PS4 Pro向けテレビのおすすめ15選【Eスポーツキャスター監修】

国民的なゲームハードである「PS4 Pro」。その魅力は美麗なグラフィックにあるでしょう。

しかしゲームハードの機能性がいかに良くても、実際に映像を表現するテレビの機能性が追いつかなければ、その魅力を充分に活かすことができません。

そこで、eスポーツキャスターであると同時に、東京ゲームショウの司会も務める吉﨑智宏さんから「PS4 Proに適したおすすめテレビ」をお聴きしました。

※PS4ソフトのプロの逸品や人気ランキングは「PS4おすすめ!プロが選ぶ逸品+口コミランキング60選」をご覧ください。

最終更新日:2021年10月11日
この記事を監修したプロフェッショナル
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター

2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当するeスポーツキャスター。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト』

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのPS4 Pro向けテレビ

まずは吉﨑智宏さんおすすめのPS4 Pro向けのテレビをご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
三菱

58V型4Kテレビ RA100

LCD-A58RA1000
参考価格238,500円(税込)

『三菱』が贈る、今話題の4Kチューナーを内蔵した高画質の液晶テレビです。

映像美はもちろんのこと、録画一体型の仕様となっていて、これ一つでハードディスク録画・ブルーレイ再生などもできてしまうので、利便性も折り紙付きと言えるでしょう。

さらに、臨場感たっぷりのクリアな音を実現する「DIATONE NCVスピーカー」を搭載。PS4 Proのゲームの世界へしっかりと入り込むのに、最適なテレビとなっています。

吉﨑智宏
eスポーツキャスター/吉﨑智宏さん
『三菱 REAL』の「ウルトラカラーマトリックス」なら、PS4 Proの醍醐味である画質をしっかりと表現してくれるでしょう。

そして、私の一押しポイントは「DIATONE NCVスピーカー」による音質です。ゲームの魅力を何倍にも引き出してくれるので、一度は体感して欲しいですね!

58V型4Kテレビ RA100
メーカー三菱
サイズ58V
解像度3844 × 2160(4K)
参考価格238,500円(税込)

2.PS4 Pro向けテレビの選び方

それでは、PS4 Pro向けテレビの選び方について解説していきます。

PS4 Pro向けテレビと普通のテレビの違い

基本的にはPS4 Pro向けでの購入であっても、普通のテレビとは違う特別な機能は必要ありません。ただゲームをするだけなら、すでに持っている自宅のテレビでもそれほど不便はないでしょう。

しかし、PS4 Proを使用して「より本格的」に「より臨場感」のあるゲームを楽しむのなら、PS4 Proに相応しい機能性を持ったテレビを購入することをおすすめします。

PS4 Proに相応しい画質とは?

PS4 Proのゲームは美麗な3Dグラフィックを動作させるものがほとんどで、そのグラフィックを最大限楽しむにはそれ相応の画質を持ったテレビが望ましいでしょう。

最近のPS4 Proは「4K」と「HDR」に対応しているので、テレビもこの2つを出力するものがおすすめです。

吉﨑智宏
eスポーツキャスター/吉﨑智宏さん
PS4 Proは、さらに映像表現に深みが出ました。

その映像美を最大限楽しむには、肌の色や材質の色なども細やかに再現できるTVである方が望ましいです!

4K

今話題の4Kとは、「パネルの性能」を示す指標のようなものです。その性能は、解像度の違いで以下のように区別されます。

性能解像度
HD1280×1080/90万画素
フルHD1920×1080/200万画素
4K3840×2160/800万画素

大きく3つに分けられるパネル性能の中で、最も高解像度なのが4Kです。

HDR

HDRはハイダイナミックレンジの略称で、明るさや色、コントラストといった映像の基本要素の質を高める機能と言えるでしょう。

ゲームにおいて特に大きなメリットとなるのが、「暗い映像でも雰囲気を壊さずに見えやすくしてくれる」という点です。

動画でHDR対応と非HDRの映像を比較しているので、ぜひご覧ください。

画面サイズの決め方

画面サイズの選び方は「視聴距離」を基準にするととてもわかりやすいですよ。

インチ数適切な視聴距離適切な部屋の大きさ
24約90cm4畳未満
32約120cm4畳〜5畳
40約150cm6畳未満
50約230cm6畳〜10畳
60約250cm10畳以上

