SEOを意識した記事を作成するには、執筆前にしっかりと構成を練っておくことが第一です。

構成の良し悪しは記事の質に直結します。

構成を作成しないまま書いた記事は、テーマや目的が曖昧なわかりにくい記事になってしまいます。

そこでこの記事では、

  • 読了率の高い記事を作る5つのステップ
  • SEOに強い記事の構成

この記事を最後までお読みいただければ、検索で上位表示を狙える記事を作成できるようになり、集客やブランディングに役立てることができます。

記事の構成とは

記事の「構成」とは「プロット」とも呼ばれ、記事の設計図といえるものです。

記事を書くとき、何もない状態からいきなり書き始める人がいるかもしれません。しかしそうした行きあたりばったりの執筆法では、記事のテーマやゴールが曖昧になりやすく、1本の記事としてもまとまりがなくなってしまいます。

あらかじめ記事の構成を組み立てていれば、記事の全体図を把握してから執筆をスタートできます。

また、どのような目的を持って、何を読み手に伝えたいかを理解しながら書き進められるので、話が脱線したり矛盾したりせずに最後まで書ききることができるでしょう。

構成をしっかりと作成してから記事作成に取りかかれば、ゴールがぶれない内容を組み立てやすくなるでしょう。

そのため、構成は記事そのもののクオリティを左右する重要なものといえます。

SEOに強い記事の構成は「検索ワードへの丁寧な回答」

SEOを意識した記事の基本は「ユーザーのニーズに応えること」です。検索結果の上位表示を狙うためには、ニーズに応える記事を書く必要があります。

そのための記事を作成するには記事の構成が重要で、構成のクオリティがSEOの強さにも関わる要素といえます。

ユーザーは、特定の単語についての疑問や悩みなどを持って検索しています。

その疑問や悩みを解決してくれる記事が集まっていれば、ユーザーのニーズに応えられるサイトとなるのです。

Googleはユーザーのニーズを満たすことを第一としているため、検索ワードへの丁寧な回答をスムーズに得られる構成を作れば、SEO効果も高まるというわけです。

このことからも、SEO対策を考えて記事を書く際は必ず構成を作成してから執筆を開始するべきです。

ユーザーのニーズに応えられる内容の記事を作成するためには、「結論ファースト」を意識して構成を組み立てるようにするのが、SEO的に大切なポイントといえるでしょう。

SEOに強い記事構成を作る5つのステップ

構成は、記事の良し悪しを左右するものです。

SEO効果を狙うための記事を作成するのであれば、構成作成の時点でSEOを意識したものを作る必要があります。

では、SEOに強い構成を作成するためにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。以下の5つのステップで進めてみましょう。

ステップ1.狙う検索ワードを定める

まず、ターゲットとなる検索ワードを設定します。

ただ適当に検索ワードを選定するのではなく、ニーズが高い検索ワードを狙うのが、高いSEO効果を狙うポイントです。

ユーザーに高いニーズがある検索ワードを探す際に便利なツールが、「キーワードプランナー」や「キーワードマップ」です。

Googleが提供するキーワードプランナーは本来広告出稿の際に便利なツールですが、検索ワードごとのボリュームがわかるのでユーザーニーズの発掘にも役立ちます。

キーワードプランナーでキーワードの月間検索ボリュームや関連キーワードを確認し、キーワード選定を行いましょう。

また、キーワードマップも無料で利用できるツールで、特定のキーワードの関連ワード抽出や検索順位チェックなどができます。

これらのツールを活用して、ニーズの高い検索ワードを選定してみましょう。

ステップ2.読者のニーズを考える

続いてのステップでは、最初のステップで設定した検索ワードからニーズを考えます。

そのためには、まずペルソナを立てましょう。

ペルソナとは「架空の人物像」という意味を持ちます。

ペルソナはターゲットと混同されやすいのですが、ターゲットとは「30~50代女性」や「独身・東京在住者」など、特定の属性を絞り込んだもので、ペルソナは「30代女性会社員、東京在住」のようにさらに具体的な人物像を想定するのが大きな違いです。

ペルソナはターゲットの一部にはなるものの、プロフィールや行動パターンなどをより具体的に設定することにより、顧客のニーズが想定しやすくなります。

また、ニーズを考えるには共起語や関連ワードから探す方法もあります。

「Yahoo!知恵袋」や各種口コミサイトは、ユーザーが何を求めているのか、悩んでいるのかが探しやすい場所です。

また、特定の検索ワードと一緒に検索されている単語「共起語」検索ツールを使用すると、検索ワードに関連する話題も見つけやすくなります。

ステップ3.競合を調査する

Googleの検索結果で上位表示されるサイトは、Googleに評価されていることを意味します。

Googleに高評価を得るには、ユーザーのニーズを満たしていることが必要とされています。つまり、上位表示サイトにはGoogleからの高い評価を得られる要素が含まれているので、SEO効果を狙うには上位表示サイトの内容のチェックが参考になるというわけです。

まず、検索ワードを元にGoogleで検索を行います。そして検索結果に上位表示されている競合10サイトを調査しましょう。

どのようなコンテンツが検索上位に表示されているのか、サイトの内容をチェックし、Googleに高い評価を得ているコンテンツを把握します。

そして、上位サイトのタイトルや見出しの内容、検索結果のタイトル下部に表示される「メタディスクリプション」などに含まれる内容やキーワードを参考に、記事の構成に盛り込んでみましょう。

