Facebook広告をやってみたいけど、料金がよくわからない」という疑問は、Facebook広告を始めようとする人の多くが抱えているのではないでしょうか。

Facebook広告の料金体系は非常にシンプルですが「CPM」や「CPC」などの用語が出てくると混乱してしまうこともあるかもしれません。

そこで今回はFacebook広告の料金体系と課金方式を、広告初心者のWeiV編集部・綿貫がマーケティング担当の鎌田さんに詳しく聞いてみました。

記事の内容を簡単にまとめると…

  • Facebook広告の料金は主にインプレッション課金(CPM)・クリック課金(CPC)の2とおり
  • インプレッション課金は表示回数、クリック課金はクリック回数で料金が決まる
  • Facebook広告の費用対効果を上げる方法
  • Facebook広告の運営に必要な予算

記事を最後までお読みいただければ、Facebook広告の料金や基本的な使い方が理解できます。

Facebook広告の料金体系は主に2つ

Facebook広告の料金は課金方式によって異なります。

メインの課金方式は「インプレッション課金」「クリック課金」の2つです。

まずは、インプレッション課金とクリック課金はそれぞれどのような料金体系なのか理解しましょう。

インプレッション課金(CPM)は表示回数で料金が決まる

インプレッション課金は、広告が表示される回数で料金が発生する仕組みです。

CPMは「Cost Per Mille=1,000あたりのコスト」のことで、表示1,000回あたりで料金を設定します。

具体例)
1,000回の表示あたり料金を200円に設定した場合

  • 10,000回の表示:2,000円
  • 20,000回の表示:4,000円

非常にシンプルな課金方式ですが、1,000回あたりの料金という点に注意しましょう。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

インプレッション課金はできるだけ多くの人に認知してもらいたい場合に向いています。

WeiV綿貫WeiV綿貫

自社ブランドを広めたいとか、自社サービスを知ってもらいたいといった場合ですね!

クリック課金(CPC)はクリックごとに料金がかかる

クリック課金はその名のとおり「1クリックあたりいくら」の課金方式です。

CPCは「Cost per Click=1クリックあたりのコスト」という意味で、クリックに対して料金が発生するので、クリックされなければ広告費は発生しません。

具体例)

1クリック100円に設定した場合

  • 100回クリックされた:10,000円の広告費用
  • 200回クリックされた:20,000円の広告費用

クリック課金ではユーザーがFacebook広告枠のあるページを開いたときにオークションが行なわれ、広告の中で最も効果が高いと判断されたものが表示されます。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

クリック課金は成果がわかりやすいので、問い合わせや資料請求と相性がいいですよ。でも入札制なので、競合によってはクリック単価が高くなることもあります。

広告の作成時に設定したターゲットが競合のターゲットでもある場合、ユーザーが複数のターゲットオーディエンスに分類されることになるため、どちらが表示されるかをオークションで競い合うことになります。

ecebook広告のターゲットオーディエンスが重なった場合の図

WeiV綿貫WeiV綿貫

オークションというとなんだかお金がかかりそうですね…入札金額が高いほど表示されやすくなるんでしょうか?

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

いえ、入札単価の他に「推定アクション率」と「広告品質」という基準があるんです。高ければ高いほど表示される可能性が上がる、というわけではないですよ

広告価値の判断基準

入札価格 競合と比較した際の入札単価
推定アクション率 ターゲットが広告を見てアクションを実行するか、広告経由でコンバージョンに至る可能性を示す推計値。
広告品質 ユーザーのフィードバックや、低品質な広告に該当しないか(情報の隠ぺい、扇情的な表現、エンゲージメントベイトなど)

Facebookのビジネスヘルプセンターで「Facebookの広告オークションでは、利用者とビジネスの両方に最大の価値をもたらす広告が落札されるため、全体的な価値が最も高い広告がオークションの勝者となります。」と記載されているとおり、入札単価だけで表示が決定されるわけではありません。

ユーザーの行動を促す品質の高い広告であれば、競合より単価が安くても表示回数が多くなる可能性はあります。

しかし競合と比べて単価が低すぎれば広告がほとんど配信されないこともあり得るため、複数の広告を作成してテストを実施し、反響からPDCAを回すようにしましょう。

その他の課金方法

インプレッション課金・クリック課金以外の課金方式では、動画広告が15秒以上または最後まで再生された場合に課金されるThruPlay、アプリのインストールごとに課金される方式、いいねの数によって課金される方式などがあります。

Facebook広告の費用対効果を上げるには

WeiV綿貫WeiV綿貫

率直に聞いちゃいますが、費用対効果が高いFacebook広告ってどれなんでしょう?せっかくなら一番費用対効果が高い出し方を選びたいです!

