時間や場所に制限されず楽しめるハンドメイドですが、せっかくハンドメイドのスキルを持っているなら、作品を販売してみませんか?

ハンドメイド販売は初期費用がかからず、趣味・スキルを活かして行えるため、副業としてもおすすめです。

しかし「自分で作品を販売するなんて難しそう」「どれくらい稼げるのかわからないから、始めにくい」と不安な人も多いでしょう。

そこで今回は、副業でハンドメイド販売をしたい人に向けて、ハンドメイド販売の収入目安から売り方まで解説します。

記事を簡単にまとめると…

  • ハンドメイド副業のメリット
  • ハンドメイドの副業で稼げる金額は月1~3万円が一般的だが、人気作家になれば10万円以上稼ぐことも可能
  • ハンドメイド副業の始め方
  • ハンドメイド副業の成功・失敗を決めるポイントとは

記事を最後までお読みいただければ、未経験でもハンドメイド作家として副業を始めることができます。

ハンドメイド販売を副業にするメリット

ハンドメイド副業のメリット

まずは副業としてハンドメイド作品を販売するメリットから見ていきましょう。

時間に追われない

副業のハンドメイド販売は、時間に追われてせかせかしなくても大丈夫です。

販売数を決めておけば、スキマ時間を利用して、自分のペースで制作できます。

たとえばオーダー制作を受けると、納期はありますが基本的には自分でスケジュール調整が可能です。作品が少なくても、数量限定で出品するなど柔軟に対応することができます。

自分のペースが守られるので、楽しみながら制作に取り組めるでしょう。。

好きなことを仕事にできる

手先が器用な方、ハンドメイドが趣味の方は、好きなことを仕事にするチャンスです。

今、ハンドメイド作品を求めるユーザーは多く、需要は高いといえます。たとえば子供用のエプロンを手作りしたいママ。「手作りのエプロンを着せてあげたいけど、不器用だし、時間もないから作れない」というママがハンドメイド作品を購入するケースもあります。

また、既製品にはない、ハンドメイドならではのオリジナリティを求めるユーザーも少なくありません。ハントメイド作品の需要はあなたが思っているよりも多いのです。

こうしたニーズを受けてハンドメイドを仕事にできれば、好きなことを自然に続けていくことができます。

市場規模が伸びている

ハンドメイド市場規模は年々伸びています。その理由には、もともとニーズの高いジャンルであることのほか、スマホやPCで気軽にハンドメイド作品が売り買いできるようになったことがあります。現在はたくさんのハンドメイド売買アプリが運営されており、市場規模は伸び続けています。

ハンドメイド作品のみを販売している「minne」は、2012年から運営スタートしてからアプリのダウンロード数は1000万超え。作家やユーザーからの根強い人気もあり、まだまだ成長が見込めます。

他にもフリマアプリや個人間の売買を手助けするアプリなどは増えていて、ハンドメイドの販売は従来よりずっと簡単になっているのです。

ハンドメイドの副業の収入~稼げる金額目安は~

ハンドメイドで稼げる金額・収入の目安

ハンドメイド販売での収入は月1~3万円が多く、作品の単価や販売数にもよっては5~10万円稼いでいる方もいます。

アプリを始めとしてハンドメイド作品の販路は非常に多くあり、売れやすい環境が整っているからです。

収入について、少し具体的に見ていきましょう。

たとえば、1,000円×30個アクセサリーを販売して、売上が月3万円の場合、手元に残る利益はいくらになるでしょうか。「売上=収入」ではないので、注意が必要です。収入とは売上から材料費や送料、サイト側に支払う手数料などを差し引いた金額です。

売上げ3万円から材料費9,000円、送料2,520円(84円×30)、手数料10%の3,000円を差し引くと、15,480円が収入になります。

収入を増やすには数を売るだけでなく、経費を抑えることも重要になってくることがわかりますね。

とはいっても「材料にはこだわりたい」という方もいるでしょう。

しかし、同じ材料を使うにしても

  • 安く仕入れられる仕入先を持っておく
  • 手数料の安い場所で売る

などの工夫で経費は下げることができます。

こうした試行錯誤をしながら販売を続けていけば、未経験の方でも初月から1万円以上稼ぐこともできるでしょう。

一般的にハンドメイド販売はゆるやかなペースで収益が上がっていくものですが、継続することでヒットし、突然多く売れることもあります。続けていくうちに、ユーザーからオーダー制作の相談を受けるケース出てくるでしょう。

