「記事作成を外注したいけど、可能な限り安いところを選びたい!」

「激安で記事作成を外注する方法はある?」

と、記事作成代行の費用を下げる方法で頭を悩ませていませんか?

サイトがある程度軌道に乗ってくると「外注化してより重要な業務に時間を使いたい」と考える運営者も多いでしょう。

しかし記事作成の外注費用は非常に幅広く、無計画に外注化を進めると後悔につながることもあります。

とくに「激安」「格安」につられてよく内容を確かめずに依頼すると、期待したクオリティの記事が納品されず、結果的に損をしてしまう可能性もあるのです。

そこで今回は、記事作成代行を激安で依頼する方法とメリット、注意点を詳しくお話しします。

記事作成代行はいくらから依頼できる?相場の目安

記事作成代行の費用相場
一般的なWebメディアで使用されるコラム記事は、記事作成代行会社に依頼すると文字単価1~10円(ボリュームゾーンは3~5円)程度が相場です。

同じ記事作成代行会社でも、タイトル・見出しも作成してもらう場合とタイトル・見出しは自分で指定する場合で単価が異なります。

激安・格安といわれる記事作成代行では、ほとんどの場合タイトルや見出しは自分で指定する必要があることを理解しておきましょう。

また、代行会社でなくクラウドソーシングでライターに直接依頼すると0.5~2円(ボリュームゾーンは1~1.5円)程度が目安となっています。

クラウドソーシングは少ない費用でも募集を出せるのが魅力ですが、経験豊富なライターもいればまったくの初心者もいるため、クオリティにはバラつきが出ることに注意しましょう。

記事作成代行を激安で依頼する方法

記事作成代行のコスト

では、記事作成代行を激安で依頼するにはどうしたらよいのでしょうか。

相場よりも安い金額で依頼するには、以下3つの方法があげられます

依頼する範囲を最小限にする

記事作成代行を激安で依頼する方法としてまず挙げられるのが、単純に「手間を増やす」ことです。

外注に依頼する範囲を極力少なくして文字(記事)単価を下げる方法のため、タイトルや見出しは自分で作成したうえで「アンケート形式や穴埋め形式にする」「レギュレーションとして守ってもらう」など、ライターが担当する範囲を少なくする工夫が必要となるでしょう。

高単価で難しい案件より低単価でも簡単に書ける募集を積極的にこなすライターは少なくありませんから、簡単な作業として業務を細分化すれば継続して引き受けてうれるライターも見つかりやすいでしょう。

当然といえば当然ですが、高単価な仕事と低単価の仕事で報酬が同じであれば、ほとんどの人が高単価な仕事を選ぶでしょう。低単価な仕事でもしっかりこなしてもらうには、作業負担を肩代わりする必要があります。

激安の制作会社に依頼する

記事を激安で手に入れる2つ目の方法は、激安の代行会社に依頼することです。

前述した文字単価の目安よりも安い金額で記事を提供する記事代行会社では、大量発注で安くなるシステムを採用しているところが多くなっています。

大量発注・継続的な発注を前提としているのであれば、こうした代行会社に居合するのもおすすめです。

また、個人ライターよりも会社のサービスに依頼する方が安心という方もいるでしょう。ただし記事代行会社によって、

  • 最小発注数(額)が決まっている
  • 安いプランではツールのみのチェックで目視チェックがない
  • クオリティの保証がない

など、条件がさまざまなため注意しましょう。

激安の記事作成代行を利用するメリット・デメリット

激安の記事作成代行を選ぶメリット・デメリット

ここで、激安の記事作成代行を依頼するメリットとデメリットを両方見ていきましょう。

メリット~低予算でも依頼できる

激安の記事作成代行に依頼するメリットといえば、支払い段階での費用が安く済むことです。

「すでに十分なコンテンツ数があるが、さらにサイトのボリュームを厚くしたい」

「自分でリライトするから品質はさほど高くなくていい」といった場合には利用を検討してみてもよいでしょう。

逆にいえばある程度手間が発生してしまうので、外注に慣れていない人や効率化のために外注したいという人にはあまりおすすめできません。

デメリット~指示や修正の手間がかかる

激安の記事作成代行は、会社・個人に関わらず記事の品質は自分でチェック・キープしなければならないと考えておきましょう。

とくに個人に依頼する場合にはテストライティングも必要となりますし、複数人のライターとやり取りする場合には質問の返答だけでも意外に時間がかかるものです。

また、修正が発生した際にも一人ひとりとやり取りしなければなりません。そのため、支払い段階での費用が安くても長期的なコストパフォーマンスが高いわけではないということを理解しておきましょう。

記事作成代行はコストパフォーマンスが重要

今回は記事作成代行を激安で依頼する方法についてお話ししました。

安さを基準として記事作成代行を選ぶと期待していた結果にならず、残念な思いをしてしまうこともあります。

文字単価・記事単価で見たときにいくら激安でも「手間が減らない、むしろやりとりの時間が増えて大変になった」「時間をかけてリライトしないと使える記事にならない」といった事態になってしまえば本末転倒です。

サイト運営の効率化を目的として記事代行を選ぶなら、相場の範囲内で要望に合ったサービスを提供している記事作成代行会社に依頼するようにしましょう。

当サイトWeiVがおすすめする記事作成の代行サービス・会社は「記事外注で後悔しない!業者の選び方と優良サービス10選」の記事でご紹介していますので、あわせてご覧ください。