「SimilarWebに興味があるけど料金がわからない」「料金がわからないから導入するだけの価値があるか判断できない」と、SimilarWebの料金についてお悩みではありませんか。

以前SimilarWebは公式サイトで料金がわからなかったため、導入に踏み切れない方も少なくなかったでしょう。

そこで今回は、SimilarWebの料金と有料版でできることについて詳しくお話しします。

内容を簡単にまとめると…

  • SimilarWebには無料版と有料版の2種類がある
  • SimilarWeb有料版はサブスクリプションの料金形態で、2万円程度
  • SimilarWeb無料版では1か月分のモバイルアプリデータと3か月のWebトラフィックデータがわかる

SimilarWebの料金はいくら?

SimilarWebには無料版と有料版(SimilarWeb PRO)があります。

有料版はサブスクリプションモデルの料金体系で、2021年現在公式サイトの情報によると月額199ドルです。

Similarwebの料金表

プランはマーケティングパッケージ、アフィリエイトマーケティングパッケージ、ディスプレイマーケティングパッケージの3つと、これら3つにサポートなどがついたプレミアムプランがあります。

無料版 法人向け
料金 $0 カスタム
内容 1か月分のモバイルアプリデータ

3か月のWebトラフィックデータ

  • メトリックごとに最大無制限の結果
  • 最大28か月のモバイルアプリデータ
  • 最大3年間のWebトラフィックデータ
  • グローバルおよび国レベルのデータ
  • デスクトップやモバイルごとの分析
  • モバイルアプリのエンゲージメント
  • 人気のページ
  • キーワード分析
  • 業界分析
  • ユニークユーザー
  • 複数のユーザー など

SimilarWebでは貴重なデータが取得できることから、それなりの費用がかかるといえます。

また、海外の質問サービスでは以下の回答がされています。

12ヶ月のパッケージの料金になっており

  1. 6,000ドル-トラフィックソースのみのデスクトップ、100の結果、6か月のデータ
  2. 年間12,000ドル-トラフィックソースのみのデスクトップ、500件の結果、12か月分のデータ
  3. 25,000ドル-デスクトップとモバイル、18か月のデータ、ウェブサイトコンテンツ(サイトで最も人気のあるページ)とアプリエンゲージメント

あくまで回答されている内容を掲載しているため、参考の情報です。

日本で有料版(SimilarWeb PRO)を申し込む際には公式サイトから資料請求を行い、希望する機能についてヒアリング、相談をした上で、見積もりをしてもらう流れになります。

そもそもSimilarWebとは?

SimilarWebは競合サイト分析ツールです。

公式サイトからは、競合サイトのさまざまなデータを見ることができ、膨大なデータを収集していることが分かります。

4大陸にオフィスを構えています。 一流の投資家が、112Mドルを超える資金で私たちを支援してくれています。

分析対象は3M件のモバイルアプリ、80M件のウェブサイト

データの分類方法は240件のカテゴリー、60国

出典: SimilarWeb公式サイト

1Mが100万のため300万件のモバイルアプリと8千万件のウェブサイトを分析しており、以下の機能があります。

  • アクセス概要
  • 訪問前と訪問後のサイト
  • 検索のトラフィック
  • ソーシャルのトラフィック
  • ディスプレイ広告
  • 訪問ユーザーの属性
  • 競合のサイト
  • スマホアプリ

これらは競合サイトへ「どのような人が」「どんな目的で」訪れているのか知る手掛かりとなり、Web戦略を知ることにもつながる貴重な情報です。

SimilarWebは無料版もある

SimilarWebには無料版もあります。無料版ではどこまでの機能が利用できるのでしょうか。機能を一覧で解説します。

  • トラフィックとエンゲージメント
  • マーケティングチャネル
  • 地域
  • 利用者層
  • オーディエンスの興味
  • 流出トラフィック
  • 競合情勢