すると、副業で月に10万円以上の収入を得ることも可能となります。

ハンドメイド副業の始め方

ハンドメイド副業の始め方

副業未経験の方でも、ハンドメイド作品を販売して収入を得ることができます。

「自分の作ったものなんて売れるはずがない」「他の人たちのレベルがすごいからどうせ無理だわ」と感じる方もいるでしょう。

しかし、ハンドメイド初心者の中にも「コツコツと制作して出品しみたら売れた!」という人は多くいます。クオリティの高い作品は売れやすい傾向にありますが、シンプルでもオリジナリティのある作品も売れています。

そのため自分の作品を他の方の作品と比べて卑下する必要は一切ありません。需要は色々なところにあるのです。

本業ではなく副業なので、お試し気分で楽しみながら始めてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド売買アプリを使って販売する

未経験の方がハンドメイド作品を売ると決めたら、まずはハンドメイド売買アプリを使って販売してみましょう。

始める手順は、次のとおりです。

  1. ハンドメイドを販売するサイト・アプリに登録
  2. 価格設定・出品
  3. 発送
  4. サイト・SNS運用

ここではそれぞれのポイントを詳しく解説しましょう。

登録

まずはハンドメイド作品を販売するサイトに登録しましょう。ほとんどのサイトやアプリで、登録はスマホ・PCから簡単にできます。

販売したいアプリをダウンロードし、必要情報を記入するだけですぐに出品が可能となります。

登録用の名前は本名でもよいですが、ショップ名やニックネームでの登録が多いです。

価格設定・出品

アプリに登録したら、自分の作品と同じジャンルのアイテムを探しましょう。

いくつかリサーチをすると、売れている商品がわかり、相場価格がみえてきます。そこから少しだけ低く価格を設定してみるとよいでしょう。

また商品説明は売れている商品を参考にして書くことをおすすめします。きちんと書かれていると信頼性が生まれるので、素材や使用方法などしっかり書きましょう。

商品写真は事前に撮影を済ませておくと、出品の際にスムーズに入力でき効率的です。美しく目にとまりやすい写真を使用しましょう。

発送

ハンドメイド作品が売れたら、キレイにラッピングをして発送の準備をしましょう。

100均のアイテムで充分ですから、相手に喜んでもらえるように包むことが大切です。

また、感謝の気持ちをカードに添えるのもよいでしょう。送料はなるべく抑えるように工夫することを意識してください。

ポーチなどの小物類は箱に入れずに発送することで、サイズが小さく測られることがあります。

自分の住所を知られたくない場合は、ハンドメイドアプリの匿名発送を利用することをおすすめします。匿名発送は追跡サービスがついていて、万が一のトラブルを予防できます。料金もリーズナブルなため、気軽に使うことができます。

サイト・SNS運用

ハンドメイド販売に慣れてきたら、サイトやSNSを運用してブランディングを行いましょう。

好きなハンドメイド作家について「もっと情報が知りたい」と思ったことはありませんか?そうした気持ちは、放っておけばいつのまにか立ち消えてしまうもの。

せっかく生まれた「知りたい」という気持ちにきちんと応えられるよう、情報発信を行うべきです。

サイトやSNSを利用して世界観を 発信すれば、ファンとのつながりが強固になります。

また、ファンとコミュニケーションをとる手段を確立すれば、直接オーダーを受けることもできるでしょう。新作やセール情報などを積極的に配信して、知名度をアップさせることがカギです。