ゲーム用のテレビであるなら、デスクに設置することもあるかもしれません。デスクに置くなら「27〜32インチ」程度のサイズ感が見やすいでしょう。

あまり大きすぎると映像が荒く見えてしまうかもしれないので、特にこの視聴距離は重要です。

応答速度も重要

応答速度とは、何かしらの操作をしてそれが画面に反応するまでのスピードのことを指します。番組や映画視聴用のテレビであるならそれほど重要ではありません。

しかし、PS4 Pro向けテレビならとても大事なポイントです。

コントローラーを用いて細かな操作を要するので、それがスピーディーに反応してくれないと快適なゲーム環境とは言えないでしょう。

応答速度を測る目安として「パネルの駆動方式」に注目してみましょう。

駆動方式特徴
TNパネル応答速度に優れていますが、色変化の大きな中間色の応答速度はやや低下する傾向にあり、画質は他種よりやや劣ります。
VAパネルコントラストの表現に優れていて、暗いシーンも見えやすい。中間色の応答速度はやや劣る傾向にあります。
IPSパネル画質が最も良いタイプですが、応答速度はやや遅めです。

純粋に反応速度にこだわるなら、TNパネルが適切ですが、映像も楽しみたいのなら間をとってVAパネルといったところです。

IPSパネルはあまりゲーム向きでないとされてきましたが、最近では応答速度を改善している製品も多いので、必ずしも不適切とは言えません。

パネルだけでなく、製品レビューなどにも注目してみましょう。

音響で没入感をアップ

テレビの機能性としては画質が最も重要でありますが、音響にも注目すると良いでしょう。

PS4 Proのゲーム用であるなら、美しい映像とともに迫力のあるサウンドが楽しめれば、没入度が大きく向上します。

オーディオメーカーとコラボして、音響にもこだわった設計のテレビもありますので、そういった製品を購入すれば間違いないでしょう。

吉﨑智宏
eスポーツキャスター/吉﨑智宏さん
映像美にこだわるテレビは多いのですが、いくら画質が良くてもスピーカーの機能性がそれに見合わなければ残念な思いをすることもあります。

なるべく音響にも力を入れているテレビを購入するのがおすすめですよ!

その他のポイント

続いては、PS4 Pro向けテレビの選び方におけるその他のポイントをご紹介いたします。

HDMIポートの数

HDMIポートとは、レコーダーなどの他の機器と繋ぐための接続端子のことです。PS4 Proも基本的にはHDMIポートを利用して繋ぎます。

このHDMIポートの数が少ないと、例えばPS4 Proを使用する際に、他の接続を抜いてあらためてPS4 Proのコードを接続、といったような動作が必要になります。

PS4 Proを繋ぐのなら、少なくとも3つ以上のHDMIポートは欲しいところです。

吉﨑智宏
eスポーツキャスター/吉﨑智宏さん
例えば私の場合は、Chromecast・TVレコーダー・PS4の3つの機器を持っていて、2つしかないHDMIのテレビだと、いちいち抜き差ししなければならないのでやや手間です。

このようなポイントも、意外と重要だと思いますよ。

↑プロのおすすめに戻る

3.PS4 Pro向けテレビ人気ランキング15選

それでは、レビュー評価をもとに作成したPS4 Pro向けテレビの人気ランキングをご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
1位
Hisense

ハイセンス 43V型 液晶 テレビ 4K メーカー3年保証 2017年モデル

HJ43N3000
参考価格42,800円(税込)