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

そうですね(笑)配信方法は「類似オーディエンス」と「リード広告」の費用対効果が高いといえます

類似オーディエンスとは

Facebook広告の類似オーディエンスとは、既存顧客と傾向が類似し、広告に興味を持つ可能性が高いユーザーをターゲットとして広告を配信する機能です。

類似オーディエンスはFacebookユーザーの中から既存顧客を見つける「カスタムオーディエンス」の機能を基にして、既存顧客と似たユーザーを探します。

Facebook広告の類似オーディエンスは、Facebookが基本的に実名制であることから他の広告媒体よりも情報精度が高いとされています。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

類似オーディエンスはまず最もリピーターや継続者などの優良顧客と類似する人に絞って始めることをおすすめします

WeiV綿貫WeiV綿貫

反響率を見ながら徐々に拡大していく感じですね

リード獲得広告とは

Facebookのリード獲得広告とは、ユーザーのタイムライン上に入力フォームを表示させ、入力を促す方式の広告です。

Facebookに登録している連絡先情報が入力された状態で表示されるため、ユーザーは送信ボタンを押すだけでメルマガや資料ダウンロードの申し込みなどが完了します。

リード獲得広告のもう一つの特徴は、Webサイトを持っていなくても広告の出稿が可能な点です。

Facebook上で登録が完了するため「サイトのモバイル対応が充分でなく、遷移したとたんに離脱してしまう」といったこともありません。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

リード広告は入力の手間が非常に少ないので、ユーザーにストレスがかかりにくいんです

WeiV綿貫WeiV綿貫

申し込みフォームの入力がスムーズなら、登録や申込の手軽さが全然違いますね

SNSの利用者層を理解することも大切

SNS利用者層の特徴

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

費用対効果を意識するなら、SNS利用者層の特徴を理解するのも大事ですよ

WeiV綿貫WeiV綿貫

なるほど、年齢や性別によって利用するSNSも違いますもんね…

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

Facebookは30代以降でビジネス目的のユーザーが多い、インスタは20代~30代の女性が中心といった特徴を知っておかないと、リーチしたいユーザーが少なく結果的に費用対効果が下がってしまうこともあります。

WeiV綿貫WeiV綿貫

ターゲットのいる場所を知って、そのうえで事業やサービスに合った方法で広告を出すことが大切なんですね。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

そのとおりです!Facebook広告は目的ごとに適した「キャンペーン」を選べます。出稿方法は大まかに下記の表から選び、運用をスタートしたらテストを重ねて最適な方法を探していきましょう。

キャンペーンと課金方式

【認知度】

ブランドの認知度アップ ビジネス、ブランド、サービスへの認知度を向上 インプレッション
リーチ できるだけ多くのターゲットに広告を表示 インプレッション

【検討機会】

トラフィック 指定したURLへの誘導 インプレッション・クリック
エンゲージメント 投稿にエンゲージメントする可能性の高い利用者にリーチする。エンゲージメントは「いいね!」、コメント、シェア、ページからのクーポン利用など。 インプレッション
アプリのインストール アプリストアへの誘導 インプレッション・クリック・アプリインストール
動画の再生数アップ 動画を視聴する可能性の高い利用者に動画を配信 インプレッション・動画再生(ThruPlay)
リード獲得 ニュースレターへの登録など、商品に興味を持った利用者から情報を収集する広告を作成 インプレッション
メッセージ Messenger、Instagram Direct、WhatsAppで利用者とつながる インプレッション

【コンバージョン】

コンバージョン ビジネスのサイト上で利用者に特定のアクションを促す。アクションは商品のカートへの追加、アプリのDL、登録、購入など インプレッション・クリック
カタログ販売 Eコマースストアのカタログの商品を掲載する インプレッション・クリック
来店数の増加 近隣の利用者に実店舗の所在地を宣伝する インプレッション