ファンやリピーターを増やすことは集客・収入アップの足掛かりとなりますから、ハンドメイド副業を軌道に乗せるまでは頻繁に更新することをおすすめします。

副業におすすめのハンドメイドアプリ3選

ハンドメイド作品を販売するには、便利なハンドメイドアプリを使うとよいでしょう。

ハンドメイドアプリがあれば、スマホから無料で自分のショップページを開店し、個人でも気軽に販売できます。

個人が実店舗でハンドメイド作品を販売するのは、初期費用や固定費がかかりハードルが高いですよね。しかし、ハンドメイドアプリは無料で簡単に出品できるため、コストを抑えながら未経験でも副業として始められます。

ハンドメイドアプリは複数あるため、扱う作品のイメージに合うアプリを選ぶとよいでしょう。

またアプリを選ぶ際に気をつけたいのが、販売されている商品の相場価格です。アプリによってユーザー層が異なるため、出品する値段と販売されている値段のズレがないかを注意してください。

ここでは、未経験でも簡単に使えるおすすめのハンドメイドアプリを3つご紹介します。すべて無料なので、お試し気分でぜひ登録してみてください。

minne

ハンドメイドの販売サイトminnne

minneはGMOペパボ株式会社が運営している、国内最大級のハントメイド販売サイトです。

フリマアプリやネットショップとは違い、他のカテゴリーの商品の販売はなく、ハンドメイド作品のみ販売されているサイトになります。

minneで販売するメリットは、スマホからでも簡単に操作ができ、初心者でも自分のハンドメイド作品を無料で出品できることです。

またレビュー機能があるため、ハンドメイド作品や作家の魅力がユーザーに伝わりやすくなり、販促につながります。Instagramと連携でき、作品をアピールしつつ購入につなげられるでしょう。