こちらの製品は43Vというリビングにも対応する大型の4Kテレビでありながら、非常にリーズナブルな価格が魅力です。

高解像度であることはもちろん、直下型LEDによって色むらの少ない鮮やかな色彩も同時に実現。さらに、「DOLBY AUDIO」のスピーカーを採用と、音質にもこだわっています。

レビューでも「お値段以上の画質」といった声が数多くあり、コストパフォーマンスの良さが伺えます。

ハイセンス 43V型 液晶 テレビ 4K メーカー3年保証 2017年モデル HJ43N3000の詳細
メーカーHisense
サイズ43V
解像度3844 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格42,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
SHARP

AQUOS 4K液晶テレビ

LC-40U45
参考価格72,300円(税込)

こちらのテレビは価格こそややお高めですが、PS4ゲームを楽しむのに最適な仕様となった一品です。

高解像度の4K仕様で、LEDバックライトの制御を高速かつ高精度に行うことで、遅延の少ないリアルな映像表現を提供します。

HDR対応でもあるので、暗い画面でも映像が潰れにくいでしょう。

スピーカーは高級オーディオメーカーである『オンキヨー』製と、音質にもこだわっています。レビューでも、ユーザー満足度が高い製品です。

AQUOS 4K液晶テレビ LC-40U45の詳細
メーカーSHARP
サイズ40V
解像度3844 × 2160(4K)
HDMIポートの数4
参考価格72,300円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Panasonic

ビエラ 43V型 液晶テレビ 2017年モデル

TH-43EX600
参考価格76,082円(税込)

こちらのテレビは4Kの高解像度に加え、映像美を楽しむための様々な工夫を凝らした機能が魅力です。

HDR出力対応による精彩なコントラストを実現。高輝度・広色域のIPSパネルは斜めからの視聴でもくっきりとした映像を表現します。「ダイナミックサウンドシステム」によって迫力のあるサウンドも楽しめるでしょう。

ゲームや番組だけでなく、動画サービスなどを再生することができるのも魅力で、レビューでもその点が特に好まれています。

ビエラ 43V型 液晶テレビ 2017年モデル TH-43EX600の詳細
メーカーPanasonic
サイズ43V
解像度3844 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格76,082円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
SHARP

AQUOS 55V型 液晶テレビ 2016年モデル

LC-55U40
参考価格129800円(税込)

やや高価格ではありますが、PS4 Proのゲームへの没入度を高める機能がふんだんに盛り込まれた一品です。

HDR対応なので暗い映像も見やすく、4Kの解像度を高める高精細な低反射液晶パネルも採用しています。『オンキヨー』製のスピーカーは、低音域と高音域の両方を補正する機能によりクリアなサウンドを実現。

様々なな動画サービスを楽しめる「AQUOS City」を利用できるのも嬉しいポイントです。レビューでも、その映像美は好評となっています。

AQUOS 55V型 液晶テレビ 2016年モデル LC-55U40の詳細
メーカーSHARP
サイズ55V
解像度3844 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格129,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Hisense

4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ

43A6800
参考価格62000円(税込)

こちらのテレビは、とりわけPS4 Proでも「FPS」などのゲームをされる方におすすめな一品です。

「低遅延ゲームモード」という機能を搭載しており、反応速度が重要なタイプのゲームに対応することができます。またスポーツ観戦などにも向いているのも、嬉しいポイント。

そのほかにもHDR対応に「Hi-Sound Pro」という高音質サウンドと、ゲームに適した機能が採用されています。

4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 43A6800の詳細
メーカーHisense
サイズ43V
解像度3843 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格62,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
LG

43V型4K液晶テレビ

43UK6500EJD
参考価格59800円(税込)

こちらは4Kテレビであるにも関わらず、6万円以下というリーズナブルな価格が魅力です。

安価であっても、HDR対応と立体的な音を作り出す「DTS Virtual:X」というサウンドシステムを搭載、機能性は申し分ありません。特に「黒」の表現にこだわっており、暗いシーンなどの表現力は折り紙付きです。

