たに宅配クリーニングのサイトを制作会社にて作成。
・内部ソースの最適化。
・専用のサテライトサイトを作成。また、継続的な外部リンク獲得施策の実施。
・低質な外部リンクの削除。
・検索上位サイトと比較しながら有益と思われるコンテンツを追加。

SEO対策後の検索順位結果

クリーニング系キーワード:圏外 → 3位

対策ページへの外部リンク獲得の推移

2021年6月にサブドメインにてサイトを作成していただき、外部リンク獲得施策を実施。
現状は10ドメインからの被リンクを獲得しています。
また、作成サイトは定期的にコンテンツを追加し、効果を継続させるようにしています。
検索順位を付けたいページへの直接外部リンクは、一番効果的な被リンク獲得です。

自社の見解私が契約当初の2020年7月からサポートさせていただいているクライアントです。
契約当初はサイトの利便性に改善の余地があり、修正もままならない状況でした。そのためサブドメインでの運用をご提案し、2021年6月に新サイトが完成しました。
その後は内部のコンテンツ追加を中心にご提案し、制作会社様と共に二人三脚でサイトの改善に注力し、2022年以降は安定してトップページ以内へのランクインを記録しております。
2023年以降は、先方が集客のために利用している他会社も交えて定期的にミーティングを行い、全員でサポートをさせていただいております。
2023年6月現在、順位は5位以内で安定してきており、今後も都度打合せを行いながらサポートを続けていく予定です。
その他にも、弊社NEXERのSEOコンサルティングを導入いただいた事例をたくさん掲載していますので、気になる方は「SEO導入事例」を御覧ください。

まとめ

専門的なSEOの知識が無いと、サイトを立ち上げたところでユーザーの目に留まらず、目的の商品購入まで至らないケースがほとんどです。実際にサイトを運営してみても、全く成果が出ずに悩んでいる企業の方も多いでしょう。

SEOコンサルティング会社に依頼することで、サイトの目的に合わせて施策を提案してもらうことが可能です。的確にコンサルティングを受けることで、SEOのノウハウが無い方でも検索順位の改善が望めます。

ただ、SEOコンサルティング会社は数多く存在するので、実績の豊富さやスキル・技術の高さ、コンサルタント費用を比較したうえで依頼する会社を決めましょう。

NEXERは各社の課題に合わせた
専用SEOプランをご提案いたします!
  • どんな対策をすればいいかわからない…
  • 最適な対策キーワードがわからない
  • 施策実行のリソースが不足している

SEOコンサルタントが貴社サイトの課題を洗い出し、最適なSEO対策を一緒に考えます。

SEO無料相談はこちら

関連記事

SEO対策とは?検索上位表示を狙う方法まとめ!

監修者プロフィール

NEXER 工藤

NEXER 工藤6つのオウンドメディアの運営責任者

詳細プロフィールはこちら

2017年NEXERに入社。前職はスマートフォンの販売員。
NEXER入社後はSEOコンサルティング営業部、クライアントマーケティング事業部を経て、現在はオウンドメディアを6つ運営&管理の責任者を任されている。
新規で1から立ち上げた2つのサイトは年間100万PV以上のメディアに成長。
既存のオウンドメディアと、サイト買収をおこなった3つのサイトは、運用当初に比べて3倍~5倍の収益を出すメディアに成長。
さらに、2022年12月より新規でもう1サイトに挑戦中。