アプリのダウンロード数1000万達成するなど、今後も目が離せません。スマホで簡単に操作可能なので、まずはアプリを登録してサイトをチェックしてみましょう。

BASE

ハンドメイドの販売サイトbase

BASEは、ネットに自分のお店を開けるサービスアプリです。自分の好きなデザインでネットショップを立ち上げられるため、サイトがなくてもブランディングができます。

ショップが成長してきたら追加できる機能が豊富にあるため、自由にカスタマイズできるのも魅力です。

初期費用や月額使用料はすべて無料で、簡単にショップオーナーになれます。悩み事もサポート体制がしっかりしているため、気軽に相談できるのも安心。

さらにCMも放映され、色々なメディアに掲載されている知名度抜群のアプリです。

初心者でも安心してネットショップを開設でき、ハンドメイド作品を販売するオーナーになれます。これから自分のブランドを立ち上げる方は、この機会にぜひ登録してみては。

ラクマ

ハンドメイドの販売サイトラクマ

ラクマは楽天が運営するフリマアプリになります。ハンドメイド以外のジャンルも販売されており、ユーザー層は幅広く高い集客率が見込めるでしょう。

フリマアプリなので、あまり高額な商品は販売されていません。

また販売手数料は6.6%と他社に比べてもダントツに安く、楽天銀行に口座登録したら1万円以上であれば振込手数料が無料になる良心的なシステム。

1万円販売した場合、10%だと1,000円、6.6%だと660円とその差は340円にもなります。

振込手数料も200円とかかるアプリもあるため、無料になるのは嬉しいですね。使用感を掴むために、何か手持ちのものを売ってみるのもよいでしょう。

ハンドメイドアプリで人気のジャンル

ハンドメイドアプリで人気のジャンル

ハンドメイド副業の収入を増やしたいなら、人気のあるジャンルの作品を販売することが大切です。

需要の少ない作品を販売しても、売れなければ意味がありません。

ここでは商品作りの参考になる、ハンドメイドアプリで人気の高いジャンルをご紹介します。

アクセサリー

ハンドメイド作品で一番人気といえるジャンルは「アクセサリー」です。

ハンドメイドアプリで販売されているアクセサリーには

  • 天然石をメインとしたアクセサリー
  • シンプルでシックなおしゃれなアクセサリー
  • 思わずほっこりするような、動物やキャラクターを使ったアクセサリー

など、さまざまな商品があります。

またアクセサリーの価格設定はお手頃な値段が多いため、購入しやいすいのも人気の理由といえるでしょう。

たとえばつまみ細工のヘアアクセサリーは、美容室や呉服店で購入するよりも安い値段で販売されていて、七五三や成人式用に購入するユーザーに人気です。

アクセサリーと一言でいっても色々な種類がたくさんあります。

季節感を考えながら、制作するハンドメイド作品を決めていくのも良いでしょう。

ポーチ・財布などの小物類

ポーチや財布などの小物類も、小ぶりで実用的と人気があり売れています。

デザインの優れた小物は、既製品では値段が高く手がでなくても、ハンドメイド作品ならお手頃価格のものが多く購入しやすいのです。

オリジナリティあふれるポーチは、ユニークなデザインから実用的なものまで揃っているため、ユーザーの求める商品に出会えるでしょう。

レザークラフトの財布やキーケースは、オーダー制作を承っているところが多く、自分へのご褒美に1点ものを手に入れられると人気です。

ハンドメイド作品は温もりを感じられるだけではなく、たくさんの商品から自分だけのお気に入りに出会えることも魅力といえます。

ハンドメイド初心者におすすめのジャンルはこれ!

ハンドメイド初心者の方が販売を始めやすい作品ジャンルは、アクセサリーです。

アクセサリーは材料のコストを抑えやすく、制作に広いスペースを必要としません。

また、アクセサリーは送料も安く抑えることができ、商品の価格設定もしやすいメリットがあります。

お手頃価格に設定できるので購入されやすくなり、収入につながりやすいでしょう。

他にも、ハンドメイド作品は電動工具やミシンを使用することが多く、制作する場所や時間帯に気を配らないとなりません。しかしアクセサリーなら机と工具、材料さえあれば制作ができるメリットがあります。

アクセサリー販売に特別な資格は必要ありませんが、ハンドメイド初心者のスキルの無い方は、無料動画で作り方を学ぶと良いでしょう。

アクセサリーは普段使いから、お出かけやイベント用と、幅広くユーザーに求められています。

まだまだ需要があり販売しやすい環境のため、ハンドメイド初心者にぴったりなジャンルとしておすすめします。

ハンドメイド材料はどこで仕入れる?

ハンドメイド副業に使用する材料は、インターネットで仕入れるのをおすすめします。

実店舗をもたず卸価格で販売するショップで購入すれば、安く材料を仕入れることができます。

アクセサリーを制作で多く使用するものに「パーツ」がありますが、卸の通販ではコストパフォーマンスの高いパーツを大量に購入できます。

手芸店や100均では少しずつ、必要なぶんだけを仕入れることができますが、割高になってしまうことも。しかしネットショップで大量にパーツを確保しておけば、1点あたりの単価が安くなり、作品の単価も抑えられるのです。

購入してもらいやすい商品を作るには、材料費を抑えることも重要なポイントです。

仕入れ先を選ぶときは、商品在庫が豊富にあるのか、注文してから届くまでの時間と送料はどのくらいかをチェックしましょう。

商品のラインナップは多くても、常に在庫が不足しているところはやめた方がよいでしょう。

また、いくら値段が安くても送料が高額だと、仕入れる意味がありません。利益を出すためにも、材料の仕入れ先はしっかり選びましょう。

ハンドメイド材料の仕入れができるサイト3選

「ネットショップで買えばいいのはわかったけど、一体どのショップで買えばいいの?」と思った方に向けて、おすすめの仕入れ用サイトを3つご紹介します。

商品数が豊富な人気サイトだけを厳選したので、ハンドメイド副業を始める際に役立ててください。

NETSEA(ネッシー)

ハンドメイド副業の仕入れ先サイトNETSEA

個人でも安く仕入れができる問屋さんが、ネッシーです。ネッシーは国内最大規模の仕入れ&卸サイトで、多くのユーザーが利用しています。

商品数が豊富で、作品に必要なアイテムを手頃な値段で見つけられるでしょう。アクセサリーパーツやハンドメイド素材の取り扱いも多いので、手芸店で仕入れるよりもコストを抑えやすいといえます。