Facebook広告の予算を設定する方法

Facebook広告の予算設定

Facebook広告にかかる費用は、個別のキャンペーンで単価を設定する以外に下記4つの項目でコントロールできます。

  • キャンペーンの予算
  • 広告セット予算
  • アカウントの上限予算
  • キャンペーンの上限予算

似た言葉が並んでいてそれぞれ何が違うのか混乱しやすいかもしれませんが、それぞれの意味は次の表を見るとわかりやすいかと思います。

キャンペーンの予算 キャンペーン全体の予算
広告セット予算 広告セットごとの予算
キャンペーンの上限予算 広告キャンペーンに対して支払う上限額。キャンペーンの上限予算に達するとそのキャンペーンのすべての広告セットと広告の掲載が停止。
アカウントの上限予算 すべてのキャンペーンに対して支払う通算の上限額。

上限予算によってキャンペーンで消化される金額が決まり、設定した上限予算を超えて広告が配信されることはありません。

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

キャンペーンの予算(キャンペーン予算の最適化)

キャンペーン全体の予算を調整するには、キャンペーン予算の最適化を行ないます。

「1日あたりの予算」「通算の予算」どちらかの方法で予算を設定できます。

1日の予算は広告セット・キャンペーンで1日あたりに消化したい平均金額です。1日あたりにかける予算を一定にすることで、キャンペーン・広告セットが1日にどれくらいの効果があったかを測るのに向いています。対して通算予算は キャンペーン・広告セットを掲載する期間全体で消化する合計額です。

それぞれ金額を入力すれば、最適な結果を得られる広告セットに自動で予算が配分されます。

広告セット予算

広告セットに個別の予算を設定できます。

キャンペーン予算と同様に「1日あたりの予算」「通算の予算」で予算を設定できます。

広告セットごとに予算を設定したい場合や、広告セットそれぞれの内容・目標などが大きく異なる場合にはこちらが適しています。

アカウントの上限予算

アカウントの上限予算はすべてのキャンペーンに対して支払う通算の上限額で、広告マネージャの支払い設定で設定できます。

Facebook広告の予算はいくら必要?

広告効果を得る、あるいは広告効果を測定するという目的であれば、1日あたり10,000円程度の予算で少なくとも一ヵ月間は運用して効果を検証したいところです。

マーケの鎌田さんマーケの鎌田さん

Facebook広告の学習機能は広告の表示回数が増えるにつれてターゲットや配置を最適化していきます。そのためには1週間で50コンバージョンが必要ですが、予算が少ないと分析に必要な情報を十分に得られず、最適化を進めることができないんです。

しかしFacebook広告は1日200円程度の低予算でも広告を配信できるのが特徴でもあります。

機能や使い方に慣れるために少額の予算で始めてみるのもありでしょう。

Facebook広告の支払い方法は?

Facebook広告の支払い方法は次の3とおりがあります。

  • クレジットカード(American Express・JCB・Mastercard・Visa)
  • PayPal
  • オンライン銀行振込

広告を作成して公開する前には、支払い方法の設定が必要です。

支払い方法を設定するには広告マネージャに管理者としてログインし、「支払い設定」から新しい支払い方法を追加します。

まとめ

今回は、Facebook広告の料金と出稿方法についてお話ししました。

Facebook広告の料金体系がよくわからなかった方も「用語の意味を理解すれば意外と難しくない」と感じたのではないでしょうか。

目的に合わせて最適な出稿方法を選べるFacebook広告を活かして、集客やリード獲得につなげていきましょう。

監修者

監修

監修者:鎌田@SEO/WEB集客

(株)NEXERのWEBマーケティング事業部マネージャー。2011年からWEBマーケ会社で勤務。主にSEO・リスティン・SNSを中心に日々企業のWEB集客支援の改善アドバイスを行っている。Twitterで集客に役立つ情報を発信中。・ウェブ解析士(WAC40047630)・Google 広告「検索広告」認定資格

上位表示を諦めていませんか?

\取引実績3,000社のNEXERが提供するSEO/

サービス詳細を見てみる