トラフィックとエンゲージメント

エンゲージメントはユーザーどれほど企業やサービスに愛着、興味を持っているかの指標です。

WEBサイトでは、「滞在時間 」「ページビュー数」「直帰率」で見ることができます。

スポット的なデータだけでなく、俯瞰してデータを見ることで競合サイトの「傾向」を見ることが大切です。

傾向を見ることで競合サイトが将来どのポジションへ向かうのか、推測する材料になります。

マーケティングチャネル

流入トラフィック、サーチトラフィック、ソーシャルトラフィック、ディスプレイ広告トラフィックなど流入のチャネルを見ていくことができます。

マーケティングチャネルを活用し競合ごとにチャネルの傾向を見ていくことで、業界のトレンドを知ることが可能です。

それにより広告の予算を抑え、SEO対策に力を入れていくべきかなどWEB戦略を決めていく1つの指標にもなります。

無料版では上位5位までのサイトしか見られない項目があるので注意が必要です。

地域

SimilarWebでは海外からのアクセスを見ることもできます。

日本以外のユーザーもターゲットにしている場合には、国別のデータがあると参考になります。有料版ではより詳細なデータを見ることができ、データ分析に役立ちます。

日本国内のみで展開している場合には、とくに気にする必要はありません。

利用者層

サイトに訪れたユーザー属性を見ることができます。年代、性別等どのようなユーザーに利用されているか見ることができます。

コンテンツ制作にあたり、ユーザーを知ることはとても大切です。ユーザーを知った上で、ユーザーに求められるコンテンツを作ることが検索エンジンとユーザーからの評価につながります。

Googleが発表しているウェブマスター向け公式ブログでは、アルゴリズムで使用するランキングシグナルについての回答として以下の項目を述べています。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

検索とは、非常に複雑で常に進化を続けている技術ですので、特定のアルゴリズム変更にこだわるよりも、ユーザーのためにサイトを改善し続けていくことをお勧めします。

出典: Google ウェブマスター向け公式ブログ

上記の項目をチェックするだけでも大変な作業ですが、similarwebを活用すればよりユーザーに寄り添った記事を書くことができるでしょう。

オーディエンスの興味

ユーザーがサイトを閲覧しているとき同時にどのサイトを別タブで開いているかがわかります。

この項目からは、ユーザーがどのような目的でサイトを見ているか推測することができます。

たとえば、商品を購入しているユーザーは価格、口コミ、機能など様々な点を比較した上で購入するケースも多いものです。

クロス・マーケティング調査によると約80%が商品を購入する際、口コミを重視しているというデータもあります。

「オンラインの口コミの視認状況」

よく見ている 23.1%

たまに見ている 52,8%

ほとんど見ない 17.9%

全く見ない 6.2%

【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ
調査地域:全国47都道府県
調査対象:18~69歳の男女/オンラインでの口コミ視認者
調査期間:2018年9月28~30日
有効回答数:事前調査 3,807/本調査 2,000
※調査結果は端数処理のため、構成比が100%にならない場合がある

出典: クロス・マーケティング調査

ユーザーが比較検討する競合サイトを知ることでマーケティングの参考にできます。

流出トラフィック

当該サイトから別のドメインに遷移した際、流出先のサイトを知ることができます。

たとえば、メディアサイトでユーザーの悩みを顕在化したのちショッピングサイトに遷移させる、といったケースもあるため、必ずしも流出がマイナスになるとは限りません。

競合情勢

ここでは実際に競合となるサイトを見ることができます。

検索順位は相対評価のため、競合を知ることは重要です。仮に完璧なサイトでなくても、競合より優れているとGoogleに評価してもらえれば上位に表示されることも可能です。

無料版では5サイトまで見ることができ、有料版ではさらに多くのサイトの詳細情報までを見ることができます。

まとめ:SimilarWebの料金とできること

Similar Web PROの料金、無料版でできることについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

このページの要点は以下になります。

  • Similar Web PROの料金は月額2万円程度
  • SimilarWebは競合サイトのユーザーの動きを分析するためのひととおりの機能を備えている
  • 無料版では各項目で見られる情報数に制限があり、分析の精度が落ちる可能性がある

国内の公式サイトでも料金を載せていないSimilar Webですが、海外ではやり取りが盛んに行われています。

月2万円というと個人向けツールとしては少々高めの金額ですが、普段は知ることのできない競合サイトの情報を手に入れられ、サイト分析には役立つツールであることは間違いありません。

ワンランク上のWEBマーケティングを行うためにも、興味のある方は一度試してみるのもおすすめです。

他にも、SEOのための無料・有料おすすめキーワードチェックツールの記事や、SimilarWebの無料版・有料版の使い方について紹介の記事も参考にしてください。

上位表示を諦めていませんか?

\取引実績3,000社のNEXERが提供するSEO/

サービス詳細を見てみる