登録は無料ですから、すぐに購入しなくても会員登録をしておくことをおすすめします。

注意点として、一般向けの販売サイトではないため、開業届を提出済みの個人事業主でないと利用ができません。

激安リボン問屋リベル

ハンドメイド副業の仕入れ先サイトリベル

激安リボン問屋リベルの最大の魅力は、種類が豊富なのにも関わらずとてもリーズナブルなところです。

リボンは、ハンドメイド素材でマルチに使える優秀アイテムです。100均でも取り扱いがある商品でもありますが、リベルは問屋価格なのではるかにコスパがよく、材料費をグッと抑えることができます。

また、通販でよくある「写真で見た色味と実際の色が違う」という問題を解消するため、素材別に分類された見本帳が用意されています。実際に見て、触れて確かめられるので、仕入れに失敗することはないでしょう。

リボンのほか、装飾用パーツなど一緒に使うことの多い商品も多く揃っています。

セールなども頻繁に実施するため、イチオシの仕入れ用サイトです。

貴和製作所

ハンドメイド副業の仕入れ先サイト貴和製作所

ハンドメイド初心者におすすめなのが「貴和製作所」です。

貴和製作所はとても親切なサイトで、取り扱い商品を使ったアクセサリーの作り方を公開しています。写真と解説、または無料動画で確認できるので、商品が届いてから「組み立てられない…」と失敗することがありません。

さらに必要な材料や工具の取り扱いがあるため、あちこち手を出さずに1か所でまとめて仕入れられます。

送料が無料になったり、買い物に使えるポイントを付与してもらったりとメリットも盛りだくさん。

何をどう制作したらいいのかわからないときには、サイト内のコンテンツから「よみもの」を選ぶと良いでしょう。作家や先生のインタビューからインスピレーションを受けることもでき、作りたいイメージや気持ちが前向きになりますよ。

ハンドメイド副業の成功・失敗を決めるポイント

ハンドメイド副業を成功させるポイント

ハンドメイド販売では、副業で成功させるためのコツと失敗しないために意識してほしいポイントがあります。

副業を成功させるには、作品が売れ続けなければなりません。

成功するために何をしたらよいか、失敗するのはなぜかを、ここでは詳しく解説していきます。

世界観にこだわっているか

ハンドメイドには色々なジャンルがありますが、あえて作品を少なく絞って制作することで、世界観のこだわりが伝えやすくなります。

作品数が多過ぎると何に特化しているかもわからず、せっかくよい作品があっても魅力が伝わらないからです。

アクセサリー販売のサイトで陶芸や木工などのインテリア雑貨も並んでいると、余程うまく世界観を統一していない限り散漫に見えてしまいます。商品を少なく絞って、世界観を統一しましょう。

商品ジャンルを絞ることで「専門店」のイメージがつき、ユーザーに「ここの商品は〇〇にこだわっている」と、特徴を覚えてもらいやすくなるのです。

写真を重視しているか

ハンドメイド作品を販売する際に、重視したいのが写真です。写真は、ハンドメイド作品の魅力を余すことなく伝えられます。

商品画像をパッと見ただけで、心が動かされたことはありませんか?

それは写真によってハンドメイド作品の魅力が伝わり、素敵だと感じられたからです。

素敵な写真のほとんどは、入念に考えられて撮影されています。明るく日の光が入る場所で、生活感を感じさせないように工夫しているのです。

暗い場所で撮影すると色味がわかりずらく、商品本来の魅力が伝わりません。もし生活雑貨が写っていれば、こだわって作り上げた作品も「どこにでもあるもの」に成り下がってしまいます。