ステップ4.必要な要素をリストアップする

ステップ2・3で得たキーワードや情報の中から、必要な要素をリストアップします。

しかし、リストアップした要素が本来の目的とズレやブレが生じていると、記事全体のゴールもブレてしまいます。目的に沿った内容なのか、本当にユーザーのニーズに合った内容となっているかどうかは必ず確認しておきましょう。

要素をリストアップする場合は、「5W1H」を使うとスムーズに進めやすくなります。

5W1Hとは、「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰が)」「What(何を)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」の頭文字を取ったものです。これらの要素が整理された文章は、わかりやすく内容を伝えやすいことから、文章構成の基本とされています。

この5W1Hに沿ってリストアップ要素を使って構成を作成していけば、必要な内容をきちんと盛り込むことができ、伝え漏れを防止しやすくなるでしょう。

ステップ5.流れを調整する

最後のステップでは、作成した構成を今一度見直して調整します。

それぞれの見出しの内容を再確認し、ユーザーのニーズに沿った順番で見出しを調整します。

読み返してみて、不要な要素がある場合は削除しましょう。不足している要素がないかも同時に確認し、不足がある場合は見出しなどを追加します。

最終的に、その記事で伝えたいことやユーザーの求める内容になっているか、読む人の興味を引くかどうかも意識した内容の構成にできるように流れを調整しましょう。

SEOに強い記事構成のポイント

SEO効果を狙った構成の作成方法を把握した後は、SEOに強い構成を作るためのポイントを押さえておきましょう。

構成を作成する際に知っておきたい、4つのポイントを紹介します。

結論ファースト

WEB上の記事では「結論ファースト」、つまり結論を最初に述べるのが一般的です。

検索してサイトにたどり着いたユーザーは、検索したキーワードに対する答えを求めています。

その答えがいつまでも出てこないと、途中で読むのをやめて離脱してしまうでしょう。また、導入部分で結論がわからない状態ではゴールが見えづらく、読み進めづらいという理由も挙げられます。

そのため、構成を作成する段階でも結論は最後まで引っ張るのではなく、最初にしっかりと述べておくことがポイントです。導入部分で結論を提示すれば、読むユーザーの興味を引きやすくもなります。

また、ビジネスシーンで多く用いられている「PREP法」を参考にするのも1つの方法です。

PREP法では、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(結論」の順で文章を組み立てる方法で、短時間でも要点を伝えやすく説得力のある文章を書きやすくなります。

結論ファーストを求められるWEB記事はPREP法との相性がよいため、フレームワークに沿って構成を作ると効率的です。

PREP法について詳しく知りたい方は「SDS法・PREP法とは?意図が伝わる構成を身に着けよう【例文付き】」をあわせてご覧ください。

見出し1つにつき1メッセージ

1つの見出しの中に、つい多くの内容を盛り込んでしまうことはないでしょうか。

見出し1つに複数の内容を盛り込んでしまうと、見出しの時点で内容にブレが生じてしまう恐れがあります。

見出しの内容そのものがブレてしまうと、記事本文の内容もブレてしまいます。

そこで、見出し1つにつき伝えるメッセージは1つに絞り込みましょう。

見出しごとに伝えたい内容を絞り込めば、そのメッセージの内容に沿った見出しが作りやすく、見出しを見ただけで読み手が内容を想像しやすくなるからです。

SEOに強い見出しを作成するなら、さらに見出しの中にキーワードを組み込むといいでしょう。

正しい見出しタグを設定する

記事の見出しには、「大見出し」「中見出し」「小見出し」の3種類があります。

これらは大見出し以下に中見出し、さらに中見出しの下に小見出しという構造となっています。

一般的には記事タイトルに「h1」が使用されるため、大見出し、中見出し、小見出しで使用するのは「h2~4」となります。

SEOを意識したライティングでは、記事の構造を正確に伝えるという意味で、適切に見出しタグを設置することも重要です。

大見出しの下にいきなり小見出しが来ていたり、大見出しがない状態で中見出しから始まっていたりするなど、階層の順番通りとならない構成は適切ではありません。

見出しタグは、大見出しの下に中見出し、その下に小見出しという正しい階層で設定しましょう。

まとめ

構成は、記事の設計図といわれるほど記事作成には必要不可欠なものです。

構成がない状態で書き始めた記事はテーマが曖昧になりやすく、コンテンツとしての価値が下がることもあります。

価値のある内容の記事を作成してSEO効果を狙うのであれば、構成の時点でSEOを意識して進めましょう。

きちんと記事作成前に構成を練り上げることで、読み手に内容が伝わりやすく、価値の高いコンテンツになります。

このような記事はGoogleから高い評価を得られやすくなることから、検索順位上位に表示されやすくなるSEO効果も期待できるでしょう。

記事を作成する前には、今回紹介した構成の作成方法に沿って進め、良質な記事を仕上げましょう。

検索上位を狙える記事外注

\取引実績3,000社のSEO会社が提供する記事作成代行サービス/

お問い合わせ・サービス案内はこちら