レビューによると、PS4 Pro用として購入された方も多く、全体的に満足度が高いです。

43V型4K液晶テレビ 43UK6500EJDの詳細
メーカーLG
サイズ43V
解像度3845 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格59,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
LG

55V型4K液晶テレビ

55UK6500EJD
参考価格79800円(税込)

55Vと大きめサイズなので、やや広めのリビングにも適しています。大きさの割には価格も割安です。

独自の液晶分裂配列により178度の広視野角を実現し、斜めからの視聴でも色合いやコントラストが変化しないのが特徴です。HDR対応でもあるので、ゲームにも適しているのが嬉しいポイント。

インターネットに繋げば様々な動画サービスも楽しめます。レビューによると、写真で見る印象よりも薄くて軽いようです。

55V型4K液晶テレビ 55UK6500EJDの詳細
メーカーLG
サイズ55V
解像度3841 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格79,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
MARSHAL

55V型4K対応液晶テレビ

MAL-FWTV55
参考価格68200円(税込)

こちらのテレビは、「映像美」にとりわけこだわった仕様が魅力です。

4Kによる高解像度に加え、画面全体を均一に照らす直下型LEDライト、HDR対応となています。

さらに、パネルだけでなくエンジンも高機能なシステムを採用していて、高品質な映像を実現してくれるでしょう。

最大12TBの外付けHDDにも対応していて、大容量に拡張することができるのも嬉しいところ。レビューによると、コストパフォーマンスの良さに定評があります。

55V型4K対応液晶テレビ MAL-FWTV55の詳細
メーカーMARSHAL
サイズ55V
解像度3840 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格68,200円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
東芝

REGZA 4K液晶テレビ

43M520X
参考価格78658円(税込)

こちらのテレビは、視聴とゲームプレイ両方に適した機能性を持った一品です。

「レグザエンジン Evolution」という細かいディティールを再現する高性能エンジンにより、4Kの映像をより美しく演出します。ノイズ軽減機能もあるので、地上波放送も美しく出力してくれるでしょう。

さらに応答速度も配慮した設計であるため、PS4 Proにも適しています。レビューでも映像美や滑らかな動作には定評があります。

REGZA 4K液晶テレビ 43M520Xの詳細
メーカー東芝
サイズ43V
解像度3847 × 2160(4K)
HDMIポートの数4
参考価格78,658円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
TCL

K60シリーズ 4K液晶テレビ

43K601U
参考価格42656円(税込)

僅か9.9mmという極薄ボディが特徴のテレビで、非常に省スペースな点が魅力です。

HDR対応の高コントラト映像に加え、色域を大きく広げたUHDを搭載することにより高精細な映像を実現します。PS4 Proでも人気のファンタジーなどの色彩豊かなゲームの世界観を、美しく演出してくれるでしょう。

レビューによると、音質も良いようで、コストパフォーマンスの良さが賞賛されています。

K60シリーズ 4K液晶テレビ 43K601Uの詳細
メーカーTCL
サイズ43V
解像度3846 × 2160(4K)
HDMIポートの数3
参考価格42,656円(税込)
液晶テレビ レグザ 40V型
画像:amazon.co.jp
11位
東芝

液晶テレビ レグザ 40V型

40V34
参考価格69,300円(税込)

「ビジュアルグランプリ2021」の「ディスプレイ 液晶テレビ(41型以上)」で、金賞を受賞した実績のあるテレビです。

動画配信サイトやゲームの映像もキレイに映し出すことができる高画質液晶が楽しめます。実際に購入した人からも「フルハイビジョンテレビの中でもいい買い物ができた」「リーズナブルでコスパがいいのが何よりもうれしい」と好評です。

液晶テレビ レグザ 40V34 の詳細
メーカー東芝
サイズ40V
解像度1080p
HDMIポートの数‎2
参考価格69,300円(税込)
32V型ダブルチューナー
画像:amazon.co.jp
12位
MAXZEN