素敵な写真で出品すれば、作品の魅力を適切に伝えることができます。

ハンドメイド作品を購入するきっかけにするために、商品画像にはこだわってしましょう。

安売りしすぎていないか

ハンドメイド作品は決して安売りし過ぎてはいけません。

「安くして少しでも売りたい」「初心者だし、安くてもいい」などの気持ちはわかりますが、安売りをすることで逆に売れづらくなってしまうことがあります。

たとえば、誰が見ても1,000円程度の価値があり、買ってもいいと思うものが100円だったらどう感じますか。

「やった!」と思う反面、「なんか欠陥があるのかな…?」と疑問を感じ購入を控えるでしょう。

そうならないためにも、同じようなハンドメイド作品の市場をリサーチし、相場を知ることが必要です。相場から数パーセントを値引く程度にしておかなければ、売れても収益を上げられず、続かなくなります。

それでも価格を下げたい場合は「初回購入者限定」「リピーター限定」などの方法で差別化しましょう。

ハンドメイド作家としてのブランディングも含め、安売りはしないようにしましょう。

作品のクオリティ

ハンドメイド作品も既製品も、購入者にとっては同じ「商品」に変わりはありません。

そのため、クオリティを求める必要があります。値段が高くてもクオリティの低いものは売れず、値段が安くてもクオリティの高いものは売れやすい傾向にあります。

たとえば、高額な商品を買って「このクオリティなら他の商品にすればよかった」と思ったことはありませんか。

どんなによい商品に見えても、手にしたときにクオリティの低さがわかれば満足感にはつながらないでしょう。逆に、お手頃の値段で購入したものでも、クオリティが高ければまた買いたくなるのです。

ハンドメイドのプロでなくても、作業の一つひとつを丁寧に行うことで、クオリティは上げられます。いきなり販売する商品を制作し始めるのではなく、一つのものを何度も組み立て練習しましょう。

ハンドメイド作品のクオリティを追求するとユーザーの満足度は上がり、スキルアップにもつながります。

ハンドメイドが向いている人

ハンドメイドが向いている人には、どんな特徴があるのでしょうか。

当てはまらなくてもハンドメイドが好きなら問題ありませんが、もし次の条件に当てはまればぜひこれをきっかけに始めてみてください。

スキマ時間に作業できる人

スキマ時間を利用して作業ができる人は、ハンドメイド販売の副業に向いています。

副業でハンドメイドの販売を続けていくためには、いかに効率よく作業ができるかがポイントになるからです。

10分の空き時間があったとして、その時間に作業をする人は効率よくハンドメイド作品を制作していけるでしょう。

しかし作業を後回しにして制作しない人は生産効率が悪くなるため、作品の数に差が出てきます。

副業でハンドメイド作品を販売するには、スキマ時間の有効活用がポイントになります。

本業との時間バランスをうまくとるためにも、優先的にスキマ時間を利用しましょう。5分でも、ちょっとしたスキマ時間に作業できる人は、ハンドメイド販売に向いているといえるのです。

細かい作業が好きな人

普段から細かい作業が好きな人は、ハンドメイド作品の販売に向いています。

その理由として、ハンドメイド作品の制作は、ほとんどが細かい作業工程からなるからです。

たとえばビーズのアクセサリー、つまみ細工、レジンなど、ほとんどがピンセットを使うレベルの細かい作業工程があるものばかりです。

そのため、細かい作業ばかりだと集中力が途切れたり、疲れやすくなったりする人も少なくありません。また材料の仕入れや、原価計算をして販売する価格を決める作業は、おおざっぱな人には向かないでしょう。