32V型ダブルチューナー

J32CH02
参考価格21,980円(税込)

メイン基板に日本設計エンジンを採用した、裏録画対応ダブルチューナー搭載のデジタルハイビジョン液晶テレビです。

「LED直下型バックライト」を採用することで、従来の「両端LED点灯型」に比べ、明暗部による色ムラの少ない発色豊かで綺麗な映像を楽しむことができます。

ゲーム専用のモードも搭載されていて、FPSやアクションゲームのようなボタンを押すタイミングが重要なゲームもストレスなく快適に楽しめます。

32V型ダブルチューナー の詳細
メーカーMAXZEN
サイズ32V
解像度720p
HDMIポートの数2
参考価格21,980円(税込)
BRAVIA XR
画像:amazon.co.jp
13位
ソニー

BRAVIA XR

XRJ-55A90J
参考価格292,800円(税込)

人の脳のように映像を認識する認知特性プロセッサー「XR」が搭載されており、自然な美しさを再現した映像とサラウンド&定位感が向上した音の臨場感によって究極の没入体験が味わえます。

HDMI2.1に規定される4K/120fps に対応しており、シューティングやスポーツゲームなど、動きの速いゲームの動きをなめらかに描き出すことが可能。4K/120fps対応のゲームタイトルなら快適なゲームプレイを楽しめますよ。

BRAVIA XRの詳細
メーカーソニー
サイズ55V
解像度4K
HDMIポートの数‎4
参考価格292,800円(税込)
55V型有機ELテレビ
画像:amazon.co.jp
14位
メーカー

55V型有機ELテレビ

OLED55CXPJA
参考価格147,241円(税込)

これまでとは違う光のない「完全な黒」の表現に成功した有機EL画面に、どんな映像も4Kレベルに変換するAIプロセッサーを搭載したモデルです。

入力遅延の1フレーム未満という性能を実現しており、ほぼゲーミングモニターと同等のスペック。臨場感のある映像を自宅で楽しむことができます。

LG 55V型有機ELテレビ の詳細
メーカーLG
サイズ55V
解像度4K
HDMIポートの数‎4
参考価格147,241円(税込)
画像:amazon.co.jp
15位
ハイセンス

50V型4K液晶TV

50E6G
参考価格69,801円(税込)

4Kチューナー内蔵のエントリーモデルで、Wi-Fiおよびネット配信機能にも対応しています。画面の外枠がほぼ無いNon-Bezelデザインなので、迫力のある映像に没入して楽しめます。

色温度・色濃度・輝度・ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を自動で行ってくれる上に、臨場感のある音響システム「Eilex PRISM」を搭載。低遅延ゲームモードにも対応しており、高精度でなめらかな映像を楽しめます。

50V型4K液晶TV の詳細
メーカーハイセンス
サイズ50V
解像度4K
HDMIポートの数‎3
参考価格69,801円(税込)

↑プロのおすすめに戻る

PS4 Pro向けテレビの接続方法

HDMIケーブル

最後に、テレビとゲーム機の簡単な接続方法についてご紹介しておきます。

あらかじめ接続方法を確認しておけば、テレビを購入してからすぐにゲームを始められますよ。

ゲーム機をセット

まずは、テレビの近くにゲーム機をセットして電源ケーブルを接続しておきます。ゲーム機もテレビも安定した場所に置けるように、テレビ台なども一緒に購入すると便利です。

HDMIケーブルを繋ぐ

続いては、HDMIケーブルのセッティング。ケーブルは引っ張りによる断線を避けるため、それなりに長さのあるものを選びましょう。

ただしHDMIケーブルは5m以上になると画質が劣化することが分かっています。

5m以内で適切な長さのケーブルを接続してください。

オンラインゲームを快適に楽しみたい場合は、ここでLANケーブルも用意しておきます。

無線LANよりも安定した接続になるので、ゲーム機本体につなぐ方法がおすすめです。

ゲーム機によって仕様は異なりますが、ネットワークの設定画面からLANケーブルの接続を行いましょう。

手順に従ってケーブルを差し込み、接続が完了しているかを確認すれば完了です。

ゲーム機の電源を入れる

ケーブル関連の接続が完了したら、ゲーム機の電源をオンに。同時にテレビの入力切り替えを行い、ゲーム画面を表示させます。

HDMI端子が複数ある場合は「入力1」「入力2」と端子ごとチャンネルが分かれるので、どのチャンネルにつないだのか覚えておいてください。

ゲーム機によっては、起動と同時にテレビの起動・入力切り替えが自動的に行われるものがありますよ。

起動完了

ゲームの映像がテレビに映ったら、無事セッティングの完了です。

映像が映らかったり画面に不具合が起きてしまったら、HDMIケーブルがしっかり差さっているか確認してから再起動を行ってください。

おすすめのPS4 Pro向けテレビ比較表

今回紹介したおすすめのPS4 Pro向けテレビを一覧にまとめました。

「より本格的」に「より臨場感」のあるゲームを楽しむのなら、高性能なテレビが欠かせません。

PS4 Proに相応しいテレビを購入して、今以上にゲームを楽しみましょう!

順位プロおすすめ1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
商品画像
商品名58V型4Kテレビ RA100ハイセンス 43V型 液晶 テレビ 4K
画像:amazon.co.jp
2位
SHARP
AQUOS 4K液晶テレビ
ビエラ 43V型 液晶テレビ 2017年モデルAQUOS 55V型 液晶テレビ 2016年モデル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ43V型4K液晶テレビ55V型4K液晶テレビ55V型4K対応液晶テレビREGZA 4K液晶テレビK60シリーズ 4K液晶テレビ
価格238,500円(税込)42,800円(税込)72,300円(税込)76,082円(税込)129,800円(税込)62,000円(税込)59,800円(税込)79,800円(税込)68,200円(税込)78,658円(税込)42,656円(税込)
メーカー三菱HisenseSHARPPanasonicSHARPHisenseLGLGMARSHAL東芝TCL
サイズ58V43V40V43V55V43V43V55V55V43V43V
解像度3844 × 2160(4K)3844 × 2160(4K)3844 × 2160(4K)3844 × 2160(4K)3844 × 2160(4K)3843 × 2160(4K)3845 × 2160(4K)3841 × 2160(4K)3840 × 2160(4K)3847 × 2160(4K)3846 × 2160(4K)
商品リンクAmazon
楽天
AmazonAmazon
楽天
Amazon
楽天
AmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
楽天
Amazon

↑プロのおすすめに戻る

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

牧野仁

牧野仁

ランニング講師

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健...

男子美容研究家フミィ

男子美容研究家フミィ

男性美容研究家

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数2万...

斎藤和明

斎藤和明

IT研修講師

株式会社ラブサバイバー代表取締役。IT研修講師、『ニュータ...

近藤淳子

近藤淳子

美酒アナウンサー

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプ...

浦 大輔

浦 大輔

ゴルフプロコーチ

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタ...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家

日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店

一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企...

矢田部明子

矢田部明子

クルマ女子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師

月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。T...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

整理収納アドバイザー

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の...

大津たまみ

大津たまみ

清掃収納マイスター認定講師

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

デジタル&家電ライター

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメデ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師

“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所...

岸大河

岸大河

ゲームキャスター

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大...

清水なほみ

清水なほみ

日本産婦人科学会専門医

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長...

川崎由美子

川崎由美子

二輪ジャーナリスト

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女...

水上克朗

水上克朗

ファイナンシャルプランナー

老後資金捻出のプロ。慶応義塾大学卒業後、大手金融機関に40...

EBATO

EBATO

男性美容家

日本一の男性美容家(Google&yahoo!検索1位)。元美容部員の...

KOUTY

KOUTY

薬剤師/ブロガー

キャリア10年の現役薬剤師。NST専門療養士の薬剤師や、漢方薬...

カテゴリから探す