しかし、細かい作業が好きな人には苦にならず、逆に作業を楽しみながらできるため副業に向いています。

苦手な人でも作業工程を工夫すればハンドメイド制作は可能ですが、細かい作業が好きな人にはとくにおすすめです。

ハンドメイド副業に向いている職業

ここでは、ハンドメイド副業に向いている職業についてもお話しします。

あなたが今、次にご紹介する職業に就いているなら、未経験でもうまく始めることができるでしょう。

主婦

主婦は自宅で作業ができ、通勤の時間がかからないためハンドメイド副業に向いています。

早起きして1時間、パート帰宅後30分、夕食後に家族とテレビを見ながら1時間、お風呂の前に30分、家族が寝てから1時間を合わせると、合計4時間となります。

4時間あれば、アクセサリーだと1~2個は制作できるでしょう。

週4~5日で10個、1ヶ月で40個近ければ、1個1,000でも月2万円くらいの収入になります。

主婦なら1日の作業時間をフレキシブルに組めるので、ハンドメイド副業が向いています。

保育士

保育士は長時間の勤務が多いですが、副業でハンドメイド販売をおすすめします。

日々の業務で制作経験を積んでいますし、子どもたちはどんなアイテムを求めているかをリサーチできるからです。現場での声を商品に反映することもできるでしょう。

保育園で使うバックやエプロンなどは、とくに入園・入学時期に需要が高くなります。

また、ハンドメイドのおもちゃも、保育園から直接買いたいとオファーがあるかもしれません。

看護師

看護師は、毎日たくさんの人たちに会い、現場では常に強い責任感を求められるハードなお仕事です。

そのため心を健やかにするためにも、趣味などでリフレッシュする必要があるでしょう。

趣味といっても人と会ってすることなら気疲れしてしまいますが、ハンドメイドなら誰にも会わず、一人でコツコツと無心になれます。ハンドメイドに没頭することで、心を休ませることができるでしょう。

しかしせっかく趣味で制作するなら、それを副業にすることで、今よりも収入アップにつなげることもできます。

ハンドメイド副業に確定申告は必要?

作品を売って収入を得たら、条件によって確定申告をする必要が出てきます。

納税義務が生じているにも関わらず確定申告をしなければ、追徴課税を納めることになるため注意しましょう。

確定申告とは、1年の収入や所得を記録した申告書を税務署に提出することです。確定申告を行うことで、収入に見合った納税額が決まります。

確定申告を行うと、税金払い過ぎていた場合には還付されるメリットもあります。

ハンドメイド副業で確定申告が必要なラインは?

会社員やパートタイマーの場合、給与所得以外の所得合計額が「20万円」を超えると、確定申告の義務が生じます。

所得は売上から経費を引いた金額になるため、売上が30万円でも経費が15万円なら申告義務はありません。

しかし会社にバレないように副業をするには、年間20万円以内に抑えるよう注意しなければなりません。最近は副業ができる会社もありますが、副業禁止の会社に勤務している方は、必ず収入を調整しましょう。

また専業主婦の確定申告が必要になった場合は、配偶者が配偶者控除を受けられなくなり、さらに自分が課税対象になってしまうデメリットもあります。

そうなる前に、家族と相談する必要があるでしょう。確定申告が必要になるかどうかを見極めながら、必要になった場合は、必ず忘れずに申告してください。

まとめ

この記事では、未経験でもハンドメイド販売の副業ができることをお伝えしました。

記事を書いている私自身、40代の主婦であり、子育てしながらパートしつつ、スキマ時間を利用してハンドメイドの副業をしています。

最初の頃は売れないと思っていましたが、ママ友から試しに出品をすすめられて始めたところ購入してもらえました。

当時は「こんなのでも売れるのか」とビックリしたのを今でも覚えています。

何より、自分の作品が知らない誰かがお金を出してまで使いたいと思ってもらえたことが嬉しかったです。

その後、趣味がてらコツコツ制作しては出品を繰り返す日々。継続することでリピーターが増えていき、月10万円の収入をキープできるようになりました。

何事も継続することで、結果がついてくると感じました。

ちなみに私はまったくのスキルはなく、わからないことは本や無料動画やサイトを参考に制作しています(現在も)。

もしこの記事を読んでやってみたいと思った方は、ぜひ始めてみてください。

いろいろなサイトでの「儲かる」「儲からない」の情報よりも、自分が楽しめて何かを始めることが大切だからです。

ぜひ自分のオリジナル作品を作ってみてください。

この記事を書いた人

https://nexer.co.jp/weiv/wp-content/uploads/writer.jpg” heights=”150″ width=”150″

新井かお

デザイン事務所に勤務しながら「Webライター×ヘアメイク×スタイリスト」3つの副業をこなす主婦ライター。趣味のハンドメイドを活かして、年間100万円の売上げを3年間継続。その経験ノウハウを執筆する。実務経験を活かした「美容・コスメ」の記事が得意。